その後(奇跡)

テーマ:

そろそろ・・・


ある日息子に言われ、<

いつの間にか日記のようになっている事に気付きました。




息子が初めに書いたように


夫は、


病気、そして告知、に前向きに立ち向かい


最期のその時まで、力を振り絞り頑張りました。




明るい事、楽しい事が好きだった夫でした。


辛かった想い出は、私の胸にしまっておくべきだったのかもしれません。


ただ・・最期の時まで病気と前向きに過し通した夫の事を


皆さんに知らせたいと思う気持ちの方が強かったのです。




症状は壮絶になって行きましたが


夫は変わらず明るく、私には、


まるで天使のように思えました。




或る日夫が静かに云いました。



『何も思い残す事は無い、こうやってお前の手を握っていられれば・・・




ただ・・


 娘の   娘の花嫁姿が・・


 ウエディングドレスでなくても良いから一目見れれば・・・』と。




 私は直ぐに娘に知らせました。




娘はTA君に伝えました。




嬉しい返事が直ぐに届きました。




私達は急ぎましたが、それは・・・叶えてあげられませんでした。




でも、




夫の意識がなくなる直前、旅立つ前日の病室で


TA君が娘と共に、結婚の許しを得る詞を夫に云ってくれたそうです。




息子と私が、別室で何枚もの誓約書を読みサインをしている時でした。




何とか話す事が出来た夫は、


<『嬉しい・・・幸せだ』
 それが、夫の最期の言葉になりました。




その事を、後に娘から聞き・・・一緒に涙しました。




先日、結納の席で、


Ta君が云ってくれました。




「三月十二日に御父さんと約束しました・・・」


夫が旅立つ前日です。




約束してくれた事、


 それから娘をずっと守ってくれた事、


 そして


改めてその日に話してくれた事、




その総てに、感動しました。




父親である夫が


どんなに喜んでいるでしょう、そう思いました。








夫の意識が無くなり・・・それからは、夫の望みを知っていた息子が


出来る限りの時間・・


そして最期の時まで、


夫が、私の手を握れるようにしてくれました。




その間


二度、夫の手から私の手に電流が流れました・・・その感触は今でも忘れません。






夫の遺影は、数ある中から皆で選んだものです。




少し照れた笑顔の写真・・・




実はその写真の元がずっと見当たらず、ネガを捜さなくてはと思ってました。




昨日、荷作り中に・・・偶然その写真が出てきました!



笑顔の夫の横には、ウエディングドレスのような真っ白なバレエの衣装を着て


ブーケのような花束を持った娘が写っていました・・・・(微笑)






このブログを見守ってくださった皆様




『有り難うございました。』




ふと思い出された時・夫yamauchiに逢いに訪れて頂けると嬉しいです




夫からメッセージが届けられるかもしれません・・・・(微笑)yamatsuma







AD

その後(スピリチュアル)

テーマ:

本日の江原さんからの言葉を今、受け取りました。

さすがに荷造りに飽きてしまいました(笑)。


{人生の指針}

死はすべての人に訪れます。この世に生れた目的は、沢山の経験をして、魂を磨くためです。

すべてのカリキュラムを終えると

「お疲れさま。もう帰ってきていいよ」とスピリチュアル・ワールドから呼びかけられて、戻って行くのが

死 なのです。


夫のあの日から、沢山の本を読み、様々な経験をし、

夫は、父は祖父は祖母は、亡くなったと云われる人々は、亡くなったのではなく、旅立ったのでもなく、

帰っていったのだと、今素直に思えます・・・・・


そして今月

junjunちゃんと、江原さんの講演に~福岡で行くことになりました。

なんと、席は前から三番目です!

いけちゃんさん!の一年間御指導の御陰で、チケット・自分で取れるようになりました(笑)。

いけちゃんさんに感謝致しま~す!!


yamatsuma

AD

その後(友人)

テーマ:

この一年

メールの有難さと、難しさを知りました。

ある事から、電話で話す事が苦しくなり、留守電にし続けました。


夫の病気の事を知らせてからは

何も出来なくて・・・皆さんそう云ってくれました。

とんでもないです、結局私も何も出来ませんでした。


でも、その言葉に力をもらいました。

メールでの励ましが、どんなに嬉しかったかを言葉で伝えたいと思いながら

云えずに、そのままになってしまいました。


その事を、御詫びしたいと思います。


沢山のメールをくれた友人に感謝します・・・・yamatsuma


AD

その後(不思議)

テーマ:

この一年、何故か不思議な事が沢山在りました。

今思うと・・・その不思議の御陰で

充実した一年を過せた気がします。


引越しまでの時間ガ無く、一つでも荷造りしなくてはいけない状況です。

焦りつつ、まだまだ続く不思議を書かせて頂きます(笑)。

もう最後ではと思いながら~不思議が終わりません。


一年を想う日、

代官山の海苑(中国料理)で円卓を囲み~最後の料理が出された時、

バチンと停電しました!

地下二階の窓がない個室です。

突然真っ暗になり皆慌てましたが、家族だけは平然としてました。

私はつい『夫ですよ!』と云ってしまいました。

実はチョッと嬉しくて、あのお風呂の電気の話をし始めようとして止めました。

暗くて表情は見えなかったのですが、気配で、周りの皆がひいているのが判りましたので(笑)。


それから、しつこく(笑)何度も点いたり~消えたりを繰り返し・・・

とうとう姉が義兄に電気に詳しいでしょう!と、修理に行かせようとしてましたが、

義兄は微動だにしません。

後日、姉から義兄がこの日の停電を夫だったに違いないと言ってたと聞きました。


とうとう消えたままで数分が経ちました~

御店の方は遠くで何とかされてるようでしたが

さすがに長すぎるので、せめて蝋燭でも借りに行こう・・・と私が立ちかけた時、やっと点きました。


もう消えそうも無い感じでしたので、私は席を外しましたが、

皆さんが、きっと夫の話題をしなかったからでは・・・と、口々に言われ

それから暫らく夫の話をして下さったそうです。

皆様お疲れ様でした~有り難うございました。




そして、婚約式の日

その日は朝から雨風で~午後にはすっかり雨はあがりましたが・・・


タクシーの助手席に乗った息子は

運転手さんの傘も一緒に間違えて持って降りてしまいました。


青山の或る建物の玄関で≪二本≫分の傘札を貰っている息子を見て

TA君が、とても不思議そうでした(笑)。


会が終わり、二次会に主役の二人と若者達は行く事になりました。

二本の傘を持ち、参加するかを迷っている息子に


TA君のママが、Yu君も行きなさい~荷物は預かるから~と、

二本の傘を奪い(笑)、あっという間にタクシーに乗って帰られました。


帰宅後、ママから息子に御詫びの電話がありました。

~なんと・あの二本の傘の一本だけをタクシーに忘れてきたそうです!!


息子は、良いですよ~あれは運転手さんのですからと、笑顔で答えてました。

確かに運転手さんの傘に違いないのですが・・・


まさか・・・でも二本ソックリな傘でした。

先日こっそり確かめました。


ドチラを忘れたのか実はとても気になっていたのです。


家に残っていたのは夫の傘でした、何だか嬉しくて何故だかホッとしました。

                   


・・・・・yamatsuma








その後(家族)

テーマ:

夫の一年を想う会は、

ケルティックウーマンの歌~そして献花で始まりました。


カラーの花を一本ずつ・・・


『もう一つの桜』と言われた歌


「僕が傍に居るよ、君を笑わせるから・・・」切ない歌詞です。


森山直太朗さんの『桜』が大好きでよく聴いてましたが、夫は、この歌も好きでした。


何と今!Jwaveから、直太朗さんの桜が流れて来ました~


ローズ 千の風になって   愛の讃歌   大空と大地の中で

春夏秋冬


胸が一杯で何も言えない私に代って息子が挨拶をしました。


その中で・・・私に、

これから少しずつ父の思い出の歌を楽しく聴いて欲しい事。

そして・・・TA君、

TA君が、これまで、どんなに支えになってくれたかを声を詰らせながら話しました。


そうでした・・


あの日から息子には男としての責任が重く圧し掛かっていたのだと思いました。

私は自分の感情を保つだけで、やっとだったのです。


娘を支え、私達家族の傍に、いつも笑顔で居てくれた

TA君の存在が、どれだけ明かりをくれたか解りません。


TA君に心から感謝致します・・・yamatsuma







その後(家族)

テーマ:

明日、

TA君と娘の、結納を兼ねた食事会の御誘いを受け

娘と息子と三人で参ります。

成人式では父親のスーツを着た息子でしたが今回は新調しました。

娘は、私が結納の時に着た着物を、偶然着る事に!


今朝、

見て欲しい物があると、娘が小さな箱を持って来ました。

その中には、数年前~夫が私に買ってくれた輪島塗の【カンザシ】が入ってました。


黒地にゴールドと朱で≪桜の花ビラ≫が描いてあり

花の中心には、


『見辛いけれど、母の好きなターコイズ色が付いてるよの!』

娘が嬉しそうに教えてくれました。


私の大好きなターコイズ色!!


私は、着物を着ることは殆んど無いので

何時の間にか、時々着物を着る娘が持っていたのです。


こんなに素敵なプレゼントをくれた夫の気持に

気づかなかった自分を情けなく思いましたが、


桜の季節

娘が気づき、御祝の席で、それを付けてくれる事が嬉しく、

きっと、夫も喜んでいる!そんな気がしました・・・・・・yamatsuma





その後(想い出の場所)

テーマ:

子供達は覚えているでしょうか?


春未だ浅い頃、休みの朝夫が云いました。

『春を探しに行くぞ!』


公園でも遊園地でもなく、行き先を決めず

ただドライブしながらの春探し


お弁当と水筒を持ち、時々車を停めては歩き、木の芽や花の蕾

小さな春を探した一日がありました。


先日、一周忌前日

息子の運転で、娘と花屋さんを数軒廻りながら、私はその日の事を思い出していました。

丁度、同じ季節だったのかも知れません、夫が子供達に籠めてくれた想いを感じながら・・・。


その日、フランネルという珍しい花に出会えました。

夫と観ていたドラマ・≪恋のチカラ≫で使われたフランネルの種の事は知ってましたが、

風船の中に入れて空に飛ばした種~その花に出会えるとは思いませんでした。


しかも、出会う直前に、そのドラマで使われたと思われるベーグル店を娘が見つけ、私は一人感激し写メールを撮り(笑)、帰りに寄ってみようと全員一致で決め、それから少し歩いて行った素敵な花屋さんで見つけたのです。


デリケートなので、あまりお薦めましませんが・・・と言われましたが、娘は迷わず購入しました。


ささやかでしたが、

一つ一つ娘が選んだ花に囲まれた夫が、とても幸せそうに見えました・・・・・yamatsuma



その後(万年青)

テーマ:

夫が愛した≪万年青≫達が、一年堪忍んでくれました。

残念ながら幾つか・・になりましたが・・・。


昨夏、恵比寿ガーデンプレイスの売り場で

ふと・気になる名前の香炉を見つけました。

≪四海波≫  

銅製で可愛い浜千鳥の絵が刻んでありました。

何処かで見覚えのある名前でした。


帰宅して

残った万年青の名札を見て驚きました。

≪四海波≫ と、書いてありました。


その後その香炉を購入しました。

今後、その万年青を大切に育てようと思っています。


勿論、ヒロムさんとの約束を忘れてはいません。

実は、どれを差し上げれば良いか迷っていました。


その中の一つに

≪友染大王≫と、名前が付いた万年青がありました。

それしかないと、思います。

きっと、夫が決めてくれたのでしょう・・・・・yamatsuma

思い出の場所(家族)

テーマ:

夫に告知をした数日後

朝から夜まで病院から帰ろうとしない私に、夫が言いました。


子供達が幼ければ、お前も気が紛れて良かったのに・・

寂しいよなぁ

・・・・

その時私は、何故?!と驚いて否定しました・・・本当にそう思いました。


成人してるからこそ、夫の事だけを考えられ~長い時間一緒に居られる、

子供の事を何も心配しなくて良いし、逆に頼りに出来るじゃない、

何を云ってるのよ!と、反論しました。


でも、その夫の言葉が後になって響いてきました。

その言葉は、いつも私の事を気にかけてくれた夫の優しい思いだったのでしょう。


贅沢でネガティブな考えですが、

大人になった子供達の姿に、少しずつ寂しさがつのりました。

そして更に時間が経ち、

夫婦でしか夫婦にしか判らない事が次々に溢れ出して止まらなくなりました・・・


そんな時、母の言葉を思い出しました。

13年前父を亡くし、あまりにも落込む私達姉妹に云った言葉です。

父親を亡くすのも辛いでしょう、でも

夫を亡くす事は、例え様が無い程、もっともっと辛く寂しいものよ、貴方達には解らないでしょうね。

だったと思います。


この一年、少しずつ前に進みながら、色々な事が見えてきました。


今、母は私が一緒に住む事を楽しみにしてくれてます。

昨年、今年の春に一緒に暮すと決めて告げた時は、とても喜んでくれたのですが

その時まで生きれるかな~などとネガティブな事を言って困らせました(笑)。


一人暮らしの母の事が心配で帰るはずなのに、

いつの間にか私ガ母の心配の種・つまり生きがいのようにになってしまったようで、

母は、日に日に元気になり、今はとても張り切ってます。



そして先日、

闘病中の夫に、泣きながら尋ねたことを思い出しました。


これから私は、どうすればいいのと、

未熟な私は、そんな事を夫に云ってしまったのです。

夫は、子供達の事は何も心配してない、ただお前の事だけが心配だと一緒に泣いてました。


でも、ある時言ってくれました。


好きにすればいいよ、でもきっとお前はこう云うよ、

『風と共に去りぬ』の

あのシーンのように 「そうだ、☆・・に帰ろう!!」と、


その時、夫は笑顔でした・・・・・yamatsma








その後(ホワイトデイ)

テーマ:

今日はホワイトデイ


夫は、ホワイトデイの前日に旅立ちました。

昨年は、それどころではなく過ぎましたが、

今年は、ホワイトデイの前日に旅立つなんて!と、突っ込みました(笑)。


今年のバレンタインデイは、どう過せば・・・と街を歩きながら思ってました。

行事好きな幸せな日本人・・・なんて事を、思ったりして(笑)


そんな時、江原さんが素敵な提案をしてくれていたのです。

原宿で握手会!!

早速イケチャンさんを誘って行きました。

イケチャンさん、付き合ってくれて有り難うございました。


にこやかな、温かい雰囲気の、素敵な方でした。

あまりの緊張で何も話せませんでしたが、

素敵なバレンタインデイになりました。


そして、ホワイトデイにも

江原さんは素敵な提案をしてくれていました。

メールが届けられました。

その内容に感動しました。


江原啓之さんからの愛の言霊です。


『あなたはいつも愛されています。

愛されていない人などひとりもいません。

・・・・・

・・・・・

愛をいっぱいたくわえていれば、人はいつも愛にあふれた行動が出来ます。


・・・・・

・・・・・

人は皆「愛の電池」です。

「愛の電池」は愛された時に満たされます。


しかしそれだけではありません。

今まで注がれてきた愛に気づく感性も、「愛の電池」を満たすのです。』


今まで注がれてきた愛に・・・その言霊に、ハッとしました。


夫は、私には厳しい人でしたが沢山の愛をくれました。

その想いを大切にして生きたいと思います・・・yamatsuma