~狩人達の酒場~

様々なことを書いてきましたが、当初の意図とは移りかわり、なんでもありの情報ブログ化してきました。まさに野次馬のごときブログです。いずれはいろんなハンター達の情報交換の場所をいずれは作りたいと思います。(ハンター×ハンター参照)


テーマ:
韓流板より


竹島って本当はどっちの国の領土なの?(´・ω・`)
URL:
http://same.ula.cc/test/r.so/raicho.2ch.net/hanryu/1318062656/94?guid=ON
94 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2011/10/11(火) 09:06:14.82 ID:eRb8EXQg
わたしは韓国人です。
竹島は日本の領土で間違いないです。

私達の先祖は戦時中売春をしてました。
それは祖母にも聞きました。
強制的な従軍慰安婦は間違いです。
娼婦が仕事をしただけです。

多くの韓国人がその認識をしているのに、竹島などの国際問題がでると、慰安婦問題が出ます。竹島が独島と言うのも言いがかりの侵略です。

私は恥を知らない、自分の国が大嫌いです。私の様な韓国人は珍しいのかもしれません。この様な話すると、私の国では迫害されます。

私はフジテレビのデモ賛成です。
間違っている事に対して、日本の人は国内や海外に向けて、強く主張してください。

私は早く、言いがかりや、強奪、間違った意見と知りながら強硬に主張する、人間として恥ずかしい韓国人を減らしたいです。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
フジテレビが埼玉を山梨に“引越しさせ”非難殺到
2011年10月25日11時24分
提供:トピックニュース

今朝、フジテレビでの「とくダネ!」でありえない事態が発生したと話題になっている。
文部科学省の汚染マップをパネルで紹介した際、なんと埼玉県と山梨県が入れ替わってしまったのだ。
この異例の事態にネット掲示板は騒然。

「局内で誰か気付よ」
「ひどいテロップだ」
「またフジテレビ」
「お前らだって慶尚北道と忠清北道の差わからんだろ。これはしかたないこと」
「日本人がいないと理解するには十分な出来事」

とアンチ韓流派からの批判にますます火に油をそそぐ事結果になってしまった。

ソース
http://news.livedoor.com/article/detail/5964460/
画像
http://livedoor.3.blogimg.jp/hatima/imgs/0/2/02e60e5f.jpg
【関連情報】
・埼玉が山梨に引越し【またフジテレビ】
http://blog.esuteru.com/archives/5200096.html
慶尚北道 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%85%B6%E5%B0%9A%E5%8C%97%E9%81%93
忠清北道 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%A0%E6%B8%85%E5%8C%97%E9%81%93

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

このお父さんはおいらと同じ考え方する人だな。


「美しい日本語」って何ですか  四年一組 山口 浩

今朝、朝ご飯を食べていたら、お父さんが、「これを読んでごらん」と言って、新聞を見せてくれました。その新聞には、日本語についての記事が出ていました。その記事には、1960年からアメリカに住んでいる日本人の人が、最近、日本でよく使われている、「らぬき言葉」におどろいた、という話がのっていました。

読み終わって顔を上げたら、お父さんが、「これは何がいいたいのかな」と聞きました。大人の新聞は、むずかしい言葉をたくさん使っていて、よくわからないところもありましたが、その人は、ずっと日本に住んでいなくて、その間に、日本語が変わってしまったので、びっくりしていたのだ、と思いました。ぼくがそう答えると、お父さんは、ニヤリ、とわらいました。こういうときのお父さんは、たいてい何かたくらんでいるので、ぼくは、注意しようと思って、「よくわからないよ」と言いました。

そしたら、お父さんは、「これを書いた人が本当に言いたかったことは何かな」と聞きました。ぼくは、そんなこと、書いた人じゃないからわからないよ、と思いましたが、もう一度読んでみました。それでもよくわかりません。でも、なんとなく、その、外国に住んでいる日本人の人をほめているような感じがしました。それで、ぼくが、「うーん。『美しい日本語』ってあるから、その、外国に住んでいる日本人の人をほめたかったのかなあ」と言ったら、お父さんは、「待ってました」と言いたそうな顔で、人さし指を立てて、「そうそう」と言いました。

そしたら、お父さんは、「じゃあ、『美しい日本語』って何だろう」と聞きました。ぼくは、「お父さんはこれが聞きたかったんだな」と思いました。らぬき言葉におどろいたということは、らぬき言葉は「美しい日本語」ではないはずです。きっと昔は、らぬき言葉はなかったのでしょう。それで、ぼくは、「昔の言葉じゃないかなあ。だって、この人は、昔の日本語しか知らなかったんでしょ?」と言いました。そしたら、お父さんは、「じゃあさ、今の日本語は、美しくないのかな?」と聞きました。

ぼくは、よくわかりませんでした。ぼくたちは、ふだん「らぬき言葉」をふつうに使っています。だから、それが「美しくない」とはあんまり思いません。でも、学校で、先生が、「今はそういうことばをよく使うけど、あらたまったところではあまり使わない方がいいね」と言っていました。あらたまったところでは、ていねいな言葉を使わなければいけません。たぶん、らぬき言葉はていねいな言葉じゃないから、「美しい日本語」にはならないのでしょう。

それで、ぼくは、「日本語は昔と今でちがうんだね」と言いました。そしたら、お父さんはニヤニヤしながら、「その通り。じゃあ、日本語はいつ変わったのかな?」と聞きました。ぼくは、「その、アメリカに行った人は、1960年に行ったって書いてあるから、その後じゃないかな」と言いました。そしたらお父さんは、もっとニヤニヤしながら、「時代げきって見たことある?」と聞きました。

ぼくは、思い出しました。テレビの時代げきは、え戸時代とかの昔の時代をぶ台にしています。そこでは、おさむらいさんとかが、「せっ者は」とか、「ござる」とかいう言葉を使っていました。でも、1960年にアメリカに行った人は、そういう言葉は使っていなかったでしょう。日本語は、もっとずっと前から、変わってきたということになります。

ぼくがそう言うと、お父さんはうれしそうに、「わかった?」と言いました。ぼくは、「え戸時代は、『せっ者は』とか言ってたんだよね?そういう人からみれば、1960年にアメリカに行った人の日本語も、『美しくない日本語」だったのかもしれないね」と言いました。そしたらお父さんは、「そう。そして、いつの時代も、年寄りたちは、若い人たちの言葉を、悪く言い続けてきたんだ」と言いました。
千年以上前の「まくらの草子」という本も、「日本語が乱れている」となげいているのだそうです。お父さんは、「そんなに昔の言葉が美しくていいなら、50年前じゃなくて、千年前の日本語に戻ったらいいんだよ」と言って、笑いました。ぼくは、50年前の日本語がそんなに美しいなら、千年前の日本語はどんなに美しいだろうと思って、ちょっと聞いてみたい、と思いました。

そしたら、お父さんは、「まだあるよ」と言いました。らぬき言葉は、実は、大正時代にはもうあったそうです。つまり、1960年にアメリカに行った人が生まれたころには、もうらぬき言葉を使っている人がいたということになります。ぼくが、「そうか、この人がびっくりしたのは、昔はなかったからじゃなくて、この人が知らなかっただけなんだね」と言ったら、お父さんは、「そういうことになるね」と言いました。

それで、お父さんは、「もちろん、その時その時で、人が『美しい』と思う言葉はあるよね」と言いました。確かに、ぼくも、テレビに出てくるタレントがしゃべっている言葉は、あんまり美しい日本語とは思えません。でも、同じテレビでも、ニュースを読んでいる人がしゃべっている言葉は、美しいかどうかはわかりませんが、ていねいだと思います。ぼくたちも、先生と話す時は、友だちと話す時より、ていねいな言葉を使います。

ぼくが、「言葉は、人によってずいぶんちがうよね」と言ったら、お父さんは、「そうそう。なのにこの新聞では、美しくない日本語はみんな若い人のせいになってるでしょ」と言いました。見ると、確かに、記事には、「「ら抜け」世代」という言葉が出てきます。どう見ても、若い人たちをさしているようです。50年前にも、らぬき言葉を使っている人がいたのに。

ぼくは、「昔からあった言葉なのに、若い人たちばかり悪くいわれるのはずるいね」と言いました。そしたら、お父さんは、またニヤリとして、「でも、ここには、若い人が悪い、とは書いてないよ」と言いました。ぼくは、「でも、これを読んだら、みんなそう思うんじゃないかなあ」と言いました。

そしたらお父さんは、うんうんとうなずきながら、「よくわかったね。そう、そこがこの文章の一番悪いところなんだよ。はっきり書かないで、でも読んだ人をそう思わせる書き方だね。らぬき言葉がきらいなら、はっきりそう書けばいいのに、そうすると、だれかに文くを言われるかもしれないから、こうやってわかりにくくして、でも読んだ人がそう思うように書いてるんだね。ずるいやり方だと思うよ」と言いました。

ぼくが、「じゃあ、こういう日本語は美しくないのかな」と言ったら、お父さんは、「そうだね。どんな言葉を使うかだけじゃなくて、どういう気持ちで、どんなたい度でその言葉を使うかってことも、「美しい日本語」には大切なんだろうね」と言いました。

ぼくは、とてもよくわかった気がしたので、「じゃあ、ウソをつくのも、美しい日本語じゃないね」と言ったら、お父さんは、「そうだね」と言いました。そこで、「だったら、こないだ約束した遊えん地、今度の日曜に行こうよ」と言ったら、お父さんは、「いやーそのー、ちょっと、いろいろと大人の事じょうが・・・」とか何とか言いながら、向こうに行ってしまいました。ぼくは、大人が美しくない日本語を使うのは、大人の事じょうがあるからなのだな、と思いました。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ユダヤ教は近親憎悪と格差の宗教
ユダヤ人は基本的に「おれは神の言うことしか聞かねーよ」という原理なので誰がリーダーになっても不平不満。内輪もめと党派争いのくりかえし。
しかも身内との争いに勝つためなら周辺国を平気で引き入れ売国行動をとるので独立しては大国に蹂躙されてのくりかえし。
バビロンで奴隷暮らしをしていた頃には
「神様にごめんなさいしてれば、そのうち救世主が出てきて助けてくれるんだ」
と妄想しながらユダヤ教を練り上げていたが、故郷に帰って独立を取り戻したとたん「反省?なんのこと?」状態。
奴隷だったときの団結や助け合いの精神もすっかり忘れ、しかも「お布施を払えない貧乏人は天国行けねーよ」という教義なので格差社会が深刻。
そこでイエスが救世主の役を買ってでて「信仰心があれば貧乏人でも前科者でもOK」と言ったところ人気者。しかし既得権益にどっぷりつかった神官どもは「ローマさん、あいつ反乱分子ですぜ、やっちゃって下さいよ」と密告し、イエス死刑。
イエスの唱えた「許せ」主義の改革ユダヤ教(キリスト教)は敵国ローマでも流行。
一方「絶対に許さない」主義のユダヤ教はイスラエル滅亡、民族離散をまねいた。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
終末現象のなかで、世界の大宗教であるキリスト教や、イスラム教、ユダヤ教といった宗教を信じている人だけが救われるのでしょうか。各宗教は自らの信者に対してそのように教えているかもしれませんが、聖書も日月神示も大本神諭も、そういうことはないとハッキリ述べています。逆に、特定の宗教のドグマに毒された人は、その思い込みゆえに心が柔軟性を失い、低い波動に留まってしまうという預言さえあるのです。
 わが国には、新興宗教を含めてたくさんの宗教団体がありますので、その一つひとつを審神(さにわ)することはできませんが、発足時の教主の教えが曲解され、誤って指導されている団体が多いように思います。団体によっては、現世利益を売り物にし、また指導者たるべき幹部層が、世俗的な野心と欲望に満ち満ちているものが見られます。たとえば、次のような特徴をもつ宗教団体は要注意です。

1.これから終末現象の中で価値を失っていく「物質的繁栄(お金持ちになれる)」や「社
  会的地位の向上(いい学校に合格する、いい会社に入れる、出世できる)」などを売
  り物にしている宗教。
  このような宗教は、物質欲や虚栄心を強めることになり、人々の気づきを妨げる恐れ
  があります。その点で大変罪が深いと言えるでしょう。

2.何らかの形で終末の様相を独自に分析し、その恐怖を誇張して、生き残るには自分
  たちの宗教を信じる以外にない、と救世主であるかのように喧伝する宗教。
  かつて有名になった宗教団体もありますが、世界各国でこの種の宗教団体は後を絶
  ちません。終末を売り物にして信者を集めようする宗教団体も要注意です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
マジレスすると、アメリカはソ連崩壊前の末期的状況に酷似して来てる
国民は国に対して常に強い不満があり、政府に対する反対運動が頻発する
しかし国の支配階層達は国家・経済システムを根幹から変える気はなく
改革者を偽装して国民のガス抜きをして時間稼ぎを図り
国民の怒りが失望に変わり、黙って言う事を聞くようになるのを待ってる
ところが国民の不満も怒りも頂点に達していて
本当に国家・経済システムが改革され、別のシステムに切り替わるまで
失望して黙って従うどころか、絶対に変わるまで行動を止める気など毛頭ない
それほどまでに国民の怒りと不満が極まっている事に気づいていない支配階層達は
国民感情を読み違え、改革するというパフォーマンスで国民を欺けると馬鹿にし
実際に改革パフォーマンスをして、国民の怒りに、火に油を注ぐ行為に出る

オバマも民主党もリベラル派も、不満と怒りを吸収し、利用する事だけを考えている
しかし国民が求めている貧富格差の是正と市場原理主義の放棄、野放しの企業活動による
環境破壊に代表される一部の企業と大資本家の横暴を国が取り締まる改革を行わなければ
オバマ、民主党、リベラル派に対する怒りが増幅されるだけで、失望され
国民は彼らを倒すべき敵とみなして、事態はより一層深刻な方向(民主化革命)に進展する

まあ見ててご覧
ウォール街デモはただの始まりに過ぎないよ
一度は政府がある程度譲歩するなりして沈静化しても、政府が要求を実現しなければ
またデモが起きる(しかもその次のデモはウォール街デモより規模が大きく、要求も明確)
そしてまた政府がある程度譲歩するなりして沈静化しても、政府が要求を実現しなければ
またデモが起きる(更に次のデモまた規模が拡大し、要求が先鋭化する)
アメリカの支配階級は恐らくデモをしている人達への懐柔策や分断策を画策するだろうが
あれだけ貧富格差が大きいと、不発に終わる公算が高いので、いよいよまずくなっていく
今後幾度となく繰り返させ、最終的にはアメリカを劇的に革命級の変貌を遂げさせるデモの
序章に過ぎない

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
民主主義は独裁ではないと主張する人がいる。
しかし民主主義は多数決であり、一部の例外的な事例を除いては
衆愚の多数派による独裁になる。

マルクスが言ったプロレタリア独裁の状態だ。
多数であれば猿でも偉いというのが民主主義の多数決である。

そして衆愚は「オラたち馬鹿は偉いだよ!しかし難しいことは解らない
から官僚に丸投げだ!オラたちはパチンコやってるから金だけくれ」
と言い出す。

これがいわゆる「ばら撒き行政」である。
そしてその結果として財政破綻か餓死が生まれるほどの緊縮財政。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
現在のニホンの流産率は40%(明治大正時代は20%)母子手帳の発行部数が200万部で、出生が119万人だから、大体あっている。
3回以上の流産が続くことを不育症と言うそうです。この不育症が毎年8万人ずつ増えているそうです。
奇形児の発症率は、日本は世界一だそうです。

1990年で母乳のダイオキシン(環境ホルモン)も含有率は世界一。どうしてですか?
 日本人は1年で7kgの添加物を体内に入れているから
 アメリカ人は2kgなんだそうです。

水道水の塩素含有量は世界一。
 塩素を採りすぎるとトリハロメタンが発生し、ガンになる
 のは周知の通り。

日本の水道水に入れる塩素の量は下限が決まっていて、上限が決まっていません。アメリカは上限が決まっています。アメリカの上限の量よりも日本の下限の量の方が多い。
つまり、日本の水道水はとっても危ないくらいの量の塩素が入っているということになってます。

ガンが減らないわけだ・・・。


タンポンの話

1950年代にエーザイという会社がタンポンを作ったそうです。1980年にアメリカで38人がタンポンでショック死したそうです。原因はタンポンの原料「再生紙」(業界では、再生紙は綿状パルプと呼ばれている。)。80年代に原料にリサイクルした紙を使うようになったそうです。
リサイクルの紙はきれいにするために、
①5種類の殺菌剤で殺菌される(1種類では菌が全部死なないかもしれないから)
②白くするのに塩素系漂白剤と
③真っ白くするために蛍光剤
を使用しているそうです。

9年前にイギリスの女性がタンポンの安全性を調べたら、ダイオキシンが検出されたので、メーカーに言ったら、2億円積まれて口止めされたそうです。女性はそれを断り、女性の市民運動家たちに訴え、国はついに塩素系漂白剤使用禁止の法律が出来たそうです。
この事件は世界各国の新聞やテレビで取り上げられ、すごい話題になったそうですが、日本では一切報道されなかったそうです。


外国は企業も守るけど、国民も守る。日本はどうも違う感じがする。



そういえば、全然別の話ですが、雪印が食中毒事件を起こした時、会社がつぶれなかったですね。でも、鳥インフルエンザの養鶏業者は黙殺した。国は企業は守るけど、個人は守らない、典型的な例だなあと思いました。


今度は経皮毒の話ですが、皮膚からの吸収率が1とすると、頭皮は3.5、おでこは6,デリケートゾーンは42なんだそうです。

びっくりでした。女性のデリケートゾーンは大切なところです。タンポンなんて化学物質の固まりです。怖いですね-。ナプキンも同じです。


子宮頸がんの話

昨年の12月22日、子宮頸がんのワクチンが日本でも認可されました。効くのは16.18型というもの。期間を空けて3回の接種で20年間の免疫が得られるということでした。頸がんになって大変な思いをするなら安いもんだと思い、皆さんにお勧めしてました。

子宮頸がんの患者さんは、日本は世界一。毎日、10名の方が亡くなっているんだそうです。

HIVの罹患率も先進国ではトップ。何でこんなに医療が進んでいる日本なのに、とビックリしてしまいますね-。

そして、今回のお話で分かったことは、日本で起こる頸がんの型は16・18型でないものだそうです。今年分の思春期学という医学雑誌に載っているそうです。

頸がんの原因はヒトパピローマウイルス。このウイルスはどこにでもいるウイルスで、一生のうちに何回か感染しても、免疫力で体外に出てしまう。でも90%抑えられても、何らかのことで10%が残ってしまったりすると、平均8年かかって細胞変容して癌となるそうです。細胞が異形成状態の時は症状がなく、だから、癌検診を受けていれば100%予防できるそうです。

頸がん各国の受診率は
  ヨーロッパ  90%
  アメリカ   80%
  韓国     50%
  日本     20%
だから、日本人に頸がんが多いのがよく分かる。ドイツなんかはほぼ100%受診しているから、国から頸がんがなくなる勢いだそうです。

日本はえらい違いだ-。

話はワクチンに戻りますが、本当はワクチンの免疫力は7年位なんだそうです。でも、これに免疫増強剤を添加することで20年にしたんだそうです。
免疫増強剤は不妊症になる可能性があるものだそうで、ビックリした。
今、アメリカでは集団接種が勧められつつあるそうですが、「家の子はいいです」、と言う母親も多いとか。

なんだかビックリなことが多すぎました。

今は血液検査でも頸がん検査が出来る機械があるそうですが、日本には導入されていないそうです。私もこの間はじめて頸がん検査に行きましたが、やっぱり診察台に上るのはいやですね。血液検査で分かるならそっちの方がありがたいです。検査を受けることが100%の予防につながるなら、受診率を上げるようなこの事実を伝えるべきでしょうね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。