~狩人達の酒場~

様々なことを書いてきましたが、当初の意図とは移りかわり、なんでもありの情報ブログ化してきました。まさに野次馬のごときブログです。いずれはいろんなハンター達の情報交換の場所をいずれは作りたいと思います。(ハンター×ハンター参照)


テーマ:
「連邦準備銀行と日銀の違い:ドル紙幣は貨幣ではなく「利子がつかない小額の国債」」  日銀(中央銀行)と国債関連
>わたしが知りたいというかよく分からないのは、日銀とは何か、です。
>米国の連邦準備制度理事会(FRB)と何がどう違うのか、です。


米国の連邦準備制度(連邦準備銀行:FRB)については強い関心を持ち、あれこれ考えたりいろいろな推測をしています。

明確な理論的説明がされている書籍や実態を説明している資料が見当たらないので、断片的な資料から構築するしかないので呻吟しています。

最近強く確信しているのは、連邦準備制度は日銀やイングランド銀行とは異質の“中央銀行制度”であり、ドル紙幣は日銀券とは異質の“貨幣”だということです。

米国そのものが「人工理念国家」ですが、連邦準備制度も「理念的中央銀行制度」のようです。

まず、ドル紙幣は一般の通貨と見かけや機能はまったく同じですが、いわゆる貨幣(通貨)ではなく、「利子がつかない小額の国債」であるという認識がポイントになります。
逆に言えば、米国の「利子がつかない小額の国債」証書が米国内のみならず世界の基軸通貨になっているということです。


人気blogランキング <-- クリックしていただくと、より多くの方に読んでいただけます。ご協力お願いします。


連邦準備銀行と日銀の違い:ドル紙幣は貨幣ではなく「利子がつかない小額の国債」=“無利子化された国債の断片” 投稿者 あっしら 日時 2004 年 8 月 08 日


ドルは名称自体が銀行券ではなく、フェダレルリザーブノート=連邦準備券です。そして、公的債務・私的債務の支払い手段として使えることが明記されていますが、それは、国家が国債債務の履行を通じてドル紙幣の債務を保証しているからという論理になります。

このような仕組みにしたわけが、合衆国憲法で規定されている議会の貨幣発行権に抵触しないための回避策なのか、それを超えた目的が隠されているのかわかりませんが、その他の先進国の中央銀行制度や通貨と根本的に違う性格です。

これが、連邦準備制度に関する“最大の陰謀”だと思っています(笑)


連邦準備制度は、かつてのイングランド銀行や日銀のように準備金を基礎に発行した紙幣を銀行に貸し出しすることを通じて通貨を供給するというより、国家(政府)が差し入れる「利子がつく巨額国債」の代償として通貨=「利子がつかない小額に分割された国債」を発行することで通貨供給を行います。

そして、通貨供給を減らしたいときは、「利子がつく巨額国債」のある部分を売却して「利子がつかない小額の国債」をかたまりとして回収します。

このような操作を行っているのがニューヨーク連邦準備銀行です。

※ FRBはほとんど金を保有していません。金資産は1100億ドルですから、日銀の3倍弱の保有量、およそ350トン程度だと推測できます。米国が保有している金は8000トンですから、7700トンは政府保有になっているはずで。(これが最後の“大陰謀”でFRB所有者の手に移ることになると妄想しています(笑))


このような仕組みは、ドルの発行残高が増加するということがイコール米国債(連邦政府債務)が増加することを意味します。

FRBの全資産の88%ほどが米国債です。
(全資産7710億ドルのうち6760億ドルが米国債。負債のほとんどは代償に発行したドル紙幣で6900億ドル)

ドル紙幣は、連邦準備制度が受け取った「利子がつく巨額国債」を1ドル札・5ドル札・10ドル札・・・といった小額の価額表示をした紙切れに分割して流通させているものと考えれば論理に即した理解になります。

米国連邦政府の徴税は、国債が分割されて出回っているドル紙幣を回収する作業とも言えます。

財政収支が黒字を続け、回収したドル紙幣で国債を償還していけば、経済社会で通貨不足が起きるという奇妙な制度です。

連邦準備制度は、金などの価値実体の“準備”がなくても通貨が発行できるという画期的な中央銀行制度であり、「国債本位制」通貨の先行形態です。

連邦準備制度は、金本位制の時代に生まれた制度でありながら、端から金本位制を超えた論理を内包していると言えます。


FRBの株主たちは、利子が付く膨大な国債を手に入れる代わりに利子がつかないドル紙幣を発行することで、利息分をまるまる利得にしています。

ご指摘のようにFRBは法人税が免除されているので、1兆5千億ドル(2、3年前のデータ:約160兆円)の純利益に税金がかかりません。

「これは、アメリカ国民の富の略奪以外の何ものでもない…」では済まず、日本をはじめ世界からの富の略奪機関がFRBだと思っています。


>では、日本はどうなのか…です。日銀も国民の富を略奪する機関なのか。何のためにインフレやデフレを引き起こして富を略奪するのか。それとも略奪なぞしていないのか。

“彼ら”に手を貸す政策や経済破壊行為を日銀は行ってきましたが、日銀の利益はほとんどが政府の国庫に納められる仕組みになっていますから、国民の富を直接略奪する機関にはなっていません。

現在の日銀は、今後国民の富を略奪する機関になってしまうのかどうかの分岐点にあると思っています。

今のところは、所有権の過半数が日本政府にある(はず)ので政府の支配が及んでいますが、国会議員でありながら「日銀の独立性」を称揚するアホな連中が増え、そのような流れと理念主義的自由経済主義者たちの“民営化”路線が結びつくと、日銀の民営化=私物化もあり得ない話ではありません。

日銀は、財務構造的に連邦準備銀行に近づいています。
149兆円ほどの全資産のうち100兆円が国債と、連邦準備制度のB/Sに似たものになっています。

(ほぼ同規模のGDPであった95年の日銀全資産は60兆円ほどですから、国債の買い入れで資産を2倍以上にし、その分日銀券発行残高+当座預金残高という負債を膨らませたことになります。

FRBの総資産7700億ドル=83兆円に較べて膨大な資産規模になっています。名目GDP比で見れば、日銀の資産は30%、FRBの資産は7%、ECB(欧州中央銀行)の資産は12%となっています)


日銀が“私物化”=民営化されることになれば、間違いなく国民の富を略奪する機関になります。


>国債利払い費が、税収の約20%を占めているという「事実」から考えると、すべてが日銀に流れていないとしても日銀にも相当な利益があるという意味だと思いますが、日銀へと流れたこの「利益」を受けてとって笑っているのは誰なんでしょう。それとも日銀は、なんらかの構造によって儲けていないということもあるのかな。この辺りがよく分からないんです。

現行制度であれば、日銀が保有する国債に利払いを行っても、国庫に戻ってくる仕組みになっています。
このようなことから、日銀が国債を保有すれば、政府の利払いコストは実質的に減少すると説明しています。

日銀の剰余金(利益)は、その5%(昨年度は特例として15%)が法定準備金というかたちで内部留保(83億円)され、500万円が配当金(年5%)として流出し、残りの472億円は国庫に納付されます。

配当金の過半は政府(国家)に支払われている(はず)ですから、外部に流出する金額は200万円ほどでしかありません。

日銀が民営化されたとき、日本は完全に“彼ら”の隷属国家になります。

無能者や売国奴でない限り、国会議員や政府は、日銀の“独立性”ではなく、日銀の国家機関化と政策の合理性チェック(介入)を追求しなければならないのです。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

機密費食い逃げ疑惑に新証拠

●新築祝いに3000万円!?
 自民党の河村建夫・前官房長官がビビりまくっているという。河村は政権交代直後の昨年9月に2億5000万円もの官房機密費を引き出したとして、大阪市の市民団体に背任容疑などで東京地検に告発されている。この問題に関連し、思わぬところから新証拠が飛び出した。野中広務元官房長官がテレビで官房機密費の使途を洗いざらいブチまけた一件だ。河村を告発した原告代理人のひとりで弁護士の辻公雄氏はこう言う。
「野中氏の発言で、官房機密費があらためて情報収集に使われていないことが分かりました。野中氏の発言を載せた記事を基に先週、東京地検に証拠資料の請求をしました。河村議員の件が訴訟になれば、野中氏を裁判の証人として呼ぶことも検討したいと思います」
 野中の衝撃告白は、先週放送された「官房機密費の真実」(TBS系)。番組で野中は、官房機密費の使途をバクロした。
「総理の部屋に月1000万円。衆院国対委員長と参院幹事長に月500万円ずつ持って行った」「政界を引退した歴代首相には盆暮れに毎年200万円」「外遊する議員に50万~100万円」「(小渕元首相から)家の新築祝いに3000万円要求された」と次々に明らかにしたのだ。
「これはもう公私混同どころのレベルじゃなく、税金ドロボー、公金横領ともいえる驚愕の実態です。告発されている河村はもちろん、自民党の歴代首相や官房長官はみな泡を食っています」(司法ジャーナリスト)
 野中証言にはもうひとつ注目発言があった。「(政治)評論をしておられる方々に盆暮れにお届け」と明かしたことだ。
「テレビに出ている政治評論家やタレントが数百万円を提示されてマスコミ工作をお願いされたという話もある。この人たちが“毒まんじゅう”を食べていたと仮定すると、官房機密費のニュースに触れない理由が分かります」(民主党関係者)
 鳩山政権が、歴代政権の官房機密費の使途を完全公開すれば、政界と大マスコミは一気にガタガタだ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

民主党の目玉政策の一つだった月1万3千円の「子ども手当法」の6月からの支給が決まった。海外に子供のいる外国人も支給対象となるなど多くの問題点も指摘されるが、日本在住の長い外国人タレントからは「ラッキー」「ばかげている」などと賛否の声が出た。
 「うちは子供がいないんですよ。だから、あわてて作ろうと思って」と冗談めかすのは、コメンテーターとしても知られる放送プロデューサーのデーブ・スペクターさん(米国)。

 子ども手当を「子供への投資と思えばムダじゃない」と評価する一方、海外に住む子供まで支給対象に含めたことについては「ばかげている。海外には海外の支援策があるのに、なぜ日本がお金を出す必要があるのか。法律の欠陥だ」と指摘。「そもそも子供のいない人にとっては面白くない制度なわけで、彼らにとってもわだかまりのない形になるよう、欠陥は直していくべきだ」と述べた。

 エジプト出身のタレントで1児の母のフィフィさんは、「エジプトで1万3千円は家族を十分に養える額。日本国民が生活苦にあえぐなか、このような法案が外国人の声を聞かずに可決したことは非常に残念。まともな外国人ほど、申し訳ない気持ちで日本で生活しなければいけなくなる」。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
JR東日本が、2011年に登場する東北新幹線の新型車両の愛称を募集しているが、その愛称はネットで人気の美少女二次元キャラ「初音ミク」から取って、「はつね」になるかもしれない。

JR東日本が募集しているのは、2011年春にデビューする予定の「最高速度300km/h 東京―新青森間3時間10分」という「E5系新幹線」の愛称。先端が細長く流線型に伸びたフォルムは、鉄っちゃんのみならず一般人からも大いに人気を集めそうだが、すでに発表されているE5系新幹線のボディカラーが
・上部色「常盤(ときわ)グリーン」
・下部色「飛雲(ひうん)ホワイト」
・車体中央の色帯「はやてピンク」
(JR東日本の報道資料より)
と、初音ミクのカラーリングに酷似していたため、ネットユーザーからは

「どう見ても初音ミク」
「まさかの痛新幹線」
「車内放送もミクでお願いします」
「JR東日本はじまったな」

という声が上がっていた。

このため、3月2日から始まった愛称募集に際し、「『はつね』は語呂も悪くないし」という意見も出て、「『はつね』を愛称に」という動きが自然発生。現在、mixiやTwitterなどでは「ぜひ愛称には『はつね』を」と、投票が呼びかけられている。

なお、JR東日本の応募サイトには「応募数による決定ではない」との但し書きがあるため、仮に「はつね」が応募総数1位となっても採用されるかどうかは分からない。過去には、「秋田新幹線→なまはげ」「東北新幹線八戸延伸→いかさし」が上位にランクインしたことがあるが、いずれも採用には至らなかった。愛称の募集は3月31日まで。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

主婦の労働は年収1500万円相当だそうだ。


人事評価や査定制度も無く、タイムカードや労務監査もない


自称1500万円だそうだ。


タイムカードが無いならみなし残業になるから月収100万、みなし残業代25万だとして、


月労働時間が180時間だと時給5555円。


1円安いスーパーに行く為に自転車片道10分もこげば1850円の赤字だね。


ちなみにこの年収1500万円をプッシュしてる男女共同参画の年間予算は


10兆5000億円。


うち1兆7000億円が女性の環境整備予算


ちなみにNASAの年間予算でさえ1兆7000億円だ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

というブログのなかで著者が「アリスインワンダーランド」についての感想をのべてますが、まさにそのとおりだと思います。あまりにも納得してしまったのでそのブログをここに紹介いたします。
自分もこのブログから連想すると、映画という手法をつかって、世の中はこうなるよというメッセージが毎年流れているような気がします。

その意味では「2012」も中国瓦解を揶揄した映画と思えますし、
「赤壁の戦い」も、連環の計におぼれたことを指してると思われます。
ロックフェラーとロスチャの流れで見ると世界が見える気がします。









ただ、一つだけ気になったことがあった。物語の佳境が過ぎ、美しいし妹の白の女王が、醜い独裁者で姉の赤の女王に勝利した後、敗者である姉に対する仕打ちに強い違和感を感じてしまった。

虫も殺さない妹の白の女王が、カインコンプレックス  (兄弟姉妹間の親の愛をめぐる葛藤 )からだろうか、赤の女王に対し、死より厳しい罰をあたえることだ。永遠に誰にも愛されず、口もきいてももらえない刑を処すというのだ・・・

独裁者で、多くの命を奪ってきた当然の罰であると何の疑問も持たずに処罰を下し、誰も同情しないのである。

かつて女王エリザベス が従兄妹のスコットランド 女王メアリー を処刑した伝統であろうか?醜い容姿を持った姉に同情どころか死より恐ろしい罰を与えハッピーエンドなのだ・・・日本の物語では、敗者にも某かの救済があってしかるべきことなのに、トランプの騎士団にも「もうお前の言うことなんか聴いてやらないよ」とか、恋人面をしていた騎士にも最後に裏切られ・・・悪役のままで実に気の毒なのだ。

頭の大きな女王、いや魔女といえば、宮崎駿の「千と千尋の神隠し 」の、湯婆婆 (ゆばーば) と銭婆 (ぜにーば)を連想した。双子の仲の悪いフリークスの魔女の姉妹は、激しく 対立していても愛情はどこか通っていた。

ワンダーランドでは、醜女と美女の姉妹、醜女の姉は、両親にも疎んじられてきたと告白している。フリークス の姉が、「人々に愛されないのなら、恐怖を!」と叫びあのような狂気に走ったのは白の女王の美貌ゆえである事を少しは感てあげないと・・・・ちょっと救われない気分になった。

それとも、美しい容姿を持って心優しいように見える人達の裏側は実は残酷なのだと逆説的に告発しているのだろうか?

監督のティムバートン は、お蔵入りした彼の初期の作品フランケンウィニー (2011年公開予定)や、彼の出世作シザーハンズ は、フリークス、醜い者へ深い愛情が溢れていたのに、なぜあのような終り方になったのか疑問でならない・・・

プロジューサーからの圧力なのか?それとも弱肉強食、ウィーナー・テイクス・オールの西洋社会いやアングロサクソンを逆説的に批判しているのだろうか?などと考えたが、私はある仮説にたどり着いた。

仮説というよりは偏執的妄想かもしれないが笑わず読んでください。
赤の女王=中国の隠喩は白の女王=白人社会(欧米)の隠喩と考えると、疑問が氷解するのである。

本物語のエンディングは、退屈な男の求婚は蹴って、アリスは野望を持って香港に船出するところで終わりになる。

赤の女王(中国)の取り巻き達は、皆おべっか使いで、偽のフリークスであった。ジョニーディップのマッドハッターが、側近達が皆赤の女王(中国)に利害関係で仲良くしているだけで、我侭な赤の女王(中国)なんか誰も信頼していないよ!というメッセージを叫んで、皆立ち上がろうというメッセージを送っているのではないだろうか!

赤の女王(中国)が敗れ去る時、誰も同情しないというメッセージなのではないだろうか?そして、無敵だった赤の女王は最後は惨めに敗れ去る・・・・だから同情しないのだ。

そして、正義のふりをしている白の女王(欧米)も偽善者にすぎないというメッセージなら納得する。考えすぎだろうか?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

以前「2chのコピペですが」とういう題で2010-04-07 08:16:33にブログに書いたことが現実に起きてしまった。


実際は却下されたようだが、こんなことが通ると日本がくいつぶされる。


国内は官僚に食われ、国外の人間にも制度を悪用される。


本当に日本が独立国家としてなりたつような、明治維新が今ひつようだと思う。



6月から支給される月額1万3000円の子ども手当をめぐり、兵庫県尼崎市に住む韓国人男性が、タイで養子縁組したと称する554人分の手当約8600万円を申請しようとし、市が受け付けを拒否していたことが24日、尼崎市への取材で分かった。

 市によると、4月22日昼、50歳前後とみられる男性が窓口を訪れ、妻の母国・タイにある修道院などの子ども554人と養子縁組していると説明。子供の名前や生年月日を記載したタイ政府の証明書を示し、子ども手当を申請した。

 市はその場で厚生労働省に照会した上で、受け付けないことを決めた。外国人の申請に必要な送金記録なども持参していたが「いずれの書類も、受理していないので本物かどうかは分からない」(担当者)としている。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。