~狩人達の酒場~

様々なことを書いてきましたが、当初の意図とは移りかわり、なんでもありの情報ブログ化してきました。まさに野次馬のごときブログです。いずれはいろんなハンター達の情報交換の場所をいずれは作りたいと思います。(ハンター×ハンター参照)


テーマ:
2008年に新しい7つの大罪がバチカンから発表されているそうです。
最新版では「遺伝子改造」「人体実験」「環境汚染」「社会的不公正」「人を貧乏にさせる事」「鼻持ちならない程金持ちになる事」「麻薬中毒」が大罪になったそうです。(Seventh Heaven)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
日本では、サラリーマン が会社から給与 をもらう時、既に、給与からは所得税が引かれている。

その給与で買い物 をすると消費税 が引かれる。2重課税である。日本の税法では、2重課税は違法行為として厳禁されている。

所得税の上に消費税を取る事は、日本の税法の基本である「2重課税の禁止」の原則に、明らかに違反する違法行為、犯罪行為である。

国家自身が違法を平然と行っている。

市民の無知に付け込み、市民の資産 ・給与を「奪えるだけ奪う」、略奪者の集団が国家であり、国家とは犯罪集団である。

なお、仮に現在コンビニのローソン に勤務するサラリーマン数名が集まり、無税=タックスヘイブン=オフショアのケイマン諸島等に形式だけの会社=ペーパー カンパニーを作り、

そのサラリーマン仲間数名が、そのペーパーカンパニーに「所属している」形とし、

ローソンから、そのペーパーカンパニーが、仕事を請け負い、ペーパーカンパニーに請負費用=給与を支払う形とし、

そのペーパーカンパニーの法人 口座から、直接、日本国内でサラリーマンがデヴィット・カードで給与を引き出せば、所得税はゼロになる。

ペーパーカンパニーの設立費用は数万円から10数万円であり、

ローソン等々、サラリーマンが現在勤務している日本の会社が、そうした給与振込みの形を承諾する「度量」があれば、日本国家の不当な2重課税から逃れる事が出来る。

サラリーマン個々人の、会社側との交渉力 の問題でもある。

やるか、やらないかは、個人の自由である。

まじめに汗を流し働いている者だけが、「バカを見続ける」必要は無い。

2重課税と言う犯罪行為を国家が行うのであれば、市民は海外事業への非課税措置という適法・合法行為をもって対処すれば良い。

犯罪組織=国家は違法行為を専業とし、市民は法治主義を専業とする。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
解体された社会保険庁による年金番号の「いい加減な管理」問題は、

日本人全てに対し、11ケタの番号を振り当て、「国民1人1人を番号で管理」する体制作りのために「演出」された。

「今まで、イイカゲンだったので、今後は、国民1人1人に厳密に番号を振り、管理する」と言う事である。

住民基本台帳による国民総背番号制度である。

この国民総背番号制度が年金番号に適用された後は、この番号がクレジットカード番号、銀行口座番号、キャッシュカード番号に適用され「統一」される。

これで国民の財産は全て国家に把握され管理される。

多額の貯金を持っている者は、「資産課税」の導入によって、貯金に税金が課せられる。

国の財政赤字の穴埋めに、市民の貯金が「盗用される」。

この番号によって、市民は、いつ、どの店で買い物をし食事をしたか、何を買ったか、夕食に何を食べたかを全て政府によって「管理」される。

市民がどのような趣味を持ち、それに幾らお金を使っているかが、全て国家に把握される。

女性とデートした時のデートコースも、お金を使った場所を「追いかける」事で、全て国家にデータとして蓄積される。街頭の監視カメラが、これを補佐する。

不倫相手と食事をしホテルを利用した事を材料に、政治家は自分の主張とは正反対の法律に「賛成するように警察・国家によって強制される」。民主主義の破壊が可能となる。

不倫相手と食事をしホテルを利用した事を材料に、民間企業の社長Aは経営する会社の機密情報・特許情報を「警察・国家に提出するよう強制される」。その情報はAの会社と敵対するBの会社に渡される。Aの会社は競争に負け倒産し、Bの会社が大企業に成長する。警察・国家官僚は、そのBの会社に天下りし、高額な年収を得る。官僚独裁国家の成立となる。

国家が戦争を開始した際、戦争に反対した人間は、クレジットカード番号、銀行口座番号に基づき、銀行口座が閉鎖され現金が引き出せなくなり、クレジットカードが使えなくなる。戦争に反対した人間はホームレスとなり、餓死に追い込まれる。戦争を「強引に推進するための」システム作りである。

そのために、社会保険庁の「年金番号管理の、ズサンさ」が、マスコミによって大々的に宣伝され、国民総背番号制度が導入されようとしている。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「ねこチョキン」なるものを発見!


なるほどよく考えてある。


これなら誰でも簡単に商売できそうだ。


ただ、集めたお金を年利12%以上でまわせる能力があるものだけができるわけだが・・・・・・




単なる物品の売買。それにともなってのキャッシュバックは特典としている。


出資法の預かり金の禁止事項には抵触していない。


また、返品を100%保証なので元金保証と同じ。


で、キャッシュバックも返さないでいいとくれば効率のいいファンドみたいなもんだ



  ~狩人達の酒場~-ぼく 銀次郎
詳しくはこちらで

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

これは先日も書きましたが、

私が実践していて本当に心休まり、

そして、時間を作ってでも行きたいとなぜ思えるかを、

私なりに書いてみます。


それは、苦しい時の神頼みとは言いますが、

確かにいろいろな大事な人生の節目や、

夢や希望を叶えたいとして祈願します。

ですから「・・・出来ます様に!」

「・・・お願いいたします!」

「・・・日々健康で長生き出来ます様に!」等と祈願します。

この様に、文字通り祈りお願いいたしますが、

私は決してその様には御願いはしません。


それは、過去形で感謝を申し伝えるのです。

「・・・合格しましたありがとうございます」

「今年も来月も来週も今日も元気で

何事もなく平穏無事に過ごさせていただきました。

感謝いたします。

生かしていただきありがとうございます」とです。


ちなみに、毎週登る宝満山では、

「天の神様仏様先祖様、

今日も生かしていただきありがとうございます。

今日のこの時間を命を、

この様な場所を条件を健康を健脚を与えていただき、

心より感謝いたします。

今週も生かしていただきました。

家庭が日本が地球が大宇宙が平和で調和しました。

ありがとうございました」と、

御礼と感謝の報告をいたします。


さらに、一週間の特別なことがある時は、

前もってその有難い結果の御礼を先に報告し、

そして、それが良い結果であっても

叶わない学びの結果であっても、

そのことに感謝と御礼を伝えます。

この学びとは、例えば願ってもない結果の時に、

それを素直に受け止めて、

次のチャンスへと励ましと受け止めて感謝するのです。


これは、ある日多くの方々が参拝される神社に行って、

そして、こんなにもそれぞれ全く違った

お祈りやお願いを受け止めるには、

いかに神様仏様と言えども、

決して覚えられないのではと、

その神殿より参拝者の方に向かって

立った光景を想像して閃きました。


それは、どの様な方ならばその願いを思いを

感じて受け止めようかと、

その立場に立って考えてみると、

それがこの感謝や御礼を言っている人だと感じたのです。


つまり、やはり明るい人輝いている人、

「ありがとうございます」と言っている人ではと思いました。

ただひたすら下向いて手を合わせて、

自分の思い中心だけで

御祈りや御願いをしている人ばかりですから、

これは目には留まらないのではと思ったのです。


それよりも、親の立場で見た場合と全く同じで、

明るく元気で、そして、「生んでくれてありがとう」

「護ってくれてありがとうございます」

「人間で良かった感謝します」と伝えることの方が、

その親も心から喜ぶのと同じです。

よって、その子どもを心から応援したくなるのではないでしょうか。


これは過去形で思う思いの実現と同じです。

次回からこのようにクセ付けしてみて下さい。

ワクワクすることに必ずやなるでしょう。


今日も今から、宝満ち溢れる山に行って来ます。


今日も一日、どんなことにも感謝の思いを持てる日でありますように。

御蔭様で、ありがとうございました。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この世界を創り続けているのも、運営しているのも・・・

         〝わたし〟

なのだとしたら?....

         〝あなた〟

なのだとしたら?....



そう宣言するなら、わたしは完全にキチガイ扱いされるに違いない。

            だがもし、本当にそうなのだとしたら?


ニール・ドナルド・ウォルシュは言う~
   「神さまが私達に言う言葉は、常に〝その通り!〟なのだ・・・」

                 っで、あるならば!?・・・・


「神さま? ・・・あなたは私なんですね?」

    っと尋ねるのは、究極的な神への問いかけとなるだろう。


ニール・ドナルド・ウォルシュのいう言葉が正しいのならば
やはり、
っと神は返答するはずだ。

「そう!キミは、実はボクなのさ!」・・・っと。
その瞬間、あなたと世界は初めて融合する、いや、融合していたことを思い出す。


『ザ・シークレット』ではヘンリーフォードの言葉を引用する・・・

「〝出来る〟と思っても、〝出来ない〟と思っても、両方正しい・・・」

わたしは、これは一般にとらえられているよりも、
非常に重要な言葉だと思っている。

この言葉が正しいならば、
この延長線上で言えば、
人間と同じ数だけ、真実があると言うことで、
人間と同じ数だけ、別の宇宙が存在すると言うことだからだ・・・・


それ程までに、〝個人=インディビディアル〟とは、無限の価値があると言うことだ。



60億人の創造神がひしめく惑星、地球・・・

もちろん、混乱が生じないわけはない、
でも、私達人間は、こころの根底で望んでいることにそんなに大差はない。
そして、私達の〝創造神〟というレベルは、その〝根底〟においてなのだから・・・

その〝根底〟のレベルではなく、〝海面〟のレベルであるエゴが・・・
無責任にジブン勝手な願望や恐れに混乱しているがゆえに、
この世界は混乱しているように見えているだけだ。
そしてこの無責任さの根底とは、「私は創造神ではない」であり、

それこそが
       〝静かなるすべてがつながった根底〟と
        〝荒れ狂う海面〟との分離をもたらしているわけだ。


つまり、創造神が60億人いても、
その世界が混乱しているとしたら、
その原因は、
その人数なのではなく、そのひとりひとりの無自覚さなのだと言える。


「この世界を私が創っているなんてとんでもない!」
「この私が創造神だなんて、とんでもない!」
「神よ!わたしはあなたではない!」

そうしたらこれもまた神は答えるだろう。

「そのとーり!(あなたはわたしではない)」


だから、わたしが

  「創造神は、わたしであり、あなたなのだ!」
        っと宣言して、キチガイ扱いするあなた・・・

そう、そこのあなた!

  あなたは、正しい。  〝ユー・ライト!〟  そのとーり!!

   確かにあなたがそう思うなら、〝あなた〟は〝創造神〟ではない!!


 かくして、あなたは、創造神とは分離した存在となる。


 あなたにとって、世界を創造した神は<どこか><別に>存在し、
  その〝誰かさん〟が造った、この巨大な空間の、
   あなたは〝ひとりの住民〟として、
           この世界に対して、

  ホンの世界の片隅(職場、家庭)の、僅かな、僅かな、責任しかもてず、

    ・・・そしてこの世界はよそよそしく、
   ・・・そしてこの世界で降りかかるってくることに
    あなたは常に被害者であり、奴隷であり、たえず恐れおののき・・・・


そういう、あなたが認めている通りの世界の、あなたはいち住民なのではないだろうか?


- ・ - ・ - ・ - ・ - ・ - ・ -

  バシャールは言う。

    「あなたが見ている世界はホログラフのようなモノだ」っと

  しかし、そのホログラフ世界を演出している〝光源〟の存在こそ
 本当の〝あなた〟なのだとしたら、あなたはその自分の作品である立体映画に
完全にのめり込んで、それを自分なのだと思いこんでいることになる。


   これはあんまりにもありふれた話である。昔からよくきく話ではないか?

  古代インドのヴェーダの時代から、〝この世はマーヤ(幻想)である〟と
 あなただって何度も聞いたことがあるだろう? ホログラフというのも同じ意味だ。

バシャールとおんなじハナシではないか?、映画「マトリックス」のまんまじゃないか?

     ところがところが!

   やはり「わたしは創造神だなんてトンでもない!」っと思うのならば、
  やはりあなたは、〝この世はマーヤ(幻想)である〟ということを
 理解していなかったのだ。 知らなかったことになる。

   この二つの事柄は、ワンセットで、究極の真理になのではないだろうか?


   この三次元映画の世界に、あまりに没入してしまって、
  笑ったり泣いたり恐れたり威張ったり渇望したり落胆したり・・・・

  つまりはこの三次元映画にのめり込んで
自己同一化しすぎていたとするならば、
         〝この世はマーヤ(幻想)である〟という言葉は、
           あなたは何度、転生輪廻し続けても、
            単なる神話上の空論、仮設であり続けるだろう。



                     あなたが目覚めるまでは....
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
わが国には、「焚くほどに風がもてくる落ち葉かな」という古歌がある。良寛の作とも伝えられるしゃれた一句である。家で煮炊きするほどの落ち葉(燃料)なら風が運んでくるよの意味で、まあカネがなくてもなんとか暮らしていけるものさ、欲をかいて齷齪(あくせく)しなさんなと言っている。

 この考え方の対極にあるのが、資本主義であり、それを肥大させつづけてきたユダヤ資本家どもであった。
 それこそ何千年にも渡って、彼等とその同調者どもが、人類を穢し、貧乏人を創り出して苦しめてきたのである。

 日本の例でいえば、フリーメーソンに操られた長州閥の下級武士どもが、明治維新をやらかして、日本をビリー牧師が批判するような(国際金融資本の掲げる)消費、消費へと煽って、富を一部の資本家にだけ集中させるような国にしたのだ。

 この世界を、大多数の人間にとって貧困地獄に追い込んだユダヤ資本家どもの支配から脱するには、私たちがもっと消費をやめればいいのである。質素な暮らしでいいのだと、私たちが覚醒することが、奴らが私たちを「ゴイム(奴隷)」にしている状態をやめさせ、その思惑の息の根を止める戦略なのだが…。

 ユダヤ国際金融資本といい、フリーメーソンといい、彼等「結社」は人類の(地球の)癌だ。人体の癌を消滅させるには、がん細胞に栄養を与えなければいい、と言われる。だから断食が有効だ、と。食い過ぎて腸が追いつかなくなるから病気になるのだと、西式甲田療法では説く。腹七分目にすれば健康体でいられる。それをわれわれは、「おいしいものを腹一杯たべたい」という認識、つまり消費したい、になっているから病気も治らないのだ。
 
 同様に、「結社」というがん細胞も、栄養を与えなければいい。それがわれわれが血眼になって消費しなくなることである。せめて消費も「腹七分目」にすれば、「結社」には大打撃だろうに。

 ビリー牧師の言うように、物をまったく買わないというのではない。必要なものは買わねばならないし、たまに贅沢をするのも良かろうが、私たちは金があるからといって、モノを買いすぎるのだ。
 消費しなければ不況になると脅す向きもあろう。たしかにカネはじゃぶじゃぶとは回らなくなるだろうし、サラリーマンは給与が下がるだろう。しかし、みんなが良寛作と言われる古歌のような考え方になれば、ゆったりした、あくせくしないですむ暮らしが実現するであろう。

 この時期になると、日本には「福袋」がデパートや商店街で売りにだされる。実にバカげた習慣ではないか。中にどんな商品が入っているかわからないのに、「安い、お買い得」との宣伝に煽られて、不要なものを行列してまで買いあさる。気は確かかね、おばさん?
 あんなものは「消費」というより「濫費」だ。

 不況だ、不況だと、マスゴミは喚く。たしかにそうではあるが、それはもっとカネ儲けがした、もっと贅沢がしたい人が言うセリフだ。不況のおかげで(?)、「家族と一緒に過ごす時間」が増えたという大きなメリットだってあるではないか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

神示が予言した大食糧危機
  日本政府は、ついにコメの関税化を受け入れた。これにより、日本の米作農業の基盤は、根底から揺さぶられることになろう。
  食糧の自給自活は、じつは死活上の大問題である。食糧の海外依存度を高めることは、きわめて危険である。現在日本は、上から下まで不況にあえいでいるが、相変わらすの飲み食い三昧を改めるようすもない。かりに、食糧の輸入が全面的に停止した場合どうなるのか。大食糧パニックが現出することは目に見えている。
  日本国内では現在でも年間およそ一千万トンもの食べ物が、残飯として捨てられているという。土に対する感謝、五穀に対する感謝を忘れた現代日本人には、必ずや食べ物の尊さ、ありがたさを思い知らされるときが再びやってくる。 その大食糧危機の到来は、すでに『大本神諭』から予告されているのだ。

 
「大切な土地を要らぬことに使うたり致して、人民の肝腎の生命の親の米、麦、豆、粟を何とも思わず、『米や豆や麦は何程でも外国から買える』と申して居るが、何時までもそうは行かんことがあるから、猫の居る場にも五穀を植付ねばならんようになりて来るぞよ」(明治36年8月16日)

  「毎度出口直に兵糧を獲(え)て置かねば成らんという事が、くどう申してあろうがな。『米が有る』と申して油断を致すでないぞよ」(大正元年旧8月19日)

  「日本の国だけでもこれだけ持て余して居りて、他の国の事ども構い立てする暇は有りもせんのに、肝腎の足元は、よい加減な事に致しておいて、『終には共倒れに成る』と言う事に気の付かん様な明盲であるから、(中略)食物は段々と欠乏になるなり。菜の葉一枚でも大切な事に、今に成りて来るぞよ」(大正6年旧11月23日)


  これらは、戦中から戦後にかけて日本国民の体験した食糧不足のことだと思われるかも知れない。だが、それで片づけてしまってよいのだろうか。現代においても、見事に当てはまる警告の言葉なのではなかろうか。そして、日月神示にも同様のことが示される。

 
「一日一握りの米に泣く時あるぞ、着る物も泣くことあるぞ、いくら買い溜めしても神の許さんもの一つも身には付かんぞ。着ても着ても、食うても食うても何もならん餓鬼の世ざ。早う神心にかえりてくれよ」(昭和十九年六月三十日)

  「元の神代に返すというのは、譬(たと)えでないぞ。穴の中に住まなならんこと出来るぞ。生の物食うて暮らさなならんし、臣民取違いばかりしているぞ。何もかも一旦は天地へお引き上げぞ。我の欲ばかり言っていると大変が出来るぞ」(昭和19年7月9日)

  「食うものがないと申して臣民不足申しているが、まだまだ少なくなりて、一時は食う物も飲む物もなくなるのぞ。何事も行であるから、喜んで行して下されよ」(昭和19年8月14日)

  「神は気もない時から知らしてあるから、この神示よく読んで居れよ。一握りの米に泣くことあると知らしてあろがな。米ばかりでないぞ、何もかも、臣民もなくなるところまで行かねばならんのぞ、臣民ばかりでないぞ、神々様さえ今度はなくなる方あるぞ。臣民というものは、目の先ばかりより見えんから、呑気なものであるが、いざとなりての改心は間に合わんから、くどう気付けてあるのぞ」(昭和19年8月27日)


  日本対世界の戦争が、万が一にも今後に起こるようなことがあれば、神示に示されたこうした悲惨な地獄絵図は、一気に現実のものとなるだろう。
ついに「立て替え」の時代がやってくる!
  かくして、日本人の大淘汰、世界の人民の大淘汰が始まる。大本の時代からくどいほど発せられていた「立て替え予言」の現出である。

 
「正真の神が御守護にて一度に致したら、二、三分残る。世界で二、三分と申すと、あちらに一人、こちらに一人残るという様なひどい事になるから……」(明治36年3月3日)

  「戦争と天災とが始まりたら、人民が三分に減ると、初発の筆先に書いてあるなれど、茲に成ると世界に残る人民が二分位より無いぞよ」(大正6年9月5日)


  そして、日月神示にもー。

 
「神の国を、足の踏むところない迄に穢(けが)してしもうているが、それで神力は出ぬぞ。臣民無くなるぞ。残る臣民三分難しいぞ。三分と思えども、二分であるぞ」(昭和20年6月18日)

  「あちらに一人、こちらに一人、という風に残る位、むごいことにせなならん様になっているのざから、一人でも多く助けたい親心汲み取りて、早う言うこと聞くものぢゃ。ここ迄神示通りに出ていても、まだ判らんのか。疑うのにも余りであるぞ」(昭和22年8月23日)


  現在のところは、まだその気もないかも知れない。しかし、ことが実際に、誰の目にもわかるようになってからでは遅すぎる。我々は、いまこそ真摯な気持ちで神の言葉を受けとめ、早急に対策を急がねばならない時期にきているのである。
  そして、そのような、人類が二分か三分になるような大変動か起こったあとに実現するのが、「みろくの世」である。その理想像についても、日月神示は『大本神諭』と酷似した描写をしている。

 
「神の世と申すのは、今の臣民の思うているような世ではないぞ。金は要らぬのざぞ。お土から上がりたものが光りて来るのざぞ。衣類、食べ物、家倉まで変わるのざぞ。草木も喜ぶ政治と申してあろうがな。誰でもそれぞれに先の判るようになるのぞ。お日様もお月様も海も山も野も光り輝いて、水晶の様になるのぞ。悪はどこにも隠れることの出米んようになるのぞ。博打、娼妓(しょうぎ)は無く致すぞ。雨も要るだけ降らしてやるぞ。風もよきように吹かしてやるぞ。神を讃える声が天地に満ち満ちて、嬉し嬉しの世となるのざぞ」(昭和19年8月7日)


日月神示―この世と霊界の最高機密 (5次元文庫)/中矢 伸一
¥620
Amazon.co.jp

地の叡智 日月神示―ユダヤとの結び/石屋との和合 (超知ライブラリー)/中矢 伸一
¥1,680
Amazon.co.jp

新版 ひふみ神示 (TEN BOOKS)/岡本 天明
¥8,400
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。