選挙

テーマ:

かまびすしい。怒声が。交差している。

正義の主張は。人の話を、聞かないと言うこと。


隣人が、何を、言おうと。だらだらと。自分。自分らの。主張を。垂れ流しにする。・・・と言うことらしい。


選挙が。近い。


いろいろの。知識人。専門家がコメントする。


いいんだけど。・・・何か。日本の場合。根本が違う・・・そういうシステムになってないのに。

その気になって。メディアや。大人が。講釈しているような。気がする。


アメリカ。イギリス。

には。その時その時の。政策を。判断して。違う党に任せるシステムがある。


が。・・・・・・・・・・日本には。ない。


その事に、気づかず。色々。言っても。何のコメントには。ならない。


二つ三つの政党が。国民の。意志に沿うよう。努力する。


それが。始まりであり。・・・・・・・・・・・・それから。あの国は。とか。この党は。・・・・


などの。会話になる。


議会制の話になった時。イギリス人が。言った言葉。


百年の歴史が。わが国にはある。


・・・・・・・・江戸時代から。の歩みを鑑みても。


日本人は。まだ。鎖国している。のかもしれない。

AD

金曜日の渋滞と夾竹桃

テーマ:

軽井沢からの帰り。練馬で渋滞の表示。

今まではETCカードがなかったから。今回は。・・・ムフ。大丈夫。

すり抜け。皆さん。ぎょめん!!!


料金所の付近には。夾竹桃。白や紫っぽい艶やかな。花。・・・なんて。風流にしてたら。とんでもない渋滞に散々でした。


そういえば。広島に原爆が投下され。灰になった後。一番に。咲いたのが。この花だったらしい。

自然植物は。アトミックな、人類の気紛れさえ。浄化しようとする。・・・ある意味。悲しい習性が。あるのかもしれない。


人の血を吸って咲いた花。なんて。陰口・・・気にしないでね。って、慰めたくなるように。艶やかさの割りに。

いい風景なんです。


少し。すずな風が。感じられます。


近頃。こんな風景にばかり。目が行って。

独り取り残されたように。寂しいような・・・


秋かな。


時間が。通り過ぎてます。



AD

坂之上の雲

テーマ:

自衛隊のあるお偉いさんの部屋には、騎馬隊の勇猛な絵画が、飾られて居る。


秋山好古。貧疎な鶴翼の陣を、自分なりの工夫で守り通した騎馬大将である。

屈辱と言えばこれ以上のそれは、無かったと思う。


義経の騎馬戦略からは、遠く離れている。


敵が来たら、皆馬を下りて、機関銃で、ロシアに対抗するのである。

引退した後好古が、騎馬隊とは・・・と言って、拳で窓ガラスを割った。これであると。


屈辱が、悲しく的確に、説明されている。


そんな、苦労。

機関銃だって、簡単に支給されたわけではない。


が、あの戦争だった。


貴族であるロシアの大将が、厭戦気分を持たず、進んでいたら。


今の、日本はない。


昭和の、太平洋戦争は、日露戦争の勝戦の安易さが、ある意味。トリガーとなっている。


何度もいうが。歴史は、教訓である。


何年に鎌倉幕府が誕生した・・・などの知識は。無用である。

難しい将軍の名前。歴代の天皇の名を。いくら記憶しても。


それは。歴史と言う学問ではない。


現代に活躍する政治家。安部さんが、それをマスコミで言う。悲しさ。


自分の家系の自慢話にしか。聞こえない。


かけ離れている。


欠けている。・・・日本が国際舞台で活躍する絵。


江戸。明治。大正。昭和。・・・そして。平成。


どんどん。鎖国に近い状態と。感じるのは。


私だけである。のだろうか。


江戸時代の鎖国のほうが。もっと。ポリシーはあった。

AD

zero sum

テーマ:

zero sum・・・なんとなく、好きな言葉です。

ご存知のとおり。sumは、excelなんかに登場する関数。合計・・・かな。


例えば、株式相場。

儲ける人がいれば、逆が必ずいる。・・・馬鹿なやつが損をするんだよ!

そう言われれば。僕は、いつも負け組。・・・いや。

やったことないのです。・・・が。

相場その円の中では、合計ゼロ。ということ。

虚しいのです。

勝った喜びが沸かない。


そんな虚しい例えはいいとして。

生まれたとき。裸一貫。・・・そして、死ぬる時も。裸一貫。

うん。これはいい。

どんな巨額の財を成しても、天国には持っていけない。


bibleに、タレントという話がある。・・・taizo先生のblogを、読んでください!!

詳しくは、説明できないが。

所謂、才能。その人に与えられたものを、そのまま持ち帰ったことを、判定される話。


無くさないよう土の中に埋め、そのまま天国に持ち帰ったあなたは、最後の審判で。

地獄に行くことになる。・・・


実は。この話。junior highschoolのMr.Chary Fenner に、言われたこと。・・・遅刻の連続の朝。

13歳の眠い朝、地獄の怖さに、怯えたあのころは。


とても。純情だったかも知れない。


水 金 地 火 木 土 天 海 冥 ・・・次は、なんと言うんだろう。悟空の海王様は。


お元気なんでしょうか。

テーマ:

まだ、新しい画面に慣れないようです。

始終。pcの前に居て、嫌になる。

暑さのニュースも、私には、無関係のような気がして。・・・不思議な時間が続いてます。

あんなに嫌だったtvが、とても心地よく。だらだらと、見てます。


こんな家に引越すなら。

もっと大きなtvを買えばよかった。


NHKの。その時歴史が動いた。は、とても好きな番組です。近頃は、とてもマニアック

昨夜。信長の、巨大鉄船を視ました。

司馬さんの小説にも出ない。

・・・フィクションのように。秋山ジョージの”浮雲”で、昔見た記憶があります。

実際に村上水軍と戦ったのは、知らなかった。

当たり前のことですが。信長の、凄さは、ランクちがいです。


家のことです。LDKの。LがDKより、階段6段下にあります。酔うと怖い。段々ですが。

涼しいんです。窓を開けると杉の木があり、涼風を、くれます。

DKに上がると。ムッときます。


ゼロサム。zero sum。

部屋の涼しさと。室外機の吐き出す熱風は。結局。合計すると。同じなんですね。


・・・それより。近隣の家と争わない涼しさを、探し求めること。

少し。段々気付いてきたようです。

墨田区か台東区かは、忘れましたが、雨水を、ドラム缶に貯めている。

そして、それを植物にあげたり、道に撒いている。

昔の、風景が、すこしづつ甦った時。本当の涼風に、出会える。


気がします。


ゴミも出さない。温度も出さない。

家庭内のリサイクル。が、本当に浸透すれば。・・・小泉さん。・・・困るでしょう。

停滞

テーマ:

停滞は手痛い。

放置状態のブログにきていただいた方に。・・・申し訳ありません。


仕事と。・・・実は。ネットショップを立ち上げ中で。

もちろん。ここでは、その話は。なしです。


引越しで。司馬さんは。いまだ、ダンボールのなか。


でも。やはり。読みたいの願望が、強い。

何だろう。な。いろいろな小説を、面白イヨッテ。薦められるけど。

その気にならないのです。


・・・汚染されている。のかも。知れません。


近頃。仕事で。軽井沢に通ってます。

その前は、東松山。川越。川越の、江戸情緒たっぷりの町並みを歩きたいのですが。

なかなか。ムツ。


ただ。


川越街道は。・・・好きです。街路樹が、昔からあるような、神秘さを、感じ、深夜に帰宅するときなど、鳥肌が立ちます。


環境・・・例えば、ヒートアイランドの深刻さ。・・・なんて、この街道を歩けば、こうすればいいのかと。

簡単に、解決します。


でも・・・できないのが、政治。・・・ですね。


それは、ここでは、言いたくない。


根の深さ。・・・のこと。

台風は、それほどの事もなく、過ぎたようです。


ヴィジュアルで。倒れる街路樹を見ます。

でも。

よく見ると。根が、チャチっぽい。んです。


人災とまでは、言いませんが。も少し。植物の特性を知って、植林をして欲しい。そう思う。

上からの水を、待つ植物の根は、上に伸びる。・・・らしい。


人は知らず知らず。安易な見た目の、方策を講じ。自然を馬鹿にしている。

それも自然。


・・・とは。鉄腕アトムのあの先生の言葉。らしいです。


自分で、生きていきましょう。なにか、今の日本は、そう言っています。


恐れることはない。自分で生きていきましょう。・・・ね。


だから。その言葉。そのまま。・・・あなたも。


それが、司馬流。


そう思う。



状態が。続いてます。

昨日から。軽井沢に行ってきました。

カルイザワノキリ

気温18℃。霧深い。道は。それだけで、神秘的です。


仕事で温泉に、一泊。ホテルのコメントは。オーナであるため。・・・なしです。


設備は、ともかく??自然が素敵。雨でしたが。静かな一夜。では、ありました。


ウサギが、居ました。・・・逃げないんです。

幼稚園生が、遊びに来ました。


どちらも、基本的には、同じ生物のように。・・・感じました。

・・・そして。先生も。


その、無頓着が、新鮮です。・・・かな。?


東京に帰ると。・・・車の運びも。落ち着かない。

あわただしさがあります。


自然の中に。少しでも。いるということ。


それは。・・・


都会に戻って。急に。

のどが。   痛くなると。   言うことの。ようです。

色々

テーマ:
博多に、はっちゃんラーメンがある。30年来の、ファンです。久しぶりに、食べた。友人は、麻薬が入っとう、と。言う。

一週間食べないと、体がおかしくなる。。。麻薬だね。

スープがギトギト。。。油が凄い。でも。麺が、とても細くて、沢山食べられる。

不思議なラーメン。と、言うしかない。

私に、東京で、店を出せ。みたいな話もあったが。。。

やはり、ファンでいたい。

提灯が、面白い。ぼろぼろ。ガムテープで補修してある。

いい店である。

博多に行かれる方には。お勧めです。

渡辺通り一丁目の、はっちゃんラーメンと言えば、タクシーの運転手の方は、頷いて、連れて行ってくれる。

今も、並ぶ覚悟で、行かないと!!の店です。

其処にいた一人として

テーマ:
福岡の地震は、凄いものでした。私自身。生まれて。初めての経験です。
実は。久しぶりに、朝酒をして、コタツにいました。突然の、揺れは。激しく長い。食器棚の皿や徳利が。踊り。割れ。壮絶しかった。
写真は、地震の前。同級生と。博多の春の風物。白魚(しらうお)料理を食べた。料亭です。

室見川の河畔。博多タワーを見て、夕陽が綺麗だった。

同級生と。6時から、3時まで。の9時間。今回の帰福のスタート。博多弁に。完全に戻ってしまい、今。大変です。

16年と、9時間。秤にかけたら。

16年苦労して、覚えた東京弁と、博多弁。

やはり。故郷が重かった。です。

2005-03-14

テーマ:
昨日帰り道。冷たい風に。
春、桜舞う、この道。辿る。
週末。誰も楽しそうに。
手を繋ぎ笑う、街灯の色。

もう。貴女は、忘れてたんだね。
遠いあの頃。明るさの意味。

永遠に、君は、僕の隣に。
いると信じて、我が儘だった。

んー。春は遠く。
風は、冬のまま。
心凍らす。さよならの。仕草。

浜省風でした