報告

テーマ:

迷いましたが、書くことにします。


会ったことのない人でも、ネット上だけの知り合いでも、それは人と人とのつながりだと思う。

そしてその中で、父(このブログの作者)が楽しい時間を過ごしたのなら、私はそれを素敵なことだと思う。


父は3月13日午後10時15分、永眠しました。


51歳でした。


彼は、立派でした。

いつ逝ってもおかしくない、と言われてから約24時間、彼は声を上げて呼吸をし、

涙を流し、私たちに何かを伝えようとしていた。


最後の最後まで、泣き言を言わなかった。

彼は、立派だった。




このブログは、彼の妻が引き継ごうとしています。

時間のあるときに、訪れてくださることを祈り。

報告とお礼にかえて。




息子







AD