トレーニングルームでは、毎夕・毎晩 プロ野球の話題が尽きません。。。

「ねぇ、警備員さん。巨人勝ってる?」

僕は、試合の途中経過を来客のみなさんにお伝えするのが日課になっています。
それにしても、なんと巨人ファンの多いことか。

沖縄には、阪神だって、広島だって、中日だって、日ハムだって、DeNAだって、ヤクルトだって、オケラだって、アメンボだってくるんだから、巨人以外のファンがいてもいいと思うのだけど。

いかに当時は、巨人のテレビ中継というのが絶大だったのがわかります。

実はついこないだまでは、この巨人の試合の途中経過を伝達するのが、いやでいやでたまりませんでした。

巨人ファンでもないのに、巨人勝ってますよ!とむりくり笑顔をつくるのもしんどいですし、負けてる時は負けてる時で、悲しいふりをするのもしんどいわけです。

でも、ある時、実はアンチ巨人がトレーニングルームにいることがわかりました。

しかもけっこういらっしゃる。

もちろん、本人からは聞いていないのだけれど、醸し出す雰囲気で(笑)。

それからは伝達係が面白いと感じられるようになりました。

巨人が負けている時に、巨人ファンにはわからない程度に、「負けていますよ、ありゃ~残念だなぁ・・・」といいつつ、アンチの方にはギリわかる程度に、負けていますよ、よかったですねぇ。というトーン、ニュアンスを含ませてしゃべるのです。

すると、一瞬僕を見て、おぬしも悪よのう。という顔をする人が数名います。

その瞬間が楽しい(笑)。

考えてみたら、アンチ巨人に限らず、野球以外の、サッカーやバレーを見たい人だっているわけで、ただ数におされてみなさん口をつぐんでいるだけなんですね。

どさまわりをしていたころ、プロ野球の話と政治の話は気をつけなさいとよく言われたことがありましたが、こんな楽しみかたがあるなんて知りませんでした(笑)。

ちなみに、僕はアンチ巨人。ではありません。

例えば、イチロー選手の毎日の結果に一喜一憂したり、ギャレット選手もなかなか結果はついてないけれど、真面目な選手だから応援してしまうような。

阪神の江越選手は同じ高校なので、やっぱり応援してしまうような。

もっと言えば、スポーツ全般に感化されてしまうような、そんなブレブレな人間です(笑)。。

これからもずっと、スポーツで熱く元気になれる日々が続いて行きますように。


ばさら
AD

燃えるゴミ×ミニ四駆

テーマ:




おはようございます。 昨日のライブ、最高でした。
今年みた中で一番のライブでした。

僕より年上の復帰っ子のにいさんたちがあんなにステージではじけているのをみて、いい意味で馬鹿だなぁ、未来は大丈夫なんだろうか?と恐ろしくなりました。(笑)

ていうか、最近はどのライブも見に行くたびに、今年一番のライブだったなぁ、と感じるんです。

正直、ついこないだまでは少し斜に構えてみていました。

でも、四月のツアーの時に、これではいけない、ばさらが終わってしまう。と感じ、それからなるべく休みの日はお友達のライブを見に出かけるようにしています。

僕が尊敬する人はみんな、いいところ、面白いところを見つけて、楽しめるような人たちばかりです。

僕もそんな人になりたいっす。

こないだふと思ったこと。
僕は、沖縄を憎みながら愛してる。長崎を憎みながら愛してる。
と昔から言ってきたので、よく 憎みながら愛してる。 ってどんな意味ですか? と聞かれることがありました。

こないだもカメラマンさんに、ばさらさんのブログに憎みながら愛してるってありましたが、なんかすごい感情ですね。

と言われました。

きっと憎みながらのほうに気持ちが強くあったんだと思う。それはそれでいい、そのエネルギーで乗り越えられることもあったんだと思う。

僕の生まれたまち、育ったまちは、僕が憎んでいることをわかって、ちゃんとべたべた甘えさせてくれたし、いつも、それでいいよ。っていつも優しく赦してくれました。

でも、これからは愛している。のほうに重きをおいて僕は生きて行きたい。

ちゃんと遊びたい、大人にならないといけないとこは、ちゃんと大人になる。

でもこれからはちゃんと遊びたい。

僕にできること、僕が愛してゆくまちやひとに僕ができること、をちゃんと感じて、ちゃんと考えて生きて行きたい。

今日も一日よろしくお願いします!!!


AD

宮城潤さん

テーマ:
今日は、僕が勝手に“美術の先生”と慕っている 、宮城潤さん在籍のバンド“燃えるゴミ”のライブ(2年ぶり!)を見に行く予定です。

年は近いのですが、東京から沖縄に帰ってきた時、一番最初にものすごーく影響を与えて下さった人物でしたので、僕にとってはやっぱり先生です。

潤さんが昔、僕のことをブログで長々~~と書いて下さったことがあり、それをいつかCDアルバムのライナーノーツにしたくてご本人からも許可を頂いてはいるのですが、なかなか叶わないので、今日はそれを紹介したいと思います。

年に一回くらい、これを読み返すと よし、また頑張ろうと思えてきます。
潤さんにお会いするのもひさしぶりだし、燃えるゴミ、ミニ四駆、楽しみだなぁ!。。。

「“山田くん”との出会いは7年前。
2003年夏、前島アートセンターのあったTAKASAGOビル屋上で「アサヒ・オリオン アートビアガーデン」という夏休み期間中ほぼ毎日アートイベントがあるビアガーデンってのをやっていた。

もともとある飲食店舗ではなく、素人が、ただの屋上を改装して、毎日アートプログラムとビールや食べ物を用意するって、どう考えても無理がある企画。
当時は(今もそう変わらないけど)“マネジメント”という感覚がなく、とりあえず勢いでおもしろいことをやろうとしていた。
アートビアガーデンだけでもたいへんなのに、AAFがらみで「お宝交換プロジェクト」やライカ同盟のワークショップ、秋に開催するwanakioの準備などなど、大きなプロジェクトをいっぺんに抱えていて、本当にたいへんで運営側はかなり悲惨な状態。
ちょうど有給の専従スタッフがいない時期で、夏休みの期間中事務所暮らしをしながら痩せる思いで(本当に痩せていた/現在と比べると10kg以上マイナス)その企画運営をしていた。

するとあるとき一本の電話。
ニュースでアートビアガーデンのことを取り上げられているのをみた青年が「ボランティアでお手伝いしたい」と申し出てくれた。
それが山田くん。
ビアガーデンではアルバイトの子もいたんだけど、ボランティアの山田くんが一番よく働いてくれた。

東京から帰ってきたばかりの彼は、沖縄の状況にイライラしていて、なんくるないさ、みたいな危機感のない感覚がどうにも納得できない様子だった。
なので、前島アートセンターで展示をしているアーティストの表現に対しても、それでいいのか、と食ってかかることもあった。

ビアガーデンが終了した後もボランティアを続けてくれて、wanakio2003では、照屋勇賢のアシスタントをしていた。
勇賢とは作家とボランティアという関係を越えて、お互いに悩みを相談し合えるような関係になっていて、今でも勇賢のことを「兄貴」と呼び、とてもいい関係を続けている。

山田くんは、前島アートセンターでいろんなアーティストと出会い、アジっているうちに、自分でも表現しなきゃいけない、って思いが強くなってきたようで、山田“よっしー”という名前でラジオ番組をはじめるようになる。
wanakioというアートプロジェクトに関わりながら、これが一般的にどれぐらい浸透し伝わっているんだろう、何か影響力は持つのだろうか、という疑問から自分自身が発信するメディアを持つことにしたんだと思う。

それからしばらくすると山田“ばさら”の名前で音楽活動を始めるようになる。
音楽活動をはじめた、といっても、彼はもともとミュージシャンで、東京のライブハウスでもレギュラーで演奏をしていたらしい。
でも沖縄に帰ってきてからは音楽活動はしていなかった。
だからはじめたというより再開した、という表現が正しいんだと思うけど、
山田ばさらとしては”はじめた”んだと思う。

はじめて山田くんの歌を聴いたときは、ギターも歌もうまいんだけど、それがちゃんとかみ合っていないような気がした。
飾らないでまっすぐ表現しようとする思い、伝えたいこと、それと上手なギターと歌がうまく噛み合ない、いやらしい、とかそんなんじゃなくて、ただかみ合っていない気がした。

そのとき、人前でいっぱいライブをやって、もっと楽に(楽しくとか気楽にという意味ではない)シンプルになっていったら凄いミュージシャンになるんだろうな、と思った。

それから数年、なかなかタイミングが合わなくてライブに足を運ぶのは難しいんだけど、みるたびに山田ばさらは進化し続けているなぁ、と感じる。どんどんよくなっている。

アコースティックギターと自らの声だけでストイックに表現するパンク!
かっこいいですよ!!

山田くんのブログをみるたび、あいかわらず日常生活も表現に対してもストイックだなぁ、と感心。
「山田くん」から「よっしー」そして「ばさら」。
ずっとまっすぐで、常に闘っている彼をみていると、どこまでもゆる~い自分がはずかしくなったりします。
(でも、それが宮城潤の持ち味だ、という言い訳をして自分を許しています。)

山田くん、毎回自主企画のライブをやるたびにフライヤーを家まで届けてくれるのに、なかなかいけなくてゴメンナサイ。
罪滅ぼしにこのブログで告知します。

ということなので、東京近郊の方、かわりに山田ばさらを観に行ってください。」(宮城潤さんのある日のブログより)。。。

・・・というわけで、誰か今夜一緒に見に行きませんかー(笑)。

AD