1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2008-05-30 16:04:58

好きな風景

テーマ:ブログ
080530_1603~0001.jpg
今日の青森は 一日中晴天でした。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2008-05-29 14:19:42

フキの収穫

テーマ:ブログ
080528_1042~0001.jpg
昨日は、近所のバッチャ達とフキを茹でて、皮むきをしてました。

ドラム缶を真っ二つに切った鍋に水を張り、ブロックで作った釜戸に火をくべてフキを茹でます。

この日の話題はどこの村の自殺が一番すごかったかについて。
フキは茹で上がったら水に浸けて、しばらくしたら塩蔵に。
これで、来年までフキの味噌汁が飲めるってもんです。フキ、最高。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-05-28 12:14:01

ローライズ

テーマ:子育て
息子の師匠(3歳)が、1~2歳の時からすごいキス(完全に舌入れてくる)を
するので、3歳過ぎてもこうだと、将来的に……中学ぐらいでファーストキスをする時に
困るのではないかと思って、注意をしてみたのです。



「師匠、舌は入れちゃダメだと思うよ。びっくりされちゃうよ。」
「なんで?」
「なんで……って、う、うにゅってするから、ちょっといただけないと思うんだけど……」
「なんで?」
「な、なんで……そう、なんでだろう……うにゅえっっ」



この男は……!!


「なんで?」と問い、問われた相手が思索に入り朦朧としている間に
唇を奪っていく……恐ろしい手口だ!!



大人になって好きな相手が出来て
とりあえず「キスしていい?」って聞くじゃん。
それで「ダメ」と言われたら「なんで?」と言ってみるのは
一種のテクニックだと思うのですよ。なんで……



この「なんで?」を言われると「そういえばなんでダメなんだっけ…?」
という惑いに入ってしまうのですよ。惑いは危険よ!


あらゆる種類の勧誘に使えそうなこの三歳児の「なんで?」
しかしケンさんに言わせると、

「理由が知りたいんじゃなくて
相手にしてもらえるとわかってて言ってるだけなんだはんで、
相手にするな!」



ということでした。
恐るべし、アリストテレス商法の「なんで?」に気を付けましょう。


そんなわけで、最近のケンさん。


パジャマのズボンをちんちんまで降ろし、
一言。


「ローライズ。」


だからそれもダメだって!!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-05-27 14:19:49

来る球打ちゃあいいんだよ!

テーマ:ブログ
ども。スイッチかあさんです。


保育園に師匠がご入園したことで、
これから先、何をがんばっていけばいいのかが一瞬、というか
ここ一ヶ月くらいわからなくなっていたのですが。



一人でバスに乗って、弘前から盛岡へ行く途中。
山を見ていたら何かわかってきて、
盛岡に着く頃にはすっかり落ち着いて
悩みがなくなっていました!
わっしょい!



それで、たどり着いた結論というのが
コレ。


来る球、打ちゃあいいんだよ!


ってこと。


今までずっと、よくわからないけど
流れに沿ったままがんばっていく道しか通ってこなかったのですよ。
お笑いも一生懸命やってたし、
その流れで、ぴあに投稿して、連載が溜まって本になって。
いつもいつも、目の前の球を打ってただけなので、
本当のこというと今でも本の書き方がわからないんです。


よくわからないけどやってきたから。
だけど、ブラジル行ったらブラジルのこと書けるし、
そういうのはいつも、向こう側からやって来たから。



今、何をやるべきか?で悩むというのは、
目の前の球を見ていないからなんではないか?と。
そして、私の目の前の球は
薄々気づいていたけど、
どういうわけか今は仏教の勉強をすることに傾いているわけで。
今、本当に仏教が面白いと、
思っているんですよ。

ブッダをめぐる人びと/里中 満智子

¥1,500
Amazon.co.jp
ちなみにブッダのことを知りたい人には
このマンガ、超オススメです!



里中満智子さんのマンガでは、
ブッダのいた当時のインドの時代背景によって、
貧しくて子供を産んでも十分な栄養を与えられず、
子供を死なせてしまったり、
その子供が目を離した隙に、犬に食べられてしまうという、
耐えられないような残酷なシーンもあります。


だけども、その母親を救うブッダの言葉は
あまりにも深淵です。



こ、この流れで行くと、私の目指す道は………、



出家!?(そんなばかな)




いやいや。でも、ありってばありな今日この頃。
だけどもせっかく、昨年の一番の願いだった
「青森県の生ゴミオール堆肥化」も、夢ではなくなってきたことですし。
とにかく今は、来る球打っていきたいです! 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-05-26 08:18:10

アール・ブリュットを観に。

テーマ:アート
アール・ブリュット~交差する魂~ を観に、松下電工汐留ミュージアムへ。



どうにも、言語にしがたいのだけど、
見ているうちにおでこがじんじんと痺れるようになってきて
目は、開いたまんまになっちゃって。


作家さんの中には、3~4歳の頃から
電車にしか興味がなくて、
電車の正面の顔をひらすら細かくたくさんたくさん、描いてる方がいて。
それを見てたら、ここ数年。


師匠が生まれてからずっと、線路の前で電車がくるのを待っていて。
電車が来たら、全身で喜びを露わにして
「バイバーイ!バイバーイ!」
って、手を振っていた、あの歓喜が甦ってきて、
涙が出ました。


本当にこれは、生の芸術(アール・ブリュット)でした。



電車が走ってくることが、
どれほどの歓びを産み出すのか。


『ドン・キホーテ』が好きで取り憑かれたように
ドン・キホーテを絵で、文字で、表現し続ける作家の
喜びは、
全身を貫いている。



夢中になって作られたもの。
それが、アール・ブリュットなのだと思った。


青く美しい、坂上チユキさんの絵は、
前頭葉がボーッとしてきてしまう。
ただこの美しい点々と全体を見ているだけで
言葉にならない、変な状態に陥る。


一緒に行った手芸作家のやまもとゆみさんは、「指先がもう何かを作りたくてしょうがない」という
状態になっていた。


何もかもが吹き飛んだ。


アール・ブリュット~交差する魂~



いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-05-22 17:09:33

アール・ブリュット 交差する魂

テーマ:アート
080522_1703~0001.jpg

を、見に行こうと思ってます。松下電工汐留ミュージアムで5月24日から開催。田口ランディさんが「見たら大変なことになるよ」とおっしゃっていたので、武者震いがしますね。あ~、どうなっちゃうんだろう、私。アール・ブリュット 交差する魂のサイトはコチラ!
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-05-21 16:34:54

田んぼに水が入ったね

テーマ:ブログ
080521_1627~0001.jpg
今日も青森市文化会館で仏法を聞いて来ました。

田んぼに水が入ると、向こう側から何かすごくいいものが押し寄せてきているような気がします。

水面はいつも、向こう側から私に波寄せてきて。それだけでなんか、気持ちいいのです。

おもしろ仏法は後日お届けしますね。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-05-20 16:10:25

切り絵の人

テーマ:ブログ
080513_1237~0001.jpg
ハラッパで見た切り絵作家さん。切り絵、上手かったなあ。彼女はまだ二十歳なんだそうだ。初めての個展は中3の時だって。一体どうなってるんだろう?天才なのかな。

本日の青森は暴風雨です。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-05-19 19:36:53

ブライスの次はこけしが来る!

テーマ:ブログ
080518_1347~0001.jpg
写真は津軽こけし館の田澤さんです。

日曜日は黒石の津軽こけし館へ、アーティストのninko ouzouさんに依頼して出来上がった、こけしアートを奉納して来ました。

全体像を後日紹介しますが、手にとってみると宇宙を感じるこけしに仕上がっていました。こけしの中に宇宙が……!

ここの津軽こけし館にはなんと5000ものこけしが収められており、中には棟方志功こけしなんかも展示されてあるのですが。最大の呼び物だった純金こけしが財政難のため売却され、只今は二代目純金こけし(金メッキ)と純銀こけし(銀メッキ)が飾られております。

田澤さん、新たな呼び物になるであろうninko ouzouこけしは棟方志功こけしの隣に置いてくださいね。


追記 「津軽こけし館にはこけしが5000体もあるんだよ」とケンさんに言ったら、「それだばわの出番はねえな……」と寂しげに呟いていました。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-05-17 11:55:41

中国の地震

テーマ:ブログ
080516_1601~0001.jpg
中国で地震があって、何万人もの死者が出たという報道を聞くと、明日は我が家が地震で揺れて、私自身ががれきの下に埋もれているのだろう、と思う。

だから、スーパーに行って私が中国四川省地震災害募金とか、ミャンマーサイクロン被害募金に幾ばくかのお金を入れるのは、世界に対して保険をかけるようなもので、なんら美しくない。
ある時に出しておかないと、全く何もなくなった時に助けてもらえないと思ってのことなので、全然美しくない。

だけど、世界に対して保険をかける行為は、一番大事だと思っている。
何もかもは巡り巡ってくるから、極力、人を悪い風には言ってはならないし、宿がなくて困ってる人をみたら、なんとかしなければならないと感じる。
それは行為による保険なのだ。

助け合うっていうのは契約書のない不確かな保険である。だけど、宇宙に対してかけた保険なのだと思う。
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。