その後(奇跡)

テーマ:

そろそろ・・・


ある日息子に言われ、<

いつの間にか日記のようになっている事に気付きました。




息子が初めに書いたように


夫は、


病気、そして告知、に前向きに立ち向かい


最期のその時まで、力を振り絞り頑張りました。




明るい事、楽しい事が好きだった夫でした。


辛かった想い出は、私の胸にしまっておくべきだったのかもしれません。


ただ・・最期の時まで病気と前向きに過し通した夫の事を


皆さんに知らせたいと思う気持ちの方が強かったのです。




症状は壮絶になって行きましたが


夫は変わらず明るく、私には、


まるで天使のように思えました。




或る日夫が静かに云いました。



『何も思い残す事は無い、こうやってお前の手を握っていられれば・・・




ただ・・


 娘の   娘の花嫁姿が・・


 ウエディングドレスでなくても良いから一目見れれば・・・』と。




 私は直ぐに娘に知らせました。




娘はTA君に伝えました。




嬉しい返事が直ぐに届きました。




私達は急ぎましたが、それは・・・叶えてあげられませんでした。




でも、




夫の意識がなくなる直前、旅立つ前日の病室で


TA君が娘と共に、結婚の許しを得る詞を夫に云ってくれたそうです。




息子と私が、別室で何枚もの誓約書を読みサインをしている時でした。




何とか話す事が出来た夫は、


<『嬉しい・・・幸せだ』
 それが、夫の最期の言葉になりました。




その事を、後に娘から聞き・・・一緒に涙しました。




先日、結納の席で、


Ta君が云ってくれました。




「三月十二日に御父さんと約束しました・・・」


夫が旅立つ前日です。




約束してくれた事、


 それから娘をずっと守ってくれた事、


 そして


改めてその日に話してくれた事、




その総てに、感動しました。




父親である夫が


どんなに喜んでいるでしょう、そう思いました。








夫の意識が無くなり・・・それからは、夫の望みを知っていた息子が


出来る限りの時間・・


そして最期の時まで、


夫が、私の手を握れるようにしてくれました。




その間


二度、夫の手から私の手に電流が流れました・・・その感触は今でも忘れません。






夫の遺影は、数ある中から皆で選んだものです。




少し照れた笑顔の写真・・・




実はその写真の元がずっと見当たらず、ネガを捜さなくてはと思ってました。




昨日、荷作り中に・・・偶然その写真が出てきました!



笑顔の夫の横には、ウエディングドレスのような真っ白なバレエの衣装を着て


ブーケのような花束を持った娘が写っていました・・・・(微笑)






このブログを見守ってくださった皆様




『有り難うございました。』




ふと思い出された時・夫yamauchiに逢いに訪れて頂けると嬉しいです




夫からメッセージが届けられるかもしれません・・・・(微笑)yamatsuma







AD