京都ほっこり便り

「京都やまちや」 店員がお届けする京都徒然日記
※毎週木曜日に更新!

京都やまちやではFacebook始めました

京都の色々な情報などを毎日更新していきます。


Facebookだけの情報やキャンペーンなど

発信していく予定となっております。



(↓京都やまちやのFacebookは画像をクリック!)



                  京都ほっこり便り


   Facebookをご利用のみなさまからのイイネ!

 お待ちしておりますm(__)m






テーマ:

こんにちは。長崎です。

 

突然ですが、本日622日は何の日でしょうか?

 

ボウリングの日?俳優、阿部寛さんの誕生日?

どちらも正解ですが、期待している答えとは違います。

 

答えは「435年前、備中を攻めていた羽柴秀吉が、本能寺の変での織田信長の訃報を受けた日」でした。当たるはずがないですね。

もし当たったという人がいたら、あなたは歴史マニアというよりメンタリストです。

 

さて、今回ご紹介する「勝竜寺城公園」は、そんな本能寺の変や秀吉とも縁の深いスポットです。


勝竜寺城は室町時代に築かれ、応仁の乱の際に西軍の拠点の一つにもなりました。

戦国時代には、織田信長からこの城を与えられた細川藤孝(のちの細川幽斎)が、さらに堅固な防御と当時には珍しい天守を持つ城に改修しました。

その後、本能寺の変で信長を討った明智光秀が入城し、羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)を迎え撃ったが敗れて落城したという、まさに歴史が動く瞬間を見てきたお城です。

また、このお城は細川忠興・ガラシャ夫妻ゆかりの地としても知られています。明智光秀の娘、玉(のちのガラシャ)が、藤孝の子である忠興のもとへ輿入れしたのが、ここ勝竜寺城なのです。

 

城を囲むお堀にはオタマジャクシ(のちのカエル)いました。


現在の勝竜寺城は、お堀や土塁、それと再建されたやぐらなどを残してその内側は公園として整備され、市民の憩いの場となっています。


ちなみに公園ではありますが、園内の一部を除いて禁煙です。タバコの火の不始末で落城だなんて、細川幽斎も天国で悲嘆にくれることでしょう。

 

敷地の一角には、前述の細川夫妻の像があります。

遠目には貫一お宮像です。しかし、恋人を足蹴にするような卑劣漢とは違って、さすが忠興は花なんか贈って紳士的です。

 

玉(ガラシャ)は父・明智光秀が本能寺で謀反を起こしたのち、2年ほど幽閉されていました。のちに心の平安をキリスト教に求め、洗礼を受けてガラシャと名乗ります。当時は豊臣秀吉による厳しいキリスト教弾圧がなされており、自分と細川家を守るためにも、夫・忠興にさえ改宗を告げることはありませんでした。

関が原の戦いでは東軍の徳川家康側についた忠興が出陣した隙に、西軍の石田三成はガラシャを人質に取ろうとします。ガラシャは夫の足枷にならぬよう死を選びますが、キリスト教では自死が禁じられているため、家臣に自分を殺させました。

ガラシャの遺体は敵の目に触れぬよう、自刃したその家臣がもろとも屋敷ごと爆破したそうです。こうして37歳にしてその波乱万丈な人生に幕を閉じました。

その凄惨さに言葉もありません。

 

園内の建物には、そんなガラシャの人生を後世に伝えようと、大河ドラマを呼び込もうとする張り紙がありました。

史上稀に見る逆臣として悪名高い父のもとに生まれ、迫害されていたキリシタンとして生き、男たちの権力争いに巻き込まれて非業の死を遂げる。あまりに壮絶な人生で、あくる月曜日が二重に憂鬱になりそうです。

しかし、そんな逆境の中にも自らの信念を貫き、逞しく生きた姿は勇気にもなります。それに最近女性が主人公の大河ドラマ多いですしね。

 

歴史のロマンに思いを馳せつつ、都市公園としてもきれいで、ゆっくりとした時間を過ごせる素敵な場所でした。

 

『勝竜寺城公園』

入園料:無料

〈アクセス〉

・JR長岡京駅から徒歩で10

・阪急長岡天神駅から徒歩で25

・阪急西山天王山駅から徒歩で27

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。