VineLinux6.0でJNetHack(X11)をビルドしてみた

It's Automatic !-jnethack-rip

JNetHackがやりたくなった。
Google さんで検索してみると、最近のVineでは見つけられなかった。
動かなくても良いからやってみようでやってみて、EUC-JPなんだけどX11環境ではUTF-8のままで文字化けなしで動いちゃったので備忘録。


ソースとパッチのダウンロード

本家サイトより nethack-343-src.tgz
http://www.nethack.org/

JNetHackプロジェクトより jnethack-3.4.3-0.10.diff.gz
http://jnethack.sourceforge.jp/

$ tar xvzf nethack-343-src.tgz
$ cd nethack-3.4.3/
$ zcat ../jnethack-3.4.3-0.10.diff.gz | patch -p1
$ sh sys/unix/setup.sh


パッチを当てて sys/unix/setup.sh した後、sys/unix/README.linux に書いてある通りに各ファイルを編集します。

$ gedit sys/unix/README.linux &

---------------
include/config.h
---------------
#define X11_GRAPHICS
#define USE_XPM
#define XI18N
#define COMPRESS "/usr/bin/gzip"
#define COMPRESS_EXTENSION ".gz"
#define DLB
#define AUTOPICKUP_EXCEPTIONS
---------------

---------------
include/unixconf.h
---------------
#define SYSV
#define LINUX
#define TERMINFO
#define TIMED_DELAY
---------------

---------------
src/Makefile
---------------
CC = gcc
CFLAGS = -O2 -fomit-frame-pointer -I../include
LFLAGS = -L/usr/X11R6/lib
WINSRC = $(WINTTYSRC) $(WINX11SRC)
WINOBJ = $(WINTTYOBJ) $(WINX11OBJ)
WINTTYLIB = -lncurses
WINX11LIB = -lXaw -lXmu -lXext -lXt -lXpm -lX11
WINLIB = $(WINTTYLIB) $(WINX11LIB)
---------------

---------------
util/Makefile
---------------
CC = gcc
CFLAGS = -O2 -fomit-frame-pointer -I../include
LFLAGS = -L/usr/X11R6/lib
YACC = bison -y
LEX = flex -8
---------------

---------------
Makefile
---------------
PREFIX = /usr/local
GAME = jnethack
GAMEUID = games
GAMEGRP = games
GAMEPERM = 02755
FILEPERM = 0664
EXEPERM = 0755
DIRPERM = 0775
VARDATND = x11tiles NetHack.ad pet_mark.xbm rip.xpm

ビックリマーク赤文字を追加してコメントアウトビックリマーク
dofiles-dlb: check-dlb
( cd win/X11 ; cp JNetHack.ad $(GAMEDIR)/JNetHack.ad ; cp nethack.rc $(GAMEDIR)/nethack.rc )
( bdftopcf win/X11/nh10.bdf > $(GAMEDIR)/nh10.pcf ; mkfontdir $(GAMEDIR))

dofiles-nodlb:
( cd win/X11 ; cp JNetHack.ad $(GAMEDIR)/JNetHack.ad ; cp nethack.rc $(GAMEDIR)/nethack.rc )
( bdftopcf win/X11/nh10.bdf > $(GAMEDIR)/nh10.pcf ; mkfontdir $(GAMEDIR))
---------------


編集が終わったら make します。

$ make all
$ sudo checkinstall -R
-------------------------------------
このパッケージは以下の内容で構成されます:

1 - Summary: [ JNetHack - NetHack [日本語版] ]
2 - Name: [ jnethack ]
3 - Version: [ 3.4.3 ]
4 - Release: [ 1 ]
5 - License: [ GPL ]
6 - Group: [ Applications/Games ]
7 - Architecture: [ i686 ]
8 - Source location: [ nethack-3.4.3 ]
9 - Alternate source location: [ ]
10 - Requires: [ ]
11 - Provides: [ nethack ]

変更するものの番号を入力してください。Enterで続行します:
(番号を選んで編集するとこんな感じ?)
-------------------------------------


一応、出来たrpmファイルを保管します。

$ cd ~/rpm/RPMS/i686 (or x86_64)
$ ls
$ mv jnethack-3.4.3-1.i686.rpm ~/Soko/


/usr/local/bin にシンボリックリンクを作る。

$ cd /usr/local/bin
$ sudo ln -s /usr/local/games/jnethack ./

これでインストールは完了です。


JNetHackで遊ぶ

$ jnethack

これでX11版のJNetHackで遊べます。
ホームディレクトリに .jnethackrc ファイルを作ってオプションを設定することで、TTY版で遊べたり好みの設定が出来ます。


ビックリマークゲーム中に"S"でセーブ出来ない時は?ビックリマーク

$ sudo mkdir /usr/local/games/lib/jnethackdir/save
$ sudo chmod 775 /usr/local/games/lib/jnethackdir/save

(なんか Makefile に設定がありそうなんだけどわかんないのでwシラー



.jnethackrc の設定

$ cd   (←ホームディレクトリへ戻る)
$ gedit .jnethackrc &

以下をコピペするなりで。保存。
(日本語でオプションを設定して文字化けさせないためには nkf で EUC-JP に変換する必要があるビックリマーク

---------------------------------------
#
# 漢字コードの設定
#
#OPTIONS=kcode:euc
#OPTIONS=kcode:sjis
#
# キャラクターの設定
#
#OPTIONS=name:yakisoba
#OPTIONS=male
#OPTIONS=female
# 好物の名前
#OPTIONS=fruit:ギョーザ
# 職業の設定
#OPTIONS=role:
#
# ペットの設定
#
#OPTIONS=pettype:cat
#OPTIONS=catname:ロデム
#OPTIONS=pettype:dog
#OPTIONS=dogname:パトラッシュ
# ペットの仔馬は出現するように指定できない
# 出現した時の名前は指定できる
#OPTIONS=horsename:シルフィード
#OPTIONS=pettype:none
OPTIONS=hilite_pet
#
# 操作設定
#
#OPTIONS=!autopickup
OPTIONS=pickup_types:$
OPTIONS=checkpoint
#OPTIONS=confirm
#OPTIONS=disclose
#OPTIONS=fixinv
#OPTIONS=help
#OPTIONS=!ignintr
#OPTIONS=menustyle:tradional
#OPTIONS=menustyle:combination
#OPTIONS=menustyle:partial
#OPTIONS=menustyle:full
#OPTIONS=menu_deselect_all:
#OPTIONS=menu_deselect_page:
#OPTIONS=menu_first_page:
#OPTIONS=menu_invert_all:
#OPTIONS=menu_invert_page:
#OPTIONS=menu_last_page:
#OPTIONS=menu_next_page:
#OPTIONS=menu_previous_page:
#OPTIONS=menu_search:
#OPTIONS=menu_select_all:
#OPTIONS=menu_select_page:
OPTIONS=!number_pad
#OPTIONS=!rest_on_space
#OPTIONS=safe_pet
#OPTIONS=sortpack
#
# 画面表示・音設定
#
#OPTIONS=!BIOS
OPTIONS=color
#OPTIONS=!DECgraphics
#OPTIONS=dungeon:
#OPTIONS=effects:
#OPTIONS=!IBMgraphics
#OPTIONS=legacy
#OPTIONS=!lit_corridor
#OPTIONS=monsters:
#OPTIONS=msghistory:50
#OPTIONS=news
#OPTIONS=!null
#OPTIONS=packorder:
#OPTIONS=preload_tiles
#OPTIONS=!rawio
#OPTIONS=scores:
#OPTIONS=showexp
#OPTIONS=showscore
#OPTIONS=silent
#OPTIONS=standout
#OPTIONS=time
#OPTIONS=tombstone
#OPTIONS=!toptenwin
#OPTIONS=traps:
#OPTIONS=verbose
#OPTIONS=videocolors:
#OPTIONS=windowtype:tty
OPTIONS=windowtype:x11
#OPTIONS=windowtype:gtk
#OPTIONS=windowtype:Gnome
#
---------------------------------------

あとは自分の好きに .jnethackrc を編集する。
(たくさんあるけど必要なものだけ書いてもOK)
参考:恐怖の迷宮への招待(NetHackガイド)


ビックリマーク日本語で設定したら文字化けするので。ビックリマーク

$ nkf -e --overwrite .jnethackrc

nkf で EUC-JP に変換すれば表示できる。


TTY版で遊ぶ

.jnethackrc のオプションを変更
--------------------------------
#OPTIONS=windowtype:x11
OPTIONS=windowtype:tty
--------------------------------

EUC-JPなのでTTY版では文字化けします。
gnome-terminal などで「文字のエンコーディング」をEUC-JPに変更して遊びます。
GNU screen を使うといろんなターミナルで遊ぶことが出来ます。

$ screen
Ctrl+a :encoding eucJP
$ jnethack


エラー解消と X11tile で表示する

何かエラーが出てることに気づく。。。むっ
--------------------------------------
Warning: Cannot convert string "variable" to type FontStruct
Failed to load t32-1024.xpm: XpmOpenFailed
Switching to text-based mode.
--------------------------------------

japanese/Install.lnx を参考に
/usr/local/games/lib/jnethackdir/JNetHack.ad を編集する。

$ cd nethack-3.4.3/
$ gedit japanese/Install.lnx &

$ sudo gedit /usr/local/games/lib/jnethackdir/JNetHack.ad &
------------------------------------
!JNetHack*font: variable
JNetHack*font: fixed

!JNetHack.tile_file: t32-1024.xpm
JNetHack.tile_file: x11tiles

!JNetHack.tile_width: 32
JNetHack.tile_width: 16

!JNetHack.tile_height: 32
JNetHack.tile_height: 16
------------------------------------

X11tile mode 表示を text-base mode 表示に戻したければ、
JNetHack.tile_*** を ! でコメントアウトすれば戻る。



スクリーンショット

It's Automatic !-jnethack-1

It's Automatic !-jnethack-2

It's Automatic !-jnethack-3

It's Automatic !-jnethack-rip

It's Automatic !-jnethack-tty-1

It's Automatic !-jnethack-tty-2

It's Automatic !-jnethack-x11-tile

It's Automatic !-jnethack-tty-3

It's Automatic !-jnethack-tty-4

It's Automatic !-jnethack-tty-5

It's Automatic !-jnethack-tty-6


AD
VineLinux6.0をインストールした CF-A1R 。

有線LANは Card-Bus PC-Card でやってたけど無線も欲しいなーと。
無線のカードも持ってたりするけど、USBの無線ドングル?の小さいのが安くなってるからいいなーと。
Amazon.co.jp で物色してると、ツライチというPC-CardでUSBを2口増やせるという。

「おお」これは知らなかった。知って良かった。すぐ欲しい。
で、選んだのがこの3品。

It's Automatic !-PITAT-USB2

玄人志向 Card-Bus PITAT-USB2

It's Automatic !-GW-USNano2-M It's Automatic !-GW-USNano2

PLANEX USB11n/g/b GW-USNano2-M (購入したのは黒のMの方です)

It's Automatic !-UE-200TX

PLANEX USB有線LAN UE-200TX-G2



PLANEX GW-USNano2-M

It's Automatic !-GW-USNano2-M

PLANEX GW-USNano2-M 挿してみると認識しない。。。
ビックリマーク、Wifi 関係何も入れてなかった。あせる

Synapticで「wireless」「wifi」と検索して適当にインストール。
(intel系はいらないと思う)

kernel-module-compat-wireless、
wireless-tools、wireless-tools-devel、compat-wireless、

madwifi、dkms-madwifi、hostapd、
iwlwifi-firmware、python-iwlib、
rt2870-firmware、

一応、再起動して挿してみる。
やっぱりドライバが無いみたいで、無反応。
電源LEDでさえ光らない。
まぁなんとかなる。Google先生に聞いて何とか。。。なる。

$ lsusb
Bus 001 Device 002: ID 2019:ab2a PLANEX

「 2019:ab2a 」Googleで検索したら「 rtl8192cu 」というドライバであることが判明。
「 rtl8192cu 」Googleで検索したらメーカーのサイト(realtek.com/products/ )にLinux用のドライバがあったのでダウンロード。

$ unzip RTL8192CU_linux_v3.0.2164.20110715.zip
$ cd RT8192CU_8188CUS_8188CE-VAU_linux_v3.0.2164.20110715/
$ less readme.txt
$ chmod +x install.sh
$ sudo ./install.sh
$ reboot

再起動後に挿してみる。
あっさり認識した。玄人志向のPITATからも認識した。

いきなりスペックアップした感じ。


PLANEX UE-200TX-G2

It's Automatic !-UE-200TX

PLANEX UE-200TX-G2
これも認識しない。。。

$ lsusb

「 0b95:7720 」Googleで検索したら「 asix AX88XX 」というドライバのようだ。
「 asix 」Googleで検索したらメーカーのサイト(asix.com.tw/ )にLinux用のドライバがあったのでダウンロード。

$ tar xvjf AX88772B_772A_760_772_178_LINUX_Driver_v4.1.0_Source.tar.bz2
$ cd AX88772B_772A_760_772_178_LINUX_Driver_v4.1.0_Source/
$ less readme
$ make
$ sudo make install
$ reboot

再起動後に挿すとあっさり認識。
なんかちゃんとメーカーでドライバ用意してくれてるのは助かるね。音譜
しかもインストーラ付きで楽だ。設定もいじらなくて良い。


感想

CF-A1Rは遅いPCだけど、これでなんとかネットブック並には使えるようになったかな。
もうOSは入れ替えする予定もないし、2年くらい頑張ってもらうつもり。

購入 : CF-Card 16GB、CF-IDE変換、USBメディアリーダ、
    ツライチPC-Card、USB無線LAN、USB有線LAN。
出費 : 約5000円+約5000円=約10000円

Windows98ノートPCがこれで2年使えるなら良いよね?ニコニコ
(+5000円でSSDなら32GBで2倍くらい速いけどね)あせる


AD

LXDEでマウントする

テーマ:
LXDEでマウントする

PcmanFM を使う

It's Automatic !-pcmanfm-ss

LXDEでHDDの別パーティションやUSBフラッシュメモリ、SDカードなどをマウントするには、LXDE標準ファイルマネージャー PcmanFM を使って左側のドライブをクリックするだけでマウントできる。

アンマウントするには、右クリックして「ファイルシステムをアンマウントする」を選べばアンマウントできる。


usbmanager を使う

It's Automatic !-usbmanager-logo

他に何かないかな?とSynapticで「usb」で検索すると usbmanager というものがあるのでこれを試してみた。

$ sudo apt-get install usbmanager

普通に使うとすれば「メニュー」>「システムツール」>「USBManager」

It's Automatic !-usbmanager12


USBManagerをタスクバーに表示させる

It's Automatic !-usbmanager1

これをWindowsのようにタスクバーの時計の横に表示するには、電源のアイコンを右クリックして「”アプリケーション・ランチャー”の設定」を選び設定することでタスクバーに表示され、いつでもそこからUSBデバイスのマウント・アンマウントを行うことができるようになる。

It's Automatic !-usbmanager2

It's Automatic !-usbmanager3

It's Automatic !-usbmanager4

これでWindowsのようにタスクバーに表示される。


USBManagerスクリーンショット

It's Automatic !-usbmanager5

It's Automatic !-usbmanager6

It's Automatic !-usbmanager8

It's Automatic !-usbmanager7

It's Automatic !-usbmanager9

マウント・アンマウントだけでなく、USBデバイスのフォーマットが出来たり、ラベルを編集することが出来るようだが試していない。

マウントボタンの横にフォーマットがあってちょっと怖かったりする。

It's Automatic !-usbmanager7

It's Automatic !-usbmanager10

It's Automatic !-usbmanager11

フォーマット出来るファイルシステムは、ext2、ext3、ext4、fat16、fat32、ntfs、と出てくるみたいだが。。。試していません。


使い勝手

USBManagerはUSBデバイスのみ使用できるようで、SDカードスロットは見えなかった。
HDD内の別パーティションも見えません。
ただWindowsみたいにUSBデバイスをアンマウントしたいために存在するのかなーって。


AD
VineLinux6.0 LXDEで最小インストール
It's Automatic !-lxde_logo  LXDE
Vine6.0はGNOMEを標準で採用しているので、メモリも使うしインストール容量も多くなりがち。出来れば遅いPCには最初からインストールしたくないかなと思いやってみた。

インストール画面での作業
----------------------------
最初の選ぶところで
---------------------------|
ベースシステム(B)
最小構成でインストール
----------------------------
カスタムするところで
---------------------------|
Xウインドウシステム入れる
テキストベースWEB入れる
開発ツール入れる
管理ツール入れる
Vineドキュメント類入れる
基本構成入れる
----------------------------
インストール完了!
----------------------------

その後の作業 (LANケーブルつないでおく)
インストール後に再起動してからは、ログイン画面からログインせずに Ctrl+Alt+F2 でテキストログイン。
(もしログインしても何もできないはず。同じように Ctrl+Alt+F2 でテキストログインする)

$ sudo chkconfig --list
$ sudo chkconfig network on
$ sudo chkconfig --list
$ reboot

もう1回再起動した後に(*またテキストでログイン)
文字化け解消のために export LANG=en_US
そして apt-get にて追加インストール

$ export LANG=en_US (←文字化け解消)
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
$ sudo apt-get install task-lxde
$ sudo apt-get install lxsession-edit
$ sudo apt-get install NetworkManager
$ sudo apt-get install NetworkManager-gnome
$ sudo apt-get install gnome-power-manager
$ sudo apt-get install xfce4-mixer
$ sudo apt-get install alsa-utils
$ reboot

再起動したらユーザーをマウスで選択すると、下にウインドウマネージャを選択するところが表示されるので、「 LXDE 」を選んでログインする。

マウス(タッチパッド)の設定のためにターミナルを立ち上げて以下をコマンド。

$ gnome-control-center &

タスクバーのGNOMEシステムトレイに電源とネットワークを表示させる。

$ lxsession-edit &

音の関係は xfce4-mixer を使うが、これも最初に設定が必要。表示されるものは全てチェックして全てを表示されるように設定する。
(何かマルチメディア・アプリケーションを入れて再生しないと本当の音の設定はできません)

$ xfce4-mixer &

好みの設定ができたらその設定を保存

$ sudo alsactl store

これで今設定したALSAの音量などが /etc/asound.state に保存される。
次回起動時からこの設定ではじまる。

簡単には、firefox で 音の出る flash (youtubeで軽いもの) を再生してみるのが良いかもしれない。

$ sudo apt-get install firefox
$ sudo apt-get install install-assist-flash-plugin

**flashがAdobeからダウンロードされませんでした。むっ
**手動でインストールしました。

firefox を立ち上げて google で「flash」を検索>
Adobeのサイトへ行き右側の
「GET Adobe FLASH PLAYER」をクリック>
ダウンロードするバージョンを選択>
「その他のLinux用rpm」を選択>
今すぐダウンロード>
ダウンロード完了>
自分のホームディレクトリにrpmファイルがあることを確認する。

(デフォルトでは「ダウンロード」というディレクトリを勝手に作ってそこに置かれる?それならファイルマネージャ pcmanfm を起動してホームディレクトリへ移動するなど)
(日本語のディレクトリ作られてもコンソールでどうやって入るの?日本語に対応してるものなら入れるのか。。。むっ

$ cd  (←自分のホームへ戻る)
$ ls  (←確認)

apt-get コマンドでインストールする。

$ sudo apt-get install flash-plugin-**お使いのバージョン**


これで LXDE 仕様の VineLinux6.0 が出来たはず。
グラフィックカードの問題とか音の問題とかあるかもですが。

単純なウィンドウマネージャ evilwm

It's Automatic !-evilwm0

Vine6.0で他に軽いウィンドウマネージャを探すと evilwm  があったので試してみた。
質素得意げグッド!
壁紙がかっこいいので騙されてしまいそうw
conkyを置いてみたらシックリきたのでしばらく使う。

evilwmの使い方


タイル型ウィンドウマネージャなのかと思いきや、ちょっと違う。
基本 Ctrl+Alt+マウス で移動させる。
ワークスペース?(仮想デスクトップ)が横に8個あり、Ctrl+Alt+1~8で移動できる。
ショートカットキーによるランチャーが固定のものと自由に設定できるものがある。

==固定のもの== ショートカットキー
Ctrl+Alt+Enter - xterm
Ctrl+Alt+X - フォーカスされたものを最大化(2回で元に戻る)
Ctrl+Alt+End - evilwmを終了ダイアログ
Alt+Tab - フォーカス切り替え&前面に
(最大化されているものの下に隠れたウィンドウが前に出てくるので結構使える)

==自由に設定できるもの== (拡張ホットキーというらしい)
Ctrl+Alt+Q - ホットキー1 コマンド実行
Ctrl+Alt+W - ホットキー2 Firefox
Ctrl+Alt+E - ホットキー3 Sylfeed
Ctrl+Alt+R - ホットキー4 Roxファイラー
Ctrl+Alt+T - ホットキー5 mlterm

==オートスタート== 起動時自動実行
$HOME/.evilwm/autostart に書いて設定できる。
-------------------
lilyterm &
pcmanfm &
conky &
-------------------
なんて感じで書いてみた。
起動すると2枚ずつ起動される。。。バグ?むっ

ScreenShot

It's Automatic !-evilwm0 素の evilwm & conky

It's Automatic !-evilwm2 Lilytemが良く合う?


It's Automatic !-evilwm1 Firefoxアドオンテーマ黒で


It's Automatic !-evilwm3 mtpaint & 電卓

It's Automatic !-evilwm4 コマンド実行 Ctrl+Alt+Q


It's Automatic !-fvwm_vine1
最近古いPCにVineLinux6.0を入れた(CF-A1RにVineLinux6.0をインストール )ので、軽いウインドウマネージャーでも入れて試してみようと思いFVWM をインストールしてみた。(テスト用&カスタマイズ用として速いPCにw)

FVWMは昔とても好きで、このブログでも頑張って書いてました。
ずっと開発も止まっていて、古臭い感じだけど軽くカスタマイズ次第ではとてもかっこ良くなる素質を秘めていましたw
今年の4月に6年ぶりの安定版がリリースされたことはどこかで読んでいたんだけど、、、使ってみる機会がなかった。

実に良い!

apt-getでインストールするとGDMに登録されてる。ニコニコ
(これ大事なことなんだけど昔は手動だったw)
なんとインストールされたのは fvwm2-2.7.0 ドキドキ
現在2011年8月の本家サイト のLatestは 2.6.2 なんでsnapshot?

右ドラッグショートカットが最高!クラッカー
(マウス右押しながらドラッグするジェスチャー)
(マウスストロークと言うらしいです)
1 2 3
4 5 6
7 8 9
(例:マウス右押しで 3-5-7 とナナメにドラッグすると gnome-terminal が立ち上がる)
(何もないところで数回やると成功するかなって)

Vine5.0でのインストールについて詳しく書いてあったサイトがあったので、こちらのサイト(fvwm )を参考にしながらセットアップしました。
インストール後に ~/.fvwm/ 以下の設定をしなければ「素」のFVWMが立ち上がり、Vine仕様の「Blue-Vine」を見ることができませんので、要理解です。

というか書いておきますあせる

$ cd      (←自分のホームディレクトリへもどる)
$ mkdir .fvwm (←.fvwm/ディレクトリを作る)
$ ls -a     (←.fvwm/が出来たか確認)
$ cp /usr/share/fvwm/Blue-Vine-theme/* .fvwm/
$ cp /usr/share/fvwm/Blue-Vine-theme/.fvwm2rc .fvwm/
$ cp /usr/share/fvwm/Blue-Vine-theme/.fvwm2rc .fvwm/.fvwm2rc.my

$ ls -a .fvwm/* (←コピーされたか確認)

ログインしてみてこんな感じの「Blue-Vine」になれば成功です。

It's Automatic !-fvwm_vine1

その後はルートメニュー(マウスをクリックで表示)にある
0. Fvwm README 閲覧
0. Fvwm manual 閲覧
を見ながらカスタマイズでどんどん使いやすくなると思います。

右ドラッグショートカットいいな~~ラブラブ音譜


CF-A1RにVineLinux6.0をインストール

Panasonic CF-A1R

TYPE - B5 NotePC
TFT - 10.4型XGA TFT
CPU - Celeron 366MHz
HDD - 6GB ATA
RAM - 64MB + 128MB(増設)
USB - USB1.0 x1
LAN - なし

FDD起動-可能
CD起動-不可


問題点

VineLinux6.0をインストールするには、CD、DVD、USBからブートする必要があること。
HDDが古く容量も少ないので換装が必要?
CPU、メモリを考えても軽い環境が構築できるのか?

という問題点があるPCにVineLinux6.0をインストールしてみる。


解決策

HDDはCFへ変更
amazon.co.jp にて、1400円+2600円+1000円くらいを購入
玄人志向 CF→2.5型IDE-HDD互換コネクタ変換ボード
Transcend 16GB CF CARD (133X、 TYPE I )
ELECOM SD+MS+CF+XDカードリーダUSB

CD/DVDブートができないから、HDDを取り出し別のPCでCF+メディアリーダーにインストールする方法で。
インストール完了後、CF+IDE変換で戻す。


さらに続く 問題と解決策

VineLinux6.0のインストーラを普通に起動するとHDDは1個(sda)しか見えず、sdaの中にしかインストールできない。
エキスパートモードで起動すれば、HDDはたくさん見えるようになる。

CF+メディアリーダーを最初からつないでいると何故かうまく行かない。
インストール画面を過ぎてドライブ選択画面までは、CF+メディアリーダーはつながないで作業する必要があった。

CF+メデイアリーダーが sdc などの3番目のHDDに認識されると、ブートローダーGRUBをMBRにインストールできない。
(CD/DVDを使えば2番目になると思う。今回はUSBメモリからやったのでUSBメモリが2番目と見えていた)
(Vinelinux6.0インストーラーではブートローダーGRUBが、sdaまたはsdbにしかインストールできない)
「ブートローダーGRUBをインストールしない」を選びVineLinux6.0のインストールを完了した。

CF+IDE変換でCF-A1R(ノートPC)に戻して起動。
ブートローダGRUBがないのでそのままでは起動しない。

SUPER GRUB2 DISK を使ってVineLinux6.0を起動。
(FDDに書き込んでFDDよりブート)
立ち上がったら、 grub-installコマンド でブートローダーGRUBをMBRに書きこむ。
( grub-install をrootで実行してみてもMBRに書き込めなかったorz)
grub-installコマンドでMBRに書き込めない場合は、手動によるgrubコマンドにより grub> となる grubプロンプト からインストールすることでMBRに書き込む。

MBRにブートローダーGRUBを書き込んでも、/boot/grub/menu.lst を設定してないとGRUBの起動画面は出てこない。
参考:/boot/grub/menu.lstの編集

/boot/grub/menu.lst    root LABEL= swap:/dev/ vga= は個々に合わせて

# menu.lst generated by anaconda
#
# Note that you do not have to rerun grub after making changes to this file
# NOTICE: You have a /boot partition. This means that
# all kernel and initrd paths are relative to /boot/, eg.
# root (hd0,0)
# kernel /vmlinuz-version ro root=/dev/sda1
# initrd /initrd-version.img
#boot=/dev/sda
default=0
timeout=5

title Vine Linux (Current kernel)
root (hd0,0)
kernel /vmlinuz ro root=LABEL=/1 resume=swap:/dev/sda2 vga=0x314 splash=silent quiet
initrd /initrd.img

title Vine Linux (Previous kernel)
root (hd0,0)
kernel /vmlinuz.old ro root=LABEL=/1 resume=swap:/dev/sda2 vga=0x314 splash=silent quiet
initrd /initrd.old.img

title Other
rootnoverify (hd0,2)
chainloader +1


あとがき

無理に古いPCに入れて使おうとしても大変だし、動いても遅くて意味がないかもしれない。

今回で思ったことw

IDE接続のSSDが32Gで8000円くらいだったから、そっちの方が良かったなー。
CD/DVDからインストールならGRUBもすんなり入ってたのかなー。

実は最初、CF+IDE変換でそのままCF-A1Rに戻して、そこでどうやってインストールしようかなって考えてた。
FDDブートからUSBに入ったインストーラを起動できるものがあってそれでどうにかインストールしようとやってたけど上手くいかなかった。
Plop Boot Manager 5.0 → USBメモリ(Vine6.0/DVDイメージ)
インストーラが上手く立ち上がってくれないというか、ドライバを選べみたいなテキストモードになったり、イメージの指定が上手くいかなかったり。CFに3つパーテーション切ってそこに置いたりしてみたけど上手くいかない。
じゃ取り出してインストールして戻すかと。
CFが使えるメディアリーダーを求め電気屋さんへ。←これはamazonから買ってないw
それで今回書いたブログの内容になってインストール完了したわけでした。

VineLinux6.0 良いと思いました。
一時の古臭さもなくなってるしフォントもキレイで使いやすい。
LXDE、ウェブブラウザーMidoriなどで古いPC環境でも使えそう。
SSDなんかの速いHDDならメモリ不足をswapでカバーしていけるのかなー。
self-build- が辛い環境でもあるので、apt- での更新をさせない方向とかいろいろやってみます。