参加して今年で4年目となった志賀高原・高天ヶ原湿原のヨシ刈り。
ヨシ刈りの様子は、以前のブログで書きました。
「志賀高原・高天ヶ原のヨシ刈り」

高天ヶ原湿原では、湿原の植物を守るためにヨシ刈りを行っています。
今までヨシは、厄介者。
これをみんなで駆除して、昔のように綺麗なお花の咲く湿原に戻したいという活動です。
そんな活動を続けているので、当然 毎年ヨシ刈りの量が少なくなっています。
で、山田に頂くヨシの量も少なく、そのままではヨシパルプに加工することができません。

でも志賀高原だけのヨシ紙を作ることはできなくても、うちにあるヨシと混ぜてヨシパルプに
加工すれば、ヨシを無駄なく再利用することができます。


そんな取り組みになって、3年目。
ようやく、オリジナルの商品ができました。

高天ヶ原スキー場内にホテルを構える女将さんたちの会「やなぎらんの会」が中心となり
ホテルで販売するオリジナルのヨシ紙商品ができました。

 

ヨシ紙と弊社漉きあわせ模様紙とのコラボ商品。
レターセット、一筆箋、メモ用紙の3点です。

いずれも、高天ヶ原スキー場内にあるホテルの売店で購入することができます。

販売しているホテルは下記のとおりです。
高天ヶ原ホテル
ホテルタキモト
ホテルサニー志賀
志賀パークホテル
ホテル銀嶺


今までヨシ原の保全や水辺の水の浄化としてのヨシの保全に取り組んできた
私たちにとって、湿原のヨシは 厄介者なんですね。

そうなると、日本中にヨシって生えてるよなぁ・・・・・。
ヨシを植えて水の浄化をさせようとするところもあれば、
厄介者として駆除しているところもある。

なんだか、不思議で、面白い!!!!

 

AD