日経平均は売り買い拮抗状態。方向感がありません。NY市場暴落の影響を受け昨日の日経平均は大幅安。もともと8日につけた窓を埋めに行く展開も想定していただけに下落したこと自体、不思議ではなかったのですが、19700円割れから窓埋めだったので、19500円割れはオーバーシュートでした。きのう欧州主要市場も1%未満の下げ幅ですし、日本は下げ過ぎです。トランプ大統領側近への捜査でFBI長官を罷免したことへの逆襲なのでしょうが、米国は荒れている印象。昨年の大統領選でロシアが加担したという情報にどれほど信ぴょう性があるかわかりませんし、しかし、どうしても弾劾したい空気が伝わってきますね。株式市場は沸くと思いますが、よほどトランプ大統領とウォール街はそりが合わないのか。最近、操り人形に大統領もなってきたという気がしていたのですが内情はそういうものではないのでしょう。いずれにしてもNY市場の暴落は見せ掛けだけと踏んでいましたが、昨日、さっそく、バーゲンハンティングが入りました。日経平均は今日は方向感がないですが、売り買い交錯の末に反騰を今のところイメージしています。しかし、225構成銘柄は買う気が起こりませんね。妙味のある銘柄、あとで載せておきます。

 

順位をご確認ください↓

にほんブログ村 株式投資情報 

  

相場観に関しては当塾メールマガジン「山の中の超相場観

銘柄に関しては「塾長の気になる銘柄

 

入塾に関してはyamanonaka17171919@email.plala.or.jp  

まで

 

AD