対馬から

テーマ:

対馬は、いろんな意味で。歴史に登場した。


両属。沖縄もそうだが。・・・日本を考えるとき。その政治的軍事的強さは。・・・悲しいが。強力ではない。

逆に。そのほうが。ある意味安心ではある。


壱岐対馬は。鉄の。。。大陸から日本への。中継点である。

製鉄の原料である。森がなくなったとき。その。製鉄民族は。日本を目指した。


対比として。対馬の人と。壱岐の人の。愛想。を。よく聴く。

壱岐人より対馬人は。愛想がない。


私は。農耕民族の子孫である。


そして。環境の違う友との。意思疎通に。いろいろな。悩みを。持った。


くどい。・・・単純に言うと。漁業の人に。敬語はない。・・・ということである。


自分自身。ヨット部にいて。・・・沈みかけている船の中で。・・・あのう・・・僕は。

なんて。農耕の天気挨拶は。ないと。思う。


だから。あの人は。こう!なんて。判断はないと信じている。


どんな人に対しても。仲良くなりたい農耕の人。

戸板一枚下は海の船民族。


言葉でない。本当の。人間同士の、ぶつかり。理解。


実は。・・・それが。欲しくて。旅立った。


若かった。・・・そして。出会った。・・・人としての評価は別として。

僕自身は。高校の同級生に会い話して。


・・・幸せ。・・・なような。気がする。


停滞で。拗ねているのは。僕だけのようだが。

AD

今こそ

テーマ:

一寸、しつこく。すがる。


何故。郵貯なんだろう。・・・ということ。


300兆といわれている。預金残高。


でも。・・・預金している人には、悪いが。


いま。この金。ここに見せろ!!言っても。現金が。ここに揃わない、悲しさがあるということ。


見ることができるのは。ここにいくら投資居ている。という。文書だけと思う。

ただ。国が保証しているから。・・・間違いない。


みんな。あわてているのは。このこと。なのです。


300兆が。本当は、いくら?。考えたとき。事実を聞くのは怖い。


みんな。保証する。国の。大丈夫だけを聞きたい。


でも。・・・本当のこといえば。現金はない。


信じてもらえないかも知れないが。・・・・ないのです。


やりたくないけど。一度。みんなで、郵貯下しに行ったら判ります。


明日には、そんな。言葉をもらうしかない、のです。


信じられないと思う。じいちゃんばあちゃん。


たかが。数百万の金、郵貯郵貯というのなら。

一度。みんなで、確認したらいい。


郵便局に、金があるのか、どうか。


今。信じるものは。あんまりありません。


一度。集団で、オロシテ。平気な郵貯の顔見て。それから決めても。遅くはない。


あした。ばあちゃんに。電話しようと。みなさん。ためしに。やってから。選挙しても良いかも。


小泉。ありゃ、くせもんです。下ろしにいった、預金。あの人が。責任持つらしいから。


ためしに。明日。みんなで行きましょう。


どう見ても。借金だらけの日本がそんな現金持っているとは。


あたしゃーおもえない。


それで。平気なら。安心です。明日。みんなで。やってみませんか。


じゅんちゃんの。言葉を信じて。


AD

壱岐・対馬のみち

テーマ:

日本海の、中に居れば。

倭寇の末裔と、むち打たれることもあるかも。


囲繞に。

今年の終戦60年は、靖国に、シツコイ。・・・誰が、参拝するか。


靖国神社に関して、語れば。・・・・むつ。


ただ。日本人はずるい。・・・そういうしかない。


靖国神社は、こういうところで。A級戦犯を祭っている。なんて。法的には。何にもない。

それが。許せない。


そう古い事柄ではない。所謂。一般戦没者を。守る。そんな法律に便乗した形で、合祀されている。


そこのところを。はっきりとしないで。朝鮮や、国際社会で、生きていこうとしている徒党。

を、支持している人が。59%な、日本は。尋常ではない。


言葉。いくら時の総理が、侵略しないと、反省しても。国際社会が、それを、日本の国政と信じることはない。


え!!!どうして?


有史以来、他国を侵略するに。自衛以外の言葉を使った政治家は、居ないからだ。


まして。little pond などは、笑止。時々に言葉の調子で、逃げる。今までの歴史の中でも、ランク低い平安貴族の化粧おかま。


議会制民主主義の先輩。英国にして。また。ピューリタニズムのアメリカにしても。

政治家の横暴を防ぐに。いろいろ。を、講じてきた。


それは。2大政党による。牽制力である。


政治は・暴走する。


抑制する。機構として。2大政党を。構し。人民の制御をよくす。


いま。日本で。民主党を。養育せず。クノイチ。刺客の言葉遊びに流れ。小泉に、票が流れるならば


日本は馬鹿人間。大戦後アメリカに駐留されキョウイクされたが。まったくとして。国際社会に招ずべき民族ではない。そんな


判断が下される。ような気がして。怖い。


欧米。中国。朝鮮にとって。ある意味。今のような日本は。・・・美味しい


のかも。知れない。


歴史。日本人よ。若者よ。今からの日本の舵取りをするのならば。


学べよ。

AD

壱岐・対馬のみち

テーマ:

姜尚中 東大教授(政治学)の、名を、見て、放っておいたこの本を再び開いた。


対馬から朝鮮が・・・何度も言うが、朝鮮という言葉を敢えて使う司馬さんに同意する・・・見えるですよね。

青く霧のように霞のように見えるともなくある。それは。・・・この。巨済島を見るくだりの。方を。

勝手に。作家の、金達寿氏と。姜教授の父親と。ずーっと、思っていた。


晴れたら、見えるこの両島の間にあるのは。天候による視界の気まぐれさではなく。

政治という。視界の気まぐれさ。であった。


実際同行されていた。李進煕氏(考古学者)は、いつもと違い。うつむいて松林の砂を。ずーっと。靴で。


・・・強い風の中の。この情景が。何かの触媒で。時々よみがえり。苦しくなるのだが。・・・人が違っていたようだ。


・・・しかし。姜教授の。言葉。・・・そして。その内容の激しさの割りに。自分の激しさを。飲み込んだ。


大人の。態度。・・・凄さを。逆に。感じないわけにはいられなかった。


またまた。掻い摘んでの。勝手な講釈で終わりそうだが。


つい数百年前まで。国と呼ばれてきた。壱岐対馬を。・・・歩こう。


実際に。私が訪れたのは。・・・もう数十年もまえの。ことである。