屋形船 第十八濱田丸


屋形船って、皆さんどんなイメージをお持ちですか?

≪漁船に屋根がついたようなもの≫を想像される方も多いと思います。

まだまだ知られていない屋形船の世界を、屋形船で働く社長がお伝えします。

屋形船 濱田屋 のサイトものぞいてみてくださいね!

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-11-24 18:01:34

鯛の塩釜 ( お客様のリクエストもあり・・・やって見ました )

テーマ:ブログ

皆さま、お疲れ様です。

 

今日は雪も降り、本来ならば調査船へ向かうところでしたが、本日は中止となり、料理長から本日はお客様からのリクエストがあったあれをやって見ようかと思いますとのことで、あれをやって頂きました!!

 

[ 鯛の塩釜 ] です。 日本料理の大御所とでも言えば良いでしょうか? 実は挙式用でのご要望です。

 

塩と卵黄を混ぜたものを鯛全体にまぶします。(私がやっている訳ではありません。)

良い型の鯛を仕入れてもらいました!!濱田屋ではこの大きさがオーブンでもぎりぎりだそうです。1.5Kの鯛です。

で、鯛に全体的に例の塩でくるみます。(私ならこれで終わります

が・・・・)

あっという間に鯛の形が出来上がりました。が、1.5Kは大きかったか、尾の部分がはみ出してしまいます・・・・

じゃ、尾の部分も作ってもらいました。(中身は塩です。)

ぱりっと仕上がりました!! 匂いも香ばしく、鯛の身も美味しかったです!! 周りの塩の塊がとても美味しく見えたのですが

中身は塩・・・・

この鯛の身をご飯の中へ入れたらどうか・・・

[ 鯛飯 ] もいいんじゃないかと料理長が言っていたところ・・・

なんと、鯛パスタを料理長が作ってくれました!! 写真を撮る前にスタッフが食べてしまい・・・・撮れていないのが残念です。

では・・・・

[ 鯛パスタ ] もいいんじゃないかと・・・・

もしかして・・・・私がお客様にご提供するのか? うーん、優秀な

濱田屋のスタッフにお任せしよう、それがいい。いや、大丈夫か、

要検討ですね。ルーティーン以外のものを行うのは難しいですね

 

色々とやっている濱田屋からでした。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-24 17:14:17

約50年ぶりの11月の雪

テーマ:ブログ

皆さま、お疲れ様です。

 

本日は11月では54年ぶりの雪だそうです。

師走のような寒さで、現場は大変です。

 

お客様には雪見で一杯と思っていたのですが・・・・・

お客様がご乗船されるときには雪がやむとは・・・・良いような、間が悪いような・・・・です。

 

雪は皆様ご覧になられたと思いますので、荒川の河川の状況をご覧ください!!

もやがかかっていて、川の温度が空気よりも高いと、こういう現象がおこるとのことです。珍しいですね!!

 

松本からでした。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-20 17:56:56

調査船 2

テーマ:ブログ

皆さま、お疲れ様です。

 

先日も、調査船、行かせて頂きました!!

護岸のコンクリートの調査なんですけど、普段行かない場所に行けるということが何とも言えないのです!!

 

では中川から見てみましょう!!

どんだけクレーンがあるのかと驚きました。10年以上前にここへ小船で測量させて頂いた場所です。(何回も測量を行った場所です) ついに、ついに、新しい、いけてる護岸が出来るところです

今まではカミソリ堤防だったところが、人も歩ける、耐震補強もされているきれいな護岸になるようです!!

私はただ、船を測量士に方に言われるままに操船していただけなのですが、何か誇らしげです・・・・

こちらは新中川です。先ほどの中川繋がっております。川幅は先ほどの中川よりもぐんと狭くなっております。以前はこの河川敷の護岸は鉄の矢板が多かったのですが、今では川べりまで歩ける遊歩道のようなものまで出来ていて、散歩の方や多くの釣人なども見受けます。ここもかなり耐震補強工事下流から行っておりました。これは私的なことですが、ここにある船宿の桟橋がうらやましいほど・・・・整備されているのには・・・・・悔しいやら・・・・羨ましいやらで・・・・環境とはここまで違うのかと思うほどです。

 

ここは旧江戸川です。先ほどの新中川と繋がっています。

丁度、毎年濱田屋が屋形船を上架する場所のとなりが今回の現場でした。上記の写真が江戸川区で下の写真が千葉県です。

川を挟んで東京と千葉というのも、なんとも楽しいものです!!

またこの2枚の写真の面白いところは、売店があるということです。東京のほうは、キャンピングカーのようなちょっとした売店があり、千葉県のほうは、立派な家が建っております!!

荒川では信じられないことです。荒川は封建的なので、このようなものは一切出来ないでしょう・・・・・出来てもゴルフ場くらいですか・・・・。

では最後にこれ、どこでしょうか? そうです、隅田川です!!

荒川区と足立区の間です。マンションの手前が紅葉が色づき、

なんとも良い風景でした。(もう少し、このような場所が隅田川に

広くあれば・・・・もう、無い物ねだりの大魔王になってしまうところでした。 自粛いたします。が、希望もしております!!

 

松本からでした。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-20 17:17:43

消防署との災害時協力!!

テーマ:ブログ

皆さま、お疲れ様です。

 

昨日、地元の消防署と防災訓練の一環として、対岸から消防士の方と自転車を屋形船に乗せ、濱田屋の桟橋(対岸)まで搬送するというものです。

 

この練習は実際はないことを祈るだけなのですが・・・

荒川の橋脚が落ちた折に、消防員さんや警察官さんを優先的に対岸に搬送して、我々の治安維持をしていただくためにも、濱田屋は協力致します。

対岸から対岸へ渡すだけなんですが、これも離着岸の練習と思えば、万が一の災害時でも他の桟橋も利用しながら多少なりとも活躍できるかもしれません。また、屋形船のみならず、濱田屋には小船もありますので、浅瀬や桟橋以外の護岸からも非常時の時には動けるかと思います。そういう日が来ないことを祈っております。

 

松本からでした。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-13 20:08:13

調査船・測量船もやってます!!

テーマ:ブログ

皆様、お疲れ様です。

 

本日は調査船をご紹介致します。

 

船はこれ

この和船が作業にはとても役に立ちます!!背の高いつり船や、モーターボートは浅瀬や護岸着岸も小回りが全く効きません。

今回は護岸調査です。(護岸のコンクリートの亀裂を調べるそうです。)

私には大きな亀裂しか分からないのですが、プロは細かく念入りに調べます。

こんな感じでチョークではじめにしるしをつけます。

護岸の調査をしながらといっても私は安全に船を操船するだけですが・・・気になることもありました!!

大学のそばの護岸は、とても整備されて、散歩やつり人で賑わっておりました。

が・・・・・

大学のない対岸はと言うと・・・・ごらんの通りの人も歩けない、昔のかみそり堤防です・・・

しかし、自然という点では面白いですね。(護岸に葦を植え、自然観を出しております。)また人を寄せつけない護岸ですね。

まだまだの都心の護岸でした。

調査船や測量船や警戒船なども行っておりますので、よろしくお願い致します!!

 

松本からでした。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-13 19:50:31

日本橋 観光船 下調べ 第一回

テーマ:ブログ

皆様、お疲れ様です。

 

もう、冬だか、秋だか、夏だか、分からない陽気ですね~。

温暖化なんでしょうか・・・・ 

先日、屋形船組合よりのご指名にて(うーん、私はいつも同じ船宿が行うのではなく、たまには違う船宿も使うべきと訴えてはいるものの、結局やる船宿は限られている・・・・

 

なぜなんだろうか? もっと違う船宿を使うことで、もっと組合の求心力が出てくるのではないだろうか。無理してもいつもとは違う船宿を指名すべきである!!

 

なぜ濱田屋がやるのか・・・

濱田屋だからやるのである。私はこう思うので、組合の仕事も多くいただけるのだが、協力も惜しまない。他の組合員も参加してほしい。

 

来年の東京マラソン搬送という組合行事でも大きなイベントで、

毎年行われている年中行事です。そこで上記の話ではないのですが、濱田屋が通年参加しております!!

 

いつもは東京ビッグサイト(有明桟橋)がゴール地点なので、そこで搬送するのですが・・・今回の東京マラソンのゴールは東京駅ということで、ゴール地点が東京駅にほど近い、日本橋(日本橋のたもとに我々が使用できる桟橋があります。)に搬送するといいことで、下調べに行って参りました。

 

同業者の方からは濱田屋の18号で問題なく通れるとのことでしたが・・・・(どうも・・・自分の目で確かめたくて・・・・

 

まずやばいのが隅田川からはじめに潜るこの橋・・・海豊橋ですが・・・もっと橋げたをもう少し高くしてほしいところ・・・・

水位が低いとくぐれるがちょっとでも高いとくぐれない。

 

次の橋はこれ、これもかなり低い橋で、幅も狭い・・・

次は問題なさそうですね。

ここも低い橋ですが・・・この先が問題です!!

うーん、悩む、右か左か、セオリーは右なんだけど・・・・橋脚が長さのある屋形船(長さ約30メートル)が曲がれるのか・・・。左側を通ると・・・川の水深が浅いので、座礁する可能性あり・・・・。

ここは難問であるが、今度長さ30メートルの屋形船で試してみたい!!

なにやら、右側が通れないようなので、ここは左側へ通ってみる

うーん、日本橋が見えてきた。ちなみに私は小船で航行中。

うーん、橋脚が多いですね。屋形船でUターン出来るのか?

日本橋桟橋です。今度は屋形船にて来ます!!

出張屋形船屋としてはどこまでも行きたいと思います!!!!!!!!!!!!!!!

 

可能性を追求する松本からでした。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-08 16:46:02

忘新年会イベント!!

テーマ:ブログ

皆さま、お疲れ様です。

 

秋を通り越して、あっという間に冬が到来しましたね。

例年、濱田屋では忘新年会シーズンにじゃんけん大会という

イベントを行っております。

 

年末年始になると幹事さんが色々な景品をお持ちになり、ビンゴ

などのゲームを行う方が多く見受けます。

 

そこで濱田屋では幹事様に成り代わり、ちょっとした景品えおご用意させてもらい、じゃんけん大会を毎年行っております。

 

毎年、どのような景品にするか、悩みます。

はじめは任天堂ミニファミコンが良いかなぁと思っておりましたが

皆さまもご存じの通り、なかなか入手困難であり、定期的には無理かと・・・・では次は・・・・

上記のような1点豪華主義的なものも考えたのですが・・・・・

スタッフの意見は3点くらいあった方が良いとのことだったので、

えーい、これでということになりました。

 

じきにHP上にも出てくるかと思いますが、今年はこれに決定しました。

1等 ボードゲーム (お正月に家族団欒。)

2等 面白カレンダー もしくは 小判型の入浴剤

3等 日本手ぬぐい(濱田屋オリジナル)

です。 

たいした物ではないかもしれませんが、屋形船で景品が出るのは濱田屋だけだと思います。是非、忘新年会の会場が決まっていない幹事様は濱田屋に・・・・・

お待ち申し上げております!!

 

松本からでした。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-10-22 15:21:31

荒川の護岸(新旧)

テーマ:ブログ

皆さま、お疲れさまです。

 

すっかり秋めいてきましたね。すぐに今年は秋を通り過ぎ、冬がやってくるような季節ですね。

 

どこの河川敷も今は公共工事で橋の色を塗り替えたり、川の護岸の耐震補強工事をしたりと、冬になると急に工事が増えます。

 

濱田屋の周りも護岸工事が行われておりますので、ご覧ください。

手前の葦がはえている場所が濱田屋のエリア(天然のような作りの護岸)、奥が葦を撤去した護岸(人口護岸)です。

どちらが良くてどちらが悪いということではありませんが、見た目は人口護岸の方が良いですよね。私的には手前の天然のような護岸の方が好きなのですが・・・

工事が行われないと、こんな感じです。( 自然が一杯という感じですね。 )  こういう場所には多くの水生生物が暮らしております。カニやトカゲや蛇、ヤゴやバッタやタヌキまでやってきます。

しかし、人間にとっては・・・やはり人工的な方が良いのかもしれませんね。

濱田屋では桟橋の周りにある天然のような護岸(葦)をこのように守ってきたつもりです。 この塀がないとどんどん崩れて土がなくなります。(コンクリートも良いのですが、芝生もいいですよ)

上の2枚の写真を見てお分かりの通り、上が整備された護岸、下が以前のままの護岸です。ここで仕事をしていると上の護岸のほうが魅力的です。あまり草刈りをしなくとも良いから・・・・ほとんど私が草刈りをしているので、楽になります。下は大きな木がいつの間に育ったのかと思うほどの大木があり、自然な感じです。

 

仕事をする側では人工的な方が見栄えも良く、手入れも楽になるので、私はこれで良いのですが、皆さんは如何でしょうか。

 

松本からでした。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-10-17 12:57:13

豊洲埠頭の風景もいいですね~(第二弾)

テーマ:ブログ

皆さま、お疲れ様です。

 

昨日まではTシャツで大汗をかいていたのですが・・・・・

今日は雨で、秋模様となっております。

 

この前は豊洲埠頭は夜景が素晴らしいということをお伝え致しましたが、今回は風景も素晴らしいので、是非ご覧ください!!

 

おっと、その前に・・・・

 

この頃、挙式のお客様がありがたいことに増えており、この日も屋形船での披露宴となりました。

色々な場所の神社で御式をするのですが、私的にはここ、牛嶋神社がベスト1な式場かと思います。とても静かで、神社の側には庭園もあり、宮司様もとても親切な方なので、選ぶならここかなと思います!!

 

では本題に戻りましょう。

 

毎朝、毎晩TVにて出演の豊洲市場です。ここから見える風景が良いというコーナーです。

豊洲市場の先端に立つとこんな感じかと思います。晴海客船ターミナルや晴海のビル群が立ち並びます!!

またレインボーブリッジは良く見えます!!

で、東京タワをー中心とした風景も豊洲市場の先端なら見えます

あの有名な築地大橋に繋がる豊洲大橋から見える晴海埠頭です!!ここもすごいビル群です。

それに豊洲と言えば、ららぽーと(以前の勝鬨橋のように橋はハノ字にあがります!!またちょっとした角度でスカイツリーも見れます。

上記を全部見るというと・・・・けっこう歩きます。(但しいつも私は船で航行するので、あっという間ですが・・・) が、今はまだ入場できない場所ではありますが、皆さまには先駆けてお伝えできればと思います。

風景も夜景も良しの豊洲埠頭からでした。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-10-15 08:08:49

豊洲市場から見る夜景は如何?

テーマ:ブログ

皆様、お疲れさまです。

 

今、豊洲に築地と言えば毎日新聞やテレビを賑わっておりますが今回は違う角度から見てみたいと思います!!

 

私は屋形船とは 第一が食事で 第二が観光だと思っております。

食事の紹介は秋・冬と致しましたので、今回は観光で参ります!

 

では豊洲市場の夜景からご覧頂ければと。

 

 

巨大な敷地を誇る、豊洲市場です。私の思うところ・・・・・

市場とともに、この場所から見える夜景は東京のかなでも有数の夜景スポットではないかと思います。

その理由は・・・・

 

豊洲市場から真正面がここ、晴海埠頭です。晴海の客船ターミナルと東京タワーやビルの夜景がたまりません。

 

 

豊洲市場の後方は、ここも豊洲ではありますが・・・・豊洲のララポートが出現します。

 

ここは豊洲市場から台場方面を見た場合です。大観覧車やフジTVなどのビルの夜景が見れます。

 

もちろん、東京港の主役、レインボーブリッジも良く見えます。

 

これだけの夜景が見れる場所は、ここ豊洲しかないのではないかと思われます。ここに市場が移転されれば、市場での買い物と合わせて、風景や夜景も見に来られること間違いなしですね!

そういえば、ここにも大きな桟橋がありましたね~、一般利用も出来ればありがたいですね。桟橋は使ってなんぼかと思います

 

この夜景は屋形船から当たり前にご覧になられる夜景ではあります。やはり、屋形船で移動しながら、食事もしながら、夜景も見れるということで・・・・お後がよろしいようで・・・・・

 

松本からでした。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。