gcdmasterをインストール

gcdmaster_1
VineLinux4.1で audio CD を作成したい。
WEBで検索すると GCDMASTER を発見。


gcdmasterとは


GCDMASTER http://cdrdao.sourceforge.net/gcdmaster/

Gnome CD Master is a GUI frontend for creating audio CDs and burning them using cdrdao.

  • Easy to use graphical interface
  • Multiple project support
  • Playing of Audio CD images
  • Easy dump of CDs to disk
  • CD to CD copy
  • Composition of new Audio CDs from wav files
  • Graphical insertion of Track Marks (to divide live recordings)
  • Easy CD-TEXT modification


インストール

gcdmaster_2
Synaptic で gcdmaster をインストール。
またはコマンドラインからapt-getでインストール。

( extras なパッケージです )
( リポジトリに extras を追加する )
( /etc/apt/sources.list に extras を追加する )

# apt-get install gcdmaster


CD-TEXT が。。。

CD-TEXTを上手く設定出来ないのはヘタレだから?

http://musicpc.fc2web.com/cdtext.htm
↑こちらのページはWindowsのアプリケーションを説明していますが、ほぼ入力項目は似ているので参考に出来る。
でも、LanguageをJapaneseにしてCD-TEXTを設定してみても上手くいかなかった。
私の車のCDチェンジャーがCD-TEXTに対応しているが、英数にしか対応してないのでLanguageはEnglishな方が良かったのかと思っているがトライしていない。。。
誰か詳しいひとコメントでもくださいな。


AD

isoイメージをCD/DVDに焼くには?

VineLinux4.1標準のデスクトップ環境 GNOME でisoイメージを焼く方法は、isoイメージ(.isoファイル)のアイコンを右クリックして「ディスクへ書き込む(W)...」を指定するだけ。

GNOMEでisoイメージを焼く

VineLinuxでCDを焼くために必要なパッケージ

 cdrtools-cdrecord
コマンドライン の CD/DVD 書き込みツール
 nautilus-cd-burner
Nautilus の CD burner 拡張

VineLinuxでDVDを焼くために必要なパッケージ

 cdrtools-cdrecord
コマンドラインの CD/DVD 書き込みツール
 dvd+rw-tools
DVD+RW/+R メディアのマスター作成のためのツール群
 nautilus-cd-burner
Nautilus の CD burner 拡張


AD

Azureus2.5.0.4 をインストールする

BitTorrentを使ってダウンロードするには、BitTorrentクライアントをインストールする必要があります。
Azureusは、Javaで動作するBitTorrentクライアントなので、Windows、MacOSX、Linux、他様々なJavaプラットフォームにて動作します。
VineLinux4.1でAzureusを使用するには、JRE(Java Runtime Environment)がインストールされている必要があります。
前回のブログ「VineLinux4.1 に Javaプラグイン をインストールする」にてJREのインストールを完了させてから、Azureusのインストールを行います。

Azureusのダウンロード

azureusAzureus - Java BitTorrent Client
http://azureus.sourceforge.net/

↑より Azureus_2.5.0.4_linux.tar.bz2 をダウンロード。

Azureusの動作する環境を確認する

JavaのPATHが通っているか確認する。
$ echo $PATH
/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/X11R6/bin:/usr/java/jre1.5.0_11/bin
↑のように /usr/java/jre1.5.0_11/bin が表示されていればOK。

/usr/java/jre1.5.0_11/bin のようにjavaの含まれるものが無い場合、JavaのPATHが通っていません。
(Javaのバージョンにより記述は違います)
JavaのPATHを通すには以下のようにします。

JavaのPATHを通す

Java の bin/ がどこにインストールされているか確認する。
$ find /usr/java/ -name bin
/usr/java/jre1.5.0_11/bin
↑ /usr/java/jre1.5.0_11/bin にインストールされていることが確認された。

.bash_profile に PATH="$PATH:/usr/java/jre1.5.0_11/bin" の記述を追加する。
(確認出来たPATHを指定する)

/home/ユーザ/.bash_profile の設定
# .bash_profile

# Get the aliases and functions
if [ -f ~/.bashrc ]; then
. ~/.bashrc
fi

# User specific environment and startup programs

# addpath $HOME/bin
BASH_ENV=$HOME/.bashrc
USERNAME=""
PATH="$PATH:/usr/java/jre1.5.0_11/bin" #←追加

export USERNAME BASH_ENV PATH LESSOPEN

Azureusのインストール

ユーザーのホームディレクトリに ダウンロードした tar.bz2 を展開する。
$ cd ←自分のホームディレクトリに戻る
$ tar xvjf Azureus_2.5.0.4_linux.tar.bz2 ←tar.bz2を展開
$ rm Azureus_2.5.0.4_linux.tar.bz2 ←tar.bz2の削除
インストール完了。
(インストール後は tar.bz2 は必要ないので削除しています)

Azureusの起動

展開した azureus/ ディレクトリに移動して ./azureus とコマンド入力する。
$ cd 
$ cd azureus/
$ ./azureus

またはインストールした場所を直接指定する。
$ /home/ユーザ/azureus/azureus

AzureusのロゴスプラッシュとともにAzureusが起動します。
(起動スクリプトにJavaのPATHを見つけるように書いてあったりするんでJavaのPATH設定いらないのかな。 せっかく書いたし設定したしそのままでw)

GNOMEのパネルに追加する

Azureusを今回の方法でインストールすると、GNOMEのアプリケーションメニューには追加されません。起動のためには、ターミナルからのコマンド入力が必要になります。
アプリケーションメニューに追加する方法は説明がメンドウなので、ここでは簡単にパネル(上部)に追加する方法を書きます。

1. パネル(上部)にマウスカーソルをもっていき、右クリック。
2. 「パネルへ追加」選択
3. 「カスタム・アプリケーションのランチャ」追加
4. 名前: Azureus
5. 一般名: Azureus
6. コメント: BitTorrent Client
7. コマンド: /home/ユーザ/azureus/azureus
8. 種類: アプリケーション
9. OKを押す。完了。

アイコンが表示されないので、アイコンの.pngファイルを /usr/share/pixmaps/ にコピーする。
$ cd /home/ユーザ/azureus/
$ su ←rootになる必要がある
# cp Azureus.png /usr/share/pixmaps/

先ほど追加したパネルのアイコンの表示されていないAzureusを 右クリック > プロパティ > アイコンの「なし」をクリック > Azureusアイコンを選択する。
(Azureusアイコンは青いカエルです)



AD

Java Runtime Environment のインストール

VineLinux4.1には Java Runtime Environment (Javaプラグイン) のパッケージは用意されていない。本家 SUN Java.com よりダウンロードしてインストールしよう。

jre-1_5_0_11-linux-i586-rpm.bin のダウンロード


Java.com http://java.com/ja/

↑上記サイトより、ダウンロード → 手動ダウンロードページ。
Linux RPM (自己解凍ファイル) をダウンロードする。

jre-1_5_0_11-linux-i586-rpm.bin のインストール


インストールの手順は、サイトのダウンロードボタンの右に「手順」というリンクがあるので、それに従ってインストールします。
でも、ここでも説明します。ニコニコ (Javaのバージョンが違っても同じです)

ダウンロードした jre-1_5_0_11-linux-i586-rpm.bin には実行権限がない(-rw-r--r--)ので、実行権限をあたえて実行します。

1. chmod コマンドで実行権限をあたえる
$ chmod +x jre-1_5_0_11-linux-i586-rpm.bin

2. -rwxr-xr-x と実行権限があることを確認
$ ls -l
-rwxr-xr-x jre-1_5_0_11-linux-i586-rpm.bin*

3. jre-1_5_0_11-linux-i586-rpm.bin を実行する
$ ./jre-1_5_0_11-linux-i586-rpm.bin
--続ける-- が反転しているので spaceキー で続きを読む
[yes or no] にて yes と入力

4. jre-1_5_0_11-linux-i586.rpm が解凍(展開)されていることを確認
$ ls
jre-1_5_0_11-linux-i586.rpm

5. rpmパッケージインストールのために root になる
$ su
パスワード(P):

6. rpm コマンドにてインストール
# rpm -Uvh jre-1_5_0_11-linux-i586.rpm

7. インストールされたか確認
# rpm -qa | grep jre
jre-1.5.0_11-fcs
インストール完了

FirefoxのJavaプラグインの設定


FirefoxのJavaプラグインの設定をする必要があります。

1. 自分のhomeディレクトリに戻る
$ cd

2. 隠しフォルダとファイル=.ファイルを確認
$ ls -a
.mozilla/

3. Firefoxのプラグイン設定フォルダに移動
$ cd .mozilla/plugins/

4. 現在のプラグインの確認
(プラグインが何もなければ何も表示されない)
$ ls

5. libjavaplugin_oji.so がどこにインストールされているか確認
(一番下に表示された libjavaplugin_oji.so を使います)
$ rpm -ql jre
...
...
/usr/java/jre1.5.0_11/plugin/i386/ns7/libjavaplugin_oji.so

6. 現在のディレクトリ ./ に libjavaplugin_oji.so のシンボリックリンクを貼ります
$ ln -s /usr/java/jre1.5.0_11/plugin/i386/ns7/libjavaplugin_oji.so ./

7. シンボリックリンクが貼られたか確認
$ ls
libjavaplugin_oji.so@
(↑が表示されれば完了)


Firefox を再起動して Javaプラグイン が正常に作動するか確認します。

Java仮想マシン(JVM)のテストページ
http://java.com/ja/download/help/testvm.xml

↑のページでJavaのマスコット?がおどりだせば正常にインストールされています。


Yahooゲームが文字化けするんですが。。

Yahoo Japan ゲーム ページには Java を使ったゲームがたくさんあります。FirefoxのJavaプラグインの設定をした状態で遊ぶことは出来ますが、文字化けがおきて「□□□...」のようになってしまいます。この文字化けをなおすにはJavaのフォントの設定が必要です。

/usr/java/jre1.5.0_11/lib/fonts/fallback というディレクトリを作成して、そこに日本語フォントのシンボリックリンクを貼ります。(fonts.dirも一緒に)
$ cd /usr/java/jre1.5.0_11/lib/fonts/
$ su
# mkdir fallback
# cd fallback/
# ln -s /usr/X11R6/lib/X11/fonts/TrueType/fonts.dir ./
# ln -s /usr/X11R6/lib/X11/fonts/TrueType/kochi-gothic.ttf ./
# ln -s /usr/X11R6/lib/X11/fonts/TrueType/kochi-mincho.ttf ./
# ls
fonts.dir@ kochi-gothic.ttf@ kochi-mincho.ttf@

↑が表示されれば完了です。

Yahoo Japan ゲーム http://games.yahoo.co.jp/


Mozplugger を使う

VineLinux4.1でストリーミングを見るには、mozpluggerを使うと良い。
VineLinux4.1には、DVD、mpeg、aviなどを再生するためのメディアプレイヤー totem が標準でインストールされている。
Windows Media Player のようにストリーミングを再生するためには、totem用のプラグイン mozplugger が必要だ。

Mozplugger のインストール

mozplugger http://mozplugger.mozdev.org/

  1. 1. ↑上記サイトより Source をダウンロード。
    (最新のバージョンが良い。現在では Version 1.8.0)

  2. 2. 保存した mozplugger-1.8.0.tar.gz を展開(解凍)する。

  3. 3. 展開したディレクトリに移動する。

  4. 4. READMEを読む。

  5. 5. make する。 (、、怒られる;)

  6. 6. make linux する。

  7. 7. checkinstall にてrpmパッケージを作成。

    checkinstall がインストールされていなければ、
    # apt-get isntall checkinstall が必要。
    $ checkinstall -R コマンド後に、[y]: でENTER。
    説明は自分の好きにするか空白。ENTER。そして Ctrl+D。
    ENTERで続行。
    the RPM source directory tree: で /home/xxx/rpm/ を入力。
    xxx は自分のユーザ名。

  8. 8. rpmパッケージ作成ディレクトリに移動。

  9. 9. su する。

  10. 10. rpmパッケージのインストール

$ tar xvzf mozplugger-1.8.0.tar.gz
$ cd mozplugger-1.8.0/
$ less README
$ make
$ make linux
$ checkinstall -R
$ cd /home/xxx/rpm/RPMS/i386/
$ su
# rpm -Uvh mozplugger-1.8.0-1.i386.rpm

インストール完了。
firefoxを再起動して http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ を見て確認。


WMVがうまく見れないんですが、、、という人は?

totem-xine と xine-lib-w32dll をインストールしてみる。

$ su
# apt-get install totem-xine
# apt-get install xine-lib-w32dll

codec を入れてみる。
http://www.mplayerhq.hu/design7/dload.html
↑の Binary Codec Packages (Linux x86) essential-20061022.tar.bz2 をダウンロードして、
/home/xxx/.gnome2/totem-addons/ の中に無いものを入れてみる。

$ tar xvjf essential-20061022.tar.bz2
$ cd essential-20061022/
$ ls
$ cp wm* /home/xxx/.gnome2/totem-addons/
(wmからはじまるものをコピー)