wmxmms


XMMS を DockApp として起動するには

$ wmxmms &

これで DockApp 上でダブルクリックすれば xmms が起動する。

メインウインドウを表示・非表示するには→ 右クリック。
プレイリストを表示・非表示するには→ 中央クリック。
ボリュームコントロール→ スクロール。



$ wmxmms --help
----------------------------------
使い方: wmxmms [オプション]

オプション:
--------

-h, --help この文を表示して終了。
-g, --geometry 位置の指定(例 +20+20)
-s, --session xmmsのセッションを指定(デフォルト: 0)
-c, --command xmmsを起動するコマンドを指定(デフォルト: xmms)
-i, --icon xmmsが起動していない時のアイコンを指定。
-n, --single xmmsを起動するのにシングルクリックで起動。
-t, --title マウスが窓の中にある時にタイトルを表示。
-v, --version バージョンを表示して終了。

-----------------------------------

マウスをDockApp上にもっていくとタイトルを表示させたい時は

$ wmxmms -t &
AD

rxvt, Eterm 透過メモ

テーマ:

rxvt 透過メモ


$ rxvt -ip &

--------------------------------
-ip : 透過
-fg : 文字色(white, black, gray, など)
-bg : 背景色(white, black, green, navy, など透過すると意味ない)


Eterm 透過メモ


$ Eterm -O &

--------------------------------
-O : 透過
-f : 文字色(white, black, など)
-b : 背景色(white, black, など)
-s : スクロールバー(yes, no, on, off)
-x : ボーダーレス(yes, no, on, off)
AD

.emacs.my.el メモ

テーマ:

.emacs.my.el メモ


.emacs.my.el の自分なりのメモ。

========================================
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;; 画面の色(カーソル:白色)、サイズ(横:80桁、縦:36行)
(setq default-frame-alist (append (list '(cursor-color . "white")
'(width . 80)
'(height . 36))
default-frame-alist))

;;; *~ とかのバックアップファイルを作らない
(setq make-backup-files nil)

;;; #**# とかのバックアップファイルを作らない
(setq auto-save-default nil)

========================================
AD

VineLinux3.1 に OpenOffice.org をインストール



apt-get で入れる。

$ apt-cache search openoffice

--------------------------------------
gnumeric - GNOMEスプレッドシート
openoffice.org - OpenOffice.org オフィススイート
openoffice.org-i18n - OpenOffice.org 国際化対応パッケージ
openoffice.org-libs - OpenOffice.org 共有ライブラリ



$ su
# apt-get update
# apt-get install openoffice.org

--------------------------------------
パッケージリストを読みこんでいます... 完了
依存情報ツリーを作成しています... 完了
以下の追加パッケージがインストールされます:
openoffice.org-libs
以下のパッケージが新たにインストールされます:
openoffice.org openoffice.org-libs
アップグレード: 0 個, 新規インストール: 2 個, 削除: 0 個, 保留: 0 個
116MB のアーカイブを取得する必要があります。
展開後に 310MB のディスク容量が追加消費されます。
続行しますか? [Y/n] ←y [ENTER]



openoffice.org-i18n が一緒にインストールされない。
別に必要ないのか?
とりあえず、使用してみたら問題無く動いてるようだ。
インストールしたい人だけインストールする。(381MBも使うので)


# apt-get install openoffice.org-i18n

----------------------------------------
パッケージリストを読みこんでいます... 完了
依存情報ツリーを作成しています... 完了
以下のパッケージが新たにインストールされます:
openoffice.org-i18n
アップグレード: 0 個, 新規インストール: 1 個, 削除: 0 個, 保留: 0 個
56.3MB のアーカイブを取得する必要があります。
展開後に 381MB のディスク容量が追加消費されます。
取得:1 ftp://ring.asahi-net.or.jp 3.1/i386/plus openoffice.org-i18n 1.1.2-0vl1 [56.3MB]


==================================
以上

apt-get で入れるとバージョンがちょと古いのが難点。
パケジャさんがんばってくれ!!

しかし、マジで重いね。
オフィスだからしかたないけどさ。


-----------------------------------

OpenOffice.org


http://ja.openoffice.org/

VineLinux3.1 に RealPlayer10 をインストールする



RealPlayer 10


https://helixcommunity.org/

----------------------------------------
Linux 用 RealPlayer 10.0.2.608

リリース ノート 2004 年 12 月

システム要件

* 350MHz Intel Pentium II プロセッサまたは同等品 (Intel Pentium III 500 MHz 以上のプロセッサ推奨)
* 64MB 以上の RAM
* 30MB 以上のディスク スペース
* 28.8Kbps モデム (高速インターネット接続推奨)
* OSS ドライバでサポートされたサウンド カード
* 65,000 色ビデオ ディスプレイ カード (解像度を 800×600 に設定) (ビデオ)


10.0.2.608 の新機能

Linux 用 RealPlayer 10.0.2.608 では、新たに以下の 2 つの言語をサポートするようになりました。

* ポーランド語 (Marcin Garski の協力)
* ヒンディー語 (Dhananjaya Sharma の協力)


10.0.1 から発生していた KDE 固有の問題がいくつか修正されました。
* mimelnk サポート - プレイヤーで KDE MIME タイプを設定できるようになりました。
* gtk-qt テーマ エンジンの修正により、ビデオ ウィンドウを囲むレター ボックスが黒で表示されるようになりました。
* [お気に入り] メニューのアイコンにより、一部の qt ベースのテーマの見栄えがよくなりました。
* KDE でのフルスクリーン表示をサポートするようになりました。これは freedesktop.org の標準を先取りしたものです。


既知の問題

* プロキシを使用していて、メディアの再生で問題が発生する場合は、HTTP のみを使用した RTSP 転送を実行してみてください (環境設定の転送画面で [use specified transport (特定の転送を使用)] を選択して、[configure rtsp (RTSP 設定)] をクリックし、[attempt multicast (ライブ コンテンツにマルチキャストの使用を試みる)]、[attempt udp (すべてのコンテンツに UDP の使用を試みる)]、[attempt tcp (すべてのコンテンツに TCP の使用を試みる)] チェックボックスをすべてオフにします)。

* 古い GTK バージョンでお気に入りを管理している場合、コンテキスト メニューが表示されない場合があります。

* RealPlayer 8 が (RPM を使用して) システムにインストールされている場合、RealPlayer 10 RPM では、RealPlayer 10 のインストール前に RealPlayer 8 を削除しません。 つまり、RealPlayer 8 と RealPlayer 10 が、同じシステム上に存在することになります。 この構成によって、Embedded Player (プラグイン) に問題が発生した場合は、Mozilla のプラグイン ディレクトリからファイル rpnp.so を削除してください。 (発行番号 2678)

* RealAudio 3 でエンコードされた一部のコンテンツを再生できません。 オーディオ コーデックとして RealAudio 3 を使用するマルチメディア コンテンツは、オーディオなしでも再生されます。 RealAudio 3 は、非推奨になっています。

* プレイヤーで、gnome-vfs URI (smb://) のコンテンツが再生されません。 回避策は、smbmount などを使用して Samba 共有をマウントすることです。(発行番号 2269)
* Alsa と Esound ドライバは、このビルドには含まれていません。再生用の OSS デバイスは、AUDIO 環境変数 (例: export AUDIO=/dev/dsp2) を使用して設定できます。

* プレイヤーに影響する最新の問題リストについては、Helix Player のバグ トラッカーを参照してください。

* UDP ポートの値を指定する場合、その範囲を設定する必要があります。


UseUDPPort=1
UDPPort=7000-7010

UDP ポートの値に単一の数値を設定すると、プレイヤーがクラッシュします。


テクニカル サポート

Linux 用 RealPlayer に関するサポート情報は、http://service.real.com を参照してください。 RealPlayer をクリックして、ドロップダウン リストから Linux 用/Unix 用 RealPlayer 10 を選択します。

開発チームへのお問い合わせは、users@player.helixcommunity.org まで電子メールを送信してください。

Helix Player プロジェクトに関するプレイヤーのヘルプ ページを参照してください。

RealPlayer をご利用いただきありがとうございます。
-------------------------------------


インストールの仕方



ダウンロード


https://player.helixcommunity.org/2004/downloads/
↑より
RealPlayer-10.0.2.608-20041214.i586.rpm をダウンロード。


インストール



$ su
# rpm -Uvh RealPlayer-10.0.2.608-20041214.i586.rpm
# exit


初期設定



$ realplay &

↑コマンド後、設定ウイザードにそって設定。
その後、「ツール」→「環境設定」において

1) ブラウザ パス
2) 接続 帯域幅
3) 詳細 コンテンツの言語

などを環境に合わせて設定すれば良い。

-----------------------------------
以上
この前の mplayerplug-in と合わせて無敵だ。

fluxbox のメニュー

テーマ:

fluxbox



最近使っているのが fluxbox。
軽いWM(ウインドウマネージャー)だ。

本家 FLUXBOX
http://fluxbox.sourceforge.net/

詳しい使い方はこちら
Fluxbox 文書
http://fluxbox.sourceforge.net/docbook/ja/html/

VineLinux3.1 では apt-get install fluxbox にてインストールできる。



メニューの設定



fluxbox の設定ファイルは .fluxbox/ の中にある。

$ ls -a
.fluxbox/

$ cd .fluxbox/

$ ls
backgrounds/ init keys lastwallpaper
menu menu.bak menuconfig usermenu

メニューに関する設定ファイルは
1) menu
2) menuconfig
3) usermenu

うち usermenu は最初から存在しない。

menu ファイルは「Fluxbox設定」-「ツール」-「メニュー再作成」を行うことにより、毎回自動的に作られて自動的に更新される。
これは、新しいアプリケーションなどをインストールしたりした時にはとても便利だ。
しかし、すべてのインストールしたアプリケーションが登録されるわけではない。
menu ファイル自体を編集して好きなアプリケーションを追加することもできる。
しかし、「メニュー再作成」実行によりまた元に戻されたりする。

自分の好きなメニューを登録できるようにするために usermenu ファイルを使う。



usermenu を使う



usermenu ファイルを使うと「メニュー再作成」実行時に usermenu に書いてある通りにメニューに取り込んでくれる。

※VineLinux3.1 上での環境しかわかりません。
menuconfig ファイルを開き以下の部分を編集する(#を消す)

# location with your own menu-entries
# USERMENU=~/.fluxbox/usermenu
↓ ↓ ↓
# location with your own menu-entries
USERMENU=~/.fluxbox/usermenu

編集したら保存する。
次に usermenu ファイルを作成する

------------------------------
$ cd .fluxbox/
$ ls
$ vi usermenu ←viでなくても何でも良い

usermenu というファイルを作成する。
書式は menu を参考に書く。

=== usermenu 内容 ===
[submenu] (2chブラウザ)
[exec] (おちゅ~しゃ) {ochusha}
[end]
[submenu] (DockApp)
[exec] (wmsm) {wmsm -t 3}
[exec] (wmsmixer) {wmsmixer -w}
[exec] (wmxmms) {wmxmms -t}
[exec] (wmmon) {wmmon}
[end]
=== usermenu 終わり ===

保存して「メニュー再作成」を実行すれば取り込まれているはずだ。

-------------------------------------
以上
menu menuconfig あたりをいろいろ見ればもう少しカスタマイズできることがわかるだろう。

DockApp WMsmixer


WMsmixer (volume control, mixer)
http://dockapps.org/file.php/id/63

いろんなボリュームをコントロールできるApp。



インストール



checkinstall を使い rpmパッケージでインストールする。
(VineLinux3.1では # apt-get install checkinstall で入手してから)

1) wmsmixer-0.5.1.tar.gz をダウンロード
2) tarを展開
3) ディレクトリに移動
4) READMEを読む
5) READMEにそって make まで実行
6) checkinstall にて rpmパッケージを作成
7) rpmパッケージをインストール


$ tar xvzf wmsmixer-0.5.1.tar.gz
$ cd wmsmixer-0.5.1/
$ ls
$ less README
$ xmkmf
$ make
$ checkinstall -R
$ cd /home/**hoge**/rpm/RPMS/i386/
$ ls
$ su
# rpm -Uvh wmsmixer-0.5.1-1.i386.rpm
# exit


--- checkinstall 途中 ---
The package documentation directory ./doc-pak does not exist.
Should I create a default set of package docs? [y]: ←[ENTER]

パッケージの description 情報を書いてください
End your description with an empty line or EOF.
>> ←[ENTER]

変更を行う場合、項目を番号で選んで Enter キーを押してください 。行わないならこのまま Enter でかまいません: ←[ENTER]

cat: /var/tmp/dePGLiEcHdEepClKhiWE/libdirs: そのようなファイルやディレクトリはありません

**************************************
**** RPM package creation selected ***
**************************************

${HOME}/rpm has no SOURCES directory. Please write the path to
the RPM source directory tree: /home/**hoge**/rpm/

ログファイルを見ますか? [y]: ←[ENTER]or[n]


==============================

WMsmixer を使う



$ wmsmixer &

DockAppとして使うには

$ wmsmixer -w &

DockApp上でマウスホイール(↑↓)するとボリュームを調節できる。
以下ヘルプ

$ wmsmixer --help
usage:

wmsmixer [options]

options:

-h | --help display this help screen
-v | --version display the version
-w use WithdrawnState (for WindowMaker)
-s shaped window
-a use smaller window (for AfterStep Wharf)
-l led_color use the specified color for led display
-b back_color use the specified color for backgrounds
-d mix_device use specified device (rather than /dev/mixer)
-position position set window position (see X manual pages)
-display display select target display (see X manual pages)

------------------------------------
以上

前回の wmsm と並べて起動しても良い感じ。

DockApp wmsm.app


wmsm.app (CPU,MEM,SWP,I/O,UPTIME)
http://www.unetz.com/schaepe/DOCKAPPS/dockapps.html



fluxbox と DockApp


最近WMを fluxbox に変えた。

fluxbox を使用していると gkrellm より DockApp の方がカッコ良く思えるのは厨なのか?;
http://www.bensinclair.com/dockapp/
↑よりgkrellmに代用できるようなDockAppを探す。



インストール



1) wmsm.app-0.2.0.tar.bz2 をダウンロード。
2) tarを展開。
3) 展開してできたディレクトリに移動。
4) INSTALL を読む。
5) INSTALL に書いてある通り実行する。(* makeまで)
6) checkinstall にて rpmパッケージを作成する。
7) rpmパッケージをインストール。


$ tar xvzf wmsm.app-0.2.0.tar.bz2
$ cd wmsm.app-0.2.0/
$ less INSTALL
$ cd wmsm/
$ make
$ checkinstall -R
$ cd /home/**hoge**/rpm/RPMS/
$ ls
$ su
# rpm -Uvh wmsm-200*****-1.i386.rpm
# exit


~~~~~checkinstall 途中課程~~~~~
The package documentation directory ./doc-pak does not exist.
Should I create a default set of package docs? [y]: ←そのまま[ENTER]

変更を行う場合、項目を番号で選んで Enter キーを押してください 。行わないならこのまま Enter でかまいません: ←そのまま[ENTER]

.........
......
...

cat: /var/tmp/UdWnLTOkoPDhlPIqWAQL/libdirs: そのようなファイルやディレクトリはありません

**************************************
**** RPM package creation selected ***
**************************************

${HOME}/rpm has no SOURCES directory. Please write the path to
the RPM source directory tree: /home/***/rpm/ ←入力

↑どこに rpm/ があるのか? 絶対パスで指定する。
/home/**hoge**/rpm/
/root/rpm/ など
(# root で作業することはあまり推奨されない。)


======================================

checkinstall



VineLinux3.1 では apt-get でインストールできます。

# apt-get install checkinstall

使い方は
http://herr0s.hp.infoseek.co.jp/checkinstall.html

rpmパッケージ作成には [-R] オプションを使用する。

$ checkinstall -R



wmsm.app の使い方



$ wmsm &

$ wmsm --help

wmsm: invalid option -- -
wmsm-0.2.0 WindowMaker System Monitor
-t <num> scale type num={1,2,3,4}
-m mem correction
-h this

スケールタイプ(scale type)を選ぶことができます。

$ wmsm -t 1 &
$ wmsm -t 2 &
$ wmsm -t 3 &
$ wmsm -t 4 &

個人的には -t 3 が良い感じ。

------------------------------------
以上

Flashplayer7


http://www.macromedia.com/shockwave/download/download.cgi?P5_Language=Japanese&Lang=Japanese&P1_Prod_Version=ShockwaveFlash&Lang=Japanese
↑よりダウンロード

インストールはサイトに書いてあるので(ry

状況判断


Flashplayer をインストールしてもサイトのフラッシュないでテキストが表示されないことがある。

BUFFALO
http://www.melcoinc.co.jp/
タイピング モナー
http://www.dawgsdk.org/typingmona/

お勉強


Flashプログラムにおいて「外部のテキストを読み込んで表示する」機能を使ったFlashを使用している場合や、ブラウザからキーボードの入力を受け付けて表示させたりしているFlashなどがこれにあたる。
http://www.ddnj.com/guide/artflash/howto/gaibu2-00.html
http://1art.jp/flash/le/lesson27/lesson27.htm

Flash作成の仕様によるが、通常は各PC環境の"等幅フォント"で表示するようになっている。
(プロポーショナルフォントの指定もできる。)
この仕様がVineLinuxにおいては、TrueType-kochi.ttf と TrueType-mincho.ttf にデフォルトになっているので、それを設定すれば解決できる。(らしい、、、変な日本語だ)

=====================================================

解決策


http://search.luky.org/vine-users.6/msg07916.html
↑ここに解決の方法があります。

ただ、これを設定しても表示がされませんでした。
TrueType-kochi-subst がインストールされてないとダメなので、

$ rpm -qa | grep TrueType
$ su
# apt-get install TrueType-kochi-subst
# exit
$ rpm -qa | grep TrueType

フォントを設定する。

$ su
# cd /usr/X11R6/lib/X11/fonts/TrueType
# ln -s kochi-gothic-subst.ttf kochi-gothic.ttf
# ln -s kochi-mincho-subst.ttf kochi-mincho.ttf
# ftdumpxlfd kochi-gothic.ttf >> fonts.dir
# ftdumpxlfd kochi-mincho.ttf >> fonts.dir
# xset fp rehash

リンク先のサイトにも書いてあるとおり、好きなフォントを設定できるようだ。

# ln -s sazanami-gothic.ttf kochi-gothic.ttf
# ln -s sazanami-mincho.ttf kochi-mincho.ttf

という感じ。(実際にはしてないが)
以上で Flashplayer にテキストが表示されるようになっているはず。

BUFFALO
http://www.melcoinc.co.jp/
タイピング モナー
http://www.dawgsdk.org/typingmona/