~狩人達の酒場~

様々なことを書いてきましたが、当初の意図とは移りかわり、なんでもありの情報ブログ化してきました。まさに野次馬のごときブログです。いずれはいろんなハンター達の情報交換の場所をいずれは作りたいと思います。(ハンター×ハンター参照)


テーマ:
以下は、小説 郵政民営化2199である。

ある男は、政治にかかわっていた。
日本国には、郵便局が、預貯金として、350兆円を持っていた。

外資が誘ってきた。「君、郵便局の350兆円の預貯金を「民営化」という名目で
私たちの好きにさせてもらえないだろうか?あなたの力が必要だ。
われわれは戦争に使いたいんだ。」

「それはいったいどうやって?」

大丈夫だ。われわれが応援する。
350兆円の預貯金だから、相場では、10%の手数料をキックバックする。
(M&A(企業合併)でも、相場は、その企業の総資産の10%がマネージャーに
支払われる)
だから約3兆5千億円だ。どうだ。
スイス銀行の口座に振り込まれる。
番号で管理するからわかりはしない。
それにアイリス(虹彩)で管理することもできるから
君以外の人間はだれも、引き出せない。
どうだ。

「ぜひ、やらせてください」

そして、出来高払いにしよう。
つまり郵政民営化法案が成立したときに
3割を支払う。あとの残りは
完全に民営化が実施されたときだ。
どうだ。
それは、あの赤字部門の、郵便事業を切り離して
郵貯、簡保の350兆円の預貯金部分を、
われわれのものにしたときだ。
株は100%ほしい。

「やります!」

ここから、日本人の不幸が始まったのだ。

そしてそれに異をとなえる人間は次から次へと
稲○○によって、血祭りにあげられていった。
高名な経済学者、税務署員、新聞記者などだ。


以上 小説郵政民営化 つづく。

解説をすれば
小泉竹中路線は
郵政の株式を100%完全に売却するという内容だった。

たとえていえば、あなたの財布の中身を何に使うかという
決定権を100%外資に売り渡すことを義務化されていたわけだ。

しかもそれは2017年までに完全実施と期限がかかれていた。

そしてその真相にあきれ反対した人たちに刺客がはなたれた。

しかしだんだんと化けの皮がはがれて

「政権交代」がなされた。

まともな人物が政権を握ったのだ。
小沢と亀井である。

「あなたの財布のお金の決定権の100%はびた一文も売り渡すことはありません。
凍結します」ということを通した小沢一郎と亀井静香はえらかった。

しかし、これがある国際組織の怒りにふれることになる。
秘密諜報機関も怒りまくる。

そして小沢一郎は政治的に失脚を図られることになる。
偽者の証言者が用意された。
そして亀井静香も政権を追われる。

亀井が最後までこだわっていた郵政改革法案とは、
郵貯、簡保を郵便事業と一体化するというものだった。

そして今回提出されて電光石化のごとく国民をだます
この改革法案は、350兆円をもつ金融部門だけ株式を完全に売却するという内容であり
あとの赤字部門は、日本に押し付けるというとんでもないことを
「努力」して「なるべく早くに」やるという法案なのである。

これが悪質なのは、「米国が猛烈に抗議」とか
「自民では3人が造反」「小泉竹中路線が後退」というのは
すべて、「茶番劇」であるという点である。

多くの国民は法案を読みもしない。読んでもなかなかピンとこない。

だから、この報道をみて、「ひと安心する」はずである。

「小泉竹中路線からは後退したのか」
「アメリカが猛烈に抗議」
しているのなら、日本にとって有利で、アメリカにとっては
不利なのだろうと思うはずである。

非常に甘い。実態はそんなものではない。

あなたを油断させるために
そう報道しているだけだ。

日本国民に真相を知らせないように
日本のマスコミ幹部は買収されているはずである。

まったく日本国民は知らないのだ。

実は、この今回の法案は、
小泉竹中路線の完全実施への二段ロケットなのである。

ある程度、宇宙にロケットが飛んだら、二段目のロケット(TPP条項)が
火を噴いて、「小泉竹中路線の完全実施をさせる」のである。

以下は前回配信の記事である。

国民ををだますためにそっと採決されようとされている
ステルス郵政売国奴法案戦後売国奴の総決算法案
「郵政売国奴法案(英米化)法案」が採決されようとしている。

内容を簡潔に言えば、これまで、株式の売却を凍結していたのを解除してしまい、

「なるべく早期に」「郵貯」「かんぽ」をになう

金融部門の株式を売り飛ばす努力をするという内容である。

黒字部門を完全に手放してしまい、350兆円を何に使うかは外資の手にわたるだろう。

そして赤字部門だけ日本郵政が引き受けて全国のユニバーサル制度を維持せよという

日本国民にとって最大に不利となるろくでもない法案である。

結局赤字になるから税金投入となるだろうし、なにより重要なのは、

金融二社を売却してしまえば

日本の財政や国債が破綻するということだ。

おそらくその代わりに「増税する」と密約が大蔵官僚との間にあった可能性がある。

「郵政を民営化する」

財務省官僚「そんなことをしたら日本の財政が破綻します。国債もめちゃくちゃになります。」

「その代わりに増税をさせるから」

という密約があったのではないか?

たとえていえば、あなたのお財布があるとする。

あなたのお財布の中身は何に使うかはあなたに決定権があるはずだ。

あなたのお財布には、350兆円も入っている。

そのお財布の経営権を分割して売り出しませんか?といっている人がいる。

「カブ」っていうんですよというわけだ。

じゃあ、お財布を何に使うかの経営権(決定権)を100に分割する。

あなたは、「カブ券」を発行する。

たとえば、あなたがじゃあ、その「カブ券」を一枚、一万円で100カブ売り出す。

あなたが、一人、一万円あつめてその100の決定権(経営権)をカブ券という名前で全部売り出す。

それをすべて売ってしまえばあなたには決定権は何もない。

すると、1万円×100人分集まった。

あなたは100万円を手にした。

なぜならお財布の経営権をすべて売り飛ばしたからだ。実はそれがわなだった。

そしてそれからは、財布のお金を何に使うかは、その経営権、

つまりカブ券をを50%以上保有する人のものになるのである。

つまりあなたのお財布ではなくなる。

だから、それからは、100万円を一時的に保有するかもしれないがあとの祭りである。

そのお財布は、カブ券(決定権)を全体の50%超保有するだれかのものなのだ。

つまり、あなたは、350兆円を二束三文のはした金で売り渡した大ばか者であるということだ。

そして、やっかいなことにこの郵政法案では、そのお財布を売り渡したあとにあなたは、

全国の郵便局サービスを維持しないといけないなんて書いてある

。赤字部門だけ残るわけだ。

だから税金投入となる。

これがおそろしいのは、これが通ってしまったら国債は破綻するはずであること。

そして日本の財政はいざとなったときに助ける主体がいなくなるため財政破綻を本当に引き起こされる。

こういったろくでもない法案の背景には国家資産を売却する議員には、

外資が手厚い報酬を与えているという背景がある。

それはステイグリッツ氏が暴露していたが、国民の資産を売却すると

10%の報酬を与えると国際機関の幹部が示唆すると各国の政府高官は喜びで目が輝いたとある。

以下は検証の仕方である。

ヤフーみんなの政治欄
http://seiji.yahoo.co.jp/

から 国会議案を探す

http://seiji.yahoo.co.jp/gian/

「郵政」というキーワードを入れる。

http://seiji.yahoo.co.jp/bin/search?type=2&p=%CD%B9%C0%AF&x=24&y=10

この中で現在審議中のものを選ぶと二つでてくる。

ひとつは「郵政民営化法等の一部を改正する等の法律案」というものだ。

内容は、郵政英米化法案である。小泉竹中路線の復活をほぼ成し遂げているとんでもない法案である。

http://seiji.yahoo.co.jp/gian/0180018001006/index.html

これが、今、問題の法案として審議中のものである。議案全文である。

http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g18001006.htm

もうひとつは郵政民営化のために株式売却を凍結していたのを解除するという法案である。

http://seiji.yahoo.co.jp/gian/0180017602004/index.html

内容をよく見ると恐ろしい内容である。

この法案に賛成する国会議員は、いったい何を考えているのか?

結局、小泉竹中路線をさらに悪質化したような内容である。

実はこれが閣議決定した当日にあの全国を縦断した大雨が起こり、翌日この内容はまったく報道されなかった。

爆弾低気圧が4月3日である。

http://www.asyura2.com/12/jisin18/msg/210.html

自分はこの4月3日に大荒れになった天気を見て、

今までさんざん「人為的に」天候操作されているのを知っていたため、「これは何が目的なんだろうか?」と考えていた。実はこの日4月3日に民主・自民・公明の3党がこの「郵政民営化法等の一部を改正する法案」を国会に提出している。

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=12008&agent=&partner=manboo&name=%BD%B0%B5%C4%B1%A1&lang=euc&prop=500&bypass=1&dispconfig=&tblattr=1

本来ならば、翌日の4月4日に内容を含めてかなり紙面をさいて郵政売国奴法案は報道されるはずである。

しかし、4月3日に起こった「爆弾低気圧」による大雨で、紙面はそれにさかれてほとんど内容は報道されなかった。

そして4月11日、あっという間に、衆議院委員会で採決、賛成となってしまった。

国民の知らぬうちに。とんでもない詐欺である。4月12日今日に衆院で採決をしようとしている。

そして今日北朝鮮がミサイルを発射するといって騒いでいるのである。

小泉政権以来、なぜか日本でこういった英米企業が日本の財産を収奪できる法案が通ろうとする政治的局面になったりする

とかならずといっていいほど、

北朝鮮がミサイルを撃ち込むと言い出して新聞紙面を分捕ってしまうのだ。


その結果、国民は何も真相をしらされないまま法案が通ってしまおうとするのである。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今週の予報
あまりにも長い間停滞していた案件を、新月がついに動かし始めました。まだあなたはどの件に言及しているのかわからないかもしれません。でも、間もなくすべては明らかになるでしょう。前回それを試した時はうまくいきませんでした。二度目の試みに挑戦する時は今です。過去に失敗したからといって、気落ちしないでください。その後、状況は変わりました。あなたはたくさんのことを学び、人生は次の段階に移っていきました。

忍耐力を発揮し、信念を持って将来を見るようにすれば、かつてのあなただったら夢に見ることさえはばかられたような未来を築く作業に着手できます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
3年連続まぐまぐ大賞政治部門第一位受賞!わかりやすい!面白い!得をする!
政治経済の裏にある,あなたが絶対に知らない情報を発信します。
政治経済の謎が解ける独創的な情報分析マガジンです。
過去記事http://archive.mag2.com/0000154606/index.html
見やすい過去記事http://groups.yahoo.co.jp/group/onoderakouichi/messages

現在審議中の郵政法案は売国奴養成ギブスである。

しかし今回国土交通大臣を交代とか出ているがこれも
おそらく前原あたりが大臣になることをねらっているのではないか?
つまり郵政をものにしてしまったら次は高速道路であるだろう。そのために
意図的にスキャンダルがでてきていると思われる。

小沢裁判は相変わらず「有罪にしよう」と努力している傾向が
全体的に見える。

4月19日(木)10:00からの参議院 総務委員会で
「郵政民営化法等の一部を改正する等の法律案」の審議入りをするという情報が一部であります。

番長
「お前ら、そのお財布の使い道を決める権利、100%売り出すことを努力し
なるべく早めにやる」とかいとるんじゃろう。
ぼけ はやくやらんかい
というTPP委員会がまっている。

そしてそれ(お財布の使い道を決める権利)
を仮に100に細分化して株を売り出して
一株1万円で売り飛ばしました。

それを番長連中は買う。50%以上買い占めたら
もう番長のものや。

日本君「あのう、借金(国債)の借り換えをしたいんだけど」
番長「だめや あかん。もうお前はお財布の使い道を決める権利を
売り飛ばしたんやから。そんなのには使えへんがな。」
お金がたりないんやったら、クラスメートにお願いして
増税したらええやんけ。消費税とあとクラスメートに番号をつけて
とりまくったらええやんか
しぼりとりなはれ 応援するで」

日本君「もともと僕があつめたお金でクラスメートのために
つかっていた350兆円は、まったく僕たちが
使い道を決められないの」

番長
「あたりまえやがな。馬鹿もやすみやすみいいなはれ。
お前が売り出した「お財布を何につかうかの権利」(=株式)
は、お前、売り出したことで
お前にもお金はいったやろう。100万円ぐらい。(仮に株を100株売って一株一万円だとしたら株の発行時に100万円がはいる。)
それを東北の復興資金にしたいんやろ。
そう仙○もいってたがな。

日本君
「えーそんなたった100万円もらったぐらいで
もうその350兆円を何に使うか
何で運用するか、どこに貸し出すか」
は一切、何も決められないの?

番長
「あたりまえやがな。何をいうとるんや。
もともといっておいたろう。

この350兆円のお金が
なくなって困ったり、
借金の借り換え(国債)
や復興のためにお金を使いたい
とか
だったら
「増税してクラスメートから
しぼりとりなさい」

というとるやんけ!あほんだら

わいはいそがしいんや。そんなことにかまってられへん」

となるのである。



以下は、前回の記事である。多少わかりやすく書き換えている。


現在、郵政改悪法案が、そっと参議院の総務委員会に送られて
国民に真相を報道しないまま可決されようとしている。

この真相については、国民のほとんどが知らないままである。
報道も機密費をばらまかれているらしく、真相は報道されない。
実は、消費税の与野党協議がストップしているが
それよりずっと「大問題」なのがこの郵政改悪法案なのである。

これが通ってしまうと日本人の金融資産の350兆円が
英米企業が自由に使えるようになってしまうようにされる。

わかりやすくたとえ話でしゃべろう。

クラスメートに日本君がいる。

日本君は、お財布に350兆円ももっている。

それを見て番長は考えた。

「ええなあ
あの日本君のお財布の350兆円、自由にワイらで使いたいのう。なんとか
せえへんか?

じゃあ、日本君に毎年、要望書を出そう。

○日本君のお財布は、われわれに使わせるように開放しなさい。

これが毎年の対日年次要望書であった。



そして日本君に
「その財布の使い道を決める権利を細分化して
売り出そう」(使い道を決める権利=経営権)
と言い出したのが
小泉構造改革である。

いわゆる株式会社化である。

株というのは、「細分化された経営権」という側面をもっている。

その
「お財布の使い道を決める権利を
全部売り出しなさい。2017年度までに。
しかも100%」

というのが小泉竹中の決めた最初の「郵政民営化法案」である。

そしてクラスメートは、
だまされていたため「すばらしい!」といって熱狂的に
賛成してしまった。
実はB層だと思われていた。

あとでだまされていたことに気づいた
クラスメートは怒り
学級委員交代が起きる。
(政権交代が起こる。)

正義漢あふれる
学級委員や
風紀委員に
小沢イチロー
やカメイシズカ
が選ばれた。

このメンバーは、
「だめだ!」
といって
お財布の使い道を決める権利を
売ることを一切凍結する!」
という法案を通してしまったのである。

それを知った番長の怒りたるや
想像すると恐ろしい。

「あのやろう、せっかく俺たちに
あのお財布350兆円を使う権利を
渡せるようになったのに
それを凍結しやがった!」

番長「お礼参りをせなあかんな」

というのが、おそらく
この学級委員の小沢イチローが
えん罪にはめこまれた背景にある。
カメイも失脚をして追放されてしまった。

そして、
コクミンシントウ
という政党で
カメイシズカが通そうとしていた
郵政法案というのは

この日本君が
やっている
1番目
クラスメート間での郵便物の
配達(いわゆる郵便業務)

2番目
お金をあずかったりすること(いわゆる銀行業務)

3番目
保険(いわゆるかんぽ)

の三つをやるようにして

お金を何につかうかの決定権(=株)は3分の一は
学校側が持ちますよ(ここでは学校は政府のたとえ)

というものだった。

しかし番長側は
「そんな3分の一も学校側(日本政府側)が
決定権をもっていたらなかなか好きにつかえんやんけ」
「なんで、そんな郵便事業なんて赤字部門になりかねん
ものをわいらがやらなあかんねん」

として拒否してきた。
その際、ずっと拒否してきたのは、
仙○を通してである。

そして今回突然出してきた
法案は
実は、
日本君とお財布を分離するという法案なのである。

日本君は、1郵便業務 2銀行業務 3ほけん業務
はやらないといけないよ
でもね
その「銀行」と「保険」にある350兆円の
使い道を決める権利は、
100%売り出すことを
早めに実行します。

つまり
お財布にお金がはいっているのは
郵貯銀行と
かんぽ部門なので
そこの黒字部分だけ
分離して

100%の経営権を
「なるべく早期に」
「100%売り出します」
としているのである。

するとこれまでの
「株式凍結法案」がなくなり、
お金をものにできる可能性をひらくわけだ。

しかも
赤字部門の郵便事業は
日本君がやることで
関係ないことになっている。

株を30%以上、学校(政府)がもつこともない。

イメージとしては、
よくコンビニに
ATMがあって引き出せたりはするが
本体の銀行が金を使って何をやるか
どこに貸し出すかの決定権は
銀行にあるといったイメージである。

そしてTPPという
番長に不利なものを
「おまえら、その規制をやめろ」といって
くるとんでもない委員会が
待っているのである。

最悪の法案である。






国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
3年連続まぐまぐ大賞政治部門第一位!わかりやすい!面白い!得をする!創刊以来約39ヶ月余りで読者数1万8526名突破!
記録破りのNO1超高度経済成長メールマガジン
マスコミ、政治家も多数愛読 政治経済の裏にある
「あなたが絶対知らない情報」を配信します。登録しないと損
過去記事http://archive.mag2.com/0000154606/index.html
※見やすい過去記事一覧http://groups.yahoo.co.jp/group/onoderakouichi/messages
◎国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000154606/index.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日 
お昼寝ごろにゃん島にも書きました


参考リンク記事 
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/blog-entry-1191.html





ベビーふっつー様が 
結界無くなった後の未来の地球は 


既存の価値観世界観 概念に代わる 
新たな概念の軸が 登場すると言ってました
(>ω<)/





では今日はその話の詳細で
ベビーふっつー様のお話です 
どうぞー♪
(ノ__)ノ))フッツーサマァ♪フッツーサマァ♪ 






新しい概念の軸


それは食 」


食?
(・・;)?



食は生命の
根源のコード 

基点のコード

食べることで
その存在を自分に受けとめ 
その想いに響いていく 



食べることと 
食べられることは同じ 」



(・・;) 




現代社会では人々の概念の軸は
道徳や規範と想わされているが


実は
潜在意識では
概念の軸は
道徳や規律ではなく ずっと食だったのだよ

ただワンクッション置いた詐術がかけられて 
それ以外を生命線と錯覚してただけで 


集合意識的には
食が生命線であることには 変わらない

それを
古代に家族教や 
宗教が ずらしたのだ 」



(・・;)



生命にとっては食こそが生命線
食を与えてくれるものは自然で
いわば自然が生命線だった 


しかしおばばや宗教は
生命線を自然以外のものと錯覚させた 


ママに逆らうと生きていけない 
神に逆らうと食べていけない
ママの言うとおりに従わないと生きれない 
道徳に従わないと生きていけない
神に奉仕しないと食べていけない

食そのものが生命線のはずなのに


食を得る為には
ママの意志や 
神の意志に従わないと 
その戒律や道徳律に従わないと
得られないと想わせた


潜在意識で食が生命線と知っていても 
意識のレベルで
おばばや宗教を生命線とすり替える  

これがおばばや
宗教の行った詐術 
洗脳だったのだよ 」


(・・;)




おばばの意を汲んで 
宗教を作った者は
今でいう詐欺師に類するものの祖だった


宗教の概念は
食料を得るために  
何の役にも立たない 


しかし古代の詐欺師たちは
アマちゃん(太陽)や
ぬしさんなどを自分たちと被せて
多くの想いの強い人達を騙して
その生命線のふりをした 


それでを集団を作ると
モーセや神武の例のように
強盗行為を働いた 


征服したら 
もっと緻密な詐欺をして

取り返されないような教義や法律を作り 
人々を働かせた


洗脳に成功したら
より大きな集団で 
強盗して戦争した 


ずっとその繰り返しが 
宗教や 国の歴史だった 」


(・・;)・・・



戒律や法律は
おばばや吸血鬼が 

騙したものや
奪ったものを
取り返されように作ったのがはじまり 


そして 
現代世界の意識の概念
人々の行動の指針も 
それが基になっている 


具体的に言えば
聖書やコーラン 
お経など 


たとえば
6日働いて1日休むは 
聖書の教えから来ているし

幼い時から学校に行かされて 
様々な法律を守るという行為も 


おばばの教えや
宗教の戒律が
その軸となっているのだ 



会社で働かないと食べていけない
国に従わないと食べていけない
現代社会の人の多くが持っている概念も 


その構造も
もとは宗教の生命線のすり替え詐術から来ている



本来食べ物こそ生命線なのに 
宗教や会社 国を生命線と勘違いしてしまい
そこに運やエネルギーを流してしまう


それをもとに
食料を得ることに
全然役に立たない価値観や 
戒律に
人々が縛られていく   



人々は騙されて 囲われていたのだ 」


(・・;)・・・





それでも結界内で
人々を従わせれたのは
彼らが食料を与えてると錯覚させていたからだ


潜在意識では食料が生命線と感じても
意識で食料を与えてくれる宗教や国が生命線と捻じ曲げられていた


では 
これから起こる現象を言おう

 
結界が無くなるにつれて
人々は意識上でも 
国や会社 宗教ではなく
食こそが生命線という当たり前の事実に気づく 


そして
食を生み出さない宗教や国ではなく

食を生み出す 
自然そのものを生命線であると  
誰もが意識でそれを知り 
自然の意のままの行動をしていくようになる

食こそが概念の軸であることを 
人々は気づくのだ 」


(・・;)!



もともと結界というのは
食が概念の軸という 
当然の情報を塞ぎ 
頭をパープリン状態して  
ほかのプログラミングを いれるだけのもの


詐欺師が
無垢な子供を
檻に入れて  
無理やり働かせていたようなものなのだよ 


それが現代社会の軸であったが 
しかしそれは不自然な現象で

いつまでも続くものではない 」


(・・;)



結界が無くなると
意識の軸の概念も 

法律や道徳 ルールから
食べるという 自然の本来の概念に戻っていく


人は 当然
会社 国宗教を生命線と想わなくなり
ママすらも 
ごはんを与えなくなった途端 
自分の生命線と感知しなくなる 」


(・・;)!



ごはんが軸になる

それは人の行動を大きく変える

不毛の地 都市に集まってた人は
都市から離れ 

ごはんがとれる場所を求めて
そこに人が集まるようになる


政治家 芸能人ではなく 
ごはんをくれる人
ごはんを食べさせてくれる人に想いが集まる


そのような
ごはんを食べさせてくれる人が 
地球にいっぱいいっぱい現れる 」


(・・;)・・・



ごはんを食べさせてくれるものは
具体的に言えば 
猟のうまい人 
農作物を得るのがうまい人
お魚をいっぱいとれる人 
木の実や山の幸をいっぱいとれる人

身体能力と知恵が備わっている者

富を多く得れ 
それを与える者のところに
多くの人が集まり
それが集合体の軸となる



ごはんをみんなに配るような人は
基本ナルシストが多い 


だからごはんを
みんなに配っても
無理やり働かせたりなんかしない 

養っても 
後はみんなの自由に好きに行動させる 


ねこも
ごはんを集めるのうまくて
他の猫にごはんをあげてるねこもいるけど


ねこは
ねこに 命令しない


だからごはんあげても
みんな自由にしてる  


そんな感じになる 」


(・・;)



それと反比例して 
ひょろひょろの王様や
虚弱体質の宗教指導者の言うことを 
誰も聞かなくなるよ 


いくら名家の出自や
神の系譜を騙っても

彼らは狩りもできない
畑も耕せない
食べ物をとることができない
直接人々を養うことができない 



それどころか
過去に 

税という形で
みんなから
ごはんを奪い

法律や道徳という
愚にもつかぬもので使役していたわけだから 


一気に怒りの矛先は そこに向かうのだよ  」



(・・;)・・・




食こそ次代の概念

それを夢で見てる人間も
多くいて

ここ最近犬おばばが 農家に嫁いだり
カリスマシェフが話題になったりしたのも
そうした時代を見越してるからだ



さらに王族や支配者たちは
支配をつづけようと 
今のうちに 
食料を一括管理して 抑えて 
それをもとに  
力づくで警察社会を作ろうとも考えてる者もいる


しかし意識で
みんながごはんを生命線と気づけば
それを管理する者は 生命線を奪う存在

自分たちの敵と
全人類が認識し 
一気に地球全土で 大反乱がおこるだろう 


それに使役してる警察も
なよなよの貧弱な王様よりも
目の前のごはんの方が生命線だということに気づいて


組織の内部で
下剋上のようなことが日常茶飯事で起こり 
自然に崩壊してしまうのだよ 」


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
3年連続まぐまぐ大賞政治部門第一位受賞!わかりやすい!面白い!得をする!
政治経済の裏にある,あなたが絶対に知らない情報を発信します。
政治経済の謎が解ける独創的な情報分析マガジンです。
過去記事http://archive.mag2.com/0000154606/index.html
見やすい過去記事http://groups.yahoo.co.jp/group/onoderakouichi/messages
現在審議中の郵政法案は売国奴補完計画である。


現在、郵政改悪法案が、そっと参議院の総務委員会に送られて
国民に真相を報道しないまま可決されようとしている。

この真相については、国民のほとんどが知らないままである。
報道も機密費をばらまかれているらしく、真相は報道されない。
実は、消費税の与野党協議がストップしているが
それよりずっと「大問題」なのがこの郵政改悪法案なのである。

これが通ってしまうと日本人の金融資産の350兆円が
英米企業が自由に使えるようになってしまうようにされる。

わかりやすくたとえ話でしゃべろう。

クラスメートに日本君がいる。
日本君は、お財布に350兆円ももっている。
それを見て番長は考えた。
あの日本君のお財布の350兆円、自由にワイらで使いたいのう。なんとか
せえへんか?
じゃあ、日本君に毎年、要望書を出そう。
○日本君のお財布は、われわれに使わせるように開放しなさい。

これが毎年の対日年次要望書であった。

そしてそれを日本君に
「その財布の使い道を決める権利を細分化して
売り出そう」(使い道を決める権利=経営権)
と言い出したのが
小泉構造改革である。
いわゆる株式会社化である。
株というのは、細分化された経営権という側面をもっている。

その「お財布の使い道を決める権利を
全部売り出しなさい。2017年度までに。
しかも100%」
というのが小泉竹中の決めた最初の「郵政民営化法案」である。

そして政権交代が起こる。
正義漢あふれる学級委員や
風紀委員に
小沢イチロー
やカメイシズカ
が選ばれた。

このメンバーは、
「だめだ!」
といって
お財布の使い道を決める権利を
売ることを一切凍結する!」
という法案を通してしまったのである。

それを知った番長の怒りたるや
想像すると恐ろしい。

「あのやろう、せっかく俺たちに
あのお財布350兆円を使う権利を
渡せるようになったのに
それを凍結しやがった!」
番長「お礼参りをせなあかんな」

というのが、おそらく
この学級委員の小沢イチローが
えん罪にはめこまれた背景にある。
カメイも失脚をして追放されてしまった。

そして、
コクミンシントウ
という政党で
カメイシズカが通そうとしていた
郵政法案というのは
この日本君が
やっている
1クラスメート間での郵便物の
配達(いわゆる郵便業務)

2お金をあずかったりすること(いわゆる銀行業務)

3保険(いわゆるかんぽ)

の三つをやるようにして

お金を何につかうかの決定権は3分の一は
学校側が持ちますよ(ここでは学校は政府のたとえ)

というものだった。

しかし番長側は
「そんな3分の一も学校側が
決定権をもっていたら好きにつかえんやんけ」
「なんで、そんな郵便事業なんて赤字部門になりかねん
ものをわいらがやらなあかんねん」

として拒否してきた。

そして今回の法案は
実は、
日本君とお財布を分離するという法案なのである。

つまりお財布にお金がはいっているのは
郵貯銀行と
かんぽ部門なので
そこだけ
分離して
100%の経営権を
「なるべく早期に」
「100%売り出します」
としているため、
これまでの
「株式凍結法案」がなくなり、
お金をものにできる可能性をひらくわけだ。
しかも
赤字部門の郵便事業は
日本君がやることで
関係ないことになっている。

株を30%以上、学校(政府)がもつこともない。

そしてTPPという
番長に不利なものを
「おまえら、その規制をやめろ」といって
撤廃できるとんでもない委員会が
待っているのである。

最悪の法案である。










国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
3年連続まぐまぐ大賞政治部門第一位!わかりやすい!面白い!得をする!創刊以来約39ヶ月余りで読者数1万8526名突破!
記録破りのNO1超高度経済成長メールマガジン
マスコミ、政治家も多数愛読 政治経済の裏にある
「あなたが絶対知らない情報」を配信します。登録しないと損
過去記事http://archive.mag2.com/0000154606/index.html
※見やすい過去記事一覧http://groups.yahoo.co.jp/group/onoderakouichi/messages
◎国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000154606/index.html


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「借金が2012年に自然の力でちゃらになる」

と言っているのは、くせ者。ここが統一教会系スピリチュアル担当の工作員としての本領発揮のところか。

本当に起こる事態は

「2012/12/23に、高高度核爆発によってEMPを引き起こし、電子機器、電子マネー、記録
通信網が破壊される。また核爆発なので、空にオーロラが発現する」

あくまで、この現象は、自然がやったことですよと印象付けようとしている。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

だいたい、皆さんは
買いオペレーションとか聞いたことがあるでしょう。
しきりに金融緩和だ、買いオペだなどと言ってますよね。
それはなにをやってるかというと、すなわち国の中央銀行、日銀がお金を刷って、市中銀行(都市銀行等)が持ってる株を買ったり、国債を買ったりしているということです。
まぁ、金融緩和などと良く言いますが、やってることはお金を刷って市中にばらまいているだけです。
だったらヘリコプターからばらまけばいいじゃないかと思うのですが。
なぜだか銀行や証券会社にお金をばらまいているのです。
日銀は日経平均先物は総額で9022億円、不動産投信は749億円買い付けています。
日銀がお金を刷って買えばいいだけだからやりたい放題です。

こんなことに国会で議論もなにも承認もなにも必要ありません。
日銀が景気対策などといって勝手にやってるのです。
だったら福島の人達にはお金を刷って渡すだけですよね。
なぜそっちはダメなのか意味が分かりません。

消費税アップ賛成反対だとか。
単なるポーズ。
劇場政治。
本当の詐欺に目を向けないようにするだけの仕組みです。

とにかくこの世の巨大な詐欺システム。
あまりにも巨大すぎて誰も気づかないのです。

ぇえ?ウソでしょう?
普通の人は
銀行って、みんなから貯金を預けてもらって、その集めたお金を、他の誰かに貸してるだけでしょ?
と思いますよね。
本当はやってることは、持ってもいないお金を人に貸しているのです。
こんなことは常識と思ってあんまり最近は書いていませんですた。

まぁ、このブログ。
こういうことを書きはじめたころから。
この詐欺師、変態、キチガイ。ありとあらゆる嫌がらせ、妨害、印象操作。
ワタスのブログをちょっとでも検索すれば、誹謗中傷のオンパレードです。
今では疎開村の人達とも笑って話しています。
やることが律儀だなぁ、アルバイトさんたちを動員して、ご苦労なことですね。
詐欺がばれるんじゃないかと毎日、心が休まらないんでしょう。もっと楽しく平和に暮らせばよいのに。
支配者とは世の中を支配していると思いきや、逆に苦労ばかり多くて可哀想な人達なのです。
人を支配してると思ってるのは自分だけで、実は人を支配しているという概念に支配されて苦労している悲惨な人達なのです。

とにかくです。
この世の人達は、この詐欺があまりにも巨大で完成されたシステムなので
さぱーーり。誰もその詐欺の存在すら気づかないのです。

分かりやすい動画を張っておきます。

これはゴールドスミスさんのお話です。
どうやって持ってもないお金を貸すような詐欺ができるようになったのお話。 ↓お金ができる仕組み。銀行の詐欺システム



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

以前、「重力の正体」という記事 を投稿したが、つまりなぜヘソのチャクラが
「太陽神経層」と呼ばれているかを考えれば、腸内で原子転換が起きていたと
言ったルイ・ケブラン の説とも一致してくる。つまり、生体内核融合だ。

aekoさんが言っていた“太陽の人が出現した”という発言も、
このニュースと無関係とは思えない。

そして“エネルギーの無限供給”は旧来の人集め宗教を
成立できなくさせるだろう。

いままでのユダヤによる銀行紙幣の世界というのも
一種の巨大な“宗教”であり、ここからの脱出口にも
いよいよメドが付いてきたと言うことかも知れない。

こういったものが出てくると、金も宗教も降参してくるかもしれない。


効果がなければ返品とは、どこの宗教に「願いがかなわなければお代はいらない」ってとこがあろうか。

また、銀行以上の利率で買ったものにさらに金をつけてくれる商品があるのだろうか?




http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/159155437

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「薩摩の教え・男の順序」
 一、何かに挑戦し、成功した人
 二、何かに挑戦し、失敗した人
 三、自分では挑戦していないが、挑戦する人を手助けした人
 四、何もしない人
 五、何もしないが、他人の批判だけをする人
 六、失敗したのを人のせいにしていつまでもウジウジしてる人
 七、嫉 妬

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。