45

最近ちょっと重たいのは、大学の後輩のことが心のどこかに引っかかっているせいだと思う。Sは三つ下だ。

大学の囲碁部に入る前から碁の世界にいて、その点では私より数段上の先輩ということになる。彼のことを私の先輩は 出来立てのゆで卵 という。意味は・・・無邪気すぎて勝てないとでも言おうか。碁盤に向かっている時のSはそんな顔をしている。心から楽しい。まやかしの(言葉は悪いが)術が、通用するのは、相手が懐疑心や疑問(自分に対して)を持ったときだと思う。その隙間に這いりこむ、幻術とは人の弱さが生み出す自分自身の投影だ。

対戦相手の心を見ず、ただ、盤上の石の真理に熱中している人間には、そんな誤魔化しは通用しない。

碁の形勢の良し悪しに係わらず、ニコニコして楽しんでいる彼を見ているとそんな想像をついしてしまう。

そんな人間だった。・・・今もそう思う。

そして。社会に出てもそのように生きるだろうし、真直ぐ順調にこなしてゆく安堵感があった。その彼から、昨年生死を彷徨うような病気をし、会社と決別した話を聞いたとき、なんだかやりきれない憤りを感じた。

そして、病の魔の手の意図を疑った。彼じゃなくてはいけない理由がない。見当たらないのだ。私だったら、理解できるが。

幸い、健勝で第二の人生を送っているとのこと。

和歌山の地で囲碁の講師をしているとのこと。を聞いて少し安らぐ。


盤上 石無く 盤側 人無し


少し、囲碁のことが解った様な気がする。

AD

44

退院夜の自分の寝床の心地良さは、言葉にはならない。翌朝休日ということもあって惰眠を貪った。と言っても習いか7時にはおきた。きょうは会社は休日ではないらしい。息子と社員を送り出すため、起きてしまった。

メールをたくさんいただいた。ここで纏めては、失礼ながら、とりあえずお礼申し上げます。

あわてず養生しろの暖かい言葉の数々。深く感謝します。

丁度退院の日に、歳の離れた従兄弟が上京した。28歳。今年結婚した。医者である。彼は、血筋から医者の道を選んだわけではない。自分の父親の病死の時、小学生であった。告別の式典で、割と軽い表情をしていた。周囲の人間に悲しくないのかと尋ねた。・・・泣き切るほど、血が滲むほど泣いたらしい。

そして、医者への道を選び、そのようになった。久しぶりの彼は相変わらずの笑顔であった。悲惨さは微塵も見せなかった。彼の結婚披露宴の挨拶。

私は、幼くして父を亡くしました。きょうまで私を支えてくれた・・・思い出した父との永別の時のためか、言葉は泪となり途切れた。・・・その彼に、頑張れの声を一斉に掛けたのは誰あらん。


友だった。


私ももらい泣きしてしまった。泪が止まらなかった。

いい医者になれ。私には、その言葉しかない。



AD

43

SY長いコメントをありがとう。オールフェアの言葉には、体が反応。一斉にスタートラインを走り抜けるヨットのセイルの眩しさを思い出した。この前の、カントクTとの酒は、どうだった。また、ゆっくり話ききます。


急ですが、今日退院します。通院に切り替えるだけで病気が完治したわけではない。・・・当たり前・・・検査数値も安定しているので、主治医の先生も許可をくれた。

別の病院で新しい療法を受けることも妻の頭の中にはあるようで、まあ。この点に関しては、彼女に任せようと考えている。

細かい痛みなどは、一切言わない為、かえって心配しているようだ。

医者に聞かれたときもそうだが、困る。耐えられない痛みじゃない・・・は、痛いのだろうか。どちらにしても、自宅で療養するに家族の言うことを聞いていようと思う。


先日、大学時代の後輩から連絡をもらった。メールで長いストーリーを披瀝してもらったが、時の知らずの間の永さを、思った。一年前、脳梗塞を患い生死のハザマを彷徨ったようだ。今は、元気らしい。リタイヤして、碁の先生をしている。

その話はまた後日したい。

AD