sl をインストール

テーマ:
SL

sl で遊ぶ

SL機関車が走ります。
有名ですね。
VineLinux3.1 にパッケージがありました。
大画面コンソール(1600×1200)でやってみたい。

インストール

# apt-get install sl

操作方法

$ sl
とコマンド入力。

AD
xfishtank

デスクトップ水族館 xfishtank

Linux にもあるよ。
デスクトップに熱帯魚(?)を泳がせるソフト。


xfishtank とは

Name : xfishtank
Version : 2.1tp
Release : 0vl3
Group : Amusements/Graphics
Size : 435316
Packager : Jun Nishii
Summary : X ルートウィンドウ上の水族館
Description :
あなたのスクリーン背景が水族館になって,いろいろな熱帯魚が泳ぎ回ります.

Relocations: (not relocateable)
Vendor: Project Vine
Build Host: venus.athome
Build Host: venus.athome
Build Date: 2000年09月26日 23時47分16秒
Source RPM: xfishtank-2.1tp-0vl3.src.rpm
License: MIT


インストール

# apt-get install xfishtank


操作方法

$ xfishtank &
とコマンド入力。またはメニューなどから起動。

$ ps
$ killall xfishtank
終了のコマンドが無いので、killallなどで終了。

ヘルプ

$ xfishtank --help
xfishtank: invalid option -- -
usage: xfishtank
[-c color] background color
[-b limit] number of bubbles (default 32)
[-f limit] number of fish (default 10)
[-i mult] move interval (default 0.2)
[-r rate] move frequency (default 0.2)
[-m num] median cut to this many colors
[-C num] use only this many color cells
[-d] clip fish, swim on root window
[-p file] fish swim on picture in file
[host:display]


背景の色を変えるには
$ xfishtank -c blue &
背景を透明にするには(自分の壁紙で実行)
$ xfishtank -d &


カスタマイズ

$ rpm -ql xfishtank
/etc/X11/applnk/Games/xfishtank.desktop
/usr/X11R6/bin/xfishtank
/usr/doc/xfishtank-2.1tp
/usr/doc/xfishtank-2.1tp/FishList
/usr/doc/xfishtank-2.1tp/README
/usr/doc/xfishtank-2.1tp/README.Linux
/usr/doc/xfishtank-2.1tp/README.TrueColor
/usr/doc/xfishtank-2.1tp/README.Why.2.1tp

などを読んで見ると、自分で作成した熱帯魚などを泳がせることができるかもしれない。

AD

VineLinux favicon


VineLinux3.1の /usr/share/pixmap/vine には、VineLinux に関係するロゴなどの画像(アイコン)が入っていたりする。
中にはコレどこで使ってるの?といったものがあり、これらをどうにか使用してみようと思っていた。(勝手に使用しちゃダメだったりすんのかな?)

VineLinuxに関係するページで使用して欲しいです。

16x16 png


favicon とは

Googleで検索してください。
ブックマークの横に表示されるアイコンです。
ブラウザのアドレスの横にも表示されます。
16x16ピクセルで表示されます。
Firefoxであれば .png .gif .jpg .ico の形式で表示できます。
IEは .ico しかダメっぽい?

正方形の画像であれば 16x16 じゃなくても表示できるようだが、縮小されて表示されるのでボケたりするかもしれない。


ameblo で表示させるには?

amebloの画像アップロード機能を使用して、amebloでfaviconを表示させるには .ico形式ではできません。(2005/4/21現在)
amebloの画像アップローダが .ico をアップロードしても .png に変換してしまうからです。


favicon表示の仕方

----------------------------------------------
1) favicon画像を用意する。(16x16 png)
2) favicon画像をamebloにアップする。
3) アップした画像の url を取得する。
4) プロフィールのところに以下↓を書いて保存。

<link rel="shortcut icon" href="http://ameblo.jp/user_images/xx/zz/yyyyy123xx.png" />

href=" " ←には画像の url を挿入。
(xx12xx_s.png となっている _s は消す)

5) Firefoxを使用して表示を確認する。
----------------------------------------------

他にホームページスペースを持っていて、そこにある画像を指定すれば .ico形式 表示が可能かもしれません。
こちらのサイトで .png を .ico形式 に変換できます。

Favicon Japan!!
http://www.favicon.jp/

AD
Cdp

コンソールでCDを聞く

コンソールで音楽CDを聞くには?
cdp で音楽CDを聞く。


Cdp とは

オーディオ CD-ROM 再生用のテキストベースプログラム

Cdp はオーディオ CD を再生するテキストベースのプログラムです。
あなたのシステムでオーディオ CD を再生する場合は cdp をインストールして下さい。


インストール

# apt-get install cdp


操作方法

$ cdp
================================
[9] play
[8] pause/resume
[7] stop
[6] next
[5] replay
[4] previous
[3] go forward 15 seconds
[2] hard abort (music stops)
[1] go backward 15 seconds
[0] soft exit (music continues)

[.] help
[a] edit artist name
[c] edit CD name
[ENTER] edit current song
================================

終了する時は[2]。
または一度 [0] で抜けてから
$ cdp stop


テンキーないから少し使いづらい。
トップの画像は、アーティスト名、CD名、曲名を入力した例。(xiterm)

burgerspace で遊ぶ

テーマ:
Buegerspace

burgerspace で遊ぶ

burgerspace というゲームで遊ぶ。
音がまた良いんですよ。


Burgerspace

悪くなった食材を避けて、ハンバーガを作るゲーム。

このゲームでは、あなたはシェフです。
食材が落ちるまで歩き回って、ハンバーガを作らなければなりません。
困ったことに、悪くなって使えない食材もあります。
でも、あなたの身を守ってくれるのは、胡椒入れだけなのです。


インストール

# apt-get install burgerspace

遊びかた

$ burgerspace &
==================================
[Space] ゲームスタート
[←][↑][↓][→] 移動
[Ctrl] ペッパー攻撃
[p] ポーズ(一時停止)
[Esc] 終了
==================================

XMMS のスキンにハマる 3

テーマ:
bunji_VIPER

XMMS のスキンにハマる 3

XMMS のスキンに飽きました。
もうたくさんありすぎます。
たくさんダウンロードしすぎてお腹いっぱいです。

deviantART

deviantART Winamp Classic
http://browse.deviantart.com/skins/media/winamp/classic/

もうここのサイトだけで良かったと。

http://browse.deviantart.com/skins/media/winamp/classic/?view=1&order=9&limit=24
↑トップフェイバリットの方が早いかな。

Synaptics

synaptics を使う


なんか新しいパッケージでもないかな~ と Synaptic を起動してみると、「リポジトリ内の新規パッケージ」というところに Synaptics というX用タッチパッドドライバなるパッケージを発見。

Windowsで使用しているときにはタッチパッドの右端をスクロールとして使えていた。
Linuxでもそれが使用できるようになるらしいので、さっそく試してみる。


PC環境

SONY VAIO PCG-FX55G/BP

CPU : Pentium III (Coppermine) 750MHz
メモリ : 128MB
OS : VineLinux 3.1


Synaptics とは

本家サイト
http://web.telia.com/~u89404340/touchpad/

X 用タッチパッドドライバ
--------------------------------------------------------
Synaptics は XOrg/XFree86 4.x 用のタッチパッドドライバです。
タッチパッドはデフォルトでは標準マウスをエミュレートし互換モードで動作します。
しかしこの専用ドライバを使用することで、より多くの機能が使用できるようになります。

機能:
1) スピードと加速の調整が可能。
2) タッチパッドに短く触れたらクリック。
3) タッチパッドに2度短く触れたらダブルクリック。
4) タッチパッドに短く触れた後、指を下ろしたまま移動させたらドラッグ。
5) タッチパッドの上下のコーナーに中ボタンと右ボタンを割り当て。
6) タッチパッドの右端を上下になぞる事で縦スクロール。
(ボタン4及びボタン5として動作)

7) 上下ボタンをボタン4及びボタン5として動作。
8) タッチパッドの下端を左右になぞることで横スクロール。
(ボタン6及びボタン7として動作)

9) 複数ボタンがある場合は横スクロール用にボタン4/5とボタン6/7として動作。
10) 感度の調整が可能。
11) 複数の指によるタップ: 二本指を中ボタン、三本指を右ボタンに割り当て。
(ハードウェアのサポートが必要。全てのタッチパッドで動作する訳では無い)

12) 共有メモリによる実行中の設定変更が可能。
これにより X の再起動無しに設定を変更することができる。



インストール

synaptics は「extras」なパッケージなので(2005/4/22現在)
/etc/apt/sources.list に「extras」を加える必要があります。

# apt-get install synaptics


設定

$ rpm -ql synaptics
/usr/X11R6/lib/modules/input/synaptics_drv.o
/usr/bin/synclient
/usr/bin/syndaemon
/usr/share/doc/synaptics-0.14.1
/usr/share/doc/synaptics-0.14.1/COMPATIBILITY
/usr/share/doc/synaptics-0.14.1/FILES
/usr/share/doc/synaptics-0.14.1/INSTALL
/usr/share/doc/synaptics-0.14.1/INSTALL.DE
/usr/share/doc/synaptics-0.14.1/INSTALL.FR
/usr/share/doc/synaptics-0.14.1/LICENSE
/usr/share/doc/synaptics-0.14.1/NEWS
/usr/share/doc/synaptics-0.14.1/README
/usr/share/doc/synaptics-0.14.1/README.alps
/usr/share/doc/synaptics-0.14.1/TODO
/usr/share/doc/synaptics-0.14.1/trouble-shooting.txt
/usr/share/doc/synaptics-0.14.1/usbmouse
/usr/share/man/man1/synclient.1.gz
/usr/share/man/man1/syndaemon.1.gz

まずは README などをいろいろ読んでみるのが一番です。
しかし、面倒な人は以下の通りにしてみるのも良い。

$ gedit /usr/share/doc/synaptics-0.14.1/COMPATIBILITY

COMPATIBILITY には動作報告のあるものが書いてあるのだと思う。
この中で自分の環境を探ってみる。
自分の環境がSynaptics社製のタッチパッドなのか、そうでないのか調べる必要があります。

私の環境 SONY VAIO PCG-FX55G/BP はこの中にありませんでしたが、なんとなく"ALPS touchpad"を使用してる予感がするので、"ALPS touchpad"で設定してみます。

そのまま gedit の「ファイル」→「開く」より以下のファイルをタブで開く。

README.alps (alps社製の設定が書いてある)
INSTALL (Synaptics社製の設定が書いてある)
README (いろいろな設定が書いてある)

↑を参考に /etc/X11/xorg.conf 内に設定を追加します。ほぼ(?たぶん)書いてあるものをそのまま流用(コピー&ペースト)で行けると思います。
私の /etc/X11/xorg.conf の設定例を↓に。
右側の見えないところは、反転ドラッグすると見える。→
(Firefox限定か?)


/etc/X11/xorg.conf の設定

Section "ServerLayout"
Identifier "XOrg Configured"
Screen 0 "Screen0" 0 0
# InputDevice "Mouse0" "CorePointer" #←もとの設定をコメントアウト
InputDevice "Synaptics Mouse" "CorePointer" #←追加
InputDevice "Mouse9" "SendCoreEvents"
InputDevice "Keyboard0" "CoreKeyboard"EndSectionSection "Module"
Load "dbe" # Double-buffering
Load "GLcore" # OpenGL support
Load "dri" # Direct rendering infrastructure
Load "glx" # OpenGL X protocol interface
Load "extmod" # Misc. required extensions
Load "v4l" # Video4Linux
# Load "record" # X event recorder
# Load "xtt" # TrueType font handler
Load "type1" # Adobe Type 1 font handler
Load "freetype" # TrueType font handler
Load "synaptics" #←追加
EndSection

## ↓↓↓↓ これより下 すべて追加 ↓↓↓↓
Section "InputDevice"
Driver "synaptics"
Identifier "Synaptics Mouse"
Option "Device" "/dev/psaux"
# Option "Protocol" "auto-dev" #←コメントアウト
Option "Protocol" "alps" #←alps kernel-2.4.x の場合
Option "LeftEdge" "120"
Option "RightEdge" "830"
Option "TopEdge" "120"
Option "BottomEdge" "650"
Option "FingerLow" "14"
Option "FingerHigh" "15"
Option "MaxTapTime" "180"
Option "MaxTapMove" "110"
Option "EmulateMidButtonTime" "75"
Option "VertScrollDelta" "20" #↑↓ Scroll Speed
Option "HorizScrollDelta" "20" #←→ Scroll Speed
Option "MinSpeed" "0.3" #カーソルのMin速度
Option "MaxSpeed" "0.75" #カーソルのMax速度
Option "AccelFactor" "0.015"
Option "EdgeMotionMinSpeed" "200"
Option "EdgeMotionMaxSpeed" "200"
Option "UpDownScrolling" "1"
Option "CircularScrolling" "1"
Option "CircScrollDelta" "0.1"
Option "CircScrollTrigger" "2"
EndSection



あとはXを再起動してタッチパッドが動けば成功です。


タッチパッドの感度

コピペで動いたけど、もとの "GlidePointPS/2" の時よりカーソルの動きが遅い。。。
/usr/share/doc/synaptics-0.14.1/README にいろいろ書いてあるので、そのうち上手く設定できたらまたここに書きます。

  Option	"HorizScrollDelta"	"0" #←→ Scroll Speed
(20 → 0 とすることで水平方向←→スクロールを止めることが出来る)

Option "MaxSpeed" "1.5" #ポインタのMax速度
(0.75 → 1.5 とすることでカーソルの動きが速くなります)

2007/4/10更新


とにかくタッチパッドスクロール万歳!!



====================================
Google検索でヒットしたサイト
http://iwatama.egoism.jp/linux/index.html#20040308
http://www.deer-n-horse.jp/linux/dialy/linux_jun_2004.html
http://blog.goo.ne.jp/gleaning/e/0c1ef90546e354c2cc425382f43a9e66
http://rosegray.sakura.ne.jp/TR2/#FC2

aumix

コンソールから音量をコントロールする

ランレベル3などのコンソールから音のボリュームをコントロールするには?

aumix を使いましょう。


aumix

a program for adjusting the audio mixer from the Linux console, a terminal, the command line or scripts

$ aumix
[←][↑][↓][→] で音量調節。
[TAB] で音量、左右バランス切替え。
[q] で終了。



もし、コマンドが無いようなら確認。
$ rpm -q aumix

無ければインストール。
# apt-get install aumix