Dillo のアップグレード2


以前ブログ Dillo のアップグレード でアップグレードの方法を紹介した Dillo ですが、

0.8.4-i18n-misc-20050208 / 0.8.4-i18n-20050115 よりパッケージ名、バージョン番号の規則を変更しました。以前のバージョンからの更新は、一旦 rpm -e dillo で旧バージョンをアンインストールし、 rpm -i dillo-i18n-misc で新バージョンをインストールして下さい。(2005年02月13日
- dillo 国際化(i18n)パッチ RPM - http://www2.tba.t-com.ne.jp/yoheie/dillo/

ということで、VineLinux3.1でアップグレードするには 古いバージョンを # rpm -e dillo なりして削除してから新しいバージョンをインストールする 必要があります。


ダウンロード


dillo 国際化(i18n)パッチ RPM
http://www2.tba.t-com.ne.jp/yoheie/dillo/

↑より 最新版 dillo-i18n-misc-0.8.4.20050219-1.src.rpm をダウンロード。

(VineLinux3.1でrpmを作成しているということなので、VineLinuxな人は dillo-i18n-misc-0.8.4.20050219-1.i386.rpm をダウンロードしてインストールできます。自分は今回そうしました。)


src.rpmリビルド&インストール

$ rpmbuild --rebuild dillo-i18n-misc-0.8.4.20050219-1.src.rpm
$ cd ~/rpm/RPMS/i386/
$ su
# rpm -e dillo ←旧バージョンのアンインストール# rpm -Uvh dillo-i18n-misc-0.8.4.20050219-1.i386.rpm


i386.rpm そのままインストール

$ su
# rpm -e dillo ←旧バージョンのアンインストール# rpm -Uvh dillo-i18n-misc-0.8.4.20050219-1.i386.rpm


Dillo Icons


本家サイト Icons
http://www.dillo.org/Icons/

↑dillo のカスタマイズアイコンとツールバーのスキン?などがあります。

dillo_icon_2 dillo_icon_1

AD

KPackage を使う

テーマ:

KPackage を使う


KDE-3.4.0 にアップグレードしたので KDE をメインにしばらく使って見ます。
いや~かなり良いですね。動作も軽いです。

KDE はやはりWindowsのように使用するものだと勝手に思っているわけで、ターミナルなんて開いてはダメ。
すべてメニューとパネルからマウスを使用してこなしてみようと、aptなんかも Synaptic を使用してやってみたりなんかするわけですよ。

すると、[システム]の中に[パッケージマネージャ]というものが、Synaptic の他にもうひとつありました。

KPackage です。

Kメニュー



Kpacpage とは


KDE-3.4.0 についてきました。
Synaptic と同じように apt のGUIだと思います。
実際、わけもわからず使用してみたらパッケージをインストールできました。
設定はいじらなくてもデフォルトのままで良いようです。

about_Kpackage

Synaptic より直感的でわかりやすいと感じました。
パッケージインストール中は、通常の apt-get での表示そのものが表示されるので、普段ターミナルからコマンドで apt-get している自分はこちらの方が好みです。
プロパティとして、パッケージのいろいろな説明が表示されるところもGoodです。
ただ、、 重いですね。


Kpackage_1

Kpackage_2


今回テストとして、「beepmp」をインストールして見ました。
-------------------------------------------------------
Beep Media Player (BMP) は
定番の X Multimedia System (XMMS) の GTK2 版 です。
-------------------------------------------------------




操作方法


# apt-get update

[特別]→[APT:Debian]→[更新]

Kpackage_update_1

Kpackage_update_2



# apt-get upgrade

[特別]→[APT:Debian]→[アップグレード]

Kpackage_upgrade



/etc/apt/sources.list の編集

[設定]→[Kpackageの設定]→[パッケージの場所]

Kpackage_setting_1

Kpackage_setting_2

Kpackage_setting_3
AD

fvwm-themes 設定メモ2

テーマ:

fvwm-themes 設定メモ2



fvwm-themes の設定ファイル


/usr/share/fvwm/themes/default/ に設定ファイルがある。
全部のユーザー(rootも含め)で同じ設定をしたい場合は、こちらのファイルをいじる。

ユーザーごとに設定をしたい場合は、~/.fvwm/themes/personal/ に設定ファイルを置いて設定する。
(雛型として /usr/share/fvwm/themes/default/ 以下のファイルをコピーして使用すれば良いようだ。)


font などのいじり方はこちら→ fvwm-themes の文字化けを直す
AD

AcrobatReader のインストール


AdobeReader7.0 が出ているようですね。
英語版ならダウンロードできるみたいに表示されます。しかし実際にダウンロードされるのは linux-5010.tar.gz であり、AcrobatReader5.10 です。(2005/3/23現在)

Adobe Reader ダウンロード (日本)
http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html


VineLinux に AcrobatReader をインストールするには
http://shino.pos.to/linux/mozilla.html#acrobat ←こちらのサイトがとてもわかりやすく、しかも rpm でインストールできます。

以下、http://shino.pos.to/linux/mozilla.html#acrobat を参考にインストールする補足として書きます。


================================================
2ch にあったアドレスには AdobeReader7.0 がちゃんとありました。
しばらくしたら、adobe.co.jp にもリンクがまわるのかな。。。

Adobe Reader ダウンロード (どこ?これ)
ftp://ftp.adobe.com/pub/adobe/reader/unix/7x/7.0/enu/

================================================


rpmビルド

$ cp linux-5010.tar.gz /home/**hoge**/rpm/SOURCES/
$ cp jpnfont.tar.gz /home/**hoge**/rpm/SOURCES/
$ rpmbuild --rebuild Acrobat-reader-5.1x-0.nosrc.rpm


[space] or [ENTER] でスクロールする。
-----------------------------------------------------
To accept the terms and conditions of this agreement enter "accept".
To decline the terms and conditions of this agreement enter "decline".

Please type "accept" to accept the terms and conditions license agreement; Type "decline" to exit. ←accept と入力

This installation requires 25MB of free disk space.

Enter installation directory for Acrobat 5.0.10 [/usr/local/Acrobat5] ←ENTER

Directory "/usr/local/Acrobat5" does not exist.
Do you want to create it now? [y] ←y 入力してENTER
-----------------------------------------------------
↑以上の動作を2回すると /home/**hoge**/rpm/RPMS/i386/ にrpmパッケージが出来上がっています。



インストール

$ cd /home/**hoge**/rpm/RPMS/i386/
$ ls
$ su
# rpm -Uvh Acrobat-reader-5.10.0.i386.rpm


起動方法

$ acroread &
↑とコマンド入力するか、メニューなどから起動。

Mozilla や Firefox などのプラグインの設定はインストールと同時にできているようで、ネットの .pdf のリンクなどすぐに見れました。

---------------------------------------------------
Linux Personal Workstation(Linux パーソナルワークステーション)
http://www.lain.org/winglab/Works/book.html

uim-helper-toolbar-gtk を使う


uim にも変換の状態を示す?ツールバーがあります。(「a」「あ」というような)
その使用方法やメモなど。

インストール方法は→ こちら



必要な環境


$ rpm -qa | grep uim を実行して確認。

uim
uim-applet
uim-xim



起動の方法

$ uim-helper-toolbar-gtk &
とコマンド入力すればツールバーが使用できます。
変な場所に出てきたら、右ドラッグ(または左ドラッグ)で移動できます。





マウスで入力方法や変換方法などを変更できるようになります。





gnome で使用する


gnome ではタスクバーに格納することが出来ます。




1) タスクバーを右クリック。
2) 「パネルに追加」→「ユーティリティ」→「uimアプレット」




icewm で使用する


icewm では gnome のようにタスクバーに格納できます。
ただし右クリックで追加できません。
$ icewmtray &
$ uim-helper-toolbar-gtk-systray &





毎回自動的に起動するには .xinitrc か .xsession などに書けばよいのですが、良くわかりません。
この辺Vine3.1は初期設定でファイルが作られていないのでなんとも。


fvwm-2.5.12 で使用する


fvwm-2.5.12 で毎回自動的に起動するには、
/usr/share/fvwm/themes/default/startup に記述すれば良い。

----------- startup 内 ------------------------
exec rxvt
exec gkrellm
exec uim-helper-toolbar-gtk

------------- 終了 ----------------------------

fvwm-themes 設定メモ 1

テーマ:

fvwm-themes 設定メモ 1


このブログでのスクリーンショットに使っているWM(ウインドウマネージャ)は fvwm-2.5.12 & fvwm-themes です。
2005年現在 fvwm について記述している国内サイトはほとんどありません。
古い記述なら少しあるという状況です。少しずつでも記述を増やしていこうと思っています。

fvwm-2.5.12 のインストール方法や、fvwm-themes については、テーマ fvwm2 としてカテゴリにしていますので興味のある方はどうぞ。



起動時に自動的にプログラムを動かすには


/usr/share/fvwm/themes/default/startup に記述すれば良い。

----------- startup 内 ------------------------
exec rxvt
exec gkrellm
exec uim-helper-toolbar-gtk

------------- 終了 ----------------------------

StuffIt Expander のインストール


Macでおなじみの .sit 形式の圧縮ファイルをVineLinuxで展開したいが、Linuxのアーカイバでは対応してない。
Google検索すると以下のサイトがヒットした。

http://iwatama.egoism.jp/linux/#20040721
http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/compression/intro.html


StuffIt Expander ってLinux用もあるんですね。
StuffIt の It は it じゃないのですね。



ダウンロード


StuffIt Expander
http://www.stuffit.com/win/expander/

1) Linux のページから Download Trial をクリック。
2) STEP1,2 は各自にまかせる。
3) STEP3 の English (Linux) をチェックしてダウンロードボタンを押してダウンロード。



展開とインストール


$ tar xvzf stuffit520.611linux-i386.tar.gz


 bin/
	register
	stuff
	unstuff

 doc/
	stuff/
	unstuff/

 man/
	man1/


↑といった3つのディレクトリが展開されるので、以下(↓)のように移動する。
(mv か cp のどちらかで)

$ su
# cd /usr/local/bin/
# mv /home/**hoge**/bin/* ./ ←アスタリスク、スペース、ドットスラッシュ
# cd /usr/local/man/man1/
# mv /home/**hoge**/man/man1/* ./
# cd /usr/local/doc/
# mv /home/**hoge**/doc/* ./



操作方法


$ jman stuff

$ jman unstuff

↑とコマンド入力して man を見る。


簡単に(略


$ stuff [file]		:圧縮(StuffIt5)
$ stuff -f=Zip [file]	:圧縮(Zip)

$ unstuff [file.sit]	:展開(.sit .zip .arc .arj .gzip など)



テストとして


$ unstuff stuffit520.611linux-i386.tar.gz
$ unstuff stuffit520.611linux-i386.tar


と unstuff を2回実行すれば tar.gz が展開できました。

VineLinux3.1 に Firefox のパッケージができました


2chのVineスレを見てたら Firefox が apt に加わっているそうな。。。
Synaptic で確認したらありました。
*「extras」なパッケージなので /etc/apt/sources.list の aptラインに「extras」を追加することが必要です。(2005/3/16追記)


aptラインの設定


/etc/apt/sources.list のaptラインに「extras」を追加します。

======================================================================
##
## Vine Linux 3.1
## 標準では extras カテゴリは除外されています。extras カテゴリ内のパッケージ
## が必要な場合はコンポーネントリストに "extras" を追加してください。
# (masters)
rpm [vine] http://updates.vinelinux.org/apt 3.1/$(ARCH) main devel plus updates extras ←追加する
rpm-src [vine] http://updates.vinelinux.org/apt 3.1/$(ARCH) main devel plus updates extras ←追加する
#
======================================================================

aptについてのいろいろな参考サイトはこちら
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/592aptmirror.html
http://vinelinux.org/manuals/using-rpm-2-1.html




インストール


$ su
# apt-get update
# apt-get install firefox


これでインストール~ 楽になったね。



$ rpm -ql firefox

すると /usr/bin/firefox でした。

*もし前回の記事でインストールした人は /usr/local/bin/firefox と /usr/local/src/firefox 以下をすべて削除してください。

Gaim をアップグレード


Gaim でメッセなどをしているが、こんな記事を発見。
http://d.hatena.ne.jp/doberman/20050302
https://www.netsecurity.ne.jp/1_1987.html

Gaim-1.1.4 以降にアップデートすれば良いようだ。


Gaim


本家サイト
http://gaim.sourceforge.net/


ダウンロード


本家サイトより gaim-1.1.4-0.src.rpm をダウンロード。

必要な環境


libao-0.8.5-0vl1
libao-devel-0.8.5-0vl1

# apt-get install libao libao-devel してインストールしておく。



rpmビルド&インストール


$ rpmbuild --rebuild gaim-1.1.4-0.src.rpm

$ cd /home/**hoge**/rpm/RPMS/i386/
$ su
# rpm -Uvh gaim-1.1.4-0.i386.rpm gaim-devel-1.1.4-0.i386.rpm


devel パッケージはインストールしなくても動きそうだが、、、



起動方法


$ gaim &

↑とコマンド入力するかメニューなどから起動。





YahooJapan Messenger につなぐにはこちらを↓
http://hiroyuki12.ameblo.jp/entry-921461523c7b42d25f69230bdd30b71b.html

その他のLinuxメッセンジャーソフトなど↓
http://linux2ch.bbzone.net/index.php?Applications%2FMessenger

Firefox 1.0.1 日本語版をインストール


日本語版の1.0.1がやっと出たもよう。
Firefoxの記述も古くなっているので、一緒にアップグレード。


Firefox 1.0.1 リリースのお知らせ


Mozilla Japan では 3 月 13 日、Firefox 1.0 のアップデート版となる Firefox 1.0.1 の日本語版をリリースいたしました。今回のバージョンには、Firefox 1.0 で見つかった セキュリティ問題の修正 が含まれており、すべてのユーザにアップデートを推奨します。


-------------------------------------------------------
重要な注意

なお、Firefox 1.0 の ZIP 版に対し、インストーラを使って 1.0.1 にアップデートされる場合は、リリースノートの注意点 をお読みください。

ロケーションバーにテキストを入力した際にクラッシュに遭遇した場合は、一度 Firefox 1.0.1 をアンインストールして、Firefox のプログラムフォルダ (Windows では C:\Program Files\Mozilla Firefox\components、Linux では /home/<ユーザ名>/firefox-installer/ など) を完全に削除してから再インストールすることで解決できます。

クラッシュを防ぐため、インストーラで新しいバージョンを古い ZIP 版パッケージと同じフォルダにインストールしないでください。

↑これはWindowsのことっぽい?




============================================================

VineLinux3.1 では apt-get でインストールできる Firefox のパッケージができました。



# apt-get install firefox

として apt-get でインストールしてください。 → 詳しくはこちら
*「extras」なパッケージです。
firefox-installer を使った方法をこのあと(↓)に記してますが、apt パッケージが出るまでのインストール方法で推奨されません。 - 2005/3/15-

=============================================================









ダウンロード


Webの再発見
http://www.mozilla-japan.org/products/firefox/

↑より firefox-1.0.1.installer.tar.gz をダウンロード。


インストール


重要な注意に書かれているように、現在 Firefox をインストールしている場合は、一旦削除してからインストールします。

$ rm -rf /**hoge**/firefoxのディレクトリ/



=======================================================
個人的に /home/**hoge**/firefox-installer/ にインストールするのは好きではない。

root で /usr/local/src/firefox/ にインストールする方法を書きます。

$ tar xvzf firefox-1.0.1.installer.tar.gz
$ cd firefox-installer/

$ su
# ./firefox-installer




















シンボリックリンクの作成

まず、インストールされた場所を確認する。

# cd /usr/local/src/
# ls
# cd firefox/
# ls


firefox (firefox* ←のように見える) というのが実行ファイルなので、 /usr/local/bin/ に移動して /usr/local/src/firefox/firefox のシンボリックリンクを firefox という名前で作成する。

# cd /usr/local/bin/
# ln -s /usr/local/src/firefox/firefox ./ ← ドットスラッシュ



起動方法&その他


$ firefox &


↑とコマンド入力するか、メニューなどから起動。
シンボリックリンクを貼っているので、[TAB]での補完も効いているはず。