余命3ヶ月(在宅療養)

テーマ:

在宅の担当医は、昭和大学病院の相談室からの紹介で、

奥沢にある青い・・・会にお願いしましたが

様々な問題がありました。


このブログが終わる頃になって書いたりしてと思いますが、

今だから書けるのかもしれません。


先生は週に二回の往診と

週1回一名の介護師さんが来てお世話をされます。

夫と私は、介護師さんの訪問を、お断りしましたが、そうはいかない感じでした。

一番不思議だったのは、始めの説明の時です。

介護士さんが夫を介護?してる時は、私は部屋から出ているように云われた事でした。


昭和大学の担当のTさんは熱心な方で、私一人では無理だと、

色々捜されて決めてくださった病院でした。

何とか、上手く付き合おうと必死でした、


腹水の治療が出来る大きな病院だといわれましたが、

唇から出血し、止まらなくなった時に救急車を呼ぶように云われ、

結局、昭和大学病院の救急室で縫って頂き、深夜息子の車で帰宅ました。

その時は必死でしたが、自宅で出来なかったのかと・・思ったりします。


週一の看護・・或る日夫と私は閃きました。

洗髪をお願いしようと~

前日、電話で頼みました、何も用意しなくて結構です!と云われ楽しみにしてました。

ところが来られて直ぐに

バケツ二個~

バスタオル三枚~

柄杓一つ~

シャンプーリンス(当然でした!)

ポリ袋大を三枚!!驚きました。

そして、42度の御湯~~でした。

私は走り回りながら何とか準備をしました・・・

あっという間に、手作りのシャンプー台が出来ていたのには驚きました。


看護師の方が帰られて総てを片付け、一息ついて夫と本を眺めてました。

介護用品の総てが載った本でした。


シャンプー台セットと称して、快適そうな電化製品が一万円代で在りました。

患者側が買う為のパンフレットです、


青い・・・会さん、何台も車をお持ちの病院です、その製品を幾つか常備されても良いのでは・・・・・・・yamatsuma

                                                                                                















AD

コメント(2)