山田小説 (オリジナル超短編小説) 公開の場

アメーバブログにて超短編小説を発表しています。
「目次(超短編)」から全作品を読んでいただけます。
短い物語ばかりですので、よろしくお願いします。


テーマ:
 「今日、古文の授業で『通学』という単語を習ったよ。昔の人間は一つしかない身体で自宅と学校の間を行き来していたのでしょう?」と食事中に息子が訊いてきた。

 私は会社で待機している身体の現状が気になったので意識の視野部分だけを転送して確認していたところだった。職場を歩いている部下の姿が見えていた。終業時刻はとっくに過ぎているので何をしているのだろうかと気になったが、息子の発言が聞こえてきたので私は意識をすべて自宅の身体に戻してから「ああ。そうだったらしいね」と返事をした。

 「一つしか身体がないなんて不便だよね。昔の人々は退屈しなかったのかな?旅をしているなら知らない景色ばかりが目に入ってきて新鮮な気分になれるかもしれないけど、昔の人々は毎日同じ道を往復していたのでしょう?すぐに飽きそうだよね」と息子は言った。

 「昔の人々は今よりも色々な物事が不確実な社会に生きていたから慣れた道を往復するという行為によって得られる安心感にむしろ心地良さを覚えていたのかもしれないよ」と私は言った。部下の動向が気になっていたのだが、息子との会話に集中していたいという気持ちもあった。もしかすると未来では身体だけではなく、意識も一つではない社会になっているかもれないと私は考えた。


関連作品

きっと下半分
睡眠という習慣
猫は話せなかった

目次(超短編小説)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

山田昇市郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「超短編小説〜700」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。