~狩人達の酒場~

様々なことを書いてきましたが、当初の意図とは移りかわり、なんでもありの情報ブログ化してきました。まさに野次馬のごときブログです。いずれはいろんなハンター達の情報交換の場所をいずれは作りたいと思います。(ハンター×ハンター参照)


テーマ:

世の中混沌としてきたようで、某ブログに書かれてるように、食糧危機にそなえて備蓄が必要かもしれない。


幸い、健康ブームで、水の買い置きなどされてる方も多いようで、急な震災などでもみな無事かもしれない。


それを考えれば日本というのは知らず知らずのうちに守られているのかも。

パスタ激安★La Rose Branche(ラ ロゼ ブランシュ)1Kg×10袋
¥3,600
アットマガザン

激安!クイック エコパスタ 12パックセット
¥1,260
イタリア食材専門のステラフーズ
激安!クイック エコパスタ 1ケース24パック入り
¥2,394
イタリア食材専門のステラフーズ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

なんか、自宅でブログが更新できないのは不便だが、これからもいろいろ書きなぐっていこうと思う。


情報が集まるサイトもいつかは作りたいし、ハンターサイトをこうやっって作っていこうと思う。




こんな記事も多いなか世の中どうなtっていくのだろうか?


カリフォルニア州の破綻が回避されたようですが、本当に大丈夫なんでしょうか?

他にも破綻しそうな州があると聞きます。その辺の見解をお願いします。


本日、シュワルツェネッガー知事は、大幅な財政赤字の削減策を盛り込んだ州予算案に署名をしました。これにより7月に新年度入りしていた200910年予算が正式に成立し、ひとまず借用書の発行は回避されたようです。

今回の州予算では、教育や福祉などの予算を大幅にカット、歳出を総額で161億ドル以上削減し、赤字を埋められるとのことですが、今後も歳入低迷が続くと見られおり、そうした場合、州の虎の子の積立金である5億ドルに手をつけなければならなくなる恐れがあり、そうなるともはや破産申請に追い込まれることになります。


それ以上に、州民の生活は歳出カットにより公共サービスが低下し、州から補助金を受けている人々も生活破綻の恐れが出てきたのです。場合によって低所得者層や失業者による暴動が起きる可能性も高まっているのです。

さて、他にも財政破綻の危機に陥っている州があります。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ついに自宅パソコンからかけなくなった。


サイバーテロか?


ありえんとは思うが、もしも、本当に外部の力だとするなら、


おいらみたいばブログもベンジャミンフルフォード並みになったってことかな。


どうも、7月14日の記事がまずかったらしい。


リンクもとんでしまってる。こんな小さなブログでも影響あるんかな?


そんなわけでブログ更新止まってしまって申し訳ありませんでした。




闇の権力と闘う男 ベンジャミン・フルフォードという生き方/ベンジャミン・フルフォード
¥1,890
Amazon.co.jp

アメリカが隠し続ける金融危機の真実/ベンジャミン・フルフォード
¥1,575
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
元IBM社員が、テレビがアナログ帯を廃止したのは、RFIDチップのために帯域を開けるためだったと暴露

31歳の元IBM社員によると、アナログテレビからデジタルへの強制的な移行の主な目的は、アナログ周波数帯を空け、
人体に埋め込み可能なRFIDマイクロチップを読むために使われるスキャナーのために帯域を使えるようにすることだったという。

ttp://dprogram.net/2009/07/12/ex-ibm-employee-reveals-tv-abandoned-analog-band-to-make-room-for-rfid-chips/

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
ロシアの学者が「2010年にアメリカは6つの国に分裂する」という説を唱えて話題になっているとウォール・ストリート・ジャーナルが伝えています。

この説を主張しているアイゴア・パナーリンは元KGBのアナリストで現在はロシア外務省の外交官養成アカデミーの学長を務めています。ウォール・ストリート・ジャーナルは「彼の経歴は傍流の人間ではなくロシア政界の中心を歩んできた人だ」と述べています。

パナーリンは礼節正しく快活な人で、「アメリカ人は嫌いじゃないよ」と公言しているそうです。しかしアメリカの将来は暗いと予言しています。

「大体、55%くらいの確率でアメリカ分裂が起こると思う。」「我々ロシア人としては歓喜きわまるところだが、理詰めで考えればこれはロシアにとってもベスト・シナリオとは言えない。ロシアは世界での覇権という見地からはステータスが上がるが、経済的にはアメリカの瓦解はロシアを困窮させるだろう。」

パナーリンの分析では高水準の移民、経済の低迷、モラルの低下が2009年の後半までにアメリカで内戦を誘発し、ドルが崩落する、、、そして2010年の7月頃までにアメリカは6つの国に分裂するとしています:

カリフォルニアは「カリフォルニア共和国」となり、中国の庇護を受けるか、中国の影響下に置かれる

テキサスは「テキサス共和国」となりメキシコの庇護を受けるかメキシコの影響下に置かれる

ワシントンDCとニューヨークは「アトランティック・アメリカ」としてEUとの連携を強める

イリノイ州、ミシガン州、オハイオ州を含む中西部は「中西部アメリカ共和国」としてカナダの庇護を受けるかその影響下に収まる

ハワイは日本もしくは中国の庇護の下に収まる

アラスカはロシアの一部となる

パナーリン学長は「みんなが俺を笑っていることは知っている。でもフランスの政治学者エマヌエル・トッドが1976年にソ連崩壊を予言したときもみんなの笑いものにされたことを忘れちゃいけない。」
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
有名アーティスト要注意!!!
警察が狙う、くさなぎの次の不当逮捕!!!
<<どんどんたのスレのコピーして貼り付けてください!!

くさなぎは実は公然わいせつなどしていない!!
彼が、非常に賢い人間で、住基ネットに反対しているために
天皇の使いっ走りの赤坂署が無理やり嫌がらせするために
事件を捏造した!!
住基ネットとは2002年に政府が勝手にすべての日本人に11桁の番号を
つけたもので、天皇家だけがこれをふられていない。
米国ではこのような番号のはいった人間の人体への目に見えないくらいの
コンピューターチップの埋め込みが始まっている。
これを埋め込まれるとその人間は天皇家がコンピューターによって完全に
操作できるサイボーグになってしまう。これに反対していた、稲垣は以前
逮捕たし、草薙もやられ、木村拓哉も今後逮捕されることになっているという。
鳩山邦夫大臣も、人間サイボーグ化に反対して国立市や福島県の
矢祭市が住基ネットに参加していないことに対し国家的に脅し的な
展開をさせようと声明を出している。住基ネットは廃止しないといけない!!
今後木村拓哉、仲居、香取等を逮捕させないようにするためには
まず鳩山大臣は死んでもらう必要はある。
天皇家が主犯者だから、フアンのみんなはいっち団結してこいつらを
抹殺するように動く必要がある。
これに反して民主党の小沢一郎はこの人間サイボーグ化に反対!!
命がけに国民を守るため政権をとるために代表をつとめている!!
悪いやつらを殺せ!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

MRT 仙骨良法。最近は紀伊国屋などでも
トップセラーとなっている「霊止乃道」の著者。

内海康満さんの講演の一部を下記にご紹介します。

本当に内海さんの警告、日本を含めた世界大戦は
100%起こり、滅茶苦茶な時代が来る(善と悪がぶつかり合い、
後は善悪をこえた中真の時代が来る)、という予見は当たるのか?

今までもすぐにはまさかという警告であっても、必ず
そのとおりに起きていたという内海さんの警告。今回も当たってしまうのか?

内海さん:「日本人は
戦後、世界一の能天気な民族させられている。

テレビもお笑い番組ばかりで、国会のやりとりも
的外れな討議ばかり。

日本人がお笑い番組で笑っている
間に、横須賀、横浜の港には
アメリカの原子力潜水艦と原子力空母が
配備されている。

これは紛れもなく戦争状態に入っており、
「戦争に入りました」と昔のように
宣言していないだけである。

日本は戦争しないことになっているため、
表向きはアメリカが日本を
守っていることになっているが、

守っている代わりに
お金を出しなさいと、お金を
気前よく出す羽目になっている。

アメリカ、中国などは
どんどん軍備を強化しており、

ただそういった国民に知られると
都合の悪い情報は

政治的な圧力がかかって
インターネットなどからはすぐ
消されてしまう。

多くの人は本当の情報を
目にしないようになっている。

日本も核兵器反対と言いながら、
日本企業がパキスタンに
核開発用機材を輸出している。

この事実を他国から叩かれたら
日本は何も言えなくなる。

まだ国民には知らされていないが、
戦争になったら
最前線に立たされる自衛官や
警察官には、今までにない
訓練が強化され、道路の取り締まりも
戦争に備え強化され、

今までとは違うストレスが
大きくかかり、抑えきれない気持ちが
暴走行為となり、自衛官や警察官らの
常識では計れない事件が多発している。」

内海さんのコメントされているように
そういった意味では
阿修羅掲示板は

危機感をもった人が集う
貴重な情報発信の場となっているに
違いありません。

掲示板での意見交換を
求めるのもよくわかりますし、

望ましい面もありますが、

一方で掲示板のやりとりは、
2チャンネルのごとく
誹謗中傷や言い争いになりやすい面も
懸念されます。

ニュースなどの
投稿が多いとしても、それはそれで
不調和な交流が避けられやすい、という面を
考えれば、歓迎すべき一面もあるように考えます。
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

以前に一度書いたエコウットテックの会社のことが紹介されてました。


地球環境にやさしい家づくりをしたいですね。


まだ、この会の活動が何なのかわからないけど、地域密着でがんばってほしいです。


http://blog.satoyama.boy.jp/   里山の会



心地よい木の家に暮らす (ホームメイク)
¥2,500
Amazon.co.jp

100万円の家づくり―自分でつくる木の棲み家/小笠原 昌憲
¥2,100
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
David Hambling
最近になって機密指定の解除を受けた非殺傷兵器の生物学的効果に関する米
軍の報告書によって、「光線銃」装置の異様な計画が明らかになっている。
人々に人工的な発熱をもたらしたり、脳内に音声を発生させたりするという
ものである。
「選択的非殺傷兵器の生物的効果」と題されたその報告書は、米国情報自由
法にもとづいて公開されており、このウェブサイトにて入手可能となってい
る。(pdf形式)国防総省はNew Scientist誌に対し、ドキュメント類の公開
と、そこで述べられているマイクロ波やレーザー波、音波を用いた5種類の
「ぬかりなき非殺傷兵器」の詳細について認めている。
米国メリーランド州フォートミードにある米国陸軍情報・保安司令部が公開
した1998年作成の報告書の内容によると、群衆をコントロールしたりその他
の応用のための指向性エネルギー兵器に関する当時の最先端技術の概要が述
べられている。
▼耳に聞こえる言葉
数ある技術の中には概念的なものもあり、てんかんを患う人々が経験するよ
うな発作を引き起こさせる電磁波といったものが含まれている。その他には、
人々の耳に直接言葉を「ビーム」として送り込むマイクロ波の銃があり、実
際に実験も行われている。人の耳に聞き取れる音を生み出させるために、い
わゆる「フレイ効果」を利用し、至近距離でマイクロ波を用いて研究室の向
こう側にいるボランティアたちの耳に1から10までの数字を送り、聞き取っ
てもらうという研究に用いたと主張している。
米国海軍は2004年、フレイ効果を利用して群衆の耳に「不快な」音をもたら
す、という研究に資金供給している。
また報告書では、人体を加熱することによって「人工的な発熱」を引き起こ
して不具にし得るマイクロ波兵器にも触れている。この考えに関する実験に
は触れられていないが、必要な装置類は「すぐにでも入手可能なもの」であ
ると記されている。望みどおりの「発熱」効果を発揮するためには、少なく
とも15分を要するだろうとする一方、「安全な範囲で望みどおりのいかなる
ポイント」にもほとんど対応し、人々の能力を奪うことに用いることができ
るだろうとしている。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ゴールドマン・サックスのハイ・フリックエンシー・トレーディングのアルゴリズムが元社員に盗まれた?

ロイターのブログにチョッと興味をそそる記事が出ました。

アメリカが独立記念日を祝っている7月4日にニュージャージに住む元ゴールドマン・サックス社員が同社の
ハイ・フリックエンシー・トレーディングのアルゴリズムを盗んだ疑いでニューアーク空港でFBIに拘束されました。

容疑者はセルゲイ・アレイニコフという名前のロシア人で、なんでもゴールドマンの独自シストレ・プログラムを
ドイツのサーバにUPしたところを見つかった模様。

ゴールドマンはこのハイ・フリックエンシー・トレーディング(ないしはハイ・ベロシティー・トレーディングと呼ばれる
場合もあります)のプログラムを使ってNYSEのプログラムトレーディングの約半分くらいを1社で独占し、しばしば
ブログ界で話題になってきました。

ところが6月19日の週まで独壇場を続けてきたゴールドマンのプログラム・トレーディングが翌週にはパタッと止ま
ってしまい、トップ15のリストから落ちてしまいました。(大体、それまでGSは一週間に7億株くらい自己勘定で売買していました)
その直後にNYSEは「プログラム・トレードのマーケット・シェア・データを公表するのは止める」として公開資料を出さなくなりました。

(この件についてはゴールドマンとブログ『ゼロヘッジ』の間で激しい応酬があったのでご存じの方も多いと思います。)

さらにこの事件をミステリアスにしているのはアレイニコフには海外の共犯者が居るのではないか?という可能性です。
アレイニコフがプログラムをアップロードしたドイツのサーバはイギリス人の所有するものらしいです。

なおアレイニコフが新しく雇われたシカゴの企業はシタデルではないそうです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。