テーマ:

最初の口頭弁論期日に一方当事者が欠席した場合には、欠席者がそれまでに提出していた訴状・答弁書その他の準備書面に記載した事項は、欠席当事者が期日にこれを陳述したものとみなし(陳述擬制)、出席当事者に準備書面に基づき現実に弁論させ、両者を付き合わせて審理を進めることとします(民事訴訟法158条)。


このようにして審理した結果、裁判に熟すれば口頭弁論を終結して判決をし、そうでなければ続行期日が指定されます。


続行期日に一方当事者が欠席した場合には、158条の適用なしとするのが通説・判例です。これを認めると、口頭主義を全く否定することになるからです。


しかし、簡易裁判所では、事件の軽微性との関係で当事者の負担軽減のため口頭主義の後退を認め、続行期日での同条の適用を認めます(277条)。


<以上、上田徹一郎著「民事訴訟法」より引用>

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
山岸久朗 弁護士さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
最近の画像つき記事  もっと見る >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み