yama-p BLOG ---Simple life is happy times...

人生を価値あるものに。LOGIで語るBLOGです。。。


テーマ:
水木 楊
田中角栄―その巨善と巨悪

この著書のあとがきに、興味深い文章がありますので、引用してみます(以下青文字引用分)。。。


・作家の関心は、対象になる人間の磁力の強さにある。平たく言えば面白さだ。(P339)

・あるとき仲間と飲みながら、戦後の生み出した天才三人を挙げるというゲームをした。美空ひばり、長谷川町子、三島由紀夫、長嶋茂雄、大下弘、手塚治虫、黒澤明、本田宗一郎など数多くの名が挙がったが、田中角栄を外した者はいなかった。好悪は別としてである(P339)。


政治に関心が上がっている現在、また自分の価値判断を強固にしていくというビジネス環境で、田中角栄を勉強するという事は、非常に重要だと思っています。歴史的な人物の人生を学ぶと、経済的な事情や、その時の価値判断、現在の慣習のルーツなど、一緒に頭に入れる事が容易に行えます。


僕の本棚には、田中角栄関連の書籍が、知らない間に山積みになっていました(写真集もある。。。)。。。


良い悪いを別として、田中角栄の判断力、政治力、戦略思考を知ることは、今日大きな世の中の変化に対してどのような価値判断を行っていくかに関して、明確なヒントになるような気がしますし、それによって、自分の判断力や、柔軟性も養えるのではないかと思っています。。。


そして現在。。。

広島6区の堀江候補。。。


ちなみに、田中角栄は、39歳の若さで、郵政大臣。各々の反対、心配をよそに、民放36社、NHK7局に予備免許を与え、テレビ時代の幕開けに火をつけ、テレビ出演も盛んで、現在の「紅白歌合戦」にも審査員で登場するなど、旋風を巻き起こしています。。。


広島6区の堀江候補。。。

今回の当選、落選にかかわらず、、、


初代大統領ってのが、一番お似合いでしょうか。。。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

golf


昨日、ワイワイ仲間とゴルフ修行に行ってきました。


キャディさんがいないセルフで回ったのですが、、、


・ドリンクを用意してくれる人



amino

・アミノバイタルを持ってきてくれる人


・ヤード数を計測する双眼鏡を持っていてくれる人


・コース戦略を説明してくれる人


・ピンを抜いてくれる人


・カートから、パターを持ってきてくれる人


・ホールアウトした時に、周りのクラブを持ってきてくれる人


・忘れ物をチェックしてくれる人


こんな気持ちの良いメンバーと回れて最高でした!!


後は、スコアだけですね。。。


本日、59 56 の115でした。。。


皆様、お疲れ様でした!!


そして、ありがとうございます☆!!


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
マイケル・T・カウフマン, 金子 宣子
ソロス

投資をする人間の心理を、「投資心理学」と定義すると、株式相場が理論通りに行かないのが理解できます。


その1・長い行列のラーメン屋→「美味しいのではないかと期待値が上昇↑☆」


その2・キムタクが身に着けているアイテムはかっこいい→「自分が身につけても似合うと思う期待値↑」


その3・クリティカルマス(市場の17%前後を越えるとインフラが爆発的に普及する現象)

∴∴∴ 上昇している株価は、なぜか買いたくなる。。。


人間の行動心理学(行動的なOS的要素)として、集団が傾く行動に賛同してしまう要素が存在しているのではないかといつも考える次第であります。


投資心理学は、この人間の行動心理学の基礎的インフラを超越する所が成功のキーポイントではないでしょうか。。。


皆が見向きもしない時に、カブを購入し、


皆がこぞって買い合っている時に、カブを売却する。。。


この要素が、一般的な理論、原理に基づいた、いわゆる、公平な市場性をゆさぶっているように思うのです。


投資と投機。同じ、株式投資であっても、その行動背景によって、投資にもなるし、投機にもなるような気がします。


↑↑↑の本。ジョージ・ソロスを語っている書籍ですが、ソロスは、この投資投機に対する心理を人間の基礎的条件とそう反する勇気を持っている人物だと思いました。。。


ファンドマネージャーの心理的ストレスは、自分が思った流れとそう反する株価の動きであり、それが、金額が高くなればなるほど、恐怖心が沸いてくるのでしょう。。。


株価の大暴落は、人間の恐怖心から発生しているように思います。。。


企業のキャッシュを生むシステムを評価し、適正に企業価値を算出し、安定的にリターンを求める、投資スタイルを維持しようとすれば、ソロスのような人間心理を重視した、投資(投機)スタイルの存在を理解し、その影響が非常に深いということを改めて意識する必要があると思います。


個別の上昇、下落にまどわされず、自分の投資スタイルを信じる。

つまり、


自分の判断を信じきるという行為とその根拠の自己立証


が非常に大切であり、鍛えるポイントではないかと今日は語りたいのです。。。


投資に限らず、仕事、恋愛、時間消費に関しても。。。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

FRISK


認知学を勉強していたら、このCMにはまっていました。。。


CMにはまってしまったと思っていたら、自分の胸元にFRISKが入ってしまいました。。。


FRISKとこのCMを何度もおまじないのように、見ていると、素晴らしいイメージがわいてきます。。。


このマーケ。最高です!!

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
斎藤 正勝
本気論―フリーターから東証一部上場企業の社長になった男の成功法

僕が、愛用しているネット証券会社の社長さんが本を出したということを本屋さんで知りました。てかっ、たまたま見つけたのです。


カブドットコム証券。ドットコム時代全盛の名前ですが、この証券会社の「カブマシーン」を始めて使ったとき、衝撃を受けた覚えがあります。


証券会社にいた時代の高コストな情報システムが、今では一般の投資家に提供される時代。あとは、知力とネットワーク力、そして、勇気と決断力でしょうか。。。


さて斉藤社長のこの「本気論」ですが、前書きを引用すれば、、、


本気でいることによって、

私自身ピンチを乗り超え、

逆にチャンスにして何とか今日まで

過ごしてきました。

私が本書で伝えたいことは、

本気を出してものごとに

取り組むことの大切さ、

ただひとつです。

著書の内容は、ともかく、本気になるということは、


「本気の持続力」

「強い意志」

「集中化」


という事になりましょうか。。。


そして、、、


「明確なゴールの設定」


ではないでしょうか・・・。


本気になることは難しいですし、イメージとして、「勢い」があるような感じがしますが、、、


ゴールに向けて、全てを集中化させていく。。。


そのための、取捨選択時に生じる、分散した意思に対する強烈な抵抗こそが必要なのかもしれません。。。









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

京都大学と大和証券が、知的財産、無形資産にお評価システムを共同研究するようです。。。


バフェットがコカコーラを「永久保有銘柄」と宣言したのも、コカコーラと言う会社。アメリカでは、実は、工場や物流機能は、全て分社化しており、本体が所有しているのは、ブランド管理、販売戦略、マーケティング、海外のフランチャイズ事業など、知的な事ばかりです。。。


おそらく、バフェットは、知的財産、無形資産の時価計算をある程度視野に入れていたような気がします。いや、アナログ的に考えているのかもしれません。。。


ホリエモンや、このブログのオーナーさん達は、その辺り、十分に理解しているような気がします。


・近鉄買収時・・・ライブドア?なんじゃその会社???


・ホリエモン芸能人化・・・ライブドアの社長ホリエモン認知完了


・フジテレビ買収・・・良い悪いを別として、全国民の認知を獲得


衆議院選挙で、自民党が、ホリエモンを集客効果にし、バタバタ劇を意図的??に行う事で、メディア露出を狙っていますが、もはや、定番作戦化しています。、おそらく、BLOG効果によって、消費者がメディア効果を認知してしまい、この作戦はいずれ利用することができない、或いは効果が薄くなってくるかもしれません。。。


しかし、消費者は、マスメディアのニュースを求めています。それがないと、ヒューマンコミュニケーションや娯楽、ストレス解消ができないからです。。。


そんな感じで、考えると、有料による認知力アップと、無料による認知力アップ。。。


ここらへんが、計算基礎になるのかもしれません。。。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
牧野 洋
バフェット―「米国株式会社」を動かす男

ロジスティクスは、兵站学という、戦争に勝つための供給マネジメントに関しての学問が起源だと言われています。現在は、物流的なキーワードで語られている事も多いですし、せんだってのイラク戦争では、米軍のロジ効果はすさまじく、戦闘機の出動生産性は向上し、コンテナの中の物資はRFIDと言われる電子タグで管理されていたので、湾岸戦争時のように、物資があっても必要な時に引き出せないというような事態が非常に少なくなったそうです。。。なにせ、このロジは、ウォールマート製だそうです!!


ロジとか、ロジスティクスといわれる学問は、現在では、最適化活動や、目標達成の最適化手法として応用される事が多くなってきています。。。要するに、、、


戦争は勝つために行うという目標。。。


企業は、具体的な数値目標。。。


そうです!!


投資し関しても、具体的な数値的な目標に対しての最適化活動が必要なわけです。。。


この最適化活動を最も的確に誠実に行ってきたのが、ウォーレンではないでしょうか。。。


↑の著書を読むと、、、最近の株式市場、企業経営、投資家がグローバル化されてきているのが良くわかります。。。少し引用してみますと(以下青文字引用文)、


・株主にために経営をしているかを基準に投資先を厳選(P13)(=シェアホルダーバリュー)

・株主と従業員の利益は矛盾しない(P19)

・最終的に株価を決めるのは利益である(P19)

・投資には忍耐力が必要(P29)

・バランスシート上ではなく、将来のキャッシュフローに価値がある(P175)

・米国経営者は、ほぼ例外なく、売上高が大きいことよりも時価総額が大きいことを名誉に思う(P184)

・事業が生み出した利益について、経営者は重要な判断を行わなければならない(P198)。

・設備投資や企業買収など再投資に回すか、自社株買いや配当で株主へ還元するかという判断である(P199)。

・株式市場は、「企業が資金を調達する場というよりも、企業が富を分配する場になった(P200)。


というようなモノである。。。あんがいM&Aコンサルの村上さんのおっしゃっている事がうなずける部分もあるような気がします(村上さんが良い悪いという意見ではない)。


企業の価値の計算は、今後様々な手法で行われてくると思います。少なくとも、知的資産の価値の計算ができなかったり、B/Sに計上されにくい、できない状態なので、その辺りがキーポイントになるでしょう。


ロジスティクスとインベストメント。企業価値を測定し、投資の最適化をはかる仕組みを事業化してみたい。







いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

apple-itms






iTMSを先日、じっくりと洞察することができました。勿論、消費者視点です。。。




結局、5~6曲ほど、音楽を購入してしまいました。この消費者行動を洞察したいと思いますが、結論として、、、




『iTMSは、日本においても音楽ダウンロード販売サイトとしては、しばらく優位性を維持するだろう』




という結論です。その仮説に関して詳細にお話したいと思います。。。




1.【消費者の音楽消費としての歴史】




幼稚園児。


僕は、音楽消費暦は、6歳からスタートでしょうか。。。アニメのレコードを買ってもらうような感覚で、いわゆるレコードと接した所からスタートします。また、姉がフィンガー5のファンでコンサートにも行ったことがあります。当時は、途中休憩がありました。


☆フィンガー5


☆泳げたいやきくん


☆アニメのレコード


☆スーパーカーの排気音が入っただけのレコード






小学生。


テレビ主役の時代で「ザ・ベストテン」が、音楽情報源の中心的存在で、サザンオールスターズなどのアーティストを知ったのもこの番組です。。。


☆サザンオールスターズ


☆松田聖子


☆小泉今日子


☆山本譲二


☆沢田研二




中学生。


「ダブルカセット時代」。。。


友達のテープをダブルカセットでダビングします。そして、汚い音質でも好きな音楽を何度も聴いたり、コミュニケーションツールとして、友人と語らい会ったと思います。。。その友人も友人の兄弟や様々な先輩後輩のコミュニティで、洋楽なんかを覚えたのかなと。小林克也の「ベストヒットUSA」なんか良く見るようになりました。。。音楽で友達も増えたなぁ。。。


・TOTO


・QUEEN


・DURAN DURAN


・POLICE


・CULTURE CLUB


・ASIA




高校生。。。


「レンタルレコード時代」。


レコードをレンタルしてきて、カセットにダビングするスタイル。。。これで、音質はグッと向上しました。楽器を始めていたので、キーボード、シンセサイザーといった楽器の専門誌からも、様々なアーティストと出会っていきます。。。ソニー提供「MTV」もVTRに録音して垂れ流し視聴していた時代。。。さんまさんのラジオを録音して何度も聞いた記憶も。。。


・ハワードジョーンズ


・スターシップ


・サザンオールスターズ「鎌倉」


・マドンナ


・さんまさんのヤンタン








大学生。


「CDチェンジャー時代」


クルマに、CDチェンジャーなるものが登場し、高音質で音楽を聴く時代の突入です。。。アルバイト可能によって、CDを大胆に購入できるようになりました。ちょうどディスコ時代なんで、マハラジャ世代です。。。


・ボビーブラウン


・角松敏生


・ユーロビートVolXシリーズ


・ベビーフェイス






そして現在。


2.【iTMS時代】


これによって、今までの上記の全ての音楽を改めて収集しようという欲求が生まれます。カセットテープやレコードで保存していたモノを物理的に再購入、あるいは、初めて正式購入してしまいます。アーティストや曲名がわからない???大丈夫です。。。iMixを使えば、発見できます!!


ユーザーが構築したリストを一曲づつ聴いていくと、懐かしいじゃありませんか!!懐かしい音楽を自分の手元にと思うと、「1曲150円」で。。。しかも、レンタルショップに行く手間も、MDを買う手間も、CD-Rに焼く手間もいらない。。。しかも、その曲だけをゲットできるような感覚が多い。




iTMSが支持されるのは、こうした、音楽消費を歴史的にされてきた方々に、改めて著作物を提供できる仕組み、またテープでただ聞きしていたユーザーが経済的にも大人になって、改めて消費する仕組みを提供しているのです。。。


こうした、ユーザーの情報をシステム化した、他国で優位性を構築したサービスを展開されると、ソニーも手が出せないような気がします。




3.【これからの世代の音楽消費】


はたして、小学生は、親にiPodをねだるのか???


こんな問いが頭をよぎります。。。


お誕生日に、iTMSのプリペードカードを贈るのもいいのかもしれません。。。これからは、消費リテラシー、ネットワークリテラシーこそ、教育システムに導入する時期がきたのかもしれません。。。




しかし、懐かしい音楽は、音楽を聴かなくなることで、その時代をその時代の楽曲に封じ込むことができ、時代時代の自分を、思い出を味わうことができます。。。日常的に懐かしい曲を聴いてしまうと、記憶と楽曲の同期が難しくなります。意図的に時代、時代の音楽を垂れ流して聴くことも必要で、このあたりのソリューションが、今後のソニーの復活の糸口になるのかもしれません。。。




4.【これからのアーティスト】


iTMSに楽曲を提供し、、、




・著作権料を代行徴収してくれるシステム。




・海外販売を代行してくれるシステム




・販売促進を代行してくれるシステム




これによって、アーティストが行うべき、ワークが大きく変化して苦r可能性は十分にあります。既存のレコード会社も、大きなイノベートを要求されてくるでしょう。事実、レコード会社とアーティストの間でのiTMSへの参入意思に乖離がでているケースが続出していますので、この辺りも非常に注目です。。。




こうなってくると、素人と玄人の定義が大きく変化してくるでしょう。。。




メディアも多様化。




流れるコンテンツも多様化。




提供するプラットフォームは、デファクトスタンダード。




どのような中間業が必要とされるのでしょうか。。。




音楽ビジネスから始まった、イノベーション。




注目です!!!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

chikin-R


先日、、、


上海←→代々木の起業家、、元ザリガニ会社の社長さんの河ぴょん と、


愛のあるBAR でアルコールも飲まないで、何を言ってもケチをつけ合うトークを展開。。。


ケチを付け合っても、結局は、笑い合える関係。。。


正直な生き方。。。


筋を通す生き方。。。


変な生き方。。。


馬鹿な生き方。。。


信念も持った生き方。。。


そんな、、、


そんな、、、


生き方ができる時代で良かった。。。


第二期ネットブーム。。。


いや、、、


もはや、ブームではなく、、、


ネットを変革のエンジンとして、日本が大イノベーションを展開する。。。


そんな時代がやってきた。。。


そんな、


そんな、、、


ケチの言い合いの前向きさ。。。


さぁ、この世界につっこんで行こう!!!





いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。