中央区議会議員 山本りえ 無所属

謙虚・素直・感謝の気持ちをもち、社会に必要とされるひとになります。多くの方々の信頼と期待に応えたい。

◆◆◆ 山本りえが目指す政治 ◆◆◆

「政治とは、特定の個人、特定の企業、特定の団体の為にあるのではなく、広く大多数の為にこそあるべきだ。」というごく当たり前の原則をあげることができます。憲法15には「全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。」と規定されており、納税者の皆さんに納めて頂いている税金がいかに無駄がなく、効率的に、公正に使われているか議論を重ねることこそが政治家の本来あるべき姿です。 
 しかし、このごく当然のことが、なかなか実行されない現状の政治に問題があると考えます。政治家政党は選挙を気にするあまり、声の大きい、また自分たちの関連する特定の団体・組織・組合の為に動きがちです。本来は大多数の人々が感じている声なき声を咀嚼して政策に反映すべきです。サイレントマジョリティーの要望こそ、政策として実現されなければならないと考えます。山本りえは、皆さんお一人おひとりとの絆に立脚した活動を行って参ります。


■■■ 中央区議会 区政レポートのご案内 ■■■
 山本りえは、定期的に議会活動の報告をお便りで行っています。制作・印刷経費を抑えた手づくりレポートですが、一生懸命作成しています。一人でも多くの皆さんに読んでいただきたいと思っています。
 
発行:中央区議会議員 無所属 山本りえ
バックナンバーの取り寄せも大歓迎です。

①お名前 ②ご住所 

③電話番号をご記入の上、送信ください。

メール yamarie0324@emobile.ne.jp

■■■ 山本りえサポーター大募集 ■■■

 区政レポートの新聞折込やポスティングなどの活動は、発注費用や人件費等が数十万円もかかります。支給されている政務活動費156万円を有効に活用するためにも、お手伝いをしてくださるボランティアを募集しています。

【活動内容】

◆街頭演説中のレポート配布のお手伝い。

◆レポートのポスティング作業のお手伝い。

◆各種イベントのお手伝い etc…


■■■ 区政報告ポスター掲示のお願い ■■■

 山本りえは、中央区内に「かべ新聞」を掲示しています。お家やお店、オフィスやシャッターなどの壁面にご協力を頂ける方はご連絡ください。できるだけ多くの区政および議会の情報をお伝えして参ります。皆さんのお力添えを心よりお願い申し上げます。

 


■■■ 山本りえよりメッセージ ■■■

現在、新人議員として日々研鑽を重ねております。私の活動は、皆さんのお声が原点です。皆さんが普段の生活の中で不安に思うことや疑問に思うこと、改善すべき点などございましたらお寄せください。身近なご意見をお待ちしています。


【連絡先】中央区議会議員 山本りえ事務所

〒103-0007 中央区日本橋浜町1-3-9

電話・FAX  03-3865-5756

※留守番電話の場合、メッセージをお願い致します。

メールアドレス yamarie0324@emobile.ne.jp


中央区議会議員 山本りえ 無所属
区議会だよりNO.210 平成25年(2013年)6月15日発行より

▼ちゅうおう区議会だより 年に4回発行しています。

http://www.kugikai.city.chuo.lg.jp/dayori/index.html

▼中央区議会HP 会派構成や議事録はこちらからご覧頂けます。

http://www.kugikai.city.chuo.lg.jp/index.html


テーマ:

平成264月に総務省から要請のあった「公共施設等総合管理計画」の素案が策定されました。本計画は、平成29年度から平成58年度までの30年間という長期的な視点にたった公共施設更新経費の見込みや最適な施設マネジメントを実現するものです。既存公共施設やインフラの改修、更新に加えて、晴海地域の急激な人口増加に対応するための新規公共施設整備の財源を確保しなければならない現状のなか、限りある皆さんの税金を有効に活用していくために、将来の財政負担を明らかにし、施設マネジメントを行うことは極めて重要です。
 そのためには、固定資産台帳や財務諸表を活用した施設ごとのコストを明確にし、これからの公共施設のあり方や適正配置についても検討することが必要です。
 その理由のひとつとして、中央区公共施設等総合管理方針(素案)の6667頁や平成28年度第46回中央区世論調査のアンケート結果を民意として真摯に受け止める必要があるからです。もう、公共施設を総花的に整備・維持する時代ではないと考えます。


 

【対象施設】
 中央区の公共施設は、279施設、延床面積約58.8万㎡です。このうち、区が所有する建築物は、98棟です。インフラは、道路・橋梁・共同溝・トンネル・エスカレーター・公園・児童遊園・駐輪駐車場・船着場・公衆便所などです。
 公共施設においては、同時期に建替えや大規模改修が必要となることから、計画的に老朽化対策を実施するとともに、財政負担の平準化を行う必要があります。中央区の基金残高の推移は、平成21年度末497億円から平成27年度末407億円となり、約90億円も減少しています。年平均では、約15億円減少していることになります。また、その間の公共施設における投資的経費の推移においては、年平均約88億円です。

【公共施設の将来更新・改修費用】
30年間の更新・改修にかかる費用の合計額 約1,924億円
年間平均費用 約641,000万円

【インフラの将来更新費用】
30年間の更新にかかる費用の合計額 約5049,000万円
年間平均費用 約168,000万円



 


▽中央区公共施設等総合管理方針(素案)
http://www.city.chuo.lg.jp/kusei/paburikku/koukyoushisetsu.files/koukyoushisetsu.pdf

▽パブリックコメント実施期間 平成29213日~36日まで
http://www.city.chuo.lg.jp/kusei/paburikku/koukyoushisetsu.html

▽第46回中央区世論調査
https://www.city.chuo.lg.jp/kusei/kohokotyo/koho/h28/281121/02_01/index.html



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本橋や東京駅地区の大規模再開発事業に伴い、都市ガス需要の拡大が見込まれています。現状の設備のままでは、平成31年下期には安定的にガスを供給することが難しくなる可能性が高まりました。

 現状においては、新大橋通りに比較的圧力が高いガス管と比較的圧力が低いガス管の両方が敷設されています。後者においては、周辺区から川を渡って供給されており、再開発地域へのガス供給に寄与しています。しかし、東京駅前を中心とするさらなる大規模再開発に伴う将来ガス需要には対応することができません。

そのガスの需要を増やすには、①当該地区まで新たにガス管を敷設する方法と、②ガスの供給設備を新設し、利用可能なガスの供給量を増やす方法があります。前者においては、工事が広範囲にわたるとともに長期化するため、周辺企業や住民への負担が大きくなります。後者においては、大容量整圧器「ガバナ」を設置するスペースされ確保できれば、供給量を増やすことが可能となります。ガバナは、都内4か所(港・新宿・目黒・太田区)に設置させています。

そこで、中央区は、東京ガス株式会社から労働スクエア東京跡地におけるガバナ設置にかかる要望書を収受しました。

中央区がガバナの設置計画に協力することは、区内在住、在勤、事業者等に対して安定的な都市ガスを供給するという社会的意義がある一方で、安全性の確保に向けた検討・要望が重要であると考えます。



 

▽東京ガス株式会社 HP「大容量整圧器ガバナの仕組み」

https://eee.tokyo-gas.co.jp/safety/pressure/index.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

かねてから八丁堀駅前の労働スクエア東京跡地において、京橋図書館を移転させた図書館等複合施設「本の森ちゅうおう(仮称)」の整備が予定されていました。その複合施設は、図書館機能を核として郷土資料館機能、生涯学習機能、文化・国際交流機能、敬老館等の融合を目指すものでした。

しかし、平成25年秋に生じた建築費の高騰や入札不調、財政負担などを考慮し長らく整備が見送られていました。今般、建築費の高止まりや財政状況を鑑み、施設内容や規模などの大幅な縮小を行うとともに、周辺地域の老朽化施設の建て替えを行い、八丁堀駅前エリア全体を再編することにより、地域の行政課題の解決や新たな行政需要に対応できる計画が提案されました。

大きな特徴としては、平成24年当初に提案された基本設計にはなかった保育・高齢者施設が追加されたことです。



【新規整備施設】

桜川公園を中心とした八丁堀駅前エリアには、3つの機能をもたせます。

1、図書館等複合施設「本の森ちゅうおう(仮称)」においては、図書館、郷土資料館、生涯学習機能を集約します。

2、桜川敬老館等複合施設においては、敬老館、保育園に加え、地域密着型特別養護老人ホーム、認知症高齢者グループホームを整備します。

3、八丁堀区民館等複合施設においては、区民館、防災倉庫、職員住宅を整備します。

開館予定は、2020年東京オリンピック・パラリンピック大会後の2021年(平成33年度)を予定しています。それぞれの施設設計の段階で、皆さんの意向を十分に反映できるよう質問や提案を重ねて参ります。

  

▽平成248月「労働スクエア東京」跡地複合施設 基本設計(当初案)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

中央区の平成29年度当初予算(案)がプレス発表されました。テーマは、「20万都市への幕開け!!―オリンピック・パラリンピックとその先の輝かしい未来に向けて―」です。中央区が20万都市になる時期に備えて、各種基盤整備に重点をおいた予算編成となっています。予算案に関しては、平成29年第一回定例議会で設置させる予算特別委員会で審議致します。


中央区ホームページで、予算案の概要や資料が公開されています↓ 是非、ご覧くださいませ。

http://www.city.chuo.lg.jp/kusei/kohokotyo/press/puresuheisei28/20170207press.html







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

5回中央区基本構想審議会のご報告 


平成29123日に開催された中央区基本構想審議会の議事録が公開されています。5回基本構想審議会が開催された日、中央区の人口は15万人を突破しました。毎年、人口推計を大幅に上回る実績値となっています。

今後も中央区に移り住んでくださる方々が増えることが予想されており、子育て、教育、高齢者福祉などの様々な分野で行政需要が拡大していきます。そして、新たな課題に的確に対応していかなければなりません。

基本構想等に関する答申案では、中央区の居住環境や人々の価値観が変わりゆくことを見据えて、行政が取り組むべき課題や施策のあり方についてまとめてあります。

中央区の将来像について、皆さんと共に考え、課題を共有して参りたいと考えております。ご一読頂き、ご意見などお寄せ頂ければ幸いです。









▽中央区基本構想審議会議事録

http://www.city.chuo.lg.jp/kusei/keikaku/kihonnkousousinngikai/kihonnkousousinngikai/index.html

▽中央区人口推計

http://www.city.chuo.lg.jp/kusei/keikaku/kihonnkousousinngikai/kihonnkousousinngikai/dai5kai20170123.files/no5jinkounomitooshi.pdf

▽中央区基本構想等に関する答申案

http://www.city.chuo.lg.jp/kusei/keikaku/kihonnkousousinngikai/kihonnkousousinngikai/dai5kai20170123.files/no3toushinan.pdf

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

築地市場の移転に関する全員協議会議事録(平成28114日)

 昨年、東京都と中央区議会で設けた協議会の議事録が公開されました。当日は、東京都中央卸売市場長ほか新市場地域整備関係部署の方々が中央区役所に来庁し、中央区議会に対して豊洲市場の現状及び築地市場移転等に関して説明しました。そして、その内容等に対して各会派が質疑を行いました。

http://www.kugikai.city.chuo.lg.jp/kaigiroku/h28/zenkyo20161104.html



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆様、お健やかに新春をお迎えのことと存じます。

2017年も多くの方から年賀状を賜り、誠にありがとうございます。

政治家が選挙区在住の方に年賀状を出すことは公職選挙法により禁止されています。年賀状による新年のご挨拶ができませんが、どうかお許しください。

本年も変わらぬご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。中央区議会議員 山本りえ




いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今年も多くの皆さんのご支援ご協力により議会活動を支えて頂き、心より感謝申し上げます。平成28年の本会議や所属委員会では、皆さんからいただくご意見やお声をもとに各議題の審議に臨みました。

 来年も区民福祉の向上と中央区政の活力ある発展を目指し、全力で議会活動に邁進いたします。引き続きご指導をいただくとともに、区政へのご意見をお寄せいただければ幸いです。どうぞお身体に気をつけて、年末年始をお過ごし下さい。中央区議会議員 山本りえ



 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本の行政組織文化である「セクショナリズム」について学びました。話題となっている東京都政や中央区政の組織体制を思い浮かべながら、日本政治論の講義を受講致しました。

セクショナリズムは、組織体における部分の権限を固守して統一的、全体的な視野をもとうとしない組織の機能障害と定義されています。簡潔に言えば、官僚制における割拠主義や縄張り主義です。その最大の目的は、「組織防衛」です。
 

明治国家から引き継がれてきた官僚制においては、批判的概念として用いられてきましたが、マックス・ウェーバーは、合理的支配の典型であると再評価しています。官僚制はピラミット型(ヒエラルキー)の組織体制であり、合理的な組織であるがゆえに効率的な運用やその能力が発揮できる一方で、官僚制の機能を過度に追求しすぎるとかえって組織運営が阻害される状態が生じると指摘しています。つまり、お役所仕事や権限闘争の原因となるということです。

セクショナリズムに陥った組織やメンバーが、自身が所属する組織の利害を極度に追求することによって、類似業務を複数機関が重複して担当したり、不利益業務の責任の押し付け合いや放置、他組織との連携や協調を否定するような事態が生じます。その行政の非効率化や無責任化、総合的な組織運営がなされないことは、私たちに損害をもたらします。

また、日本の行政の特徴として、政策過程における政策評価とフィードバックが十分に実施されてこなかったことが挙げられます。日本の組織文化において、過去の政策の見直しを行うことは上司や先輩の批判であると捉えられてきた側面があるからです。そのため、予算を執行した後の施策評価や分析に必要な決算を軽視し、次年度以降の新たな政策にその知見を反映させ、政策を洗練させる努力が不十分であることが指摘されています。

  様々なセクショナリズムの逆機能を解決するために、行政管理や行政改革が不可欠なのは周知の事実です。強いリーダーの下で行政組織内部の点検・評価のみならず、議会や外部監査などによる調整や評価をしっかりと機能させて改善していくことが求められます。

 このような日本の行政組織文化は、政治文化と表裏一体です。過去に幾度となく政治家たちは、選挙公約に「行政改革」を掲げてきたにも関わらず、実現できなかった主要因を認識しなければなりません。決して、ポピュリズムであってはなりません。


  政官関係においては、行政優位でも政治優位でもなく、果たすべき職分が異なることを再認識すべきだと思います。政治家の役割は民意の集約及び反映と基本方針の決定であるのに対し、行政の役割は政策立案と執行です。双方が問題を共有し協力して解決する姿勢こそが大切であると考えます。皆さんは、いかがお考えでしょうか。

  


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。