地球上のあるチッポケナ出来事

電化製品 調理 ダイエット キッチン 経済 ランキング TV スポーツ 芸能 ためになる情報等多数取り扱ってます。これを見れば話のネタにもなりますよ!


テーマ:
ハイテクチェキカメラ使ってみたんだけど…汗 【Lomo'Instant】

富士フイルム チェキ instax mini 90 ネオクラシック ブラウン
価格: 15,480円 レビュー評価:5.0 レビュー数:2
フジフィルム インスタントカメラ チェキ90ネオクラシック(instax mini90 NEO CLASSIC)の主な仕様 撮影機能 二重露光モード 2回シャッターを押すことで1枚のフィルムに2つの画像を重ねることができます。 バルブモード シャッターボタンを押している間(最長10秒)シャッターが開いたままになり光跡などを撮影できます。 マクロモード 近距離撮影が可能(30?60cm) キッズモード 子供やペットなど動きの速い被写体に有効です。 パーティーモード 被写体と背景を明るくキレイに撮影できます。 使用フィルム 富士フイルムインスタントカラーフィルム instax mini (別売)
Supported by 楽天ウェブサービス


 撮った写真がすぐにプリントされる富士フイルムのインスタントカメラ「チェキ」。その人気が「V字回復」しています。1998年に発売され、2002年度には国内だけで約100万台が売れるヒット商品になりましたが、2004年度には10万台に。その後、韓国や中国で人気になり、今年度は当初目標を上回る500万台を見込んでいます。復活の理由を聞きました。

2002年度が第1次ブーム
 1998年に発売されたチェキ。「その場で現像される」「簡単に複製できない」といった点から、結婚式の2次会やアイドルイベントなどの定番として利用されてきました。

 2002年度には国内だけで約100万台を販売しましたが、現像が不要なデジカメの普及や、携帯電話でも写真が撮れるようになり販売数は減少。

 再ブレイクのきっかけは、2007年に韓国の恋愛ドラマで偶然使われたことでした。これに合わせて他の韓国ドラマにも売り込み、人気モデルにブログで発信してもらうなどして「ファッショナブル」「かわいい」といったイメージを前面に出し、東アジアを中心にシェアを伸ばしてきました。

 【instaxカメラ販売推移(国内+海外)】
 1998年 20万台
 1999年 60万台
 2000年 80万台
 2001年 90万台
 2002年 100万台
 2003年 40万台
 2004年 10万台
 2005年 10万台
 2006年 12万台
 2007年 20万台
 2008年 25万台
 2009年 49万台
 2010年 87万台
 2011年 127万台
 2012年 160万台
 2013年 230万台
 2014年 387万台


海外での販売が9割
 それまで国内中心でしたが、海外の営業体制にも注力。今では販売台数の9割は海外が占めるまでになりました。10代、20代の若い世代にターゲットを絞り、カメラ専門店だけでなく、若い女性が立ち寄る雑貨店などに置いてもらうなどして販路を拡大しました。

 最近ではアジアだけでなく、欧州や北米での展開も本格化。好調を受けて、当初は460万台としていた今年度の販売目標を500万台に上方修正し、あわせて生産設備の増強も発表しました。

 デジタル時代に再びヒットした理由は? 富士フイルムのコーポレートコミュニケーション部の担当者はこう分析します。

 「チェキの魅力は、その場ですぐにリアルなプリントが得られること、柔らかで雰囲気のある写真が得られること、プリントがカードサイズであることなどです。デジタルネイティブ世代である10~30歳代の若い女性のライフスタイルに溶け込んで、デジタルとは異なる『現物感』のあるコミュニケーションが、新鮮に受け入れられていると考えています」
競合商品は?
 ラインナップも拡充しています。カワイイを前面に出した10代に人気の「instax mini 8+」、大人向けのクラシックな雰囲気の「instax mini 90」、その中間である、20~30代の男女の日常使いをイメージした「instax mini 70」など、ターゲット層を次第に広げつつあります。

 加えて、スマホで撮影した写真をチェキ用のインスタントフィルムで現像できるポータブルプリンター「スマホdeチェキ」も発売するなど、関連商品も強化しています。

 復活の背景には、企業努力や品ぞろえだけでなく、類似の競合商品がほとんどない点も挙げられます。

 チェキに使われている現像技術やカメラの機構部分、消耗品のいずれも自社製。カメラ内部のローラーで現像液を均一に押し当てて、ムラなく現像する技術は他社ではマネできないそうです。

 「今後もお客様のニーズに対応した新しい製品を導入するとともに、使い方のアイデアやチェキのあるライフスタイルを提案し、楽しさを広げていきます」と担当者は話します。

http://news.livedoor.com/article/detail/10976366/
AD
いいね!(16)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。