VineLinux4.1にOpenOffice.org2.1をインストール

現在Vineで用意されているOOoのパッケージは2.03(2007/6/10現在)。
本家よりダウンロードしてインストールすると最新のものを使うことが出来る。


OpenOffice.orgをダウンロード

OpenOffice.org日本ユーザ会
http://ja.openoffice.org/
↑上記より最新版をダウンロード


インストール

ダウンロードしたtar.gzファイルを展開する。
$ tar xvzf OOo_2.1.0_LinuxIntel_install_ja.tar.gz
$ ls
OOE680_m6_native_packed-1_ja.9095/

展開された OOE680_m6_native_packed-1_ja.9095/ の
RPMS/ ディレクトリへ移動する。
$ cd OOE680_m6_native_packed-1_ja.9095/
$ ls
RPMS/ licenses/ readmes/
$ cd RPMS/
$ ls
desktop-integration/
openoffice.org-base-2.1.0-6.i586.rpm
openoffice.org-calc-2.1.0-6.i586.rpm
openoffice.org-core01-2.1.0-6.i586.rpm
openoffice.org-core02-2.1.0-6.i586.rpm
openoffice.org-core03-2.1.0-6.i586.rpm
openoffice.org-core03u-2.1.0-6.i586.rpm
openoffice.org-core04-2.1.0-6.i586.rpm
openoffice.org-core04u-2.1.0-6.i586.rpm
openoffice.org-core05-2.1.0-6.i586.rpm
openoffice.org-core05u-2.1.0-6.i586.rpm
openoffice.org-core06-2.1.0-6.i586.rpm
openoffice.org-core07-2.1.0-6.i586.rpm
openoffice.org-core08-2.1.0-6.i586.rpm
openoffice.org-core09-2.1.0-6.i586.rpm
openoffice.org-core10-2.1.0-6.i586.rpm
openoffice.org-draw-2.1.0-6.i586.rpm
openoffice.org-emailmerge-2.1.0-6.i586.rpm
openoffice.org-gnome-integration-2.1.0-6.i586.rpm
openoffice.org-graphicfilter-2.1.0-6.i586.rpm
openoffice.org-impress-2.1.0-6.i586.rpm
openoffice.org-javafilter-2.1.0-6.i586.rpm
openoffice.org-kde-integration-2.1.0-6.i586.rpm
openoffice.org-math-2.1.0-6.i586.rpm
openoffice.org-onlineupdate-2.1.0-6.i586.rpm
openoffice.org-pyuno-2.1.0-6.i586.rpm
openoffice.org-testtool-2.1.0-6.i586.rpm
openoffice.org-writer-2.1.0-6.i586.rpm
openoffice.org-xsltfilter-2.1.0-6.i586.rpm

まず、自分のいらないrpmパッケージを消す。
(私は kde-integration と emailmerge を消した。)
$ rm openoffice.org-kde-integration-2.1.0-6.i586.rpm
$ rm openoffice.org-emailmerge-2.1.0-6.i586.rpm

ルートになって RPMS/ ディレクトリ内のすべてのrpmパッケージをインストールする。
$ su
# apt-get install openoffice.org-* ←"アスタリスク"
(26パッケージがインストールされた)
# exit

desktop-integration/ ディレクトリへ移動する。
$ cd desktop-integration/
$ ls
openoffice.org-debian-menus_2.1-5_all.deb
openoffice.org-freedesktop-menus-2.1-5.noarch.rpm
openoffice.org-mandriva-menus-2.1-5.noarch.rpm
openoffice.org-redhat-menus-2.1-5.noarch.rpm
openoffice.org-suse-menus-2.1-5.noarch.rpm

ルートになって freedesktop-menus パッケージをインストールする。
$ su
# apt-get install openoffice.org-freedesktop-menus-2.1-5.noarch.rpm
# exit

インストール完了!
GNOMEのメニューに表示させるには、再ログインする必要がある。
再ログイン、または、再起動する。


【重要】OpenOffice.orgのバージョンを固定する

せっかく入れた最新バージョンなんだけど、
apt-get upgrade するとVineの古いパッケージに戻されそうになります。

Synaptic でバージョンの固定をする必要があります。
GNOMEのメニューから Synaptic を起動。
デスクトップ → システム管理 → Synaptic パッケージマネージャ

検索ボタンを押して「openoffice」と入力して検索。
↓下の図のように、インストールしたパッケージ(バージョン2.1.0)の
バージョンの固定を行う。(今回は27パッケージ行った)

Synaptic バージョンの固定 570x387
クリックすると拡大
Synaptic バージョンの固定 800x504

パッケージを1つ1つ選択しても良いが、
ShiftやCtrlを使って複数選択して行うことも出来る。


AD