山田小説 (オリジナル超短編小説) 公開の場

アメーバブログにて超短編小説を発表しています。
「目次(超短編)」から全作品を読んでいただけます。
短い物語ばかりですので、よろしくお願いします。


テーマ:
 夜、部屋の外から足音が聞こえてきたので目が醒めた。どうやら息子が廊下を歩いているようだと私は思った。しかし、足音がどんどんと遠くへ離れていくので違和感を覚えた。その廊下はそこまで長くないはずなのだった。

 奇怪な現象が起きていると考えて胸騒ぎを覚えたので私は目を開けて立ち上がった。室内は真っ暗だったが、そのまま照明も点けずに扉を開けて部屋から出た。しかし、廊下はがらんとしていて人気がなかった。屋内は静かで物音一つ聞こえてこなかった。目を凝らしたが、すぐ近くに階段があり、廊下は長く延びていなかった。

目次(超短編小説)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

山田昇市郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「超短編小説(最新)」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。