祖母の料理 息子の結婚話

テーマ:

なんだかんだと気づいたら昨年の8月以来の更新。

色々あったんだけど、まあたいしたことではなく、歳のせいか疲労困憊の日々。

 

だけど、そんな私にも嬉しいニュースがあって。

息子が4月に転勤で横須賀に引越しをすることになって、バタバタと結婚をするつもりです、と、彼女を紹介された。

そして、先日とうとう両家顔合わせ。

 

息子は転勤族なので2.3年にでお引越しの予定。全国?になるんでしょうけど。結婚すると配慮があるらしいです。

彼女も仕事を続けるので当分単身で暮らし、彼女は今のまま実家から。

 

そのことはとてもイマドキで良い選択だと思うのです。

 

ただね、なんかね、

 

 

昨日枝豆茹でて鞘から出していたらちょっと寂しくなってきた。

 

 

私が子供の時に同居している祖母が作ってくれた料理が私の代で途絶えてしまうんだなぁ~と。

 

枝豆を鞘から出して「枝豆のおはぎ」(ずんだ餅ですよ}を作ったり、

大豆を茹でてて夏には「呉汁」を作ったり、

冬至にかぼちゃと小豆でいとこ煮にしたり、

あとは色々ちょっとした料理が祖母の作ってくれたものを、うろ覚えな舌の記憶で作っていた、なんとなく私のこだわりの料理が、途絶えてしまう。

 

レシピなんてないから、目分量で祖母や母の手つきでの味加減だからね。

 

こんな時に男の子を生んだ寂しさを感じるのですね。

 

せめて少しも息子の舌が覚えていてくれてできればいいのだけれど、それは難しい。

まあ、基本なんでもよく食べる子なのでどこへでも出せる。

 

 

私はこれからも季節ごとに舌の記憶をたどっていこう。

 

 

 

AD

かわいいかわいい

テーマ:

気づくと前回の更新は6月でした。

その間映画って

「セトウツミ」と見たくらいかな。

しかも息子と。


海よりもまだ深くの感想もそのまんまだ~。


海よりもまだ深くんは淡々と。

「歩いても歩いても」が好きは私には絶品だったんだが一緒にみた友人も別に見に行ってた息子もまあ淡々とした感想だったけどね。

私には阿部寛と真木よう子のやりとり+樹木希林さんの味で満足でした。

舞台挨拶も楽しかったしね。



そして「セトウツミ」はずっと見ていたくなる二人。

毎週でいいから15分ずつでもやってくれるといいね~と息子と。

でも、キャストは菅田君と池松君じゃあないとね。二人が高校生に見えるうちはやっていてほしいわ。椅子から落ちそうなくらい笑えたし。

いい若手役者が出てきてますよね。



そして

表題の「かわいいかわいい」は

31にもなって私の友人たちの「子供」の息子。

そして私の母の友人たちの「孫」っぷり。


小さい時からみんなにかわいがられててそのまんま大人になっているので


私には反抗的なところとかもあったけど


でも、基本素直な子なので一人暮らししてて離れていても私の友人たちが気にかけてくれている。


その極みが7つ下の友人の夫。


息子が職場の付き合いでゴルフを始めるにあたり「誰かクラブ余ってる人いない?」ってLINEが来て職場のおじさま方や友人に聞いては見た。

友人の夫は大人になってる甥っ子くらいの感じで気にかけてくれてとうとうコースに誘ってくれた。

ゴルフをやらない私にはチンプンカンプンなんだけどね。

楽しんできたようです。挙句なんかクラブももらったらしい。



別れるときに次もお願いしますってことらしく友人が「かわいいわ」って言ってくれた。


それは小さい時から変わらないんだけど



それがとてもありがたい。



外の顔を知らない私には貴重な息子情報です。




そういえばお盆の時にももクロのライブも一緒に行くはずの人がいけなくなって何番目かにとうとう私にSOS。

たまたまライブ好きな私の同僚が付き合ってくれて、しかも、松戸から横浜まで同行して帰りも一緒だったらしくて。そんなにお世話になってることも他人から情報ばかりで。


でも、とりあえず子供の時から大人にそれなりに甘える子なのでずいぶん大人になっているのに可愛がられていてありがたいです。




私の子育てがあまりにも至らなかったので周りがたくさんサポートしてくれていまだにそれが続いてるって

感じです。




今時こんなに周りに育ててもらえてることがありがたい






AD

そして忘れないうちに

GWに夫が新しい映画館に言いたいとのことで

野村萬斎と宮迫博之さんのスキャナーをセレクト


夫が見たくなるようなそんなに重たくなく知ってる役者さんの出ているものを。

GW中だったのでお子様向けかもう少し上のティーン向けかだった。

息子は「ちはやふる」いいよって言ってくれてたけど、さすがにねぇ~・


夫が萬斎様を知らなかったのは衝撃だったんですが

楽しめたようでよかった。萬斎様も宮迫さんもそして杉咲花ちゃんよかった。

まあ夫はもちそん杉咲花ちゃんを知らない。cook doの回鍋肉のがっつく娘さんって教えたらちょっとわかったみたいだった。

杉咲花ちゃんは少女らしくて好き。声もかわいらしいし。広瀬すずちゃんのような健康的な感じとはまた違ういろんな役ができる子。TVドラマで引きこもりの役とかもしてたし、難しい役もできる子であのかわいらしい声がもっと大人になったときにどんなふうになるんだろう?




そして待望の「64」

今日後編も見てきました。

前編のもやっとした感じからの後編

NHKでピエール瀧さんがやってましたよね。

佐藤浩市ではかっこよすぎなんだけど


そしてTVでは弟が演じていた明川さんを瑛太が演じていて驚きだったわ。


TVでもそうだったけど登場人物が多くてついていくのが大変だったけど、今日無事後編で完結しました。


佐藤浩市さんが三国廉太郎さんに酷似してきて、そして久しぶりの緒形直人くんもパパに似てきてこれからますますパパに似ていくんだろうなぁって思うとこれからがますます楽しみ。



県警内部のいろんな駆け引きや新聞記者との闘いや夫婦や親子の心遣いなどいろんな駆け引きがあって、最後に窪田正孝くんが14年ぶりに出てきて母親と会うシーンには泣いてしまった。



いい役者さんがたくさん出てておなか一杯になる迫力の映画でした。



そして先週は高台家の人々で爆笑して満足。


夫婦50割引きでみられるから気楽に映画を楽しめるようになったけど、去年はイオンシネマが夫婦50割引きで中止していたのとなかなか時間が合わないのとで行く回数が減ったけど今はアリオのおかげで楽しんでいます。


「海よりもまだ深く」の話はまた別の時に



AD