思い出の場所(従弟)1

テーマ:

結婚して気付いた事ですが、

福岡に住むyamauchiのイトコは女性が多く、私のイトコは男性ばかり、

新婚時代、私の年下のイトコ達は、よく遊びに来てくれました。

多分yamauchiのファンだったからだと思います(笑)。

yamauchiは妹が二人なので、まるで弟が出来たみたいだ~と喜びました。


新婚時代、住んでいたのは小倉北区のアパート、

日豊本線沿いの二階の部屋はキッチンが線路側で、そこで食事をしていると

まるで新幹線の食堂車みたい!!だと、訪問者には評判でした。

毎日住んでる私達は騒音と揺れが気になるばかりで・・・。


To君(私の従弟です)は、小倉に住んでた時、北九大生でしたので、

確か近くに住んでいて・・・一度、三人で映画・影武者を観に行った事があります。

私は、娘がお腹に居て~もう結構大きく・・(8ヶ月だったか?)とにかくやたら眠くて、クーラーが無かった家と比べて

映画館の涼しさが心地良くてスヤスヤと眠てしまい、yamauchiから影武者で寝るなんて!!と、後々何度も云われました(笑)云えなかったけど、あまり胎教に良くないと・・・眼を瞑ったところも・・・。


その年の秋、宮崎に転勤になり、

TO君は夏休みに宮崎へも来てくれました。

友人さん・そして何と私の姉・という不思議な組み合わせで(笑)~何故か友人さんの車でした。

確か真赤な車・車種は覚えてませんが、写真があります~何故か友人さんが娘を抱っこしてます(笑)


宮崎は、観光には最高の場所です!娘と私もお邪魔虫で、確か・・色々な場所に出かけました。

娘は産まれて8ヶ月位でした・・・

その頃yamauchiは仕事が忙しく、知人が全く居ない宮崎で、

昼間・娘と二人で心細かった私は数日間とても楽しい賑やかな時間を過ごせました。


To君・友人君・そして姉、

皆・明るく楽しい性格の持ち主で、よく笑いました~

“皆さん、有り難うございました・・・”とても懐かしい想い出です。

そして今・1つ思い出しました!

確か娘が破ってしまってた網戸・わざわざ材料を買ってきて修理してくれました!!

前夜・皆、何ヶ所も蚊に刺されてしまって・・・yamauchiは忙しかったので、ゴメンナサイ~

“あの時は、お世話になりました”


To君から、yamauchiの病名を伝えて直ぐに

貴重なアガリクス・を沢山頂きました・・・煎じ方も詳しく教えてくれて・・・

“有り難うございました”

病気が判明してから飲んでいた中の一種類でしたので、とても助かりました。yamauchiは喜び、感謝してました・・・。

そして

TO君に、是非ブログの事を教えようとしてましたが、

その頃、もう随分yamauchiは辛い時期で、そして私も時間の余裕が無くて・・・確認できず残念でした・・・。


その後、yamauchiが旅立って暫らくして・このブログの事を伝えました。

きっと、読んでくれてると思います・・・。


この夏・仕事で何度か上京された時に

連絡を頂きましたがタイミングが合わずに失礼してます。どうぞ懲りずに連絡下さい、でも決して無理はなさらないように・・・


お気持ちはyamauchiに十分届いてます・・・・yamatsuma



AD

想い出の場所(家族)7

テーマ:

TA君と娘の 転職②


そして今年です

7月のある日・確か週の真中あたり・・・珍しく早く帰ってきた娘と、のんびり食事をしてました。

Ta君から電話があり、日課のコールかな~と思いきや

Ta君は先輩と一杯やっていて、これから家に来るような会話です。

週末でもないのに?珍しい事です!


いつも・にこやかなTA君ですが、更に嬉しそうでした・・でも何だか深刻そうにも・・・

私は席を外そうと立ち掛けました!

お母さんも是非・そこに居て、聞いてください!!真剣です・・・

お箸を置いて、じゃあ・・居るけど、ほんとに良いの?何でしょう・・・

少し不安に思いながら、そこに居ました。



娘に、

“長い間お待たせして御免なさい!!心配かけましたが、やっと就職が決まりました”

えー!!とにかく私は驚きましたが

娘は、“良かったね!!”嬉しそうですが、冷静です・・・。

私は、おめでとう~~!!心配してなかったよ、それに待ってただなんて・・・ねェYu!と云いました。

TTa君は、いえYuは待ってたんですよ~いつも怒られてました(笑)

あぁ・・そうだったんだ・・・

娘は、“そんな気がしてたんだ・・・”やっぱり冷静です。

もう少し喜んでもいいのに・・・と思いました。


それから二人で話してくれました!

ネットで、ラグビー・を入力してアクセスすると、

どうしてもその会社になるのだそうです・・・しかも、丁度・募集がかかっていて、

すぐに受けに行った!!という事でした。

その事を娘は知っていたのです。


ここからは、TA君の話です!!娘も未だ知らない、その日の事です。

その会社はビルの2階と8階が事務所で、

Ta君は、何となく・・・8階の方だろうとエレベーターで行ったそうです。

その受付には年配の女性が・・・名前と面接を受けに来た事を話そうとしたけれど、

緊張でカミカミになって上手く言えなかったそうです。

その女性は、穏やかに微笑まれて、此処ではなく2階だと教えてくれて・・

そうなんだ!と慌てたTA君が、失礼しました!とエレベーターに向おうとしたら、

その方が、エレベーターまで一緒に歩きながら~

“大丈夫ですよ~あなたなら大丈夫だから!落ち着いて頑張ってね”と言ってくれて

そして、ドアが閉まるまで、笑顔で見送ってくれたそうです。

娘と私は、~なんて素敵な方が・・・でも、大丈夫って・・・何故?と思いながら続きを待ちました。


そして、2階に降りたら~何故かすっかり落ち着いてたんだよ!

さっき練習してるしね、と娘・・・(笑)

今度は、受付でスラスラと挨拶を済ませる事が出来て、

そのまま一次面接に望み数人の面接官の前でも緊張せずに何故かペラペラと

話そうとは思ってなかった事までも上手く話せたそうです。

一年間のアルバイトの事もキャリアと認めて欲しいと言ったりしたんだよ・・・自分じゃないみたいで・・

そして、知らされてなかった、その中の一人が社長さんで!!とても気に入ってくれて、

君にはここで働いて欲しい、君が良ければ、是非・内定という事で!!二次面接はもう受けなくて良いです。

後、筆記試験だけを受けて下さい!と言われたのだそうです。


えーーー凄い!そんな事があるんだ!!

良かったね~~良かったじゃない~~と、そこで拍手!!

さすがに娘も、感動してました・・・。


ところが、Ta君は、神妙な顔で・・僕の力じゃないんです、

何故?何?間が空きました・・・

“お父さん・・・”

えっ、TA君のお父様・・そうだったの?考えたら同じ関係の仕事!でした。

娘が、偶然だったんじゃない~関係ないでしょう?気にする事ないよ!

違う違う家の親爺は全く関係ない・・・


“お父さん・・・”少し涙声・・・?

そう言ってTa君は主人の写真がある方を見たのです・・・“お父さんだった気がする・・・”

え・・・そんな・・・そんな事!!何言ってるの!!

Ta君の思いがけない詞でした・・・。

言いたい事が何だか解って・・驚きと感動で娘と私は泣いてました・・・。


それから、気を取り直して“そんな事があるわけないよ!

Ta君の実力だよ!!”二人で云いました。

でも、Ta君は、あれは絶対に僕じゃない!!お父さんが言わせてくれたんだよ!!!

今、話せと言われても、もう話せない!・・・・ホラ・もうカミカミだし・・・(笑)

Ta君は、真剣でした・・・その日・写真の主人に手を合わせて帰って行きました。


今、その会社で毎日頑張ってます!!娘と同級生なのに

何だか、とても落ち着いて・・・娘は勿論・息子までが頼っています・・・。

改めて・・・


Ta君、オメデトウ!そしてアリガトウ!


幸せな記念すべき日に、そういう形で主人の事を思い出してくれた

Ta君の気持ちを・・・心から嬉しく思います・・・yamatsuma









AD

想い出の場所(家族)6

テーマ:

TA君と娘の転職①


近頃では、そんなに珍しくはないと思う転職・ですが、2人はとても慎重でした。


yamauchiは結婚した時はサラリーマンでした。

娘が1歳、息子がお腹に居る時に会社を辞めて独立しました。

その事が理由ではないですが、

転職、職業に関して我が家では特に何も拘りはありません。


娘は、卒業後、1度受けて縁が無かった会社を諦めておらず

他の会社で働きながら、ずっと考えていたようでした。


昨年、父親が病気になり、その事と戦いつつ気丈に勤めてました。

当然なのでしょうが・・私は、褒めてあげたいと思います。

気負わずに、彼女にできる事を、してくれました・・・料理・買い物・・・

潤いを無くしがちな父母をフォローしてくれて、アロマオイルなど癒される物を

捜してきて、父用・母用のスペシャル液がクリスマスプレゼントでした!

父親へのマッサージは、1月2月・仕事から帰って殆ど毎日してくれました。

父親は、本当に幸せそうでした~~“YU有り難う”


娘の会社は、その業界では比較的有名な会社でした。

入社が決まって本人は勿論・皆とても喜びました。

辛抱強いはずの娘が入社して・・その日に辞めたい!と言ったのには驚きました。

とにかく2年間は頑張ると云いながら、ずっと辛そうでした。


会社には父親の病気の事は言わずに働いてました・・・

ある日・その会社の朝礼中に電話が鳴り・・・取次いだ上司はイキナリ

“00さん!!お婆さんが死んだって!~~うちは忌引きは、ないからね!”

娘は、私にその話をしながら泣いてました、私も・・・

その云われた方は必死で涙をこらえて、有休を取り・帰られたそうです。

きっと、他人事ではなかったのでしょう!!よく解ります・・

奇跡は信じてましたが、心の隅で覚悟はしてなければとの思いが消えません・・・。

娘はその時、辞めよう・と決断したそうです。



そんな時、行きたかった会社でナント・募集がかかりました!

受けるからには勿論・落ちる事も考えられます・・職を失くす事になります。

私は賛成しました・・・その時は、もう少し子供に甘えて一緒に看病をしようと思ってました。


既に、娘は父親に相談してました・・・・

“まず、自分の事を考えなさい、父さんは、それが一番嬉しい”・・・そう云ってくれたと嬉しそうでした。

娘は迷わず今までの会社を辞めました。そして、その後・その会社に受かりました。

一番喜んだのは、父親だったっと思います!!


それから、TA君ですが、

卒業して3年間、ある会社で働いていました。

本人の意思で辞めて、その後、希望の会社を探しながら、

以前の会社の下請けで、アルバイトをしてました。

その事で、二人の結婚への決断がなかなか出来なかったと

後で聞きましたが、


主人は、仕事の内容なんて・・・働いていればイイ!!

何で結婚しないのか・・・と言い、とにかく結婚・に執着してました。


二人は何度も話し合い

結婚は正社員になってからだと固く決めていたようでした・・・・・yamatsuma

















AD

スピリチュアル8

テーマ:

主人が旅立って、実は様々な不思議・・・がありました。

以前、少し書きましたが・・・


~魂は死なない~

“千の風になって”の歌について、

江原さんが以前ブログで話題にされていました。

江原さんの耳にも届くほど、有名になった!

“千の風になって~~”どれ程慰められたか・・・・でも、

江原さんは、

“慰めではない!本当の事である”そして、“皆・霊界の真実を知って欲しい!”と。

江原さんが書かれた沢山の本の文が、あの日から、不思議な程、頭の中に入ってきます。



その不思議・・・今思うと、旅立った後に多くありました。

電気が点いたり消えたり・・・に始まって、

さすがに、今度こそ電球が切れたのよ!と、電球を替えようとケースを外すとピカッ!!と点きます。

何度も・です!でも、それはいつも複数で居る時だけでした。

イタズラ好きな主人でしたが、優しい人でしたから、

きっと、怖がらせたり、信じてもらえなかったり、させない為に

気を使ってくれてたのだと思います・・・(微笑)



最近、息子から聞いたことです。

家族は、あの日から・・・主人を中心に頑張って来ました。

その為、お互いに話す時間は少なく・・・

私は、その時のことをブログに書き、子供達は私に少しずつ話してくれます。


まだ、主人が荼毘に付される前の事です。

TA君と息子が、父親の前で、父も一緒にと・・・お酒を飲み交わしてると

ベッドが、ずっと有得ない音をたてていたらしく・・・

お互いに、暫らく聞こえないふりをしていたけれど耐えられず

TA君!もう認めようよ!!

YU君!!そうだね!!

と言い、間違いなく・そこに父が居る!!!と感じ、

そのまま3人で飲み続けていたそうです・・・。


以前も書きましたが、江原さんの講演に来ていた人の

殆どが女性でした。


やはり、全く信じてなかったTA君と、半信半疑の息子でした。

少しずつ変わって行き・・・夏ごろだったと思います~

ある日、息子がK1を観に行き、興奮して帰って来てました!

私は、全く解らないので・・ただ息子の話を聞くだけでした。

さすがに、キッドは知ってたのでカッコよ良かった?などと、ミーハーな質問だけで終ってました。

その日の息子はキッドの父親と写真を撮ったり!出来て、とにかく嬉しそうでした!


TA君は、息子がK1を観に行く事を覚えいて、

わざわざその日・息子に電話をして感想を聞いてくれたそうです。

その会話は

今日だったよね~どうだった?!K1~!

凄かったですよ~!キッドがカッコ良かったです!

良かったね~良いなぁ~キッド・カッコ良いんだ、やっぱり!

ハイ・やっぱ、普通の人とは違います!オーラがありますね~

オーラ!!そっかぁ~~何色だった?

いきなり意外な質問をされた息子は、(まさか色を聞かれると思わず一瞬迷ったそうです)

む・むらさきと銀色だったかな~と、適当に云ったそうです(笑)

TA君は、やっぱり・・・と納得してたそうです(爆笑)


今は、オーラが在る無いの時・ではなく、何色か?の時・なのでしょう・・・。


もう一人、全く信じて無い男性が・・・・義理の兄です。

電球の事は、数人が伝えても信じず、緩みだろう!と、とうとうケースを外して、

思いっきり電球をシメてくれました・・・確かにそれからは、そこの電気は消えません

ちょっと寂しいです・・・。


その兄が、自宅に帰る日の朝でした。

ダイニングで、姉と私3人で朝食を済ませて話していると、突然

兄の眼が何かを追い始めました~~まず、窓の方を見て・・・

私達も見ましたが・・・何も・・・見えません

そして、それを、ず~っと追いかけて、エッ・・・と兄が云いました!!

姉と私が尋ねると、今、風のようなモノが吹いて来て~~そこからずっと流れて・・・

自分の頭を撫でて行った・・・・・と、何とも不思議な感触だと・・・

何も見えなかったけれど、私は、

Takaさんだと思います!何故かそう思いました。

信じてもらえないと思いましたが、更に・

きっと、お礼を言いたかったのだと思います!と、云ってました。


本当に、兄と姉には助けられました・・・残された家族にとって、どれだけ心強かったか解りません。

“有り難うございました”

旅立つ一週間前、主人が私に内緒で連絡してました・・・それを知って私は反対しました。

もう、あまり元気ではなかったので・・・でも、どうしても!と主人は言い張り・・・それを拒む理由はありません。

そして、駆け付けてくれた兄と姉に、明るく沢山の会話をし、兄と二人きりになった時に主人は

後の事を宜しく・・・と頼んだそうです・・・後に聞きました・・・。



兄は神妙な顔で、そうかなぁ・・・と、まだ疑った感じでしたが否定はしませんでした・・・・yamatsuma










偲ぶ会

先月、博多湾ヨットクルーズの後~夕方から設けて頂いた

その会は、昨年春・yamauchiがニコニコ会の皆様と行った想い出の場所

とり市・という立派な料亭でした。


京都!!を想わせる川沿いの御店は、とても素敵で、

鴨川ではなく室見川を眺めながらの料理は豪華で美味しく、

贅沢な雰囲気の中、楽しく過ごさせて頂きました。


ニコニコ会の皆様、有り難うございました。


杉野さんの奥様とも、お会い出来ました。

ご縁を感じずにはいられなく・・・

これからも、お付き合いさせて戴きたいと思ってます。こんな私で宜しければ・・・ですが。

杉野さんに、お声をかけて下さった

サミーさん、石やんさん、池ちゃんさん、のお蔭です。

素早い対応・行動・・・・感謝します!

そして、

テツさん、お疲れ様でした。

杉野さんの奥様と私の連絡で何度も、お手数おかけしました。

“有り難うございました”


皆様と和気藹々会食させて頂き・・・ただ一人一人の挨拶が無ければと思いました(笑)。

ちょっと、いえ・とても緊張してしまいます。人前での挨拶は苦手で、

こんな時、yamauchiが居たら良いのに・・などと、考えたりしてました。

ずっと、傍に居てくれたはずですが、残念ながら助けてはくれませんでした(笑)。


会も終わりに近づき、

“昨年のyamauchiとの春の軌跡をたどる一日にしま~~す!!参加される人~”と

テツさんの声に、家族の中で私一人だけ・手を上げてました(笑。)

勿論・子供達も行かせて頂きました。


それから、お酒を飲まれない

ロッキーさんの車(8人乗り)で、

中州へと送って頂きました~~何故か助手席は、ずっとTA君でした!

ラグビー繫がりでしょうか(微笑)

ロッキーさん、あの時は、

“有り難うございました!お疲れ様でした”

ヨットといえば、これでしょう~!!と、選んで下さった!*車の後部座席では、様々な意見が出てましたが(笑)

“加山雄三”さんの歌を、懐かしく聴きながら~

皆さんと楽しく、ゆったりと~~博多の町を眺めさせて頂きました~。

温かい時間でした・・・。


そして、中洲のクラブ?は~~広くてお洒落なお店でした。

とても長い時間居た気がします・・・女性にクラブは・・・でも、

yamauchiの想い出の場所なので・・感慨深く(笑)

息子は、少々私を気にしながら、

TA君は、大層娘を気にしながら(笑)とても楽しそうでした。


夜の中洲は懐かし過ぎて、

独身時代、yamauchiと行った事を思い出していました。


更にその後、

八ちゃんラーメン!!へ、連れて行って頂きました。

夫婦で何度通った事でしょう~~多い時は週に数回は行ってました。

通うのが大変なので、近くに引っ越そうかと真剣に考えた事もあります(笑)。


相変わらず混んでいて、外で並び待ちました。やっと入って座り、

寡黙な店主さん・変らない奥さんと眼で挨拶しましたが

主人の事は・・・言えませんでした・・・でも、今・伝えるべきかも・・と迷い・・・結局

テツさんに、伝えて頂きました。

やはり驚かれた様子で、仲の良い夫婦でしたよね~と云って下さった・・そうです。

後で娘が教えてくれました。


全員が一緒に座れず、挨拶もソコソコデ・・お言葉に甘えて、

お先に失礼してしまいました、翌日、予定がありましたので・・・。

でも、後でニコニコ会のアルバムを拝見し

テツさんと赤提灯(八ちゃんラーメンの名物)のツーショットを見て、ホッとしました!確か、初めて行かれた

テツさん!美味しかった~~という表情!ですよね(笑)。



ニコニコ会の皆様!!ヨットクルーズから・・・深夜まで・・

懐かしい想い出の一日を、yamauchiと家族に与えて下さった事

心から感謝いたします!!


“有り難うございました、そして、お疲れ様でした”



余談ですが、

スピリチュアルで書くべきなのか迷ってました・・

あの日の翌々日、父の法事を終え、やはりyamauchiとの想い出の温泉に行き帰宅途中の事です。

基山サービスエリアで、なんという事でしょう~!!

あの・八ちゃんラーメンのご夫妻にバッタリ!!お会いしました!!!

あまりの驚きで、思わず声をかけてしまいました。

ご夫妻も、とても驚かれて、

お孫さんが産まれて、娘さんの所へ行かれた帰りだと云われ、お幸せそうでした。

おめでとうございます!!・・・えーっと私は何を話せば良いのか・・・

とりあえず、近くに居た家族・親類の数人を紹介しました(笑)。

ご主人が、お仲間が沢山居て、良かったですね~と

笑顔で云って下さいました・・・・・嬉しい御言葉でした。


お二人に気付いたのは、娘でした・・・多分私は気付かなかった・・と思います。


ニコニコ会の皆様

あの日、子供達も招待して頂き有り難うございました!

喜んだyamauchiが、サプライズで会わせてくれた気がします・・・yamatsuma







想い出の場所(家族)5

テーマ:

50周目のピットイン

ヨットハーバーの片隅の、誰も知らない古い船

眠ったように、酔ったように、昔話の繰り返し。


二つ望んだら。神様は。意地悪したくなるだろうか。

この季節。春を思うこと程。すばらしく楽しい事はない。


想い出のヨットハーバーからのクルージング

楽しみにしてました。

天候は誰にもどうする事も出来ません・・・。

台風が近づき・・幸いまだ飛行機への影響もなく

久し振りの空港・・そして飛行機・・・でした。


息子と2人・・こんな日が来るとは思わず、

2人での飛行機・・・私の記憶には無く(いつも主人か娘が居たからです)

初めてだよね~~と、何となく云った私に、

13年前に1度あったよ!・・・息子の記憶が正解でした。

父の初盆の時に~なぜだか殆ど覚えてません。

勿論、初盆に二人で先に行った事は覚えてますが・・・


父は結核で数年間、何度も入退院を繰り返しました。

子供は姉と私だけで、しかも二人とも遠方なので、母が一人で頑張ってくれました。

夫の優しさに甘え、私は年に何度か数日間・一人で帰福させてもらいました。

姉の子供が数歳下なので、必然的に私が行くようになってたのです。

それでも、まだ小学生だった子供達は、よく留守番をしてくれたと思います。

おじいちゃん子だったからか、

おじいちゃんに良くしてあげてね!と、いつも笑顔で送り出してくれました。


父が、13年前の10月4日に旅立ち

私は独りで、その時期に飛行機に乗る機会が増えました。

残された母の為に帰福するからです。


その季節は気候が安定してるせいか、日頃の心掛けのせいか(笑)

上空の景色は、いつも素晴らしく、何度も雲の上の絨毯に感動しました。

今にも天使が現れそうで、ドキドキしながら目を凝らしてました!!

その時の私は、父を亡くして身近に死を経験し敏感になってたのかもしれません。


夕暮れの時間は、夕陽で一面雲がピンク色になり、

言い表わせない美しさです。


その事を、早く着き過ぎた空港で、何気なく息子に話し

もう少し・・10月にならないと、あの綺麗さは多分ムリね~~

などと言ってました。


そして、搭乗し・・・離陸して驚きました!


その日の飛行機からの眺めは、まさに、一面の雲が夕陽に染まって

見事なピンク色・・・の雲の絨毯そのものでした。

素晴しい景色でした!


息子に眼で“ご・め・ん~この景色だよ!!” と、眼で伝えました・・・yamatsuma







その後(友人)6

テーマ:

今朝、ラジオ・FM東京J-WAVEから

ケルティックウーマンの

“ユーレイズミーアップ”が流れました~~なぜかとても感動~~

なぜでしょう~DVD CD持っていても、OnTime~で聴くと何故か感動です。

気・が違うのでしょうか?


あれからまだ何も書いてないので、

今!!この歌がラジオから流れるという事は

書きなさい~と言われた気がしてペンを・・ではなく

苦手なPCの前に座りました。


やはり・とても素敵でした!!

ケルティックウーマンの歌は、最高でした~

前から3番目の席と知ったのは会場に着いてから、感動です!

久しぶりに逢ったジュンジュンと、それまでに沢山の話をして

やはり・笑いっぱなしでした(笑)

今回の話題は私の(天然ボケ?)母の話が主・・・これは皆さんも笑えると思いますが、

あまりにも恥ずかしい事ばかりなので止めておきます。


会場はサンパレス・古くて、あまり良くないね~ダブリンの会場が素敵すぎました!!勿論DVDで観ただけですが(笑)

観客が少ないね~でも、椅子が前と被ってないのは良いよね~(渋谷パルコは前の席と全く同じ位置に席がありました)

舞台が近すぎて・・・・・・・ここは秘密の会話です、ジュンジュンが言いました!

私は大爆笑!!でも、ここには絶対に書けません(爆笑)

などと二人で言いたい放題で、始まるのをドキドキワクワクしながら待ちました。


それから始まったライブは、

綺麗・鮮やか・美しい・・直ぐに5名の女性それぞれの魅力にとりつかれ~

タップリ十数曲~~初めて聴く歌も何曲もあり

美しさに見とれながら~その美しい歌声に聴き入ってました~~


何となく幕が下りそうな感じがして、えっもう終わり??

結構歌ってくれたけれど、もう少し聴きたい・・・と思った時にアナウンスがあり、

休憩20分・・・それは、とても良い時間でした!!(長くもなく短くもなく)

トイレTIME~そして感想を云い合うためにも!!

拍手が少なすぎよね~東京は違うよね~?とジュンジュン

何か客席がイマイチ盛り上がってないね~東京は違うやろ~?とジュンジュン

福岡はまだまだよ・・・・やっぱり東京よね~?とジュンジュン

そうかもしれない~?そうかな~?返事に困ってました。

とにかく私達はウーマンの歌声に陶酔しながら~色々な事を感じてました。


先日・東京の渋谷パルコ劇場

美輪さんのコンサートで、途中・観客はシッカリ!!叱られました。

ふと・その事を思い出しました。

日本人は拍手が下手だと、拍手で応えて欲しいのだから、もっと・沢山!しかも、もっと長~くと、

一曲終わる度に、ハイ次!!っていう感じの拍手が多いと、

勿論・次の曲から見事に拍手が変わりました!!(笑)

してなかった人が居たのかと思うほど違い、そして、いつまでも続きました~~(笑)

美輪さんは笑って・“やればできるじゃない!!でも言われてからじゃあね~そういうのを

“手遅れっ”て言うのよ~”と言われ、会場皆大爆笑でした。

なので

ジュンジュン!!福岡だからではないのよ、皆慣れてないのかも・・・勿論私も含めて。

言葉が違う外国の歌手であればなおさら、拍手は大切ですよね・・・・・。


それから後半も

素晴らしい歌声とバイオリンの音色が続き~~

ただただ美しい!!の一言でした。

その美しさの1つに衣装がありました。

女性は皆そうなのでしょうが・・・ジュンジュンとの共通の趣味の1つ・ファッションです!私も、洋服には目がないです(笑)

数回の衣装替えがあり何度も楽しませてくれ、どれも素敵で溜め息がでる程でした。

これは、ダブリンのライブでは無かった事です!byDVD(笑)

終わってから、“あのグリーンのドレス・・・あまりに素敵で着てみたい!と思った~”と言ったジュンジュン!!

ただ素敵だったね~を連発していた私は完敗です、何て見事な褒め言葉でしょう~~(拍手)


最後の曲は勿論

ユーレイズミーアップ!!歌が終わって皆拍手は続けてますが

誰も立ちません・・・思わず私はジュンジュンに

東京は立つけれど・・・と言ってしまいました(苦笑)実は私も何も解らず

美輪さんの時には感動して前の人につられて何となく立ちましたが、

後日、江原さんの日記に、「あの見事なスタンディング・・・が歌の素晴らしさが伝わった何よりの・・・だという事を物語ってましたね~」と書いてあり、それは感動した!!という気持ちを表すのだと知ったばかりでした(笑)

その時、斜め前の人が立ちかけました・・・何となく目で合図して

ジュンジュンと勇気を出して立ちました!!

後ろは見なかったけれど、多分皆総立ちで~

沢山の素晴らしい歌を聴かせてくれたケルティックウーマンに拍手を送れたと思います。


最後に18歳のクロエさんが

“ありがとう・・ござい・ました・・”と可愛い声で言ってくれて、

会場は嬉しさにどよめき~イッソウ拍手が高まりました~~


あの日・大好きなケルティックウーマンの素敵な歌を目の前でタ~ップリ聴けて幸せでした~~!!

ジュンジュン!!チケット有り難う!誘ってくれて有り難う!

心から感謝します・・・yamatsuma










想い出の場所(家族)4

テーマ:

先日・10月15日はyamauchiの誕生日でした。

家族それぞれが、父の夫への想いに浸る一日だったと思います。

私は・・どうしても昨年の誕生日が思い出されて・・・

夕飯は、すき焼きが良いなぁ!と主人が言いました。

食材は、当り前の様に主人の運転で・・でも車では初めて目黒駅地下の店に~とても混雑しており、

平気で主人にぶつかってくる人が居て、ハラハラしどおしでした。


確か、東京駅からの帰りだったと思います。

あの『野のユリ』を見つけた日・・・自宅までの通り道でした。


それからケーキ・いつも要らないという主人です、やはり『いらないよ!』と云います。

何とか説き伏せて一緒に選びました。

ロウソクは51本!

その日・そのローソクの火を一気に吹き消した主人は、とても元気でした。


少しずつ、yamauchiが書いたものを読み返してます。

一度は、読んだはず・・・ただ、眺めていたのだと判りました。

ブログもそうですが、なかなか読めません・・・情けないです、まだ総て読むのは難しくて・・・。


一冊のノートに、家族が自由に色々な事を書いていた時期があります。

少し前に、読み返しました。


息子が18歳の頃・・・数ヶ月シカゴに行く事になり、その時期

主人と息子の会話がなくなりがちで、

紙切れでは寂しく便箋では重過ぎて

何となく・・大学ノートをテーブルに置いた時から始まりました。


その中に、

yamauchiが、46歳の誕生日に書いた文があります。


「ある日・・・・の親類の家での事。

ー聞いた話ー

竜舌蘭・・のトゲで、二歳の子が怪我をし、

家族皆で、そのトゲを全て切ってしまった。

美しい話らしい。

聞いたとたん、まだ、yuiもyutaも居ない・・・。

私は、将来出会う彼らを思い、

ひとこと。---ばかなーーー。

私はトゲに泣く私の子等を笑いながら楽しく見ている。間違いなく。

そして今まさしくさふ。

トゲは痛い。yuiもyutaも色々な痛みを確実に知っている。

私の自慢話ではない。

人の歩む道の事を謂っている。(遼太郎口調です、自然に出るのが嬉しい!)

彼らが今悩んでいる事。

それは、『あんた少し違っている』・・・といはれてるだろう。

同年代の感じ方の様な気がする。

その意味では私は彼に彼女に申し訳ない。(同世代と合はない)

しかし・・・したたかにーーーー、私の信念は

That’s raight  I believe that! Trust me---。

親の中でも、会える時間の特に少ない父・の私としては。

トゲを子等にあへてするどく、傷与え、

トゲは痛い!を理解して頂きたいと考えていた!

そしてそれは正しいと信じ変えるつもりはない。


私はhiroとyuiとyutaの眼差しのやさしさがとても好き。

美しいと感じます。(ちょっと突飛でおかしいかな~)オカシイ。

今、10月15日 1:10 46歳になりました。

皆さん有り難う。


18年~20年、待って得られる答えもある。

君と私にはネェ、

yui、yuta!!」



ペンと紙があれば・・・

何時でも何かを書き綴る主人でした・・・yamatsuma




想い出の場所(友人)5

テーマ:

近頃、自宅のパソコンの部屋が少し辛く・・・

感覚が、ブログを始めた頃と似ているような・・気がします。


季節が昨年と重なって・・・まるで昨年の事が

今年の事の様な・・・とても不思議な時間を過ごしてます。


懐かしい道を独りで歩きながら、

あれ程好きだった金木犀の香りを・・・嫌いになりませんように・・・と願ったり・しています。


京都・・・

主人とは何時か行こうと言いながら一緒に行けなかった京都

昨年春・一緒に行く予定でしたが・・・様々な事情で行けなくなり・・


少し迷いましたが、


来週・大切な友人

ジュンジュンと行く事にしました。


京都へは、ここ数年・毎年

ジュンジュンと行く事が恒例になってます。


子育てを終えて、やっと友人と会う時間が増えた頃気付きました。

沢山の友人が福岡だという事に・・・そこで、中間の京都・で逢いましょう!!から始まり~

ジュンジュンちゃんをymauchiは勿論よく知ってますし、とても信頼~してましたので、いつも快く行かせてくれました。



ジュンジュン・・職場で知り合い知らず知らずのうちに・・(笑)気が合い、それからずっとのお付き合いです。

笑いのツボ?が、yamauchiと同じで、一緒なのです!

とにかく、よく笑いました!!楽しい想い出が沢山あります!!

ところが、大笑いした愉快な話・人に話しても、その笑いが何故か通じないので、アエテここに書くのはやめておきます(笑)


男前(女性でありながら逞しく頼もしい、という例えで褒め言葉です(多分)以前・娘が使っていて気に入ったので時々拝借してます)の

ジュンジュンちゃんは、独身の頃、車の運転が上手く助手席に、よく乗せてもらいました。

空港から西の果て~私の実家まで送ってくれて、又、ジュンジュンは空港の先の家まで帰って行く~なんて事もありました!!

ちょっと、いえ沢山!甘えてました・・・まだ、苦労が足りなかった頃の私でしたから~ごめんなさい!!

改めて感謝します!!


独身最後の旅行は、

ジュンジュンとの北海道・二人旅でした。

ちょうど季節は今頃です!10月中旬!10月15日はyamauchiの誕生日で、その日・私が友人と北海道だと聞いて、少し不機嫌だったのを覚えてます(笑)


北海道は、道南めぐり五日間の旅~~

支笏湖・・函館の夜景・・札幌大通り公園でトウモロコシを食べてる時に、雑誌・ヤングレディの取材に巻きこまれ~その後二軒は御馳走になり、ラッキーでしたが、結果・写真は蟻の様に小さくて、しかも北大生にされてたり(笑)でも、今では懐かしい想い出です。

確か・・この時の旅行!!

ジュンジュンが、何から何まで総て~~添乗員顔負けの手配をしてくれました・・・又しても、反省です・・

私は友人にも、その頃から甘えっぱなしでした。


ジュンジュンちゃん“有り難う”


今回の京都は一泊ですが、

初めて!博多から二人一緒の新幹線で出発します!!

そうです、その前日・福岡にケルティックウーマンの歌を聴きに行くからです。


京都までの新幹線のチケットは、やはり・・

ジュンジュン・・・ホテルの予約だけは何とかワタクシガ・・

ウーマンのチケットは・・・やっぱり、ジュンジュンちゃん!!!

ジュンジュンちゃん“有り難う!少しずつ、恩返し・させて頂きます・・これからも、懲りずにお付き合いください”

楽しい旅行にしましょうね。


ところで・・・今回・どの辺りに行くか、決めてないよね(笑)

提案ですが、もし良かったら江戸のサンタマリア像が飾られてた南蛮寺を少し観てみたいです。

それか、いつも諦めてしまう北の方・・まで足を延ばしてみませんか?

気の向くまま・の二人旅!!(笑)もイイですね。


江原さんの本“神紀行3京都編”と、フィガロ(京都特集号)を買ったので持参しますね!なんと・フィガロには“よーじや”の油取り紙が付いててビックリ!持参しますね(笑)


この季節、

じゅんじゅんちゃんと久し振りにユックリ逢える事になり、愉快に過ごせそうです。

じゅんじゅん!!あんまり笑わせないでね・・・(笑)    yamatsuma








小戸ヨットハーバー


何年ぶりでしょう・・・

想い出の日・・・から30年~何度か子供達と一緒に行った日もありました。

そんな事を思い出しながら、

今回こういう形で行く事になるとは・・・と、思いに胸が熱くなりそうになり・・・

でも、あいにくの雨模様です。

しかも渋滞で皆さんを大変お待たせし、

あまり感傷にふけることなくハーバーへと急ぐ事になりました。


それから始まった追悼ヨットクルーズ~~とても感動的でした。


雨は、途中何度も降りそうになりながらも最後まで、止んでくれました。

出航して直ぐに、

船主・TAさんが、“今日はもう無理だと言うつもりで、何時言おうか・・ずっと考えてました”

そして、“この分だと暫らく大丈夫ですね~”と、笑顔で言って下さいました。

その後、暫らくどころか数時間、クルージングが出来たのです。

悪天候の中、的確な判断で、想い出に残るクルージングをして頂き

“有り難うございました”

TAさんに感謝致します。


TAさんは、ヨット部の先輩だと聞いてましたが、中学の時も体操部の先輩だったそうで、驚きました!

余談ですが、体操部と聞き1つ思い出したことが有ります。

あの日、ヨットの帰りに・・小戸公園でyamauchiが何故か忘れましたが、突然バック転をしてくれて、私はチョッとひいてしまったのですが、その日遠足で来ていた小学生から大歓声をあびることになり、照れてましたが嬉しそうでした(笑)


それから、能古島の近くまで進んだ頃

儀式をして頂きました。

Tさんが司会をされ、

黙祷・・そして、献花・・・・菊の花を一人ずつ、海に捧げました~~

ニコニコ会の皆様

“お花を有り難うございました”

遠方に居るという事で、何もかもお任せしてしまい、恐縮するばかりです。


その時、思いがけず

光坊さんから~綺麗な花束を頂きました!

お仕事で沖縄に行かれてたそうで、わざわざ手配して下さったのです、勿論その花も海へ捧げさせて頂きました~

”光坊様!“有り難うございました”

子供達そしてyamauchiも喜んでいました!


次に・・・

ヨット部の部歌を

K・MさんとTさんが御二人で歌って下さいました。

その歌声そして歌詞に、感動で皆・胸がいっぱいになり・・・

K・Mさん、Tさん、“有り難うございました”

数時間・・・お二人の見事なヨットマンぶりに、色々な思いが込み上げてきました。

yamauchiが、何故ヨットや海を愛していたのかを感じました・・・

子供達も同じ気持ちだったと思います。

ヨット部歌・・・初めて知り・・・初めて聴いた素敵な歌でした。

いつか、その歌詞を教えて頂きたいと思います。


その後、

能古島の周りをユックリ一周して戻るとの事・・・


能古島・・・菜の花の季節、家族で出かけました。

遠くに見える志賀島・・・海浜公園、家族で何度も行き、那の津のバイトで行き・・・2人でも・・・次々に想い出が止まらず・・


帰路・・・

ヨットの上からは、ヨカトピアのタワー・観覧車~二人が産まれ育って・・・出逢い一緒に暮らした福岡が一望できました。

その素晴らしい眺めを、懐かしさで一杯になりながら・・・

沢山の思いに浸らせて頂きました~~yamauchiと供に・・・・・ yamastuma