暴力団追放マニュアル

許されざる者 暴力団の内部事情を暴露

$暴力団追放マニュアル-反社会的勢力


暴力団とは、組織された構成員達が暴力、脅迫、強要、強盗、テロ、詐欺などの不当、不法行為を用いて、他人の金品、財産を奪ったり、利益の供与を強いるなど、私的(組織的)な目的を達成しようと、日本を中心に活動する“反社会的で犯罪を助長する集団”として、各地方公安委員会に暴力団と指定された団体である。


※極道用語の基礎知識

クリック【あ行】 クリック【か行】 クリック【さ行】 クリック【た行】 クリック【な行】 クリック【は行】 クリック【ま行】 クリック【や行】 クリック【わ行】





テーマ:

 「三次団体の組長クラスで年収4500万円。若頭になれば、それの3分の1ほど」
 

【非合法系】

 

1位 暴力団組長 4500万円

 

 

この収入は某広域暴力団組織、三次団体組長の場合。マンホールなどの金属窃盗、高級車窃盗、風俗関連業種からのミカジメなどが主なシノギだ。また、意外と年収が少ないのは、上納金や義理事での出費が多いからドーンと入って、ドーンと出ていくから

 

 

2位 闇医者 3000万円

 

 

表向きは正規の産婦人科医だが、妊娠後期の違法堕胎を闇営業する産婦人科医によれば、「相場はあってないようなもの。通常は30万円ほどだが、芸能人や政治家絡みなら100万円くらい」とのこと。ほかにも銃創などケガをこっそり治す医者もいる

 

 

3位 偽ブランド販売 2800万円

 

 

関東の某組織では、ルイ・ヴィトンやエルメスなどの高級ブランドの偽物を、大阪西成某所で3000円で仕入れて1万円で売っている。財布やタバコケースなどの小物を中心に約500個程度をワゴンに満載し、関東近県で販売。これを年に4回程度繰り返す

 

 

4位 大麻栽培 2000万円

 

 

某県の山中にある秘密の畑でマリファナを育てる”専業農家”男性は、今年の秋は約10kgのバッズ(一番キマる部位)を収穫。地元ヤクザに1gあたり1500~2000円で卸す。年に一度の収穫で年収を稼ぎ出し、苗を植える春までラリラリの毎日だとか

 

 

5位 盗品ブローカー 1700万円

 

 

家電量販店やドラッグストアからの盗難品を、定価の2割程度で買い付け、定価の半額で売る仕事。ただし、携帯電話やカーナビに象徴されるようなネットワーク製品の場合、シリアル番号で盗難品の追跡が可能なため、足がつくリスクは増している

 

 

6位 盗難車ブローカー 1450万円

 

 

自動車窃盗グループが持ち込んだ高級車を1台10万円程度で買い取り、100万~150万円で流す仕事。国内流通のほか、海外輸出も。関税の関係で、正規中古車でも解体されて鉄クズ扱いで送られるため、これに紛れ込ませれば、ほぼ追跡は不可能

 

 

7位 暴力団幹部(若頭) 1200万円

 

 

若頭はヤクザ社会で子分の筆頭を意味する。1位に輝いた某広域暴力団組織の組長の下で活躍する若頭は約30店の風俗を取り仕切り、そこからのミカジメ料が主なシノギとなっている。上納金以外にも子分への小遣いなど、出費がかさむという

 

 

8位 殺し屋(中国人) 1000万円

 

 

依頼はヤクザからが多いらしい。殺人も請け負ったという中国人によれば「相場は1人500万円。依頼は多くて年に2回ほど。殺しはあくまで副業、本業は高級車の窃盗だよ」とのこと。そのため、この金額は昨年の殺しのみの収入

 

 

9位 薬物売人 860万円

 

 

約50人の顧客を抱える売人のケース。例えば大麻の場合、1gを2500円で仕入れて5000円で売り捌くので、売った金額の半分が儲けとなる。次回の仕入れ用にカネをプールしておくなど、カネの管理能力が必要だとか

 

 

10位 空き巣 700万円

 

 

「自宅に現金があると最高やけど、今は宝石や時計は売ると足がつくから買い叩かれるんだわ。下調べから実行まで時間がかかるしね、あんまりオイシイ稼業じゃない」と語るのは空き巣歴16年のベテラン。実働時間は月に下調べ期間も含め月に20日ほど

 

 

11位 スリ 600万円

 

 

年末年始の人混みの風物詩、スリもトップクラスになると日当5万円、週3日程度の”出勤”で月収50万円コース。スリの銀次のようなアーティスト芸がなくとも、新幹線車内や駅ホームなどで泥酔した客の上着ポケットを狙えば、技術的な敷居は低いとか

 

 

12位 復讐代行屋 550万円

 

 

探偵業や便利屋の裏の顔で営業しているケースが多い。社会的信用の失墜、家庭崩壊のフルコースで200万円程度という。しかし”その筋の方”に応援を要請するので、仲介料として手元に残るのは4分の1程度。ビラ撒き程度なら10万円くらいで応じるという

 

 

13位 別れさせ屋 460万円

 

 

専業者が皆無に等しいこの業種、話を聞いた別れさせ屋も表向きは探偵という顔を持つので、この金額は別れさせ屋としての収入。「手付金で25万円、成功報酬で25万円が相場」。そのほか、経費は実費で請求するそうだ

 

 

14位 海産物の密漁(元締) 420万円

 

 

6月中旬から9月いっぱいまで、4人ほどでチームを組んで夜中に素潜りでアワビや伊勢海老などの高級海産物を狙うという。暴力団が組織しているケースが意外と多く、泳げない若い衆が遭難して事件化することもある。この金額は密漁のみの金額である

 

 

15位 部屋住み 0円

 

 

チンピラと呼ばれる部屋住みは読んで字の如く、事務所に住み込んで掃除や食事番、それに親分や兄貴分の身の回りの世話全般をする。身入りはほとんどなく、たまにもらえるお小遣い程度。しかも、このお小遣いも付いた兄貴分の裁量によって激変する。

 

 

 カネがカネを呼び込む金融&詐欺系だが、バブル崩壊以降はいまいち調子に乗り切れないようだ。最盛期には1年で1億5000万円を荒稼ぎしたオレオレ詐欺グループのリーダーは、「取り締まりが厳しくて、新手の手法を考え出しても“甘い期間”が短い」と嘆く。

 

 

借金の総量規制によって注目を集めたクレジットカードの現金化業者も「去年、今年は年収で2000万円いくけど、もう、峠は過ぎて下り坂」。

 

 

 それに対し年収では300万円前後という総会屋の代表だが、「バブルの頃は月収ベースで1億円とかだったからね。そりゃ貯金もある。今のシノギは年金みたいなもん」と、年収には似合わない余裕すら感じられる。

 

 

 流行り廃りの早い業界ゆえ、いかに旬を逃さないかがポイントとなるようだ。

 

 

【金融&詐欺系】

 

 

1位 オレオレ詐欺 1億5000万円…10人ほどのグループで荒稼ぎしたのがこの金額。リーダーの取り分はおよそ半分

 

 

2位 経済勉強会主宰 8500万円…元総会屋が政治家などを招き会員制の勉強会を月1回開催。会費は10万円で毎回50人ほど参加

 

 

3位 福祉詐欺 8400万円…ホームレスなどをアパートに住まわせて生活保護をピンハネ。60人から毎月6万円を徴収

 

 

4位 闇金(ハード) 3500万円…年利2000%級の金利で親、家族まで徹底的に追い詰めるハード闇金はその分、年収も多い

 

 

5位 地下銀行 3400万円…裏カジノ、闇金などが急場の資金調達のために利用。翌日返済で金利は10%と超高利

 

 

6位 制度融資詐欺 3300万円…行政の制度融資の口利きをすると偽り、融資が出ると15%をピンハネするトンビのような詐欺

 

 

7位 中堅マルチ業者幹部 3000万円…親ネズミ50人程度を抱えて化粧品のマルチをする中部地方で展開するTさんの年収モデル

 

 

8位 ショッピング枠現金化業者 2200万円…総量規制の影響で売り上げは順調だが、駅看板などの広告費がかさみ思ったほど利幅が少ない

 

 

9位 闇金(ソフト) 2000万円…10日で2割程度の“優しい金利”で、時には返済の相談にも乗るソフトな闇金。もちろん違法

 

 

10位 総会屋 300万円…商法改正で零細化したが、バブル期の莫大な貯金があるので、細々と出す機関紙はもはや趣味

 

 

【合法危険産業系】

 

 

1位 地下格闘技主催者 5000万円

 

 

協賛金の徴収や賭博開帳はもちろん、チケット捌きにもヤクザのノウハウとネットワークが不可欠。それらをいかにコントロールするかが、主催者の腕の見せどころだ

 

 

2位 彫師 2500万円

 

 

全身刺青で一人30万~40万円が相場。お得意さんのヤクザ組織があれば、新人加入のたびに仕事が発生。カタギの間でもタトゥー文化は定着しており、食いっぱぐれなし!?

 

 

3位 産廃処理場従業員(非合法所得) 1650万円

 

 

行政が第三セクターで運営している処分場では、年収600万円。民間の場合はこれより下がるが、ヤクザとの付き合い方によって年に1000万円もの小遣い稼ぎをしたつわものも

 

 

4位 マグロ漁船乗組員 800万円

 

 

借金返済のために放り込まれる、などとまことしやかに語られるが、現在は素人の乗船はほぼ不可能。年間10か月乗船でおおよそこの金額。頑張れば1000万円も夢じゃない

 

 

5位 戦場カメラマン 750万円

 

 

誰もが儲かったイラク戦争バブルの後は、冬の時代。写真一枚当たりの掲載料は、1万5000円程度で、経費を考えると赤字確実。単行本やコラム掲載でしのげないとツラい

 

 

6位 出版ブローカー 600万円

 

 

雑誌出版に必要な「雑誌コード」の売買を一件仲介するたびにおよそ100万円程度。また、出版社から雑誌制作の依頼を元請けし、孫請けに出して中抜きをする

 

 

7位 ダフ屋 550万円

 

 

昨今の主流は、チケット購入権のネット売買に移っており、肉体的な負担と法的リスクは減っている。発券の権利を売るという手法でマイナスも出ない合理化が進行中

 

 

8位 パパラッチ 520万円

 

 

写真誌編集部の指令で芸能人や有名人を追って写真を撮る仕事。長時間の張り込みでも切れない集中力と体力が必要。基本的に歩合制なので、撮れない新人はほぼタダ働きに

 

 

9位 ヤード経営者 510万円

 

 

家電や金属資源、クルマなどを買い取り、スクラップ業者に売ったり、海外に輸出する仕事。盗品流通の拠点として警察が関心を寄せるが、摘発事例は少ない

 

 

10位 傭兵 500万円

 

 

最前線のジブチ駐屯の第13外人准旅団なら、月3567ユーロ(約40万円)に加えて、衣食住も完全支給。勤続3年で、フランス国籍取得の申請が可能になる。ある意味オイシイ!?

 

 

11位 新聞勧誘員・拡張員 470万円

 

 

購読契約をもぎとる人間力勝負の世界。訪問販売経験者や元チンピラが多数在籍しているが、月に40万円以上も稼ぐ学生アルバイトもゴロゴロいる

 

 

12位 探偵 450万円

 

 

標的のクルマに発信機をつけて追尾したり、自宅前で顔写真を望遠撮影するなどハードな仕事だが、ベテランの探偵によれば「雇われは薄給。独立すればオイシイ」とのこと

 

 

13位 ブラックジャーナリスト 400万円

 

 

かつての総会屋の現代版。クライアントと対立する企業や個人のスキャンダルを取材し、ウェブサイトやメルマガでばら撒く仕事。収入の割にたまに殺されるなど、危険度抜群

 

 

14位 ヤクザ雑誌ライター 350万円

 

 

親分の名前を一文字間違えただけでも雑誌回収の騒ぎになるストレス多き業種。ヤクザ業界での人脈構築によるバランス感覚が何よりも大事。苦労の割に報われないことも多々

 

 

15位 手配師 300万円

 

 

寄せ場と呼ばれる集合場所にワゴンで乗り付け、日雇い労働者を数人ピックアップして現場へ運ぶ仕事。一人手配するごとに3000円程度のバック。いわゆる人材派遣業者

 

 

16位 左翼活動家 280万円

 

 

有名セクトの専従活動家には、支援者からのカンパを原資として月給20万円程度が支給されている。業務内容は機関紙の作成、デモの企画運営から事務所での炊事など多岐に

 

 

17位 テキ屋 250万円

 

 

寺社の祭礼やイベント行事に際してたこ焼きなどの屋台を出すのが仕事。一日の売り上げは頑張って5万円程度と振るわないため、オシャレなケータリングへ移行する者も

 

 

18位 路上本屋 150万円

 

 

ホームレスが拾ってきた雑誌を買い取り、路上で販売する仕事。出店エリアを管轄するヤクザ組織が用意する寮に住み込み、そこから出勤する。月の手取りは10万~15万円

 

 

19位 ホームレス 60万円

 

 

発売日のジャンプなどなら一冊50円で路上本屋が買い取ってくれる。最大の固定費である家賃から解放されて身軽。随時炊き出しも行われているので食いっぱぐれることも少ない

 

 

20位 右翼活動家 10万円

 

 

右翼団体には専従する者が基本的に存在しない。また、志あるカタギが末端構成員になっている場合、そのほとんどは手弁当である。たまにもらえる小遣いの総計がこの金額

 

 

【ギャンブル系】

 

 

1位 ノミ屋 6億6000万円…関西で一日に50人ほど来客数のある大型私設場外馬券場を営むオーナーによれば「月の売り上げが6000万円、経費を差し引いても5500万円ほどの利益がある」

 

 

2位 裏カジノ経営者 1億円…かつては10億プレーヤーもいた業界だが、現在は六本木と歌舞伎町で2店舗を束ねるオーナーでも1億円ほど

 

 

3位 裏スロ経営者 4200万円…都内某所、スロット機を80台ほど設置する老舗大型店のオーナーでこの金額。新規参入店や小規模店では赤字続きも珍しくないという

 

 

4位 カジノプロ 3000万円…シノギはポーカーとルーレット。滞在期間5日、月3回ほどのスパンでマカオなどの賭場へ。単一では負けることもあるが、年間のトータルでこの収支

 

 

5位 雀プロ 1300万円…日に5万円の上がりを目標に、レート千点200円の雀荘を回遊。「これ以上の高レート、いわゆるマンション麻雀には手を出さない」とは、プロの弁

 

 

6位 パチンコ裏ロム業者 880万円…違法改造を請け負う裏ロム業者は、現在ではほとんど仕事がないのが現状。今では裏モノを見つけるセキュリティ業者としてなんとか食べているところが多い

 

 

7位 ガジリ 580万円…裏カジノのサービスチップで凌ぐのがガジリ屋。一店につき1万5000円、日に3店ほど回り、月平均50万ほど。昔はチップだけで家を建てたつわものもいたとか

 

 

8位 スロプロ 560万円…爆裂4号機時代は朝から閉店までの13時間労働で月収100万円以上もあったが、5号機のほうが収支が安定するだけに、稼ぎやすくなったと答えるスロプロは多い

 

 

9位 パチンコ攻略詐欺会社 社員 420万円…デタラメな手順が書かれた紙を数万円で売るだけにトップはボロ儲け。しかし下っ端は、購入者リストを元にテレアポやDMでの歩合営業。取り分は良くて半分

 

10位 パチンコ打ち子 220万円…Fなるパチプロ集団組織では打ち子の日給は9000円(13時間労働)。勝ち金が一定量を超えれば2000円のボーナスが支給されるという

 

【エロ&水商売系】

 

 

1位 出会い系サイト運営者 2億円

 

 

大手「出会える系」サイトの運営を柱とし、その顧客データを元に約30の「出会えない系」サイトを運営。そのほか、顧客データ販売の副収入も

 

 

2位 エロサイト運営者 1億円

 

 

海外サーバーを利用した、月額20ドル程度で見放題の超法規的「無修正アダルトビデオ」サイトを複数制作、運営。昨今の女優ギャラの低下も利益増に

 

 

3位 ホスト(売れっ子) 7000万円

 

 

1億円には届かないが、歌舞伎町のナンバーワンホストは数千万プレーヤーが複数存在。ほか、高級外車や高級腕時計、マンションなどの貢ぎ物も

 

 

4位 ホテトル経営 3500万円

 

 

渋谷で一発2万5000円の大衆店、4万円~青天井の高級店の2店舗を経営。在籍30人、毎日8人ほどが出勤するが「値段は違うが派遣する女は同じ」とのこと

 

 

5位 乱交パーティ主催者 2800万円

 

 

高級ホテルのスイートルームを年間契約し、アダルトサイトで客を募り、毎日昼と夜の2部制でパーティを開催。日に10万円ほどの現金収入が得られる

 

 

6位 裏DVD制作 2400万円

 

 

表向きは一般的なアダルトビデオ制作会社だが、裏で月10本ほど無修正DVDも制作。主に海外サーバー用に制作するため、リスクは皆無に等しい

 

 

7位 裏風俗(地方) 1800万円

 

 

北関東某所で地域密着型の本サロ経営。30分1万円、一店舗当たり毎日10人ほどが出勤。約半分が女子給、残りから家賃やショバ代を引いた額がオーナーの身入りだ

 

 

8位 プロダクション経営者 1500万円

 

 

10人のAVタレントを抱える中堅プロダクション。ひとり当たり月に5本程度のハダカ仕事をマネージメントしている。撮影会や雑誌モデルなどの臨時収入も

 

 

9位 ハプバー主催者 1200万円

 

 

都内某所で完全サクラなし営業。女子給はかからないが、その分男性客の入りも低迷。「ガチだから売り上げにバラツキがあるのが悩み」とは、オーナーの弁

 

 

10位 SM女王様 1100万円

 

 

週3で働くSMクラブで年収500万円の身入り。ほかにもプライベートで5人の奴隷を抱え、M男たちから月に1人10万円ほどの上納金を徴収している

 

 

11位 風俗スカウト 1000万円

 

 

完全歩合制。約10人の風俗嬢を抱える。女を風俗店に送り込み、1週間働いた時点で約10万円の身入り。その後は女の月収から約10%が永久にバックされる

 

 

11位 ポン引き(歌舞伎町) 1000万円

 

 

キャバクラや風俗店への紹介で1人頭2000~3000円、闇スロや裏カジノに至っては5000円がバックされるこの業種。平均でも650万円は稼ぐという

 

 

13位 AV男優 650万円

 

 

かの有名な加藤鷹はかつて1現場7万円、年収にして2000万円ほど稼いでいたらしいが、現在のトップ男優は1現場3万~5万円、月に10~15本の現場をこなす

 

 

14位 ホモ男優 535万円

 

 

ゲイビデオに1本3万~10万円で月10本程度に出演。ゲイ雑誌やイベント、ウリ専バーでのアルバイトなどの臨時収入もある

 

 

15位 ウリ専ボーイ(ホモ) 490万円

 

 

新宿2丁目では泊まりが4万円、ショート(60分)が2万円、その半分がウリ子の収入に。中には1000万円ほど稼ぐ者もいるが、稼げる期間は短いという

 

 

16位 同人誌作家(エロマンガ) 430万円

 

 

人気の同人作家ともなれば700万円以上、中堅でも500万円は稼ぐといわれる。アシスタントや印刷代などの経費がかさむと収入が減るのだが、副業としてはかなりの額だ

 

 

17位 デリヘル店長(都内) 420万円

 

 

歌舞伎町のデリヘル店長で月収35万円ほど(10時から夜12時まで。週6日勤務)。高卒程度の学力でOKだが、ボーナスもなければ保険もない

 

 

18位 投稿雑誌常連者 390万円

 

 

出会い系サイトや出会いカフェでモデルを探し、ホテルでハメ撮り、素材を各出版社に売り込むこの商売。買取額は1本7万円ほど

 

 

19位 裏DVD店長 360万円

 

 

週6日、一日約12時間労働で月収30万円ほどと驚くほど少ない。ほか、摘発の際のパクられ要員として名義人を兼ねれば月10万円ほどのボーナスが支給される

 

 

20位 デリヘル店長(地方) 300万円

 

 

労働条件は同じにもかかわらず都内と比べて年収100万円ほど低い、地方のデリヘル店長。それでも志願者が後を絶たず、地方風俗の疲弊を物語っている

 

 

21位 風俗従業員 290万円

 

 

店舗型の風俗店、新人従業員の年収は300万円にも満たない。しかし仕事は接客、個室やシャワールームの清掃、呼び込み業務と重労働だ

 

 

22位 たちんぼ 200万円

 

 

歌舞伎町で売春するたちんぼの一発単価は約1万円。売れっ子は日に2人ほどの客を取るが、ショバ代として地回りヤクザに5000円(日)が徴収されてしまう

 

 

23位 風俗送りドライバー 100万円

 

 

店が終わる深夜1時~3時間程度と労働時間は短いが日当7000円。さらにガソリン代も自分持ちのため日に5000円程度しか稼げない。ちなみに車も各自持ち込みだ

 

 

24位 汁男優 25万円

 

 

1現場3000~5000円ほど。女優と絡める特典もあるが、発射できなければノーギャラだ。最近は現場数が減り、売れっ子でも月に5現場ほど

 

 

25位 ホスト(新人) 15万円

 

 

表向きは日給5000円だが、街頭キャッチなどのノルマが課せられるため、達成できなければ給料から天引きされて月収ゼロ、さらにはマイナスになることも

 

 

 

$暴力団追放マニュアル-反社会的勢力

 

 

 

暴力団とは、組織された構成員達が暴力、脅迫、強要、強盗、テロ、詐欺などの不当、不法行為を用いて、他人の金品、財産を奪ったり、利益の供与を強いるなど、私的(組織的)な目的を達成しようと、日本を中心に活動する“反社会的で犯罪を助長する集団”として、各地方公安委員会に暴力団と指定された団体である。

 

※極道用語の基礎知識

クリック【あ行】 クリック【か行】 クリック【さ行】 クリック【た行】 クリック【な行】 クリック【は行】 クリック【ま行】 クリック【や行】 クリック【わ行】

 


 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

指定暴力団神戸山口組(兵庫県淡路市)から離脱したグループが4月30日、新組織「任侠団体山口組」の結成を表明した。警察当局は分裂でなく内部対立状態とみて、今後も暴力団対策法上の規制の対象になるとしている。しかし、暴対法上の指定暴力団とする必要性が将来生じた場合に、新組織は指定を免れる組織形態になっているとの指摘が上がっている。警察当局は慎重な対応を迫られそうだ。

 

 神戸山口組は平成27年8月、指定暴力団山口組(神戸市)から分裂して発足。さらに再分裂で新組織が結成されたため「山口組」を名乗るのは3組織となり、新たな対立抗争事件が危惧されている。警察庁の坂口正芳長官は11日の定例会見で、「警戒、取り締まりを徹底し、(再分裂の)動向の情報収集に努め情勢に応じ必要な措置を取る」との考えを示した。

 暴力団を暴対法上指定する場合、「組長をトップに階層的な組織形態となっている」といった3要件が必要だ。しかし、新組織は先月30日に異例の会見を開き、「(暴力団特有の)盃事はしない」「組長は空席、代表制」「皆が平等、支え合い助け合う」などと表明。暴力団特有の縦組織ではなく、横並びで平等であることを強調した。

 暴力団対策に詳しい別所司弁護士は、代表者が「対外的に意思表示する機関にすぎない」といった場合や、組織形態が「構成員が平等で相互に支え合う互助会的、組合的」であれば構成要件を満たすかどうかの判断は難しいと指摘する。

 さらに別所弁護士によると、暴対法上の「使用者責任」に影響が出る可能性もあるという。同法では、対立抗争事件などが原因の損害賠償義務が生じれば、実行犯だけでなく組長らトップにも責任が及ぶと規定されている。使用者責任の適用には組織の末端まで直接指揮監督できる地位にあることが必要とされ、新組織が「組合的、互助会的」と認定せざるを得ない場合、使用者責任も問えない可能性があるという。

 警察庁幹部は「一部のグループは流動的。現状では内部対立状態で、今後も神戸山口組の一部として暴対法上の規制の対象になる」としている。別所弁護士は「新組織を現状のまま暴対法上の規制対象とするとしても、新たに指定暴力団とするとしても、警察は訴訟リスクに耐えられる証拠を整える必要がある」と話している。

 

$暴力団追放マニュアル-反社会的勢力

 

暴力団とは、組織された構成員達が暴力、脅迫、強要、強盗、テロ、詐欺などの不当、不法行為を用いて、他人の金品、財産を奪ったり、利益の供与を強いるなど、私的(組織的)な目的を達成しようと、日本を中心に活動する“反社会的で犯罪を助長する集団”として、各地方公安委員会に暴力団と指定された団体である。

 

※極道用語の基礎知識

クリック【あ行】 クリック【か行】 クリック【さ行】 クリック【た行】 クリック【な行】 クリック【は行】 クリック【ま行】 クリック【や行】 クリック【わ行】

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


神戸山口組若頭代行の『織田絆誠』とは、一体いかなる人物なのであろうか。

 

今やもう説明不要となった神戸山口組の織田若頭代行。神戸山口組発足時に山健組からの内部昇格で直参となったが、いきなり若頭補佐からスタートし3週間後には若頭代行に昇格するという異例の待遇だ。

当会サイトでもこの記事の反響は大きく、公開してから常に人気記事の上位をキープし続けている。当会サイトがこの記事を最初に公開した2015年10月初旬の時点では、まだ織田に関する記事は少なく、週刊誌での詳しい紹介も無く、多くは巨大掲示板からの情報であった。

記事の公開から約8箇月が経過し、織田に関する既存メディアの情報が世に多くなり、織田に対する社会的需要も高まってきたため、記事の加筆・修正をする。




経歴まとめ

織田絆誠(おだ よしのり)、本名は金禎紀(きん よしのり)、1966年10月23日生まれ、大阪府の出身。

織田興業組長、五代目山口組倉本組若頭補佐、三代目山健組四代目健竜会若頭補佐、邦尽会会長、四代目山健組若頭補佐、四代目山健組本部長、神戸山口組若頭補佐を歴任。1990年の山波抗争で懲役12年を務めた山口組側の功労者。

現在は神戸山口組若頭代行・懲罰委員、四代目山健組副組長に就いている。



山口組分裂までの経歴

 

1984年頃、大阪の独立組織で渡世を始める(酒梅組系列だと言われている)。1988年頃、四代目山口組『倉本組』組長・倉本広文と盃を交わし倉本組の若中となり、山口組入り。『織田興業』を結成して会長に就任する。1989年、五代目山口組と竹中組との抗争『山竹抗争』が勃発すると倉本組長のボディーガード役に登用され、その後に倉本組幹部に抜擢された。

1990年、山口組と波谷組の抗争『山波抗争』が勃発。抗争が始まって2日後の06月30日に織田興業の組員2人が波谷組『平澤組』幹部を車から4発銃撃した。織田はこの事件の首謀者とみなされ07月05日に出頭し逮捕され、懲役12年の刑に服すことになる。

服役中に倉本組若頭補佐へ昇格。服役していた徳島刑務所で後の親分となる井上邦雄と出会い、極道としての指導・薫陶を受けるも1997年に旭川刑務所へ不良押送される。1998年に倉本広文が急死すると跡目が決まらず、倉本組は『倉心会』と『貴広会』に分裂し両方とも五代目山口組の直系組織となった。両組織ともに織田を誘いかけるが断り、組織に属さず浪人生活を選んだ。

2001年頃、織田は刑期を終えて10数年ぶりに出所した。大阪で『織田興業』を再結成、織田の出所を待ち続けた組員7名とともに再スタート。倉心会最高顧問の『黒竜会』会長・山本竜五郎を介して数年ぶりに再会した『四代目健竜会』会長・井上邦雄の盃を受け、35歳で四代目健竜会若中となり山口組に復帰する。

2003年頃、四代目健竜会若頭補佐に昇格する。2004年には内部昇格で三代目山健組の直参となった。2005年に井上邦雄が四代目山健組組長を継承すると、織田興業を『邦尽会』に改称。代替わりさせ二代目邦尽会となり、織田は一人親方になる。

四代目山健組では本部長代行、本部長、若頭補佐を歴任し、山健組の最高幹部となった。2014年10月、神戸市内の喫茶店で建設業の30代男性に「にらまれた」などと因縁をつけ、正座させて顔や手足を殴打し重傷を負わせた傷害容疑で逮捕された。

2015年08月27日、六代目山口組若頭補佐の四代目山健組組長・井上邦雄は六代目山口組を絶縁となり、織田は井上に準じて六代目山口組を離脱した。



どんな人物なのか

大阪の独立組織を脱退したときには山口組系を始めとする多くの団体からスカウトが掛かったが、倉本広文の極道としての生き様に惚れて倉本組に加入したと言われているようだ。

山波抗争で逮捕された時、大阪府警本部の取調べで完全黙秘を通し倉本組から1人の逮捕者も出さず全てを被った事から、倉本広文の鶴の一声で異例の若さで倉本組若頭補佐に昇格したとされている。

織田が服役していた当時の徳島刑務所では、織田や井上邦雄の他にも後に有名となるヤクザが多く、山口組直参の古川組組長・古川雅章、後の五代目健竜会会長・中田広志、四代目山健組若頭の健國会会長・山本國春、六代目豪友会会長・加藤徹次、三代目倉本組組長・河内敏之、三代目倉本組最高顧問・木崎進などが収監されていたという。

1997年に宅見勝暗殺事件が発生すると、織田は刑務所の中にいる配下の組員に「中野会関係者を襲撃する」とするメモを送った。これが刑務官に見つかってしまい不正連絡とみなされ、旭川刑務所に不良移送されたという逸話もあるようだ。

倉本組が分裂すると倉心会・貴広会からの誘いを倉本の名を消した張本人という理由から断り、山波戦争という山口組本抗争に関わらず大々的な放免も拒否したと伝えられる。

2001年に出所した当初は倉心会最高顧問の『黒竜会』会長・山本竜五郎の盃を受けようとしたが、山本竜五郎は「自分の所に居たのでは大きく成れない、倉本は織田を大きい侠に育てようと決めていた、倉本のやろうとしていた事の例え半分でも自分がしたい、もっと大きな土俵で相撲をとって己の力を試すべきだ」と言い、健竜会入りを薦めたとのこと。

山本竜五郎の仲介で健竜会に若頭補佐として加入するという話になったが、織田は自分の力を試すために断り、健竜会末席からの再スタートとなった。

2003年11月、三代目山健組組長・桑田兼吉の保釈に絡む消えた二億円騒動に関係していた三代目山健組『繁田会』会長・繁田誠治が神戸市内で刺殺される事件が発生。織田の関与が疑われたが、真相は全く分からない。

四代目健竜会最高顧問の『三島組』組長・三島敬一と喧嘩したという話もあるようだが詳しいことは分からない。三島組解散後に邦尽会へ移籍した三島組組員もいるようだ。2009年頃に邦尽会系の組員が2ちゃんねるで祭り状態になっていたようだが、詳しいことは分からない。

2012年02月、2007年05月に発生した多三郎一家総長刺殺事件の首謀者とされていた四代目山健組若頭の『健國会』会長・山本國春が一審判決で無罪となった(控訴審で逆転有罪)。その山本國春が無罪で出てきた時の祝い金を織田が相当持って行ったといわれているが、真相は分からない。

現在の親分である井上邦雄に対しては、名前を一文字とって『邦尽会』とするなど、確かな忠誠心を持っていることが窺える。

 

 

 

$暴力団追放マニュアル-反社会的勢力

 

暴力団とは、組織された構成員達が暴力、脅迫、強要、強盗、テロ、詐欺などの不当、不法行為を用いて、他人の金品、財産を奪ったり、利益の供与を強いるなど、私的(組織的)な目的を達成しようと、日本を中心に活動する“反社会的で犯罪を助長する集団”として、各地方公安委員会に暴力団と指定された団体である。

 

※極道用語の基礎知識

クリック【あ行】 クリック【か行】 クリック【さ行】 クリック【た行】 クリック【な行】 クリック【は行】 クリック【ま行】 クリック【や行】 クリック【わ行】

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

怪情報ではあるが…

 「織田(絆誠・神戸山口組若頭代行)を始め、一部の幹部が携帯の電源を切って、連絡できんようになった。出て行くつもりか」

 こんな一報が、4月28日夜、神戸山口組の幹部から寄せられ、翌29日に開かれた緊急幹部会で、反乱の詳細が明らかとなった。井上邦雄組長が、最も信頼を寄せ、最高幹部に抜擢していた織田若頭代行の離反である。神戸山口組内の最大組織で、織田若頭代行が副組長を務める山健組から30数組織を引き連れて離脱していた。

 翌30日、神戸山口組は全体会合を開いて、織田若頭代行と、付き従った四代目真鍋組の池田幸治若頭補佐を絶縁処分とした。同日、両氏は、尼崎市内の施設で会合を開き、織田氏を代表、池田氏を本部長とする「任侠団体山口組」を結成した。

 目まぐるしく事態が動き、六代目山口組、神戸山口組、任侠団体山口組と三分割した山口組の今後について情報が錯綜するなか、乱れ飛んだのはカネにまつわる話である。真贋定かでない怪情報としてお伝えしたい。

 「織田は、六代目山口組にカネで転がされた。当面、組を出る支度金に3億円。組織が発足して順調に行けばさらに2億円。カネを出したのは、名古屋の弘道会」

 流れているのはこんな話だ。この5億円を10億円とする説もあるが、要は、司忍六代目の出身母体である弘道会が、武闘派で、地方の神戸山口組組織を激励のために全国行脚するなど実行力もある織田氏を、カネで取り込んだという説である。

 右腕となった池田本部長も同様だ。

 「池田は、保釈金などに使う急ぎのカネ7000万円を、神戸山口組と親密な組織から借りていた。その取り立ての代行をやっていたのが織田で、一緒に神戸山口組を出る条件が、池田の借金を織田が被ってチャラにするというものだった」

 カネに汚いというイメージを刷り込もうという趣旨なのかも知れないが、カネに関しては井上組長も攻撃を受けている。

 任侠団体山口組は、30日の発足後、異例の記者発表に踏み切っているが、離脱の理由として①金銭の吸い上げ、②井上組長の出身母体のひいき、③井上組長が進言諫言を聞かないこと、という三つを上げている。

 第一の離脱理由がカネ。神戸山口組を一昨年8月、離脱する際の最も大きな理由が、下部組織から月85万円の上納金だけでなく、ミネラルウォーターをはじめとする物品を販売してカネを吸い上げ、しかも情報統制と行動監視で直参(直系組長)を徹底的に従わせる「名古屋方式」への反発だった。

 そのために神戸山口組は、上納金をポジションによって幅を持たせ、月30万円~10万円に引き下げたが、その他にいろんな名目で徴収、結局、かつてより高くなったという。しかも払えなければ組事務所を取り上げるなど、カネに関するシビアさは、六代目山口組以下だと、池田氏は会見で不満を口にした。

 

喰えない職業だからこそ

 井上組長には、「横取り疑惑」もあるという。

 「池田組の若頭が弘道会の若いものに射殺された。当然、報復しないといけないし、それがヤクザの掟。報復のための資金が1億、2億と集められているのに、それは井上組長が『預かり』という形で流用している」

 むろん、現段階では流言飛語の類だが、それだけ暴力団社会はカネに詰まっており、カネが原理原則を支配する。任侠団体といいつつ、任侠は失われつつある。任侠団体山口組という命名は、原点回帰という意味だが、原則を外してしまった不可解さがある。

 本来、暴力団社会は、「親分が黒と言えば白も黒」、「組織のためなら体を張る」という理不尽な行動原則を守るために、盃事で上下関係、人間関係を縛ってきた。擬似で結ぶ親子、兄弟の関係は、「肉親よりも濃く重い」とされた。任侠団体山口組は、その盃事をせず、組長を置かずに横の人間関係で連帯する。

 神戸山口組が、親を裏切る「逆盃」となるのを承知で割って出て、任侠道に戻るとしながら「現実は六代目山口組にも劣る、それ以下の悪政でした」(池田本部長)というので、その反省から「逆盃」に「逆盃」を重ねるような愚を犯したくない、ということだろう。

 それで、懲役刑となるのを承知で襲撃させるなど、理不尽な指示を与えた時、配下がそれを呑むかどうかは疑問だが、確かなのはカネが優先する集団となっていくことだ。

 暴力団に正業が認められた頃、土建、不動産、高利金融、人夫出し、産業廃棄物、芸能、興業などでは、それなりの存在感を示せた。それに加えて、任侠右翼、総会屋、債権回収、地上げ、縄張り内のみかじめ、売春といったグレーゾーン領域では、暴力装置の威力を見せつけた。さらに闇金融、裏カジノ、覚醒剤など完全なブラック領域は、彼らの独壇場だった。それはすなわち、「食える職業」であり「不良が憧れる存在」だった。

 今は、完全に食えない時代である。暴力団という代紋を背負っていれば、家は借りられず、銀行口座は開けず、企業とは付き合えず、役所には相手にされず、人間扱いされない時代である。代紋が不都合になっているのに上納金などとんでもない、というのが実情だろう。だからカネに汚い。カネに転ぶ。

 斜陽産業である暴力団を見限って、組織を離れる組員が続出、暴力団構成員は2万人を切った。残るのは、他に行き場のない高齢者ばかりで、組長が70代で「若いもの」が50代だったりする。

 「任侠団体」を名乗りながらも三番目の山口組が盃事をしないのは、新しい組織形態のなかで、上納金に頼らずカネを稼ごうということだろうが、ビジネスモデルを否定された存在が、新たな秩序で新たな生きる場を構築するのは容易ではない。

 残るのは、抗争を繰り返しつつ3団体が疲弊していくか、それに疲れてひとつの山口組に収まって衰退していくのか。いずれにせよ三つの山口組に残された時間は短い。

 

$暴力団追放マニュアル-反社会的勢力

 

暴力団とは、組織された構成員達が暴力、脅迫、強要、強盗、テロ、詐欺などの不当、不法行為を用いて、他人の金品、財産を奪ったり、利益の供与を強いるなど、私的(組織的)な目的を達成しようと、日本を中心に活動する“反社会的で犯罪を助長する集団”として、各地方公安委員会に暴力団と指定された団体である。

 

※極道用語の基礎知識

クリック【あ行】 クリック【か行】 クリック【さ行】 クリック【た行】 クリック【な行】 クリック【は行】 クリック【ま行】 クリック【や行】 クリック【わ行】

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

七代目は誰が継ぐのか

過去の事をたくさん記事にしているこのサイトですが、未来の事も少し書いてみたいと思います。未来の事で一番気になる事と言えば、やはり山口組の七代目組長に誰が就くのかという事ではないでしょうか。司忍組長が君臨する六代目山口組の最後はどうなるのか興味深いところです。

亡くなるまで終身組長であり続けるのか、引退という形で七代目を指名するのか分りませんが、司組長も70歳を超えていますので、やはり生きているうちに指名しておく方が、一番すんなり行くのではないかと思います。急死した場合、親分の遺志はどうあったのか、遺言状はあるのかなど跡目を巡って一波乱起こります。

高山清司七代目への可能性

順当な跡目として若頭の高山清司がいますが、2014年から現在も服役中で健康問題も抱えており、出所予定は2019年で出所時には70歳を越えます。年齢的な取り決めはありませんが、現実的問題として出所後の襲名は難しいと考えます。出所してすぐに代替りするとしても、77歳になっている司組長から72歳の高山清司への継承は、その後を考えると何年持つのでしょうか。今、明日にでも司組長が引退をしたら、この場合は獄中襲名があるかもしれません。五代目体制時に自ら若頭に就き、高山に弘道会を譲った時のように、何か前例のない事をやる可能性を感じます。
ただ高山自身が自分は司忍の若頭なんだという意識が強ければ、七代目への意欲は薄いでしょう。高山が若頭としてやってきた事を見ると、親分のことを考えて自ら嫌われ役を買って出ているようにも見えます。七代目体制では、別のポストに就くかもしれません。山口組に総裁というポストが誕生するかもしれません。

高山に意欲なしと考えていますが、司組長の強い意向が働けば高山自身は断る事は出来ないでしょう。

それでも一つ言える事は、高山は引退はしないという事です。死ぬまでヤクザを通すと思います。その理由は、かなり恨みを買っている事を自分でも分っているはずです。司組長服役中の大量処分や、他の直参への執行部の対応など、かなり反感を買っていると思います。直参に限らず山口組全体を見ても、現執行部へ反感を持つ者は多いのが事実です。たとえ逆恨みであったとしても、恨みを持つ本人にしてはそれが事実だと思います。万が一高山が堅気になっても、行動に移す者はいないと思いますが、いないとは言い切れません。

自分は満期まで行った場合、高山七代目はないと思います。それと高山引退もないと考えています。それよりも無事満期まで務める事が出来るのか、どうかが気になります。山本健一や桑田兼吉のように刑務所で病状を悪化させるケースは非常に多いのです。高山若頭の年齢を考えると持病を持っての服役は、非常に危険だと思うのです。

誰に可能性があるのか

統括委員長で極心連合会々長の橋本弘文が、高山若頭不在の執行部を仕切っているようです。このことから高山に次いで、山口組のナンバー3などと言われているようです。高山若頭と同年齢ですが、橋本統括委員長は見た目にも健康そうで年齢よりも若く見えます。この人物も七代目候補と見られていますが、自分は無いと考えています。理由は新たに作られた統括委員長に就いたからです。その前から筆頭若頭補佐と言われ、やはりナンバー3でしたが高山の収監に合わせて作られた統括委員長に就いた事で、目が無くなった感じがしてしまうのです。普通に考えて高山の権限や役割を代行するなら、若頭代行がしっくり来るのですが、あえて若頭代行という役付けにしなかった所に引っかかってしまいます。外された感があります。つまり司、高山ラインの先に別人が居る気がしてしまうのです。

もちろん橋本弘文の可能性はゼロではないと思います。ただ橋本の場合、向こうから座布団が回って来る事は無いと思うのです。これに引き換え座布団が回って来そうなのが、三代目弘道会々長の竹内照明です。司、高山ラインの先が竹内です。実質弘道会は強引とも言える手段で、高山と竹内の二人の直参を誕生させました。過去の概念では、直系組織の代替りは引退か死去しかありませんが、弘道会だけは高山が本家の若頭に就いたまま組織を代替りさせています。この裏技的分身の術で、竹内を前倒しで直参に引き上げています。それに引き換え極心連合会は、内部昇格の形で極粋会を直参に上げ、極心連合会本体は数を減らしました。

橋本弘文が七代目を取るためには、かなり強い意志で臨まなければならないのに対して、分があるのが竹内という事になるんですが、本家でもすでに幹部に昇格させていて、ここまで持ってくるのに十分強引な印象もあります。人物の比較で言えば、やはり橋本の方が格は上になります。それでも跡目を決める権限は誰にあるのかを考えると、座布団に近いのは竹内でしょう。

 

つまり七代目に「就けたい人物」が三代目弘道会々長の竹内照明ではないかと思うのです。

それと万が一いったん高山に七代目が回ると、八代目は確実に竹内になると思います。代を取るという事を考えると、いったん高山に取ってもらいたいと言うところでしょう。

もう一人ダークホースになるのが、四代目山健組々長・井上邦雄です。勝手な見解を言わせてもらうと、選挙で投票すればこの人物に決まるのではないかと思うのです。司組長も井上の功績を十分に認めていると思いますし、ジギリを評価しても七代目への資格ありと思います。弘道会と比較して六代目体制で山健組は弱体化したように言われますが、井上邦雄に対する人物評価は高いです。ただ三代目山健組時代の関係性から、橋本弘文が七代目に意欲を見せれば、井上は引くのではないかと思われます。

舎弟頭の二代目宅見組々長・入江禎は、司組長より僅か2歳下という事もあり、現実的に考えても上に挙げた人物らより更に可能性は低いと思います。おそらく最高顧問などに就くはずです。

それから七代目へと代替わりする時には、引退する直系組長がかなり出ると思います。現時点でも引退したくてもさせてもらえない直参がかなりいると聞きます。執行部が引退を認めないという噂です。六代目体制が終わると言う事は、盃も水になりますから本来は自由意志で決められるはずです。代替りの時ですら進退を自分の意志で決めさせてもらえないようでは、どうかと思いますね。

山口組内の主権争いの果てに七代目襲名があるのか、相応しい人物としての七代目襲名があるのか。いずれにしても山口組本家の代替りというのは、日本のアウトロー社会に大きな影響を与え、その情勢が大きく動く時でもあります。

※その後
三代目弘道会々長・竹内照明が若頭補佐として執行部入りしました。補佐の中では末席ではありますが、これで六代目山口組を弘道会で固め切ったという印象があります。もちろんこれらは六代目体制に限らず七代目八代目の山口組を見据えた体制であり、山口組の組織固めというよりも山口組における弘道会の覇権固めという感じがします。

 

$暴力団追放マニュアル-反社会的勢力

 

暴力団とは、組織された構成員達が暴力、脅迫、強要、強盗、テロ、詐欺などの不当、不法行為を用いて、他人の金品、財産を奪ったり、利益の供与を強いるなど、私的(組織的)な目的を達成しようと、日本を中心に活動する“反社会的で犯罪を助長する集団”として、各地方公安委員会に暴力団と指定された団体である。

 

※極道用語の基礎知識

クリック【あ行】 クリック【か行】 クリック【さ行】 クリック【た行】 クリック【な行】 クリック【は行】 クリック【ま行】 クリック【や行】 クリック【わ行】

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017年04月29日、神戸山口組が分裂するという衝撃的な情報があった。同日に四代目山健組の関連施設で神戸山口組の緊急集会が行われたが、神戸山口組若頭代行で四代目山健組副組長の織田絆誠ら数人の直参が欠席し、神戸山口組を脱退したという。織田絆誠は四代目山健組傘下の自身の派閥を含む約30団体を引き連れて離脱するとみられており、早ければ明日にも新組織を発足させる予定だという。

2015年08月末に六代目山口組が分裂して神戸山口組が結成されてから約1年8箇月、13人だった直参は25人にまで増え、直参の離脱や引退はこれまで一度も無く、直系組長の数が減ることはなかった。六代目山口組の分裂~神戸山口組の結成で一番注目され、和解交渉を行ってきた織田絆誠を筆頭に直参数名が一気に離脱するということで、神戸山口組は結成して以来最大の危機を迎えている。

2017年04月30日、織田絆誠ら神戸山口組から離脱した団体の幹部が兵庫県尼崎市にある二代目古川組の本部に集まり、新組織『任俠団体山口組』を結成したとのことで、神戸山口組から離脱した新組織側が会合のあとの記者会見で新組織名を発表したとみられる。六代目山口組から分裂した神戸山口組がさらに分裂して任侠団体山口組が設立されるという、劇的な展開となった。

 

$暴力団追放マニュアル-反社会的勢力

 

暴力団とは、組織された構成員達が暴力、脅迫、強要、強盗、テロ、詐欺などの不当、不法行為を用いて、他人の金品、財産を奪ったり、利益の供与を強いるなど、私的(組織的)な目的を達成しようと、日本を中心に活動する“反社会的で犯罪を助長する集団”として、各地方公安委員会に暴力団と指定された団体である。

 

※極道用語の基礎知識

クリック【あ行】 クリック【か行】 クリック【さ行】 クリック【た行】 クリック【な行】 クリック【は行】 クリック【ま行】 クリック【や行】 クリック【わ行】

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
◆弘道会系譜
初 代 - 司 忍
二代目 - 高山清司
三代目 - 竹内照明
◆三代目弘道会組織図
総 裁 - 高山清司(六代目山口組若頭)
会 長 - 竹内照明(六代目山口組若中)
◆執行部
若 頭 - 中野寿城(四代目山本組組長)
舎弟頭 - 中村英昭
舎弟頭補佐 - 鈴木 覚(正道会会長)
舎弟頭補佐 - 福島康正(福島連合会長)
舎弟頭補佐 - 森 健司(三代目司興業組長)
本部長 - 間宮誠治(五代目河村一家総長)
若頭補佐 - 小松数男(小松組組長)
若頭補佐 - 野内正博(野内組組長)
若頭補佐 - 古川陽忠(示道会会長)
若頭補佐 - 松山 猛(十代目稲葉地一家総長)
若頭補佐 - 大栗 彰(大道興業組長)
若頭補佐 - 中西新吾(二代目野口興業組長)
◆舎弟
顧 問 - 武藤宏史(西部連合会長)
顧 問 - 浜田健嗣(浜健組組長)
相談役 - 中島 譲
舎 弟 - 藤島洋志(藤島組組長)
舎 弟 - 磯部伸治(十代目常滑一家総長)
舎 弟 - 木村晃司(二代目野崎組組長)
舎 弟 - 関谷優二(関谷組組長)
舎 弟 - 金田基一(金田組組長)
舎 弟 - 桑原達彦
舎 弟 - 浅丘健次(浅丘組組長)
舎 弟 - 山原清市(山原組組長)
舎 弟 - 石神正悟(六代目水谷一家総長)
◆幹部→正式には○○副委員長だそうです。
室橋宏司(室橋興業)
加藤英喜(加藤組組長)
吉島 宏(三代目米川組組長)
中島政義(二代目中島会会長)
若生 肇(二代目小笠原一家総長)
中島政春(中政組組長)
鈴木吉実(五代目導友会会長)
◆若中
田畑政範(九代目玉屋一家総長)
田中元章(田中組組長)
湊 学(湊興業組長)
斎藤則夫(藤仁興業組長)
小栗敏憲(六代目笹若一家総長)
大久保善雄(二代目東海興業組長)
齊藤友広(三代目齊藤組組長)
川上 勉(八代目浜長組長)
阿部哲也(廣龍組組長)
小田隆次(二代目徳丸組組長)
岩本元樹(岩本組組長)
藤田淳大(藤田組組長)
遠藤 輝(遠藤組組長)
竹宇治友孝(十一代目紙谷一家総長)
豊 龍児(二代目高己組組長)
高橋章浩(二代目西山興業組長)
松隈和彦(二代目佐々木一家総長)
吉田信夫(吉田総業組長)
中嶋和男(二代目西心会会長)
土田任紀
船木信也
原田茂夫
三木一郎
南 正毅(三代目高山組組長)
石原道明(三代目矢嶋総業組長)
小川明広(二代目谷誠会会長)
伊藤直記(健心組会長)
梶田欣児(梶田組組長)
小澤達夫(小澤組組長)
大橋一郎(大橋組組長)
中澤秀也(秀興業組長)
清田茂之
松岡 稔(松岡組組長)
野瀬一弘(松山組組長)
押見 晃(稲神総業組長)
北村和博(北村組組長)
日比野寛一
熊谷正人
田中明治(八代目浅野会会長)
山本隼人(九代目平野屋一家総長)
廣森嘉樹(六代目前津一家総長)

$暴力団追放マニュアル-反社会的勢力





暴力団とは、組織された構成員達が暴力、脅迫、強要、強盗、テロ、詐欺などの不当、不法行為を用いて、他人の金品、財産を奪ったり、利益の供与を強いるなど、私的(組織的)な目的を達成しようと、日本を中心に活動する“反社会的で犯罪を助長する集団”として、各地方公安委員会に暴力団と指定された団体である。





※極道用語の基礎知識


クリック【あ行】
クリック【か行】
クリック【さ行】
クリック【た行】
クリック【な行】
クリック【は行】
クリック【ま行】
クリック【や行】
クリック【わ行】













いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 六代目山口組体制に不満を募らせ、ついに謀叛を起こした有力組長らの処分から間もなく1カ月。雑誌などには「抗争」、「激震」、「組長の首」といった物騒な文字が躍るが、実際は何が起こっているのか。六代目山口組の直系組長4人が初めて明かす裏切りの内情。


「メディアは今回の件を分裂と書くし、一般の方から見ても分裂に見えるんかもしれへんけど、実は分裂でも何でもない。単なる謀叛で、謀叛を起こしたモンが絶縁や破門処分になっただけです。徒党を組んで神戸山口組を名乗り、菱の代紋を勝手に使っとるようやけど、そんなことこっちは認めておらんし、いわば似非(えせ)山口組やな。一和会の騒動とは違うんですわ。あの時は、四代目の親分の盃(さかずき)を飲むの嫌や言うて出て行った。これは分裂ですやん。新しい親分に付いていけへん、言うて出て行ったわけやから。今回は司の親分の盃飲んだモンが、その盃を返すことなくほったらかしにして出て行っとるんやから、これ、謀叛ですやんか。しかも、これは逆縁と言うて、我々の世界では犯罪。犯罪の中でも、万死に値するもんです」

 そう語るのは、指定暴力団「山口組」の直系組長である。山口組が、有力直系組長だった井上邦雄・山健組組長や入江禎・宅見組組長、寺岡修・侠友会会長など13人を絶縁、破門処分にしたのは8月27日。そして9月5日、13人は神戸市内の山健組本部に集まり、「神戸山口組」の発会式を行った。井上氏が山健組と兼任する形で組長に就任、入江氏が副組長、寺岡氏が若頭となった。

 本誌(「週刊新潮」)は山口組と神戸山口組、双方に取材を申し込んだ。結果、山口組は直系組長4人が揃って取材に応じたが、神戸山口組は、「取材はお断りさせていただきたい」とのことだった。

「我々の世界の根本に何があるかというと、盃事なんです。汚い世界のたった一つキレイなところ、と言うてもええかもしれません。今回、彼らは我々の世界の根本にあるルールを破った。その時点で、向こうに百に一つの言い分があったとしても、それは通らない、ということなんです。

 山口組を含め、この業界では、一切の権利、一切の縄張りは親分のモン。先代と代替わりした時には、先代のカマドの灰まで当代のモンなんです。山口組の親分は、ええモンも悪いモンも全部引き継ぐ。その親分に白い物を黒や言われても、それは認める言うて我々、盃飲んどるんです。そんな大事な盃をほったらかしにして出るなんて、絶対にやってはならん。彼らには山口組を名乗る資格はない。

 しかも、彼らの中核、中心人物は今の体制を推し進めてきた人間ですよ。例えば、総本部長やってた入江さん。彼、まともなこと言うてましたよ。お前の若い衆は、お前のモンやないんやぞ、と。親分から預かっとる若い衆やぞ、と。そう言うとった張本人が今回みたいなことしてますねん。前出てきてきちんと説明してもらわんと。

 方向性が違うと考えたならば、なぜ彼らは中にあって改革しなかったんですか? 一回でも彼らが腹切る覚悟で親分に諫言しましたか? それが出来ない言うて、オレもう知らんわ言うて、徒党組んで出て、これが通ると思います? そら無理でしょう。中で何もせずに、逆縁を犯してまで勝手に出たというのは、許されないことです」

■抗争になりようがない

 9月5日、神戸山口組が発会式と同時に発表した「御挨拶」と題する文章には、以下のように書かれている。

〈現山口組六代目親分に於かれては表面のみの「温故知新」であり中身にあっては利己主義甚だしく歴代親分特に三代目親分の意を冒漬する行為多々あり此の儘見て見ぬふりで見過ごしにする事は伝統ある山口組を自滅に導く行為以外考えられず我ら有志一同の者仁侠道の本分に回帰致し歴代山口組親分の意を遵守する為六代目山口組を離脱致し新たなる「神戸山口組」を発足し歴代親分の訓育と魂魄を忘失する事なく心機一転肝刻致し新しい神戸山口組に身命を賭す覚悟であります〉

「我々からしたら、あんなわけのわからん回状出して、我々の親分に対する思いを逆なでしとる。あれ、全国の山口組以外のモンが見たら“ああ、この程度か。山口組の執行部におったもんの考えってこの程度か”と思うやろうし、我々も恥ずかしいし、カーッともくる。でも、それで鉄砲でも持ちだしたら、一発で特定抗争指定暴力団に指定され、全国の事務所は閉鎖ですわ。向こうはそれを狙っとる。あるいは、そういうことを見越して、彼らは出て行ったんでしょう、今回。

 だから、向こうの挑発に山口組は一切関わるな、との通達が徹底されとる。窓ガラス撃たれたら、窓ガラス代えたらしまいですやんか、と。マスコミは鉄砲をバンバン撃つんじゃないかと煽りますが、そんなことは起こらへんのです。ピストルは撃っただけで10年、人に当たったら20年、相手が死んでもうたら無期ぶちこまれるんでっせ。後、誰が面倒見てくれるゆうんですか。

 大阪のミナミが危ない、なんてマスコミは嬉しそうに書きますけど、出て行った側ときっちり棲み分けができてますから、抗争になりようがない。また、組の電話はあけたままにしてある。“若い子が相談にきたら聞いてあげて”というのが親分の考え方です」

 実際、9月1日、神戸の山口組総本部で開かれた定例会で配られた司忍組長の手紙には次のように書かれている。

〈離脱者の多くから心情を訴える相談が多数あると聞くが、罪のない若い者、この人達に対しては非を咎めることをせず、寛容な気持ちで相談に乗ってあげて欲しい。今、様々な形での噂、流言飛語が飛びかっていると聞くが、真実は皆が一番知るところである。軽挙妄動を慎み、全組員が連絡を密にして平常通り斯道に励み、この困難な時代にこそ男としての真髄を極めることを希望する〉

「歯がゆいのは、向こうに情報のコントロールをうまくやられてしまったことやね。出て行った正木さん(年男・正木組組長)いうのが元々広報担当やっとったし、喋りもうまい。彼だけやのうて、警察通じても向こう側からの情報を出され、あることないこと書かれた。今、いろんな雑誌読んだら司の親分のこと、すごい悪いように思うわな。

 彼らは、逆縁というやってはいけないことやって出て行った。必死に情報を出さなアカン、自分らを正当化せなアカン立場やというのがよう分かっとるんでしょう。また、彼らとしては何か出ていく大義を作らなアカン。それで、司の親分が山口組の総本部を名古屋に移そうとしていた、なんていう作り話をするわけです。こんなんわざわざ否定するのもアホらしいようなありえへん話です。司の親分は一回もそんな計画を口に出したことはないし、そんな考えが頭をよぎったこともないでしょう。だいたい、今は暴力団排除条例とかのせいで、近所に病院や学校がある場所には暴力団の事務所を置けんのです。だから、弘道会の本部に山口組の本部を移転するなんて、そもそも無理なんや。出て行った彼らもそれは分かっているのに、ペラペラそういうウソを言いふらすんですわ。彼らが新しい組織の事務所を淡路島の侠友会の事務所に置こうとしているのは、その周辺に条例にひっかかりそうな施設がないからです。

 出て行った人らは、司の親分のことを“カネ、カネ、カネ”の金にがめつい人間のように仕立てあげたいようやけど、これも全然違います。我々直系組織が支払う会費は、100万円前後です。まず、これらは山口組を運営するために必要な金であって、司の親分の懐を豊かにするためのものじゃないのは言うまでもありません」

■異変の兆候

「出て行った人らは、この会費の額が高いと言っとるようやが、山健組は山口組本体より高い金額の会費を集めています。同じように宅見組も高い会費とってますよ。

 こちら側は“カネ、カネ、カネ”の守銭奴みたいな言い方をされていますが、司の親分の体制になってから、引退する親分に元々は1億円の餞別を払っとったんです。直系組長が100万円くらいずつ分担拠出するのはその時ですわ。ただ、親分の引退が相次いで、その1億円がなかなか支払えなくなり、金額は5000万円になり、ついには2000万円になってしまいましたが……。

 ミネラルウォーターや日用雑貨を月額50万円以上、強制的に売りつけている、というのもウソですわ。水、買うてるのは事実やけど、組員の数に応じて、せいぜい月に5万円分から20万円分くらい。組員が100人超えるとこで20万円てとこやろ。

 水の事業をやっとるのは、神戸市にある『アトレジャパン』いう会社で、元々、これを作ったのは今回、出て行った中の1人です。この会社は、我々が『会館』と呼ぶ葬祭場を持っているんやけど、毎月思たように葬儀もないし、組葬もできない。それでも維持費はいるし、社員の給料も固定資産税も払わなアカン。それで始めたのが、組員に水とか雑貨を売る事業ですわ。

 そもそも、出て行った彼らは、組員に水を売りつけてなんやとか言うとるけど、山健組は自分とこで水作って自分とこの組員に売ってますからね。どの口が言うねん、いうことです。

 何度も言うようやけど、山口組本部の名古屋移転の話なんてあらへんし、司の親分が金にがめついなんてこともない。それから水の話も今回の謀叛には関係ないんです」

 ではなぜ今回の裏切りは起こったのか。この人がいれば謀叛は起こらなかったのではないか――として直系組長はある人物の名前をあげる。恐喝の罪で懲役6年の刑が確定し、昨年6月、刑務所に収監された高山清司若頭である。

「頭(かしら)(高山若頭)の事件は、頭本人も俺らも絶対無罪になる思うてたけど、実刑打たれてしもた。入江さんは若いモンをもっと直参に上げろと上から言われて、このままやと宅見組はバラバラにされてしまうんやないか、と考えてアタマがグニョグニョになったんやと思いますわ。で、1人で考えて考えて、今回、頭がおらん時にこんなことした。頭がおったら絶対に無理です。

 でも、今回の件でヨーイドンから謀議しとったんは、井上さん、正木さん、池田さん(孝志・池田組組長)の3人やろう。寺岡さんは舎弟になってからこの3人に加わり、そこへ入江さんも入って行った。

 異変の兆候はあったんです。舎弟さんにも総本部の当番があるんです、水曜日に。当番といっても、2階の応接間でテレビ見てタバコ吸うとるだけですけどね。最初はそれぞれ1人で来とったんですが、池田さんが来る時に正木さんが来る、正木さんが来る時に寺岡さんが来る……。入江さんや井上さんがそこに顔を出すこともあった。で、みんなでチンチンになって(熱くなって)たんですわ。

 そうやってずっと燻っとったわけやけど、まず8月12日、山健と別の組が20団体ほど連れて出るという怪文書が回っとるいう情報が流れた。この時は一旦、ガセネタと判断したんやけど、21日にはもっとはっきり名前が分かってきた。で、26日に“27日に緊急執行部会をやる”と言うたら、井上さんと入江さんが、行きませんと伝えてきたんや。そんなことがあって、27日に向こうは慌てて盃しよったんですわ」

■金銭に関する資料?

「出て行ったモンは確かに悪い。でも、彼らを追い詰めたことは我々も考えて反省しなければならない。

 しかし、出て行った彼らは、今の山口組は弘道会支配で人事も何もかも決めてる言いますけど、あの人らが出る前までの執行部の顔ぶれを見ると、圧倒的に山健組、宅見組出身が多いですよ。彼らは思い込んでしまいよったんです。司の親分、高山の頭、竹内さん(照明・弘道会会長)、このラインで決まってもうてる、と。もう決まっとるなら、応援することもないやろ、と。山健組に非ずんば山口組に非ず、と言われた時代があって、山健の枝の葉っぱの先の毛虫みたいなヤツまでエラそうにしとった。で、今度は自分らの思い通りにならんから言うて出て行ったら、そらあきませんわね。

 でも、そもそも竹内さんが八代目になる、なんてことが今から言われることがおかしい。山口組の組長は生涯現役で、基本的には終生親分であり続ける。まだ親分がおるのに次の話をすること自体がありえへんわけやけど、本来は長男である頭が次を取る。高山の頭は、竹内さんにとっては親分やから、その人を七代目に推すのは当たり前」

 9月5日に行われた神戸山口組の発会式に際しては、“サプライズ”が1つあった。住吉会幸平一家の加藤英幸総長が姿を現し、“発会式の見届け人を務めた”と見られているのだ。

「加藤さんの件については、我々はこう聞いています。以前、加藤さんが体調を崩している時に井上さんがお見舞いに行ったことがあった。加藤さんが、その返礼に伺いたいが、いつがいいか、と聞いたら、井上さんに9月5日に来てください、と言われて行った、と。

 主に出て行った側がワーッと情報を流すから、情報が錯綜しているように見えるかもしれませんが、錯綜しているんじゃなくて踊らされているだけです。例えば、出て行った側に山口組の会計に携わっとった人間がおって、資料をいろいろと持ち出していて、当局がそれをもとに脱税などで捜査を始める、といった話が流れとります。あんまり追い込むと資料もってチンコロ(密告)するぞ、という我々に対するプレッシャーなのかもしれませんが、そもそも、金銭に関して詳細に記した資料自体が山口組には存在しませんよ。あの人らが持ち出した言うたら、事始めとかの儀式に使う金の盃と金の茶瓶を勝手に持って行きよりましたわ。

 彼らは自分らを正当化するためにチラシ撒いてみたり、滅茶苦茶なことが書かれた文書を出してみたりしとるようやが、それを見て日本中のヤクザがバカにすんなと思ったはずですわ。盃がまだあるのに、親分の悪口雑言を並べ立てるなんてとんでもない、と」

■トロイの木馬

「我々は、出て行った側の人数を1000人弱と計算しています。山健組が600人、宅見組が300人、あとは数人から数十人の組やからね。で、向こうが似非山口組を立ち上げてから2週間ちょっとですが、山健組から150人、他団体から50人がすでにこちらに戻ってきています。自分とこの親分がやっとるのは大義のないことや、こんなもん逆縁や、あるまじき行為や、ということで続々と戻ってきとるわけです。戻ってきた中に向こうのスパイがおって、トロイの木馬みたいなことになったら困りますから、きっちり身元を調べた上で戻す。戻ってきた者は、山口組のいろんな組織に振り分ける。近々、戻ってきた者がどこの組織と縁組した、ということが分かる書状を回す予定になってます。当初は櫛の歯が抜けるようにこちらに戻ってきとったが、今では入れ歯がポンて取れるような感じやで。

 そんな今の状況も彼らにとっては誤算なんやろうけど、彼らは元から計算を間違うとった。七十数人おった直系組長のうち、40人ほどが行動を共にし、全体の人数も数千人になると思うとったんでしょう。でも、フタを開けてみれば直参はたった13人で、全部で1000人弱。今ではそこからさらに減って、全体で800人もいない。

 今後、向こうの組織を出る者はますます増えていって、勝手に自然消滅しよると思いますよ。今、井上さんは山健組の組長と、新しく作った組織の組長を兼任しとる。井上さんは山健組の四代目組長やから、五代目を誰かに譲って、自分は新しい組織のトップに専念すべきですやん。なんでそれをすぐにせえへんのか分かります? それをしたらワーッと人が出て行ってしまうからです。井上さんが、山健のトップから、今度新しく作った組織のトップになる時、元々あった子分たちとの盃は水に流すことになる。で、新たな組織のトップとして盃をせなアカンのですが、その盃を受けずにこっちに戻ってくる者がようけ出てくることになるんですわ。

 盃直しをきちんとやっとらんから、あの組織は妙なことになっとる。新しい組織の若頭になった寺岡さんは、山健組の若頭と同格になる。一般の人には分かりにくいかもしれませんが、これはこの世界ではすごくおかしなことなんですわ。山健組の若頭いうたら、山口組の三次団体の組長です。山口組の執行部メンバーまでやった寺岡さんと、三次団体の組長が同格とは、誰が見てもおかしいでしょ。このままずっと同じ状態で行くわけにはいかんが、盃を直すと人が出て行ってしまうからできへんわけです。

 あと、向こうの組織にとって頭が痛い問題は他にもある。抗争事件でジギリを掛けて(組織のために身命を賭けて)、まだ刑務所から帰ってきていない者がおるんです。彼らは山口組のために自分の体を賭けた。それやのに似非山口組に迎えられたら、帰ってきた人間、どない思います?

 最後に、世間一般の方々には、今回の件でお騒がせして申し訳ありません、と謝罪させていただきたい。こういうことになった原因がどこにあるのかを検証し、今後は世間に迷惑をかけることのないようにしていきたい、と考えております」


$暴力団追放マニュアル-反社会的勢力





暴力団とは、組織された構成員達が暴力、脅迫、強要、強盗、テロ、詐欺などの不当、不法行為を用いて、他人の金品、財産を奪ったり、利益の供与を強いるなど、私的(組織的)な目的を達成しようと、日本を中心に活動する“反社会的で犯罪を助長する集団”として、各地方公安委員会に暴力団と指定された団体である。





※極道用語の基礎知識


クリック【あ行】
クリック【か行】
クリック【さ行】
クリック【た行】
クリック【な行】
クリック【は行】
クリック【ま行】
クリック【や行】
クリック【わ行】














いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
神戸山口組が暴力団対策法の規制対象となる指定暴力団に確定

 指定暴力団山口組から分裂した「神戸山口組」について、兵庫県公安委員会は15日、暴力団対策法の規制対象となる指定暴力団としました。

 新たに暴力団の指定を受けた神戸山口組は、拠点を兵庫県淡路市に起き山健組の井上邦雄組長を代表者としていることが官報に記されています。

 兵庫県警によりますと、神戸山口組は構成員合わせて約2700人と、山口組や住吉会、稲川会に次ぐ勢力で、全国で22団体目の指定暴力団となります。

 暴力団指定の効力は3年間で、神戸山口組が市民に対しみかじめ料などの不当な要求をした際に、公安委員会などによって中止命令が出せるようになるほか、指定暴力団同士の対立抗争が起きた際には事務所の使用を制限することなどができるということです。

$暴力団追放マニュアル-反社会的勢力





暴力団とは、組織された構成員達が暴力、脅迫、強要、強盗、テロ、詐欺などの不当、不法行為を用いて、他人の金品、財産を奪ったり、利益の供与を強いるなど、私的(組織的)な目的を達成しようと、日本を中心に活動する“反社会的で犯罪を助長する集団”として、各地方公安委員会に暴力団と指定された団体である。





※極道用語の基礎知識


クリック【あ行】
クリック【か行】
クリック【さ行】
クリック【た行】
クリック【な行】
クリック【は行】
クリック【ま行】
クリック【や行】
クリック【わ行】














いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
 野球賭博、裏カジノ、裏スロ…。スポーツ界で相次いで発覚した賭博問題。裏ギャンブルとは何なのか。どんな人が運営し、どんな人が客になっているのか。そして、スポーツ選手が客になった時のリスクとは。日本でのカジノ合法化に向け、活動を続ける国際カジノ研究所の木曽崇所長(39)に聞いた。

 バドミントン選手が行っていたのは裏カジノのバカラ賭博だった。裏の賭博には、どんなものがあるのか。木曽氏によると、「摘発例から言えば、裏カジノではバカラが中心でブラックジャックやルーレットなどもある。スロットマシンなどを使った裏スロもある。ネットカフェを装ったオンラインカジノ利用店の摘発も急増している」と話す。

 誰が運営しているのか。警察庁は年間70~100件の違法賭博店を摘発している。木曽氏は「摘発された店の50%が反社会的勢力で、残りの50%もみかじめ料を取られ、結局は反社勢力の資金源と言われている」と指摘する。バドミントン選手が通っていた店が警視庁に昨年摘発された時にも暴力団組長が逮捕された。

 客はどんな人なのか。スポーツ界の賭博問題が注目されてはいるが、木曽氏は「中心は一般の人。『スポーツ選手は社会常識がないから』などと簡単に片付けられる話ではない」と指摘する。始めるきっかけは「客引き経由か、常連客の同伴が主流。日本のスポーツ界ではタニマチに連れていかれるケースがある。選手の面倒を見るお金持ちの支援者の中には筋の悪い人もいて選手は断りにくい」。

 特にスポーツ選手が反社勢力の運営する賭博に取り込まれていけば、八百長の問題が出てくる。木曽氏によると、スポーツの勝敗などに賭けるブックメーカーのサイトは「日本から賭ければ、当然違法ですが、この3年で日本語版が増えている」という。「世界中のありとあらゆる競技が賭けの対象。今回のバドミントン選手が帰国直前まで参加していた大会も、賭けの対象になっていた」。

 賭博店の経営側は、国内の賭博で遊ばせて選手の弱みを握り、脅し、大きな賭け金が動く国際大会で八百長を持ち掛ける。発覚すれば、選手生命は危うくなる。選手にとって、良いことは何もない。

 どうすればいいのか。木曽氏は「選手個人を責めても始まらない。スポーツ界で言えばOB、タニマチを含め、業界体質を本気で変えていくしかない」と話した。【清水優】

 ◆角界を舞台にした野球賭博事件 10年5月、週刊誌報道で大関琴光喜(当時)が野球賭博に関与し、口止め料を要求されていることが発覚。同年6月、日本相撲協会は力士ら29人が野球賭博をしていたと発表。警視庁は大関への恐喝容疑で元力士を逮捕。同年7月、日本相撲協会が琴光喜を解雇した。山口組系組員も逮捕された。11年3月、警視庁は大関や親方ら26人を賭博容疑で、胴元のトレーナーを賭博開帳図利容疑で書類送検。東京地検は同月、賭博容疑の26人を嫌疑不十分で不起訴とした。

 ◆球界の野球賭博問題 昨年10月、巨人の福田聡志(32)笠原将生(25)松本竜也(22)の野球賭博問題が発覚。同11月に3選手は無期失格処分を受け、巨人との契約を解除された。今年3月には巨人の高木京介投手(26)の関与が新たに判明。1年間の失格処分を受け、契約を解除された。警視庁は4人に任意で聴取している。

 ◆バドミントン選手の違法カジノ問題 リオ五輪代表入りが有力視されていた桃田賢斗選手(21)と、2012年ロンドン五輪代表の田児賢一選手(26=ともにNTT東日本)が墨田区内の違法カジノで賭博を行っていたことが7日発覚。NTT東日本は8日に会見し、OB、現役の選手6人も賭博を行っていたと明かした。日本バドミントン協会は10日、桃田の日本代表指定を解除し、無期限出場停止、田児を無期限資格停止処分とした。NTT東日本は桃田を30日の出勤停止、田児を解雇した。



$暴力団追放マニュアル-反社会的勢力





暴力団とは、組織された構成員達が暴力、脅迫、強要、強盗、テロ、詐欺などの不当、不法行為を用いて、他人の金品、財産を奪ったり、利益の供与を強いるなど、私的(組織的)な目的を達成しようと、日本を中心に活動する“反社会的で犯罪を助長する集団”として、各地方公安委員会に暴力団と指定された団体である。





※極道用語の基礎知識


クリック【あ行】
クリック【か行】
クリック【さ行】
クリック【た行】
クリック【な行】
クリック【は行】
クリック【ま行】
クリック【や行】
クリック【わ行】














いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。