iiview をインストール

コンソールで画像を見るには?

iiview-0.25
コンソール & X で使用できる画像ビューア。

ダウンロード


本家サイト
http://iiview.sourceforge.net/

↑より iiview-0.25.tar.bz2 をダウンロード。

rpmビルド


$ tar xvjf iiview-0.25.tar.bz2
$ cd iiview-0.25
$ make withfb ←オプション
$ checkinstall -R

make にオプションがある。
-------- README 内の記述 -----------------
For impatient people:

1)
Type in: "make" or "make withfb" or "make withfbonly"
(depends on your system and your preferences)

make - X-Window supportonly
This is default for all platforms.

make withfb - X-Window and framebuffer support (read below)
This is for Linux framebuffer

make withfbonly - framebuffer support only
This is for people who don't want to have
a dependency with X on slim boxes


rpmインストール


$ cd /home/**hoge**/rpm/RPMS/i386/
$ su
# rpm -Uvh iiview-0.25-1.i386.rpm


起動方法


$ iiview

↑とコマンド入力。

[↑][↓][←][→]キー で選ぶ。
[ENTER] で決定。
[q]キー で終了。
AD

MOC をインストール


コンソールで音楽再生

MOC (music on console)
ランレベル3などのコンソール画面でも使えるmp3・oggプレーヤーです。

MOC とは


MOC (music on console) is a console audio player for LINUX/UNIX designed to be powerful and easy to use.

-------------- OCN訳 ------------------
MOC(コンソール上の音楽)は強力なおよび使用することが容易でことを目指したLINUX/UNIXのためのコンソール・オーディオ・プレーヤーです。


本家サイト
http://moc.daper.net/


ダウンロード


本家サイトより moc-2.1.4.tar.gz をダウンロード。


必要なパッケージ


VineLinux3.1に moc-2.1.4.tar.gz をインストールするには、以下のパッケージが必要でした。

libid3tag-0.15.1b-1vl1
libid3tag-devel-0.15.1b-1vl1
vorbis-tools-1.0.1-0vl3
libvorbis-devel-1.1.0-0vl1
libvorbis-1.1.0-0vl1
libogg-devel-1.1.2-0vl1
libogg-1.1.2-0vl1

------------------------------
$ rpm -qa | grep libid3tag
$ rpm -qa | grep vorbis
$ rpm -qa | grep ogg


↑などのコマンドで確認する。


rpmビルド


$ tar xvzf moc-2.1.4.tar.gz
$ cd moc-2.1.4/
$ less README
$ less INSTALL

$ ./configure
$ make
$ checkinstall -R

./configure 成功の表示


------------------------------------
MOC will be compiled with:
MP3: yes
OGG: yes
OSS: yes
ALSA: no
DEBUG: yes
ICONV: yes
------------------------------------
WARNING: since MOC version 2 the executable file name was changed to mocp!
Please remove old moc binary if you have installed an older version.

checkinstall 中の表示


The package documentation directory ./doc-pak does not exist.
Should I create a default set of package docs? [y]: ←そのままENTER

パッケージの doc の準備中OK


パッケージの description 情報を書いてください
End your description with an empty line or EOF.
>> moc-2.1.4 ←入力 or そのままENTER
>> ←入力した場合は[Ctr]+[D]でEOFを送信
This package will be built according to these values:

1 - Summary: [ moc-2.1.4 ]
2 - Name: [ moc ]
3 - Version: [ 2.1.4 ]
4 - Release: [ 1 ]
5 - License: [ GPL ]
6 - Group: [ checkinstall ]
7 - Architecture: [ i386 ]
8 - Source location: [ moc-2.1.4 ]
9 - Alternate source location: [ ]
10 - Provides: [ ]
11 - Requires: [ ]

変更を行う場合、項目を番号で選んで Enter キーを押してください 。行わないならこのまま Enter でかまいません: ←そのままENTER


===== 途中略 =====

ファイルリストを作成…OK
cat: /var/tmp/aMrHXZXJWVVMCfElmYYb/libdirs: そのようなファイルやディレクトリはありません

**************************************
**** RPM package creation selected ***
**************************************

${HOME}/rpm has no SOURCES directory. Please write the path to
the RPM source directory tree: /home/**hoge**/rpm/ ←環境に合わせ入力

RPM パッケージを作成中…OK

RPM パッケージをインストール中… FAILED!

*** Failed to install the package

ログファイルを見ますか? [y]: n ←入力 or y


起動方法


$ mocp

↑とコマンド入力。

コマンド HELP


$ mocp -h

---------------------------------
moc 2.1.4
Usage:
mocp [OPTIONS]... [FILE]...
-V --version Print program version and exit.
-h --help Print usage and exit.
-D --debug Turn on logging to a file.
-S --server Run only the server.
-F --foreground Run server in foreground, log to stdout.
-R --sound-driver NAME Use the specified sound driver (oss, alsa, null).
-m --music-dir Start in MusicDir.
-a --append Append the files passed in command line to the server
playlist and exit.
-c --clear Clear the server playlist and exit.
-p --play Play first item on the server playlist and exit.
-s --stop Stop playing.
-x --exit Shutdown the server.
-T --theme theme Use selected theme file (read from ~/.moc/themes if
the path is not absolute.
-C --config FILE Use the specified config file instead of the default.
-M --moc-dir DIR Use the specified MOC directory instead of the default.


起動中の操作 HELP


[↑][↓]キーでディレクトリ・ファイルを選ぶ。
[ENTER]キー で決定。
[,][.]キー or [<][>]キー でボリューム。
[Q]キーで 終了。(←大文字)
[q]キーで 画面抜け。(←小文字)
$ mocp と打てばもどります。
[h]キーで ヘルプ。






HELP コピペ


-------------------------------------------
moc 2.1.4

[↑], [↓] Move up and down in the menu
[PAGE UP/DOWN] Move one page up/down
[HOME], [END] Move to the first, last item
[ENTER] Start playing files (from this file) or go to directory
[s] Stop playing
[n] Next song
[p], [SPACE] Pause/unpause
[LEFT], [RIGHT] Seek backward, forward
[h] Show this help screen
[f] Switch between short and full names
[m] Go to the music directory (requires an entry in the config)
[a / A] Add file to the playlist / Add directory recursively
[d / C] Delete item from the playlist / Clear the playlist
[l] Switch between playlist and file list
[S / R / X] Switch shuffle / repeat / autonext
[.] , [,] Increase, decrease volume by 5%
[>] , [<] Increase, decrease volume by 1%
[M] Hide error/informative message
[H] Switch ShowHiddenFiles option
[^r] Refresh the screen
[r] Reread directory content
[q] Detach MOC from the server
[V] Save the playlist in the current directory
[g] Search the menu. The following commands can be used in this
entry:
CTRL-[g] Find next
CTRL-[x] Exit the entry
CTRL-[t] Toggle ShowTime option
CTRL-[f] Toggle ShowFormat option
[Q] Quit


スクリーンショットなど


文字化けもあるなー。
.m3uのフォーマットの関係だと思うがわからん。
ファイル名は文字化けしない。








AD

BubbleMon をインストール


DockApp の BubbleMon をインストールした。

BubbleMon


本家サイト
http://www.ne.jp/asahi/linux/timecop/

DockApp です。
memory load が水位。CPU稼働が泡(Bubble)として表現されています。
アヒルちゃんはなごみます。


ダウンロード


本家サイトより bubblemon-dockapp-1.46.tar.gz をダウンロード。

rpmリビルド


$ tar xvzf bubblemon-dockapp-1.46.tar.gz
$ cd bubblemon-dockapp-1.46/
$ ls
$ less README
$ less INSTALL

$ make
$ checkinstall -R


インストール


$ cd /home/**hoge**/rpm/RPMS/i386/
$ su
# rpm -Uvh bubblemon-dockapp-1.46-1.i386.rpm


起動方法


$ bubblemon &

↑とコマンド入力。
マウスをDockApp上に置くと画面が切り替わります。

その他オプションなどは↓。

ヘルプ


$ bubblemon -h

------------------------------------------------
BubbleMon version 1.41, features: DUCK CPU MEMSCREEN
Usage: bubblemon [switches] [program_1] [program_2]

Disable compiled-in features
-d disable swimming duck
-c disable CPU meter
-m disable memory screen

General options
-p use alternative color scheme in memory info screen
-k display memory and swap statistics in megabytes
-h display this help
AD

風博士 をインストールする。


風博士 0.2.5リリース

風博士 とは


風博士について
風博士はhtmlレンダリングにMozillaのGeckoエンジン,dillo embed,w3m等を利用したブラウザです.
現在のところはまだMozillaのGeckoエンジンしか搭載してません.

本家サイト
http://kazehakase.sourceforge.jp/ja/




インストール (apt)


VineLinux3.1 では apt-get によりインストールが可能です。
-----------------------------------------
$ su
# apt-get update
# apt-get install kazehakase
-----------------------------------------

Plus のパッケージだからデフォでもインストールできるでしょう。
できなければ /etc/apt/sources.list のaptラインに
「main devel plus updates extras task」を追加しましょう。

===== sources.list ↓==========

# (asahi mirror)
rpm [vine] ftp://ring.asahi-net.or.jp/pub/linux/Vine/apt 3.1/$(ARCH) main devel plus updates extras task
rpm-src [vine] ftp://ring.asahi-net.or.jp/pub/linux/Vine/apt 3.1/$(ARCH) main devel plus updates extras task

===============================

インストール (tar)


風博士 0.2.5リリース ということで、こちらをインストールしてアップグレードしよう。
(kazehakase-0.1.9-0vl2 2005/2/23現在VineLinux3.1)

ダウンロード


本家ダウンロードページ
http://sourceforge.jp/frs/index.php?group_id=388&release_id=2211

↑より kazehakase-0.2.5.tar.gz をダウンロード。

checkinstall で rpm作成


$ tar xvzf kazehakase-0.2.5.tar.gz
$ ls
$ cd kazehakase-0.2.5/
$ ls
$ less README.ja
$ less INSTALL

$ ./configure --prefix=/usr ←Vineでは重要!
$ make
$ checkinstall -R

====== checkinstall 中 ======
checkinstall 1.6.0beta3, Copyright 2002 Felipe Eduardo Sanchez Diaz Duran
This software is released under the GNU GPL.


The package documentation directory ./doc-pak does not exist.
Should I create a default set of package docs? [y]: ←そのままENTER

パッケージの doc の準備中OK

パッケージの description 情報を書いてください
End your description with an empty line or EOF.
>> kazehakase-0.2.5 ←入力 or そのままENTER
>>
This package will be built according to these values:

1 - Summary: [ kazehakase-0.2.5 ]
2 - Name: [ kazehakase ]
3 - Version: [ 0.2.5 ]
4 - Release: [ 1 ]
5 - License: [ GPL ]
6 - Group: [ checkinstall ]
7 - Architecture: [ i386 ]
8 - Source location: [ kazehakase-0.2.5 ]
9 - Alternate source location: [ ]
10 - Provides: [ ]
11 - Requires: [ ]

変更を行う場合、項目を番号で選んで Enter キーを押してください 。行わないならこのまま Enter でかまいません: ←そのままENTER

-- 途中略 --
ファイルリストを作成…OK
cat: /var/tmp/DBqPZQSYPifpZTimTeoB/libdirs: そのようなファイルやディレクトリはありません

**************************************
**** RPM package creation selected ***
**************************************

${HOME}/rpm has no SOURCES directory. Please write the path to
the RPM source directory tree: /home/**hoge**/rpm/ ←入力

RPM パッケージを作成中…OK

RPM パッケージをインストール中… FAILED!

*** Failed to install the package

ログファイルを見ますか? [y]: n ←入力 or y



rpmインストール


$ cd /home/**hoge**/rpm/RPMS/i386/
$ ls
$ su
# rpm -Uvh kazehakase-0.2.5-1.i386.rpm
# exit

起動方法


$ kazehakase &

↑とコマンド入力するか、メニューなどから起動。

mplayerplug-in のアップグッレード


mplayerplug-in がアップデートしてました。
(mplayerplug-in-2.80)

今回はロゴマークが変わって良い感じです。

mplayerplug-in


本家サイト
http://mplayerplug-in.sourceforge.net/

MPlayer


本家サイト
http://www.mplayerhq.hu/homepage/design7/news.html

日本語のわかりやすいインストールの仕方
http://shino.pos.to/linux/mplayer.html

ダウンロード


本家ダウンロードページ
http://mplayerplug-in.sourceforge.net/download.php

↑より mplayerplug-in-2.80.tar.gz をダウンロード。

rpmパッケージ リビルド


$ rpmbuild -tb mplayerplug-in-2.80.tar.gz

rpmパッケージ インストール


$ cd /home/**hoge**/rpm/RPMS/i386/
$ ls
$ su
# rpm -Uvh mplayerplug-in-2.80-fc.i386.rpm
# exit

起動・設定


Mozilla を立ち上げて plug-in が組み込まれているかチェック。
[ヘルプ] → [Plug-in について]

↑組み込まれていれば、WEB上のWindowsMedia系のファイル、MOV、AVI、など設定なしで見れるようになっているはず。

firefox で見るには?


前回のブログ「mplayerplug-in を firefox で使う」を見て下さい。

mplayerplug-in を firefox で使う


前回 mplayerplug-in をインストールする にて mplayerplug-in をインストールしたが、mozilla でしか使用できない状態でいた。

firefox で WindowsMedia系のファイルを再生できるようにする。


mplayerplug-in をインストールすると、/usr/lib/mozilla/plugins/mplayerplug-in.so にプラグインがインストールされる。

これを firefox の plugins ディレクトリにコピー→シンボリックリンクすれば良い。
シンボリックリンクの方がバージョンアップなどに対応できる。(2005/2/22訂正)

mplayerplug-in.so のリンク -その1-


自分の環境では firefox は /usr/lib/firefox*****/ にインストールしてある。
各自インストールしてある環境は違うだろうから(デフォルトではどこなんだ?)、とにかくインストールしてあるディレクトリに移動して、mplayerplug-in のシンボリックリンクを貼る。

------------------------------------------
$ cd /**各自の**/firefox/plugins/
$ ls
$ su
# ln -s /usr/lib/mozilla/plugins/mplayerplug-in.so ./ ←ドットスラッシュ
# exit

mplayerplug-in.so のリンク -その2-


上の方法だとバージョンが上がると対応できないかもしれない。
各 home/ ディレクトリに .mozilla/ がある。
この中にも plugins/ があるのでこちらにシンボリックリンクを貼る方が対応できそうだ。
しかし、各ユーザーで同じ設定作業が必要であり、root でも同じように設定が必要。(2005/3/15追記)

------------------------------------------
$ cd /home/**hoge**/
$ cd .mozilla/plugins/
$ ls
$ ln -s /usr/lib/mozilla/plugins/mplayerplug-in.so ./ ←ドットスラッシュ



動作の確認


firefox を立ち上げて以下(↓)のサイトなどで動作確認する。

Yahoo!ニュース - 動画ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/
Hikki's WEB SITE - Discography
http://www.toshiba-emi.co.jp/hikki/disco/index_j.htm
HITOMI SHIMATANI OFFICIAL WEB SITE - Discography
http://www.avexnet.or.jp/shimatani/disco/

fvwm-themes のフォントを変更して文字化けを解消


fvwm-themes をインストールできたのは良いが、またまた文字化けに悩む。
今回は .fvwm2rc の編集だけではダメだ。

ちょうど M+ BITMAP FONTS をインストールしたばかり(前回のブログ M+ BITMAP FONTS を使う)なので、同時にこちらのフォントの設定方法も書こうと思う。


fvwm-themes とは→ fvwm-themes をインストール を参考に

fvwm-themes の font の設定


/usr/share/fvwm/themes/default/fonts

本家のrpmパッケージを使用してインストールすると、こちらにフォントの設定ファイルがあるので以下(↓)のように編集する。

設定の仕方


===== (↓)/usr/share/fvwm/themes/default/fonts =====
#------------------------------------------
# General fonts

DestroyFunc FuncFvwmSetFont-WindowTitle
AddToFunc FuncFvwmSetFont-WindowTitle
+ I Style "$0" Font "-*-sans-*-r-*-*-12-*-*-*-*-*-jisx0201.1976-*"
↑設定
DestroyFunc FuncFvwmSetFont-IconTitle
AddToFunc FuncFvwmSetFont-IconTitle
+ I Style "$0" IconFont "-*-sans-*-r-*-*-10-*-*-*-*-*-jisx0201.1976-*"
↑設定
DestroyFunc FuncFvwmSetFont-Menu
AddToFunc FuncFvwmSetFont-Menu
+ I MenuStyle "$0" Font "-*-sans-*-r-*-*-10-*-*-*-*-*-jisx0201.1976-*"
↑設定
# for FvwmIdent (called in globallook)
DestroyFunc FuncFvwmSetFont-FvwmIdent
AddToFunc FuncFvwmSetFont-FvwmIdent
+ I *FvwmIdent: Font -*-sans-*-r-*-*-12-*-*-*-*-*-jisx0201.1976-*
↑設定
#--------------------------------------------
===== (↑)/usr/share/fvwm/themes/default/fonts =====

好みで sans を serif などに変更。


M+ BITMAP FONTS の設定


===== (↓)/usr/share/fvwm/themes/default/fonts =====
#------------------------------------------
# General fonts

DestroyFunc FuncFvwmSetFont-WindowTitle
AddToFunc FuncFvwmSetFont-WindowTitle
+ I Style "$0" Font "-*-goth_p-*-r-*-*-12-*-*-*-*-*-jisx0208.1990-*"
↑設定
DestroyFunc FuncFvwmSetFont-IconTitle
AddToFunc FuncFvwmSetFont-IconTitle
+ I Style "$0" IconFont "-*-goth_p-*-r-*-*-10-*-*-*-*-*-jisx0208.1990-*"
↑設定
DestroyFunc FuncFvwmSetFont-Menu
AddToFunc FuncFvwmSetFont-Menu
+ I MenuStyle "$0" Font "-*-goth_p-*-r-*-*-10-*-*-*-*-*-jisx0208.1990-*"
↑設定
# for FvwmIdent (called in globallook)
DestroyFunc FuncFvwmSetFont-FvwmIdent
AddToFunc FuncFvwmSetFont-FvwmIdent
#+ I *FvwmIdent: Font -*-fixed-medium-r-semicondensed-*-13-*
+ I *FvwmIdent: Font -*-goth_p-*-r-*-*-12-*-*-*-*-*-jisx0208.1990-*
↑設定
#--------------------------------------------
===== (↑)/usr/share/fvwm/themes/default/fonts =====

好みで goth_p を gothic に変更。


fvwm-themes をインストール


fvwm-themes とは


WM(ウインドウマネージャ) FVWM の見た目を大きく変化させてくれるソフト? テーマ。
ヴァージョンが上がって、かなり現代的な見た目に変化させてくれる。

本家サイト
http://fvwm-themes.sourceforge.net/
ScreenShot (スクリーンショット)
http://fvwm-themes.sourceforge.net/screenshots/

fvwm-themes を使うにあたって


fvwm-themes を使うにあたって、自分の環境(VineLinux3.1)では最初うまく動作しなかった。
本家のサイトの tar.gz より ./configure するとデフォルトで --prefix=/usr/local なのが原因のようだった。
(※要REDME)

今回 fvwm-themes を使うために ./configure --prefix=/usr しなおして再インストールする必要があった。
(前回のブログ「fvwm2 のアップグレード」を修正したので、そちらを参考に。)

=====================

$ ./configure --prefix=/usr ←重要
$ make
$ checkinstall -R

=====================

ダウンロード


本家サイトダウンロードページ RPMパッケージ
http://fvwm-themes.sourceforge.net/rpm/

(↑)より rpmパッケージ をダウンロード。
fvwm-2.5 以上は fvwm-themes-0.7 以上のバージョンが対応する

fvwm-themes-0.7.0-2.noarch.rpm
fvwm-themes-extra-0.7.0-2.noarch.rpm
wm-icons-0.3.0-1.noarch.rpm

インストール


$ su
# rpm -Uvh fvwm-themes-0.7.0-2.noarch.rpm
If you are running fvwm-themes now, to avoid problems choose
'Reset all to the default' from the Theme Management menu.

# rpm -Uvh wm-icons-0.3.0-1.noarch.rpm
# rpm -Uvh fvwm-themes-extra-0.7.0-2.noarch.rpm
For new themes to appear in your fvwm-themes menus, choose
'Refresh with no cache' from the Theme Management menu.



(↑)上記コマンドでインストールすると、途中で何やらメッセージが出るが、とりあえず3つのrpmパッケージをインストールしてしまう。

起動の方法


fvwm のメニューに fvwm-themes-start を登録する


$ cd .fvwm/
$ ls
$ gedit .fvwm2rc ←gedit 以外でも良い

======= (↓)編集内容 .fvwm2rc ==============

DestroyMenu MenuFvwmQuitVerify
AddToMenu MenuFvwmQuitVerify "$[gt.Really Quit Fvwm?]" Title
+ "&Q. $[gt.Yes, Really Quit]" Quit
+ "" Nop
+ "&R. $[gt.Restart]" Restart
+ "" Nop
+ "&Z. $[gt.Start] fvwm-themes" Restart fvwm-themes-start
+ "&T. $[gt.Start] twm" Restart twm ↑この部分を追加する
+ "&C. $[gt.Start] ctwm" Restart ctwm
+ "&2. $[gt.Start] tvtwm" Restart tvtwm
+ "&V. $[gt.Start] vtwm" Restart vtwm
+ "&M. $[gt.Start] mwm" Restart mwm
+ "&O. $[gt.Start] olwm" Restart /usr/openwin/bin/olwm
+ "" Nop
+ "&X. $[gt.Just an Xterm]" Restart xterm -n '"X Console"' -T '"X Console"'
+ "" Nop
+ "&N. $[gt.No, Don't Quit]" Nop

===== (↑)デフォルトの .fvwm2rc の内容 ============

上記(↑)のように .fvwm2rc を編集したら メニューからfvwmを再起動する。(ReStart)
すると編集内容が反映されてメニューに fvwm-themes が現れる。

メニューから fvwm-themes を起動する


編集してできたメニューから fvwm-themes を選んで起動すると、進化したロゴとともにデスクトップが変化する。
ポップアップで出た画面は「OK」をクリックして消す。
(別に必要ない画面。1度きりしか出ない。)

さて、本題にもどる。
英文のメッセージの残りを実行する。

1) メニューの
Theme Management menu'Reset all to the default' を実行。

2) メニューの
Theme Management menu'Refresh with no cache' を実行。


スクリーンショットなど



(↑) fvwm-themes のデフォルト


(↑) fvwm-themes の Olicha


(↑) fvwm-themes の XP


(↑) fvwm-themes の OSX


(↑) fvwm-themes の Metal

M+ BITMAP FONTS を使う

テーマ:

M+ BITMAP FONTS を使う


M+ BITMAP FONTS とは


本家サイト
http://mplus-fonts.sourceforge.jp/mplus-bitmap-fonts/

M+ BITMAP FONTS はシンプルで可読性の高いデザインを目標として制作された、X Window System 用のビットマップフォントセットです。
第二水準漢字まで揃った日本語フォントなどを、改変後の再配布なども含めて自由に利用する事ができるライセンスで公開しています。

ダウンロード


本家サイトダウンロードページ
http://mplus-fonts.sourceforge.jp/mplus-bitmap-fonts/download.html

(↑)上より tar.gz をダウンロードする。
mplus_bitmap_fonts-2.2.3.tar.gz

インストール


$ tar xvzf mplus_bitmap_fonts-2.2.3.tar.gz
$ cd mplus_bitmap_fonts-2.2.3/
$ ls
$ less README_J
$ less INSTALL_J

$ su
# ./install_mplus_fonts
# exit


インストール完了。

すべてやってくれるはずが...


(↑)これまでやった作業ですぐにフォントが使えるのかと思ったら、使えなかった。orz

/etc/X11/fs/config に登録されてません。


# ./install_mplus_fonts で自動的に作成された
/usr/X11R6/lib/X11/fonts/mplus
(↑)というディレクトリ(パス)を /etc/X11/fs/config 内に記述して認識させる必要がある。

本家のサイトにも以下の記述がございました。orz
初期設定のままで良ければ以下のコマンドだけでインストールすることができますが、フォントパスの設定はされていませんので、別途 /etc/XF86Config の編集や
"xset fp+ /usr/X11R6/lib/X11/fonts/mplus" などで設定してください。

/etc/X11/fs/config の編集


$ su
# vi /etc/X11/fs/config ←vi or gedit or ?

======= 編集内容 ===========
# where to look for fonts
#
catalogue = /usr/X11R6/lib/X11/fonts/japanese:unscaled,
/usr/X11R6/lib/X11/fonts/misc:unscaled,
/usr/X11R6/lib/X11/fonts/75dpi:unscaled,
/usr/X11R6/lib/X11/fonts/100dpi:unscaled,
/usr/X11R6/lib/X11/fonts/Type1,
/usr/X11R6/lib/X11/fonts/Speedo,
/usr/X11R6/lib/X11/fonts/japanese,
/usr/X11R6/lib/X11/fonts/misc,
/usr/X11R6/lib/X11/fonts/freefont,
/usr/X11R6/lib/X11/fonts/CID,
/usr/X11R6/lib/X11/fonts/TTF,
/usr/X11R6/lib/X11/fonts/TrueType,
/usr/X11R6/lib/X11/fonts/75dpi,
/usr/X11R6/lib/X11/fonts/100dpi,
/usr/X11R6/lib/X11/fonts/cyrillic,
/usr/X11R6/lib/X11/fonts/mplus, ←最後の","は重要
/usr/share/fonts/flash6,
/usr/share/fonts/alias/TrueType,
/usr/share/fonts/default/Type1,
/usr/X11R6/lib/X11/fonts/latin2/Type1,
/usr/share/AbiSuite/fonts

======= 編集内容(↑) =========


font 設定


本家サイトに詳しくあります。
http://mplus-fonts.sourceforge.jp/mplus-bitmap-fonts/install.html#usage

Leafpad


GTK+ ペースのシンプルなテキストエディタ。

本家サイト
http://tarot.freeshell.org/leafpad/

インストール


本家サイトより tar.gz をダウンロード。
leafpad-0.7.9.tar.gz

$ tar xvzf leafpad-0.7.9.tar.gz
$ ls
$ cd leafpad-0.7.9/
$ ls
$ less README
$ less INSTALL

$ ./configure
$ make
$ checkinstall -R


checkinstall で作成した rpmパッケージ をインストール。

$ cd /home/** hoge **/rpm/RPMS/i386/
$ ls
$ su
# rpm -Uvh leafpad-0.7.9-1.i386.rpm
# exit

起動・操作


$ leafpad &

とコマンド入力するか、メニューなどから起動。

試しに Shift_JIS なテキストを読み込むと自動で認識する。
メニューも日本語。
タイトルも日本語。
ヘルプも日本語。
なんでこんなに日本語通ってるのか!! いや、ダサイ。orz
も少し英語入ってる方が良い。
せめてタイトルにアイコンぐらい欲しかった。