ドライブ中に給油メーターの警告灯がついたとしても慌てる必要はありません。JAF(日本自動車連盟)のテストによると、給油ランプがついた時点で、車種にもよりますが、約8~11リットルのガソリンが残っているという結果が出ています。一般車の場合、あと50キロは走ることができると考えられます。高速道路のサービスエリアが約50キロ間隔で設けられているのも、こうした理由からなのです。
AD