wmMemfree

DockApp wmMemFree をインストール

メモリの状態を表示してくれるDockApp。
使用しているノートPCはメモリを128MBしか積んでないので、メモリの状態は常に気になる。
メモリの拡張スロット?がお亡くなりのせいで苦労してます;

探してみるといろいろあるけど、今回は wmMemFree を選んだ。


ダウンロード

dockapps.orghttp://dockapps.org/file.php/id/165 より
wmmemfree-0.7.tar.bz2 をダウンロード。


rpmでインストール

1) tar.bz2 を展開。
2) make
3) checkinstall にてrpm化。
4) rpmでインストール。

$ tar xvjf wmmemfree-0.7.tar.bz2
$ cd wmmemfree-0.7/
$ make
$ checkinstall -R

$ cd ~/rpm/RPMS/i386/
$ su
# rpm -Uvh wmmemfree-0.7-1.i386.rpm

インストール完了。


起動方法など

$ wmmemfree &
とコマンド入力すれば起動する。

$ wmmemfree -h
でヘルプが表示される。

AD
wmWeather_1

DockApp wmWeather をインストール

気温や天候を表示してくれる DockApp。
NOAA - National Weather Service
http://weather.gov/
↑からデータをもらって表示してくれる。


ダウンロード

http://dockapps.org/file.php/id/17
↑より wmWeather-1.31.tar.gz をダウンロード。


rpmでインストール

1) tar.gz を展開。
2) make
3) checkinstall -R で rpmパッケージにする。
4) インストール。

$ tar xvf wmWeather-1.31.tar.gz
$ cd wmWeather-1.31/
$ less INSTALL
$ mv Src/* ./ ←checkinstall のために Src/ 内を移動する。
$ makeclean
$ make
$ checkinstall -R

$ cd ~/rpm/RPMS/i386/
$ su
# rpm -Uvh wmWeather-1.31-1.i386.rpm

インストール完了。
checkinstall パッケージが必要です。
# apt-get install checkinstall
make に失敗する時は XOrg-devel が必要です。
# apt-get install XOrg-devel


使用方法

$ wmWeather -h
とコマンド入力するとヘルプが出る。

$ wmWeather -s [StationID] &

表示したい場所を指定して起動。
場所は[StationID]です。
http://www.nws.noaa.gov/tg/siteloc.shtml
↑このサイトのページ、下の方 Display All Stations In a Country で Japan を選択して日本国内の情報画面に進む。

地名(5桁数字, StationID) となっています。
例) Sapporo Ab(47479, RJCO)

$ wmWeather -s rjco -m -hPa -mps &
オプション -m をつけて摂氏(℃)表示に。
-hPa ヘクトパスカル。-mps 風速m/秒。
DockAppをダブルクリックすると、情報が出ます。

wmWeather_2

AD
wmCalClockKbd

DockApp wmCalClockKbd をインストール

DockApp でデジタル時計が欲しい。
wmCalClockKbd というのがありました。


ダウンロード

http://dockapps.org/
↓ここの wmCalClockKbd のページより
http://dockapps.org/file.php/id/214

wmCalClockKbd-0.1a.tar.gz をダウンロード。


rpmでインストール

$ rpm -tb wmCalClockKbd-0.1a.tar.gz
$ cd ~/rpm/RPMS/i386/
$ su
# rpm -Uvh wmCalClockKbd-0.1a-1.i386.rpm
インストール完了。

エラー出る、 make が通らない時は XOrg-devel が必要。
# apt-get install XOrg-devel


使用方法

$ wmCalClockKbd &
で起動する。

$ wmCalClockKbd -h
とコマンド入力すればヘルプが出る。

$ wmCalClockKbd -tc white -24 -S -b 100 &
これは自分のメモ。

AD

WMFishTime をインストール


DockApp の WMFishTime をインストール。

ダウンロード


本家サイト
http://www.ne.jp/asahi/linux/timecop/

↑より wmfishtime-1.24.tar.gz をダウンロード。


rpmビルド&インストール


$ tar xvzf wmfishtime-1.24.tar.gz
$ cd wmfishtime-1.24/
$ less README
$ less INSTALL

$ make
$ checkinstall -R

$ cd ~/rpm/RPMS/i386/
$ su
# rpm -Uvh wmfishtime-1.24-1.i386.rpm


-------------------------------------------
*checkinstall が必要です。
# apt-get install checkinstall でインストールできます。

checkinstall の使い方などはこちら


起動方法


$ wmfishtime &

↑WindowMakerなどのDockApp対応WMの場合はこれで起動できます。


$ wmfishtime -b &

↑うまく起動できない場合はこちらを試す。

BubbleMon をインストール


DockApp の BubbleMon をインストールした。

BubbleMon


本家サイト
http://www.ne.jp/asahi/linux/timecop/

DockApp です。
memory load が水位。CPU稼働が泡(Bubble)として表現されています。
アヒルちゃんはなごみます。


ダウンロード


本家サイトより bubblemon-dockapp-1.46.tar.gz をダウンロード。

rpmリビルド


$ tar xvzf bubblemon-dockapp-1.46.tar.gz
$ cd bubblemon-dockapp-1.46/
$ ls
$ less README
$ less INSTALL

$ make
$ checkinstall -R


インストール


$ cd /home/**hoge**/rpm/RPMS/i386/
$ su
# rpm -Uvh bubblemon-dockapp-1.46-1.i386.rpm


起動方法


$ bubblemon &

↑とコマンド入力。
マウスをDockApp上に置くと画面が切り替わります。

その他オプションなどは↓。

ヘルプ


$ bubblemon -h

------------------------------------------------
BubbleMon version 1.41, features: DUCK CPU MEMSCREEN
Usage: bubblemon [switches] [program_1] [program_2]

Disable compiled-in features
-d disable swimming duck
-c disable CPU meter
-m disable memory screen

General options
-p use alternative color scheme in memory info screen
-k display memory and swap statistics in megabytes
-h display this help

wmxmms


XMMS を DockApp として起動するには

$ wmxmms &

これで DockApp 上でダブルクリックすれば xmms が起動する。

メインウインドウを表示・非表示するには→ 右クリック。
プレイリストを表示・非表示するには→ 中央クリック。
ボリュームコントロール→ スクロール。



$ wmxmms --help
----------------------------------
使い方: wmxmms [オプション]

オプション:
--------

-h, --help この文を表示して終了。
-g, --geometry 位置の指定(例 +20+20)
-s, --session xmmsのセッションを指定(デフォルト: 0)
-c, --command xmmsを起動するコマンドを指定(デフォルト: xmms)
-i, --icon xmmsが起動していない時のアイコンを指定。
-n, --single xmmsを起動するのにシングルクリックで起動。
-t, --title マウスが窓の中にある時にタイトルを表示。
-v, --version バージョンを表示して終了。

-----------------------------------

マウスをDockApp上にもっていくとタイトルを表示させたい時は

$ wmxmms -t &

DockApp WMsmixer


WMsmixer (volume control, mixer)
http://dockapps.org/file.php/id/63

いろんなボリュームをコントロールできるApp。



インストール



checkinstall を使い rpmパッケージでインストールする。
(VineLinux3.1では # apt-get install checkinstall で入手してから)

1) wmsmixer-0.5.1.tar.gz をダウンロード
2) tarを展開
3) ディレクトリに移動
4) READMEを読む
5) READMEにそって make まで実行
6) checkinstall にて rpmパッケージを作成
7) rpmパッケージをインストール


$ tar xvzf wmsmixer-0.5.1.tar.gz
$ cd wmsmixer-0.5.1/
$ ls
$ less README
$ xmkmf
$ make
$ checkinstall -R
$ cd /home/**hoge**/rpm/RPMS/i386/
$ ls
$ su
# rpm -Uvh wmsmixer-0.5.1-1.i386.rpm
# exit


--- checkinstall 途中 ---
The package documentation directory ./doc-pak does not exist.
Should I create a default set of package docs? [y]: ←[ENTER]

パッケージの description 情報を書いてください
End your description with an empty line or EOF.
>> ←[ENTER]

変更を行う場合、項目を番号で選んで Enter キーを押してください 。行わないならこのまま Enter でかまいません: ←[ENTER]

cat: /var/tmp/dePGLiEcHdEepClKhiWE/libdirs: そのようなファイルやディレクトリはありません

**************************************
**** RPM package creation selected ***
**************************************

${HOME}/rpm has no SOURCES directory. Please write the path to
the RPM source directory tree: /home/**hoge**/rpm/

ログファイルを見ますか? [y]: ←[ENTER]or[n]


==============================

WMsmixer を使う



$ wmsmixer &

DockAppとして使うには

$ wmsmixer -w &

DockApp上でマウスホイール(↑↓)するとボリュームを調節できる。
以下ヘルプ

$ wmsmixer --help
usage:

wmsmixer [options]

options:

-h | --help display this help screen
-v | --version display the version
-w use WithdrawnState (for WindowMaker)
-s shaped window
-a use smaller window (for AfterStep Wharf)
-l led_color use the specified color for led display
-b back_color use the specified color for backgrounds
-d mix_device use specified device (rather than /dev/mixer)
-position position set window position (see X manual pages)
-display display select target display (see X manual pages)

------------------------------------
以上

前回の wmsm と並べて起動しても良い感じ。

DockApp wmsm.app


wmsm.app (CPU,MEM,SWP,I/O,UPTIME)
http://www.unetz.com/schaepe/DOCKAPPS/dockapps.html



fluxbox と DockApp


最近WMを fluxbox に変えた。

fluxbox を使用していると gkrellm より DockApp の方がカッコ良く思えるのは厨なのか?;
http://www.bensinclair.com/dockapp/
↑よりgkrellmに代用できるようなDockAppを探す。



インストール



1) wmsm.app-0.2.0.tar.bz2 をダウンロード。
2) tarを展開。
3) 展開してできたディレクトリに移動。
4) INSTALL を読む。
5) INSTALL に書いてある通り実行する。(* makeまで)
6) checkinstall にて rpmパッケージを作成する。
7) rpmパッケージをインストール。


$ tar xvzf wmsm.app-0.2.0.tar.bz2
$ cd wmsm.app-0.2.0/
$ less INSTALL
$ cd wmsm/
$ make
$ checkinstall -R
$ cd /home/**hoge**/rpm/RPMS/
$ ls
$ su
# rpm -Uvh wmsm-200*****-1.i386.rpm
# exit


~~~~~checkinstall 途中課程~~~~~
The package documentation directory ./doc-pak does not exist.
Should I create a default set of package docs? [y]: ←そのまま[ENTER]

変更を行う場合、項目を番号で選んで Enter キーを押してください 。行わないならこのまま Enter でかまいません: ←そのまま[ENTER]

.........
......
...

cat: /var/tmp/UdWnLTOkoPDhlPIqWAQL/libdirs: そのようなファイルやディレクトリはありません

**************************************
**** RPM package creation selected ***
**************************************

${HOME}/rpm has no SOURCES directory. Please write the path to
the RPM source directory tree: /home/***/rpm/ ←入力

↑どこに rpm/ があるのか? 絶対パスで指定する。
/home/**hoge**/rpm/
/root/rpm/ など
(# root で作業することはあまり推奨されない。)


======================================

checkinstall



VineLinux3.1 では apt-get でインストールできます。

# apt-get install checkinstall

使い方は
http://herr0s.hp.infoseek.co.jp/checkinstall.html

rpmパッケージ作成には [-R] オプションを使用する。

$ checkinstall -R



wmsm.app の使い方



$ wmsm &

$ wmsm --help

wmsm: invalid option -- -
wmsm-0.2.0 WindowMaker System Monitor
-t <num> scale type num={1,2,3,4}
-m mem correction
-h this

スケールタイプ(scale type)を選ぶことができます。

$ wmsm -t 1 &
$ wmsm -t 2 &
$ wmsm -t 3 &
$ wmsm -t 4 &

個人的には -t 3 が良い感じ。

------------------------------------
以上