~狩人達の酒場~

様々なことを書いてきましたが、当初の意図とは移りかわり、なんでもありの情報ブログ化してきました。まさに野次馬のごときブログです。いずれはいろんなハンター達の情報交換の場所をいずれは作りたいと思います。(ハンター×ハンター参照)


テーマ:
河南省鄭州市に住む李(リー)さんは、夫と共に役所に準生証を取得しに行ったものの、役所に発行を断られた。理由はデータ上、李さんは1977年4月6日に生まれ、1979年生まれの男性と1987年1月1日に結婚。1988年1月1日に第1子を出産していることになっていたこと。つまり、李さんは9歳で結婚し、10歳で子どもを出産していたことになっていたのだ。李さん夫婦は「10歳で子どもを産めるわけがない」と訴えたが、窓口の担当者は「これは絶対にあなたたち個人の問題」と言い、システム上の問題ではないと主張している。

この騒動に、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)にはさまざまなコメントが寄せられている。

「10歳で子ども産んだ?急いでギネス記録に申請しろ」
「中国は何でもありだな」
「私も同じことがあった。子どもを産んだ後、役所が私の資料を調べたら高校のときに女の子を産んでるだって。名前聞いたら私と同じ。私が私を生んだことになってた」

「この職員は頭がおかしいのか、それとも責任転嫁か」
「われわれは税金でまぬけを養ってるのか」
「10歳の女の子が8歳の男の子と子どもを産めるかよ。自分のところの仕事のミスを市民に押し付けんな!自分たちの給料がどこから出てるか忘れんなよ」

「この国は子どもを産むのにも許可が必要なんだな」
「これが本当なら、役所が未成年の結婚を認めたってことになるよね?最大の問題はあなたたち役所じゃないのかね?」(翻訳・編集/北田)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ひどいニュースです。草刈ついでに飼われいたヤギが、ベトナム人に食べられてしまいました。向こうの連中にしたら、めったに食えないご馳走だった…。

ちょっともしかして近所の雀が激減した理由って…。


大阪環状線の焼肉店には、野良犬が焼き肉にされていると噂がありますが、隣の国の人たちは食べますからねえ…。こんなニュースを聞くと、噂は本当なんじゃないかと思ってしまいます。

僕もカモが好きでして…。近所の川でうろうろしているカモを見たら、(あいつら旨いんかなあ…)とか思ったり(笑)
しかし本気でシメて食べるか普通…。

年金崩壊寸前で、たまたま世代間の意見を紹介する番組がありましたが、60代は簡単に移民を入れろと言い出しますよ。この世代はこんな人たちばかりなんですかねえ…。本当に自分の事しか考えてないでしょう。
ところが有権者にすると、ものすごい勢力…。移民の推進勢力って、実際にこの世代なんじゃないですか?

どこまで日本を潰せば気が済むのか知りませんが、本当に止めて下さい。安倍政権は簡単に移民は入れないと言っていますが、与野党を問わず、移民政策が日本を救うと洗脳された人間がいっぱいいます。
原発推進と同じで、今が楽だったらそれでいい。後の事なんて本当にどうでも良いのでしょうね…。

移民を毎年10万人とか入れたら、日本の環境は街も里もむちゃくちゃになるに違いない。ならない方に賭けて、失敗して誰も責任を取らないのは分かり切ってる…。

こんな話をある議員がしています。
東京の何区だったか忘れたけど、そこの在日が一万人いる。比率が6:4で、中国人と朝鮮人です。ほとんどこの両者。それで何が問題かというと、人口全体の7%ほどの彼らが、国民健康保険に倍くらい加入していることが発覚。実は3ヶ月以上滞在すれば、健康保険に加入できるって知ってました?
しかも加入して掛け金を払わなくても、二年間は保険が適用される制度なんですって。僕は知りませんでした。

しかしですよ。この日本に滞在3ヶ月で保険適用って、おかしくないですか?おそらく日本人の良心的な配慮から、外国人に対しても医療が受けられようにしたのだと思いますけど、残念ながらもの凄く都合よく利用されていると思います。
今度の政権、今度の内閣が、どれくらい仕事をするかは分かりませんが、こんな所にも目が行き届く政治を期待します。1つ確実な事は、議員削減は日本人には痛手になる事ですから。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
電力買い取りで、各電力会社が不当に拒否していますと言うニュース。これがちょっと耳を疑う内容だったので報告します。
耳を疑うというのは、電力会社の対応云々ではなく、特に九州での電力事情についての話‥。
電力需要を上回る供給量になってしまうって、本当でしょうか…。確かにそのように報道されていたんです。

来年度からだったか、電力買い取り価格が少し下がる。キロワット辺り数円ほど下がるんです。その駆け込み需要が凄い数になって、予想の数倍の自家発電所が誕生。九州電力はパンクするから買い取り拒否。
これは義務化されているので、拒否は違法。電力会社に逆らう権利はありません。したがって各地で、「騙された」と太陽光発電を敷設した人たちが怒り心頭です。まあ当然です。
これを治めるのが政治ですが、安倍カルト政権は戦争の準備を優先しています。辞めさせるしかない。

この話、何が起きているかと言えば、少なくとも九州では、電力は全て太陽光発電で賄う事が可能になったということです。川内原発など不要。
マスコミに出てくる“専門家”は、惨めったらしく太陽光は不安定だからとか、一般の消費者に電力価格として負担が増えると言います。マクロで見れば、太陽から無限にエネルギーを取り出せる設備が増えているのです。危険な海外から石油を買う必要が無くなるわけで、国全体では余計な負担が全て無くなるのです。今は紛争地帯から石油を買いながら、しかも中国の横を通るシーレーンでそれを運んでいる。
このシーレーンが生命線だということで、中国も仮想敵国として軍備拡張をやっている。そのリスク、その負担、これらは全て国民負担です。
ただで世界情勢に巻き込まれないエネルギー源がありながら、あえて中東から石油を、カナダやアメリカを通してウランを買わなければならない道理はありません。
太陽光が不安定というなら、石油もウランも不安定です。しかし太陽光がそれだけの規模になってしまえば、あとは頭を使って幾らでも不備は補える。例えば蓄電技術は車のバッテリーでもいいし、余分に発生した電力で、氷を作るものダムに水を溜めるのもいい。工夫次第で未来は幾らでも開ける。
要は送電線の問題であり、国のエネルギー政策のないのが問題。邪魔する者がいるのです。

エネルギー的独立が意味するものは何か。
それは世界平和です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
NHKは相変わらず言葉遊びに余念がない。限界集落だのワーキングプアだの、レッテル貼りが公共放送の仕事なのかと思うくらいですね。
これらの言葉は、官僚やら解説員やらが考えているのでしょうね。


一つ雲の上から見下ろして、ああだこうだ講釈している者達なんてもんは、李氏朝鮮で嘘ばかり並べ立てて、人々を侮蔑しながら支配していた寄生虫官僚となんら変わりません。
もう日本は江戸時代と、ほぼ同じ体制に戻りつつあります。

大多数は働いて貢いで一生を終えます。絞り取る対象が減れば、今の政府は外国から貧乏な若い連中を輸入して働かせる算段です。

…。ひどすぎますね…。これが今の日本社会ですよ。


全国で一人暮らしの高齢者が600万人て、これ今から全て孤独死の予備軍です。しかも生活保護以下の生活費しかない年金生活て…。それが200万人?

「子供には頼れない」…か。

まあ、そうかも知れませんけど、これで子供の世帯も家族がいるって話でしょうけど、それでほんとに人間が育つのか…。僕は無理だと思いますね…。
こんな冷酷な生き物が人間の姿だとしたら、人間はやっぱり地球に生まれた癌かウイルスですよ。世界エリートが選択した通り、やはり減らすのが正義でしょう。

だけど違うでしょ?そんなわけないでしょ。

自立自立とテレビで大宣伝して、気が付けば全員一人暮らし、みたいな未来図ですね。残酷ですよ。
人間の命や尊厳なんて、なんとも思ってない人間に、私たちは力を与えすぎ。もう金持ちを羨むとか、権威にひれ伏すのは止めにしましょうよ…。馬鹿げてる。

しかし同時に馬鹿げてるのは、人間の尊厳とか踏みにじらてんのに、それを怒りを持って受け止めない人…。何でもかんでも自分に非があると考えるタイプて、これ何なんですかね…。

国や社会に対して何の文句も出ないて、こういう人たちは、初めから社会に生きてる実感とか無いのでしょうか…。この死にたい死にたいとか言う老人たちを見ると、なんか腹が立って来ますね。
今までずっと、社会から疎外感を受けたまま生きて来たんじゃないのかと。それで良いのかって…。

こういうNHK特集を見ると、いろんなものに憤りを感じます…。


平安時代の人だったかなあ…。名前は忘れたけど、その時の官僚です。この人の日記があって、こう書かれています。
「こんな時代だというのに、庶民は藁葺き屋根の寒い家で貧しさに飢えている…」
これで良いのかって…
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
これはベンジャミンが話ていた事で、もう一つの“ホンマかいな”が出ているので紹介します。
実はアメリカ(FRB)は、1938年に中国の貴族や王族を騙し、軍艦7隻で中国大陸から大量の金銀財宝を持ち去ったと言うのです。名目は、「日本軍の略奪から財産をアメリカが守ります!」と言うものでした。
アメリカは、その金を使い、経済大国と軍事力を増して行った…。でも保管した約束だから、60年後に返しますってね。

それが大戦と革命によって、中国の貸して達、つまり王侯貴族たちは、みんな死んでしまう予定だった。日本軍や毛沢東を使い、殺させたって事になるのでしょうか。とにかくもう、その金銀財宝を返せと言う者はいないはずだった…。

それが現れたんです…。

彼ら子孫たちは、国際司法裁判所にFRBを訴えた。それでFRBは、判決により金銀財宝を返す命令が下された。それが1998年。で、それを返す手続きをやってました。その変換手続きの日が、2001年9月12日だった…とベンジャミン。
この時にアメリカ公文書で一切触れられない第7ビルも火災で倒壊しましたが、ここに、返済手続きなどの一切の書類などがあった…、て事でしょう。そしてセンタービル地下金庫の金塊も行方不明…。
中国の対米戦争不可避の訳とは…
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
▲普通の世界市民は、投機マネー勢力に勝利して、全く新しい社会を実現できる!

投機マネー勢力が仕掛ける[世界金融恐慌]と[第三次次世界大戦]を阻止して、“全く新しい社会”を実現するためには、普通の世界市民がネットメディアを活用して、世界規模で連帯し以下の行動を開始して投機マネー勢力に勝利しなければならない。

(1)[諸悪の根源]であるロスチャイルドとユダヤ国際金融資本を解体する

(2)[諸悪の根源]である米軍産複合体、CIA、英諜報機関MI6、イスラエル諜報機関モサドを解体する

(3)[洗脳]と[世論誘導]の大手メデイアを解体する

(4)BIS、FRB、世界銀行などの[ロスチャイルド国際金融機関]を解体する

(5)各国は中央銀行を国有化し、紙幣印刷の[信用創造特権]を剥奪する(日本は1997年の日銀法全面改正以来、国の金融政策権を喪失してます)

(6)民間銀行から[信用創造特権]を剥奪して[通帳マネー]と[投機マネー]を根絶する

(7)すべての[投機行為]を禁止しゴールドマン・サックスを始めとするすべての投資銀行、投資ファンドを解体する

(8)3大格付け会社(S&P,ムーディーズ、フィッチ)を解体する

【参考文献】[2012年日本経済は大崩壊する](朝倉慶著幻冬舎)
(終わり)

如何でしたか?ちょっと重要な話でしょ?

このブログ記事は二年前のものですが、これがバトンタッチで広く日本の有権者たちに広がる事を望みます。
ブログ主は、ヘッジファンドも排除するよう訴えていますが、そうなると本当に世界は新しい体制へ移行しますね。前に401kなど財形貯蓄型年金の問題を取り上げましたが、社会の根源的な意識を変なければなりません。

世界はこれだけ情報化されているので、老後が不安だなど、本来は無縁な社会を構築できるのです。生産力は百億の人間を十分に食べさせられるレベルに達しています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
秘密結社は公から排除する時代【本当の公】
2014-09-13 09:23:09
テーマ:エンジン博物館設立に向けて
昨日のニュースでは、スペインでも大きな動きが起きていますね。イギリスは解体の方向ですか。
たぶんこれは、キリスト教世界全体で起きている大きな変化ですね。ネットの動画をほりほり探索していると、バチカンや20世紀の歴史を暴いたれと意気込む変わり者が世界中に(笑)

英語だとはっきりは分からないのですが、やっぱり二次大戦やロスチャイルドの事を話しています。そして何年か前の、ひとりでネットで吠えていたおっさんが、今はステージで大きな観客を前に講演している映像が(笑)

リチャード輿水みたいなのが、アメリカなどにもいて、そんなのがどんどん勢力を伸ばしている。この辺の連中が、周りを巻き込んで世界を掘り下げているのは良い事で、それは近い将来に社会の基盤になって行きます。
暗殺されたケネディが最後の演説で国民に訴えた事は、アメリカ政府に入り込んだ秘密結社の存在に目を向けろと言う事で、それが時代を超えて今始まったとも言えますね。個人がマスメディア並みの力を持てる時代。技術革新がそれをもたらしているのです。

日本人のどれくらいが把握してるからは知りませんが、ドルを印刷しているのは民間銀行です。ドルを使うというのは、彼らに紙幣のレンタル料金を払うと言う事なのであって、いくらでも印刷してもらう事が可能です。そしてその紙幣を持って、世界中の企業の株を買い占め、その経営権を握り、自分たちのために働かせる。そしてドルを発行する民間銀行にレンタル料金を払う、とまあ、世界経済はこのような体制になっているのです。これは学校では絶対に教えません。日本だと文部省が完全に押さえられてます。
これはおかしいぞ、アメリカ政府はこのおかしな連中に乗っ取らている、と演説したのがケネディでして、従って見せしめとして、衛星放送で世界中が見ている前で公然と殺したのです。

大した連中です。全人類相手に喧嘩を売るんですからね(笑)
僕ならどんな奴がいるかも分からない公に喧嘩を売るなんて、怖くてできません(笑)

リチャード輿水もそうですが、こういう暴き出し系の活動家の背後には、やっぱり秘密結社的、というか、それなりの勢力が後押ししてると考えていいと思います。
それが中国マネーを背景に動いているのかはわかりませんが、とにかく大きな流れがそろそろ目に見える変化をもたらしそうな気配ですね。

正直金持ちがどれだけいても結構ですが、それは発展とセットじゃないと、ただの敵(笑)
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
大阪のDQN逮捕【盛り上がるネット】
2014-09-10 11:48:33
テーマ:エンジン博物館設立に向けて
予め断っておきますが、東大阪は河内です。大阪は四つの文化圏があり、北は摂津の広い範囲、南は泉州で岸和田の連中、淀川と大和川を挟んだ真ん中が難波。昔は大和川は堺の南を流れていて、堺は難波文化圏に属します。
そして今回DQNの発生したエリアが東大阪のある河内。
差別意識を持って見ると、東大阪は正直汚いです。街づくりがめちゃくちゃ。役人も政治家も地元民も何も考えていない感じの街です。ところがこんな所も美人は居るし、実は人の人情で言うとなかなか温かい地域だったりもします。しかし他の地域で迷惑をかけるチンピラヤクザが多いのも事実。わざわざ摂津にひったくりが遠征して来る。
昨日逮捕された連中も、地元であれをやったらシバかれるタイプ。わざわざ自画撮りして、動画サイトに出していたと言う度し難い連中です。

この東大阪はね、知り合いも居るし、色々と仕事や学校でお世話になった街でもあるので、あんまり悪くはいいたくないですが、住みたくないエリアの筆頭ですね。ここに布施なんて街があるのですが、実際に在日朝鮮人が多い地域です。早朝には風俗娘が裸同然でうろうろしてましたね、当時は。
今回の田布施の話を聞いて、布施は朝鮮なのかと思うようになりました。

巻き舌がロシア語入ってますから、もしかすると外国の流れ者が、河内には昔、たくさん流れ込んでいたのかも知れません。これはでも、河内の人間が優しいからですよ。

日本は海で囲まれた自然の国境を持つエリアでしたから、命がけでやって来る亡命者などをかくまうような優しさが、自然に生まれて来るのでしょうかね。だけど現代は、すんなり悪が入って来るので、そんな調子だと街はぐちゃぐちゃに…。

私たち日本人の多くは、本当は大陸の傍若無人な輩から逃れるために、海を渡って国を作ったんじゃないでしょうかね。何度も嫌がらせに店を訪れて、店員に土下座を強要、その後で揺すり集り。こういう粘着質が嫌だから、日本という国を作ったんだと思いますよ。

江戸時代の名残なのか、喧嘩両成敗が今も続いていて、それなら武士の代わりに警察がしっかりしろよと思いますね。事件にならないと警察は何も出来ないとなると、街はチンピラの天下ですよ。
ヤクザを一掃したのは良いけど、チンピラは野放して、警察はもっとあり方を問われて然るべきですね。


まず何でもかんでも自殺にする警察は、正義感も義侠心も全く無いわけで、これを日本社会は病気と認識すべきですよ。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
年金自動カット装置発動 現役世代で20%以上減らされる例も
 年金は国が自動的に「くれる」ものではない。私たち自身が制度を知り、知恵をたくわえなければならない。..........≪続きを読む≫
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
特にこの辺りの話をすると、ブログが丸ごと消されると経験者が語っておりますが、どうせ秘密情報保護法が始まれば、何を書こうが何でも消されかねい事態が迫ってますのでね…。
四十にして迷わず。四十五にして天命を知る、ですか?

さて…この爺さんも懸けてんだから、最後まで伝えなきゃ…。

「西園寺公一と言うのが、ゾルゲに秘密情報を流した、で、どんな本を読んでもそのストーリーです。しかしこれは、西園寺公一と昭和天皇が兄弟であったと私は申しました。西園寺八郎の子供が、昭和天皇で、それが西園寺八郎が自分の本妻に産ませた子供が公一です。
で公一と昭和天皇は兄弟です。兄弟…。昭和天皇は、木戸幸一を通すんですけど、自分の弟の公一に、スターリンに向けて、発したい情報を伝えるわけです。
それを尾崎秀実という朝日新聞の記者が、一緒になって、ゾルゲを、かえって誘惑するわけです。そしてゾルゲにおべらかしやら色んな、インテリ女たちを与えて、ゾルゲを懐柔します。ゾルゲは女遊びをして、オートバイを乗り回してふざけた男です。
それで、公安が全部ゾルゲのチェックをしますけども、天皇一族は、ゾルゲを野放しにします。
そしてゾルゲは、日本の一番重要な情報を全部入手して、スターリンに渡します。でスターリンはそれを信じるわけです。だから、スターリンは日本がソビエトに攻めてこないという事を知るわけです。」
「で、最後に天皇も、もう尽きるとこまで来たなと、いうので、天皇も、えー、終戦工作に入る。
終戦工作に入るのは、“まずロシアを通して入ろう”とまあロシアを通して終戦工作に入りますけど、うまく行きません。でアメリカは天皇がえー、終戦工作はですねぇ、白州次郎という男がか絡んで、これが終戦工作をやります‥。
でヨハンセングループというのが出来ます。終戦工作に…、やります。ヨハンセングループというは、吉田反戦グループという事です。
アメリカ人の、あのー‥暗号名です、ヨハンセン。“ヨハンセンから連絡はあったか”とか‥。それでヨハンセンというのは、吉田と樺山愛輔という貴族と、その中に連絡係で白州次郎がいます。で彼らが、ヨハンセングループが、グルー(日本大使)からも貰うし、別のルートからもデータを貰い、また御前会議が始まると、グルーを通してアメリカに、翌日には電報で流れていく。」

「ゾルゲを使って天皇は、弟の公一に秘密を流してソビエトに渡し、ソビエトを安心させて、日本は南進する」

「昭和天皇が御前会議の席上で、戦争をやれと言う時に、みんながシーンとしてるとこでねぇ、ね、分かったっちゅうわけです。分かったてことは、杉山が言う戦争計画に応じたて…。
その時にね、
“四方(よも)の海、みな同朋(はらから)と思う世に、なぞ波風の立ちあらん”の言う明治天皇の唄を詠んだっちゅうわけですね‥。
で、戦争…それがぁ、昭和天皇が戦争に反対した証だから、昭和天皇は戦争責任がないという一番の原因にされるわけです。」
「明治天皇はこういう事なんです。“俺たちは部族民として、我慢してきた”と“はらからとして生まれて来たけど、やっと迎え入れられたのに、西郷は助けてくれたが、西郷は死んでしまった”と。いう詩なんですょ。それを、日露戦争の時に明治天皇が作ったという唄にして、でそれはまあいいんです。
それから戦意高揚の唄になる。八紘一宇の代表的な唄としてずーっと、詠われて来た。で戦争前までは、それで筋が通ってきた‥。
色んな人がその唄を、子供たちでさえ小学生の教科書に載ってる唄でさえ、戦争が終わって、一部の軍人たちの間から天皇は、反戦の唄を詠んだてなると、ずーっとそれが繋がって来るわけです…。

…なんとこれは情けない話じゃないですか‥。

いまでも、そのー‥、さっき言いました秦とか…ね、…この連中はみんなこの唄を持って、昭和天皇は反戦の意をとなえたけども、意に反して戦争をしたんだぞと、軍人たちがけしからん、という事で、第二次大戦の総括をやってるんですよ。でそれを‥、意を逆らう作家たちは、歴史家は、未だにいません。私はまあ一人逆らってますけど、…ねッ。
どうか皆さんも、真実を知って、簡単に人の言うことを‥、権威者の言うことを信じないで下さい…。」


日本で天皇の話をすると早死にする…。いつまでそんな時代が続くのか、じゃ誰がそれで満足なのか…。
当の皇族は「結婚して名字を持ちたい」とか「将来は孫が自転車で東京の街を走るのを見たい」とか、切実な願いを口にしている…。捕虜じゃないかこれでは…。

私たち日本人は、新世紀が来ても、ずっとこれを続けるつもりなのか…。この爺さんも、天皇の責任だとか、潰してしまえと言ってんじゃない。その周辺にいるのは日本人なのか何なのかを問うているのです。
自分たちの国の運命は自分たちが決める。

ルーズベルト関連の項目なども、Wikipediaから抹消されてますね‥。人類から隠蔽しなければならない総理大臣やアメリカ大統領…。この時代の中心核を成す人物を、誰が何故に隠そうとしているのか…。それが何千万人の死の真相を、暗に語ってます…。



「戦争というものの実態はですねぇ‥、物事は全て必然性があるんです。大きな出来事は、偶然性で発生するものは何もありません。八百長システムが見事に働けば、戦争は長引くんです。戦争が長引くんです。
だから…、
ノルマンディー上陸作戦ていうのがあります。あれは、戦争が、第二次世界大戦が始まって‥、の時にすぐルーズベルトが、ね、『勝利の計画』と言うのを立てます。
ウイリ・マイヤーと言う優秀な男がいまして、こいつが計画を立てます。してウエリ・マイヤーは、戦争が始まった一年後にルーズベルトや、それからスチムソンやら、みんなにマーシャルやらに、えー説得します。“戦争はもうこれで終わりです”て‥ね。
一年後ですよ。“もうヒットラーを、ナチスやっつけましょう”と。
それを、ね、なぜ延びたか‥。でそれを、報告をするために、上層部の連中が、ロンドンに行きます‥。そこで“ノー”と言われます。誰がノーと言った、チャーチルです。
じゃあチャーチルは最初は賛成します。じゃスターリンもチャーチルに“これで戦争は終わりやなあ”、チャーチルも“終わりだ”と…ね、…。
で‥モロゾフという奴がチャーチルに会って、あの~確約を貰い、それからルーズベルトに会って、戦争はもう終わると、“一年だけど、こりゃ終わらせんと、みんな可哀想やなあ”て。で、最後にチャーチルがマーシャルやらみんなに言います。

“戦争は継続しないといけない”て‥。

でルーズベルト、たまがります。“何故だ!”っちゅうわけです。何故だて…。戦争は継続しないといけない。継続をしないと、金儲けに繋がらないからですよ。それでね、“アフリカ作戦に切り替えろ”ちゅうわけです。
ね…。

でアメリカ人は分かりません。そこでアイゼンハワーと言う男が登場するわけです。これはうだつの上がらん男で、フィリピンでマッカーサーの下でずーっと中佐であった男です。
その男が呼び出されるわけです。で、ぇー、ヨーロッパに派遣されて、一気に中佐、中佐、大佐、少将、中将、大将、元帥と、一年たらずの間に元帥になって、総指揮官にアイゼンハワーなります。

完全なユダヤ人です…。」

「ね…。でルーズベルトがあの~、ヨーロッパに行った時に、ぇーアイゼンハワーに会います。でアイゼンハワーの顔、初めて見たっちゅうわけですルーズベルト。大元帥の顔をね…。
でアイゼンハワーはぁ、イギリスの連中に応じます。イギリスの貴族たちが反対するわけです。
僕はこれをあのー、20世紀のファーストに書いたんですけど、なんと悲しい事よと…。人間の命なんかどうでもいい連中が、ゴロゴロ居るんですよっ、…。ルーズベルトでさえ、嘆いてんですよ、“戦争が終わるのに、なぜ終わらせないのか!”て…。



原子爆弾が完成しなかったんですよ、まだ…予定通り。で日本は、“まーだだかい”て天皇が言うんだけど、“まーだだよ”てスチムソンが言うわけですよ。まだ我慢しとけっちゅうわけです。
そして原爆が完成して、同時にスケジュールが出来ます。でスケジュールが出来た同時に何が起こったのかというと、天皇は広島に第二総軍を作って、秦という男を入れます…。

ねっ…怖い話じゃないですか‥。」

「で日本を‥。支配者は‥ほとんどが僕は、イギリスの金融機関ロスチャイルドとウォーバーグ、それからアメリカの金融機関の連中のー‥コンプラドール(操り人形)であったと思います。ヨハンセングループね。

その御前会議ですけど、ま御前会議は、次の日にはアメリカ‥内容を全て知ってます。でこれは、吉田茂が樺山愛輔に流し、樺山愛輔がグルーのところに持って行って、グルーが電報で打って次の日には…、これはグルーも『回想10年』という本に書いてます“ヨハンセングループから貰って全部やった”て。でまあ後に訳されますけどね。
だから松本重治と言って、ロックフェラーに取り入って、日米文化会館とか国際会館と言うですか、あれを作った奴も、みんなっ…コンプラドール。それからあのー、有末精三と言いますか、これもコンプラドール…」


以上ここまでが前半。後半は原発の話になります。
しかし何ですねえ‥。幕末をウクライナのオレンジ革命やらアラブの春なんかに重ねると、全く同じ構図が見てとれます。まずターゲット国のマイノリティを探し出し、彼らが差別を受けていたりすると最適です。資金面で支援して革命を煽り、国を取らせる。その時に裏切った時の保険として、大変な背任行為、秘密を抱えさせる。
乗せられた周りは怒って新政府に反発するも、最新の武器で殺す。西南戦争ですね…。
と言うか、ユダヤ自身が言ってますがね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。