これ以上何を失えば 心は許されるの
どれ程の痛みならば もういちど君に会える
One more time 季節よ うつろわないで
One more time  ふざけあった 時間よ

くいちがう時はいつも 僕が先に折れたね
わがままな性格が なおさら愛しくさせた
One more chance 記憶に足を取られて
One more chance 次の場所を選べない

いつでも捜しているよ どっかに君の姿を
向かいのホーム 路地裏の窓
こんなとこにいるはずもないのに
願いはもしも叶うなら 今すぐ君のもとへ
できないことは もう何もない
すべてかけて抱きしめてみせるよ

寂しさ紛らすだけなら 誰でもいいはずなのに
星が落ちそうな夜だから 自分をいつわれない
One more time 季節よ うつろわないで
One more time ふざけあった時間よ

いつでも捜しているよ どっかに君の姿を
交差点でも 夢の中でも
こんなとこにいるはずもないのに
奇跡がもしも起こるなら 今すぐ君に見せたい
新しい朝 これからの僕
言えなかった「好き」という言葉も

夏の想い出がまわる
ふいに消えた鼓動

いつでも捜しているよ どっかに君の姿を
明け方の街 桜木町で
こんなとこに来るはずもないのに
願いがもしも叶うなら 今すぐ君のもとへ
できないことは もう何もない
すべてかけて抱きしめてみせるよ

いつでも捜しているよ どっかに君の破片を
旅先の店 新聞の隅
こんなとこにあるはずもないのに
奇跡がもしも起こるなら 今すぐ君に見せたい
新しい朝 これからの僕
言えなかった「好き」という言葉も

いつでも捜してしまう どっかに君の笑顔を
急行待ちの 踏切あたり
こんなとこにいるはずもないのに
命が繰り返すならば 何度も君のもとへ
欲しいものなど もう何もない
君のほかに大切なものなど

AD
あの頃の僕らが 嘲笑って軽蔑した
恥ずかしい大人に あの時なったんだね

少年くさい君の 誇りが鬱陶しくて
真心をからかったね 愛さえはぐらかして

生まれてこなければ 本当はよかったのに・・・・
あの日 君に投げた 声に復讐されてる

弱虫の偽善者は 僕の方だったよね
そこから笑えばいい 堕落してゆく僕を

あの頃の僕らが 嘲笑って軽蔑した
空っぽの大人に 気づけばなっていたよ

生まれてこなければ 本当はよかったの・・・・?
僕は砂の果実 氷点下の青空

僕のこと誇りにしてるって
つぶやいた声に 泣きたくなる 今でも
この胸が騒ぐ 悲しい懐かしさで
君を想うたびあらかじめ失われた 革命のように
AD

クラシック/Judy and Mary

テーマ:
Baby 今は泣かないで いつものように聞かせて
あの頃 見つけた 真っ白な想いと ざわめきを
Baby 今は抱きしめて 震えちゃうから
昨日よりShyな この想いを 壊さないように

雨はすっかり あがって あの道を
乾かしてく 光だけが 静かに揺れる

何度も重ねたKissは ガラスみたいにもろくって
眠れない恋は 行き場を失くして 漂う宇宙

真綿のような 2人は 夕焼けに
影をつくる 細くなる 小さく泣いてる

今アツイキセキが この胸に吹いたら
時の流れも 水の流れも 止まるから
愛しい人 震える想いを のせて
いつまでも 夢の中にいて

約束をしよう きっと ずっと 忘れないように
Baby クラシックなBlue 涙があふれちゃう

今アツイキセキが この胸に吹いたら
このまま2人 素直なままで いられたのに
愛しい人 震える想いは 今も 生きてるわ
この街の どこかで 強く風が吹いたら
切ない日々も キレイな空の色に 染まる
愛しい人 震える想いを のせて
いつまでも 夢の中にいて
AD

ベル/Bump of Chicken

テーマ:
重い荷物を 最終列車に乗せて
揺れながらなぞる 今日この頃
ホームに降りて 気付いたことは
無くした切手と 猫背の僕

話したいことは 山ほどあるけれど
なかなか言葉になっちゃくれないよ
話せたとしても 伝えられるのは
いつでも 本音の少し手前

耳障りな電話のベル
「元気?」ってたずねる君の声

僕のことなんか 一つも知らないくせに
僕のことなんか 明日は 忘れるくせに
そのひとことが 暖かかった
僕のことなんか 知らないくせに

疲れた体を 毛布で隠して
溜め息でなぞる 今日のこと
くしゃみをして 気付いた事は
マンガを買ったことと 読まない僕

話したいことは 山ほどあるけれど
なかなか言葉になっちゃくれないよ
もう寝てしまおう 夢でも見よう
底抜けに明るい奴がいい

目を閉じると思い出す
「元気?」って たずねる 君の声

僕のことなんか 一つも知らないくせに
僕のことなんか 明日は 忘れるくせに
そのひとことが 優しすぎた
優しすぎて 言葉もでなくて

ねぇ
僕のことなんか ひとつもしらないくせに
僕のことなんか 明日は 忘れるくせに
君の声が 暖かかった
僕のことなんか・・・
君のことなんか・・・・

話したいことは 山程あるけれど
話さないと決めた事もある
電話の後で 僕が泣いたことを
いつまでも君は知らずに居る