VIMを使う (3)

テーマ:
VIMを使う (3)

VIMの日本語マニュアルサイト

VIM のマニュアルを日本語に翻訳したサイトがありました。

vimdoc-ja
https://sites.google.com/site/vimdocja/

ここ見ると、前回のブログ(VIMを使う(2))の内容がもっとわかりやすい。
というかマニュアルだから当たり前w

<:help usr_09.txt> <09.3>
https://sites.google.com/site/vimdocja/usr_09-html#09.3

「クリップボード」について
カレントのクリップボード
真のクリップボード
なんて意味わかりませんが、両方使えるみたいですね。
(くり返し使うと、[*]カレントの方は上手く動かないんですが。。)


<:help usr_02.txt> <02.3>
https://sites.google.com/site/vimdocja/usr_02-html#02.3

「hjkl」についての前回のあとがきに書いたことですけど、
「プログラミング言語の"あれ"ではないwwwww」
なんかもっと楽しいんですけどw

それにしても、丁寧にわかりやすく書いてあることに感心した。
言葉遣いも、とってもお上品ですげ~感動。

なんか、わかんない時に良く Yahoo翻訳 とか使うけど、こんなにやさしく丁寧に教えてもらってないなー。
もっと"投げやりな"言葉で、親しみもなく、誤訳も多く、そんな外人さんに聞いてるみたいな。。。

他の man の翻訳されたものも、こんなにやさしい感じは受けなかったですよ。
ああ、Linuxやっててやさしさに飢えているのでしょうか?



VIMのマニュアルを日本語化する

vimdoc-ja 翻訳成果を利用したい人へ
http://code.google.com/p/vimdoc-ja/wiki/HowToUse

ここに書いてあるとおりにやってみました。
(スナップショット vimdoc_ja-snapshot.tar.bz2 をダウンロード)

#. ダウンロードしたヘルプファイルを展開
$ tar xvjf ./vimdoc_ja-snapshot.tar.bz2

#. 展開するとruntimeディレクトリが作成される,
/usr/share/などvimのruntimeディレクトリに上書き。
(現在のVineLinux6.0では vim73 なので vim72 を置換)

中身の確認
$ ls ./runtime/doc
$ ls ./runtime/syntax
$ ls /usr/share/vim/vim73/doc
$ ls /usr/share/vim/vim73/syntax

上書き(コピー)
$ sudo cp ./runtime/doc/* /usr/share/vim/vim73/doc/
$ sudo cp ./runtime/syntax/help_ja.vim /usr/share/vim/vim73/syntax/


#. Vimを起動し,以下のコマンドを入力
$ sudo vim

コマンド入力
:helptags /usr/share/vim/vim73/doc

<----- ここでもう日本語のマニュアルが見れるようになっている ----->

## helpの日本語表示 優先順位をあげる
$ vim ~/.vimrc

追記する
set helplang=ja,en

## 英語ヘルプを読むとき

そのページだけ英語の時
:help @en
:help hoge@en

しばらくずっと英語にしたい時
:set helplang=en,ja

[tab]を何回か押すと簡単に切り替えれるけど


あとがき

なんか異次元。
VIMってとっても使われる予感。
マニュアル整備するだけで、もうすごい使いやすいと思ってしまいました。
VIMに目覚めて良かった。

AD

VIMを使う (2)

テーマ:
VIMを使う (2)

VIMからコピーして他のアプリケーションにペーストするには?

vim、gvim まとめて VIM と言います。
他のアプリケーションにコピーするには、VIM からクリップボードへコピーする必要がある。

===== コピー開始 =====
コピーしたい文章のはじめにカーソルを置いて、

[ v ] とコマンドする。
  ( --ビジュアル-- (--VISUAL--) モードになる。)

コピーしたい文章の終わりにカーソルを移動して、
  (コピーしたい文章が反転している状態)

[ "+y ] とコマンドする。
===== コピー完了 =====


クリップボードへコピーが出来たら、通常どおりにペースト( Ctrl+v )出来る。
マウスの右クリックから「貼り付け」でも良い。

===== ペースト =====
[ Ctrl + v ] でペースト出来る。
===== ペースト =====



他のアプリケーションから、VIMにペーストするには?

クリップボードに入ったものを VIM にペーストするコマンドを使う。

===== ペースト開始 =====
ペーストしたい所にカーソルを置いて、

[ "+P ] とコマンドする。(カーソルの前に挿入)

[ "+p ] とコマンドする。(カーソルの後ろに挿入)

マウスの右クリックから「貼り付け」を選ぶ。
===== ペースト完了 =====


[:help usr_09.txt] するとマニュアルが見れます。



あとがき

VIM からのコピー&ペーストはマウスを使うと簡単だけど、知っていると何かの役に立つかな~と。
vi (TTY) で行数を表示(:set number)してマウスでコピーする時に、行数まで反転されてコピーされてしまうので、今まで[:set nonumber]してからやってたりしてた。
(gvimでは問題ないけど。)
ビジュアルモードから今回のようにコピーすれば、行数も反転されずにコピー出来ることがわかったし、マニュアル(説明書)は読まないとダメだな~と。

VIM のマニュアルっておもしろいね。
vimtutor には「オマエモナー」とかあったし。授業なんかで使う時にあると楽しいよね。
:help usr_02.txt には、こんな文もあった。

<:help usr_02.txt>
*usr_02.txt*    For Vim version 7.3.  Last change: 2010 Jul 20

VIM USER MANUAL - by Bram Moolenaar

The first steps in Vim


This chapter provides just enough information to edit a file with Vim. Not
well or fast, but you can edit. Take some time to practice with these
commands, they form the base for what follows.

|02.1| Running Vim for the First Time
|02.2| Inserting text
|02.3| Moving around
|02.4| Deleting characters
|02.5| Undo and Redo
|02.6| Other editing commands
|02.7| Getting out
|02.8| Finding help

<----- 前後省略 ----->

One way to remember these commands is that h is on the left, l is on the
right and j points down. In a picture: >

k
h l
j

The best way to learn these commands is by using them. Use the "i" command to
insert some more lines of text. Then use the hjkl keys to move around and
insert a word somewhere. Don't forget to press <Esc> to go back to Normal
mode. The |vimtutor| is also a nice way to learn by doing.

For Japanese users, Hiroshi Iwatani suggested using this:

Komsomolsk
^
|
Huan Ho <--- ---> Los Angeles
(Yellow river) |
v
Java (the island, not the programming language)

============================================================================
<----- 以下省略 ----->

日本から見た方向?で言っているのかな??

AD

VIMを使う (1)

テーマ:
VIMを使う (1)

最近 VIM を使ってます。
今まで簡単な設定ファイルなどは vim (vi) 使ってたけど、ブログの記事や何かは gedit 、bluefish などで書いてました。
VineLinux6.0になって、またこのブログも続きそうな気配なので、今回からは vim 、gvim を使って書いていこうと思います。
ちゃんと使えるようになりたいです。

ネタも少ないのでシリーズで続けてみる。


vimtutor ではじめる

vim (vi) の使い方はいろんなところで書かれてるので、その度にどっかで調べて使ってました。まずこれがイカンと思い、ちゃんとした使い方(基本)を学ぶことに。

vimtutor というコマンドがある。
vim が入っている環境なら一緒にインストールされている。これ知らなかったし。使ったことないし。

$ vimtutor

これはわかりやすい。
30分でいきなり使えるようになるね。
(今まで全然使えてないじゃんw)
正直言うと今まで最低限の操作で使ってたので。

[cw] - 単語の置換
[dw] - 単語の削除
[u] - 前回に戻す
[Ctrl+r] - 戻すを戻す

を知ってから編集効率が上がりました。(恥ずかしい;)


vimtutor の次は?

ここでつまづいた。
:help user-manual」すれば何でも教えてくれそうなんですが。。。その先がw

<:help user-manual>

                  Table Of Contents            *user-manual*

==============================================================================
Overview

Getting Started
|usr_01.txt| About the manuals
|usr_02.txt| The first steps in Vim
|usr_03.txt| Moving around
|usr_04.txt| Making small changes
|usr_05.txt| Set your settings
|usr_06.txt| Using syntax highlighting
|usr_07.txt| Editing more than one file
|usr_08.txt| Splitting windows
|usr_09.txt| Using the GUI
|usr_10.txt| Making big changes
|usr_11.txt| Recovering from a crash
|usr_12.txt| Clever tricks

<----- 以下省略 ----->

この |usr_01.txt| にリンクで飛びたいけどどうやるの?
ってことが、「:help user-manual」= usr_toc.txt に書いてない。

「:help usr_01.txt」とすると |usr_01.txt| が見れます。
そして usr_01.txt に「リンクに飛ぶ方法」が書いてあります。

<:help usr_01.txt>
*usr_01.txt*    For Vim version 7.3.  Last change: 2008 May 07

VIM USER MANUAL - by Bram Moolenaar

About the manuals


This chapter introduces the manuals available with Vim. Read this to know the
conditions under which the commands are explained.


<----- 前後省略 ----->


JUMPING AROUND

The text contains hyperlinks between the two parts, allowing you to quickly
jump between the description of an editing task and a precise explanation of
the commands and options used for it. Use these two commands:

Press CTRL-] to jump to a subject under the cursor.
Press CTRL-O to jump back (repeat to go further back).

Many links are in vertical bars, like this: |bars|. An option name, like
'number', a command in double quotes like ":write" and any other word can also
be used as a link. Try it out: Move the cursor to CTRL-] and press CTRL-]
on it.

<----- 以下省略 ----->


カーソルを |bars| の上のどこかにおいて

" Ctrl + ] " でジャンプ。 "]" は "j" ではなく "["の"]" です。

" Ctrl + o " でジャンプする前に戻る。



あとがき

Ameba BLOG で記事を貼り付けようとすると大変なんですよ。
普通の日本語の文章なら問題ないけど、コマンドなどの様子を書こうとすると。。。
はじめからHTMLで書いてHTML形式で貼り付けた方が、文章がくずれないのはわかるんだけど。
どうにか出来ないかな~って。vim 使ってどうなるのかだけどやってみます。
Bluefish は良かったですよ。

-- さらに --
今回「お試し版」で記事投稿すると、良いですね。
今まで <pre> タグでの表示に問題があったのだけど、「お試し版」はHTMLを変に変更しないので良い!
これなら vim でもOKになった。


AD