~狩人達の酒場~

様々なことを書いてきましたが、当初の意図とは移りかわり、なんでもありの情報ブログ化してきました。まさに野次馬のごときブログです。いずれはいろんなハンター達の情報交換の場所をいずれは作りたいと思います。(ハンター×ハンター参照)


テーマ:

ガソリン、灯油下がってくれ。


物価が上がるのは庶民は困る。


ただ、大局を見れば困窮した後に革命が起こる。


中国他、アメリカ等で国内暴動が起きないだろうか?


もしも、日本がモラルの高い国であれば、物価高による商品開発などが進み、


世の中が明るくなるのだが・・・・


モラルが低ければ、開発などせずに(新エネルギー含む)内乱へとなるだろうなあ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今、我々は近代資本主義が、膨張した欲望の重さに自らを支えきれず、


地球全社会を巻き込んで大崩壊しようとする歴史的場面に遭遇している。


 それは、まるでスマトラ大津波のように、大崩壊が煽り立てる大津波に人類全体が呑み込まれ、


史上最悪の悲劇が起きようとしているわけだが、まだ大勢の人が、


すでに沖合に現れはじめた巨大な波濤の意味に気づかずに、無邪気に浜辺で遊び呆けている状態だ。


 おそらく、目前に迫った来月、2008年8月段階で、とうとう海岸たる、


あらゆる国家社会に押し寄せて人々を呑み込み、手当たり次第の富、資産を破壊しはじめるだろう。


 その恐るべき意味にいち早く気付いた人たちは、すでに先を争って高台へと逃げ始めている。


大声で「逃げろ!」と叫び続けているわけだが、ほとんどの人が、その意味を理解できず、


発狂でもしたのかと警告に耳を貸さず、相変わらず海岸を離れようとしない。


 津波がやってくる! 世界経済を呑み込む巨大な大津波だ! それは、人類のあらゆる資産を破壊し、


莫大な人々を殺すのだ。


 津波を起こした地殻変動に目を向けるならば、人類社会が女性を隷属化し、


男性権力支配を打ち立て、互いに強大さを競い、見栄を張り合う時代が過去3000年間続いたわけだが、


そうして築きあげてきた、共通指標としての権力・蓄財の価値観が、いわば自家中毒をおこして、


自らを蝕みはじめたのであり、もはや、それが末期ガンのように、人を苦しめ、とうとう臨終を迎えたということだ。


 この世の、あらゆる富を我が身一手に集めるべく奔走した結果、


超大金持ちたちが、すべての資産を失う時代がやってきたのである。
 
 人々は、金儲けが人生最大の価値だと勘違いし、他人の幸福を犠牲にしてでも、


自分たちだけ特権を獲得できるなら、それが人生の勝利だと思いこむようになった


 例えば、アメリカンドリームとは、一人の大成功者を作るために、


数千、数万の貧しさを強要される犠牲者を必要とするのであり、それを信奉し、支持する者は、


「自分さえよければいい」という価値観が社会のルール、


モラル、グローバルスタンダードになったと勘違いしてしまった。




 そうして、社会全体で幸福を分かち合い、無駄を抑え、


自然循環秩序を大切にすることで保たれてきた社会秩序の本質を見失い、狂気のように他人を騙し、


出し抜いて、利己的な利権に狂奔した結果、必要のない無駄、浪費、見栄張り競争の地獄に陥り、


残り少ない資源を浪費の結果、取り返しのつかないほど枯渇させ、


地球環境を生存限界を超えるほどに悪化させてしまった

 もう、人類に生存の余地は失われた。あとは死滅の運命だけが待っている。


そして、とうとう、それがやってきた!


 アメリカ経済を支える三本柱 金融・住宅・自動車(軍需) のいずれもが、


取りかえしのつかない破綻を引き起こした。その最初の斧は、


頭打ちになった住宅需要を無理矢理拡大するため、信用度の低い人たちを騙して、


最初、低金利で貸し付け、後に高金利に上げることで返済不能に陥らせ、


破綻させるサブプライムローン破局によって振り下ろされ、それが、


ギリギリの虚構資金による自転車操業で成り立っていた金融業界を根底から破滅に追い込んだ。


破滅は破滅を呼び、とうとう自動車ローンやクレジットにまで破局が及び、


もはや取りかえしのつかない事態に至った。


 住宅金融保証会社(アメリカ版住専)のファニーメイ・フレディマックの二社は、


総額1000兆円にも及ぶ負債を抱え込んで破綻しており、アメリカ政府が、


いくら無制限の増資を保証しても、それが及ぶような破綻規模ではなく、


アメリカという巨大国家の数十年分の税収が闇に消えることになったわけで、


もはやいかなる救済も不可能な状態である。


 この破綻は全体で500兆円を超える実損を産み出すと試算されており、


こんな財政補填をできるような国家は、地球上に存在しない。したがって、これは、


二社に投資していた、すべての債券を消失、紙屑に変えることになり、


日本だけでも最低10兆円、場合によっては、その数倍に及ぶと考えられ、


三菱UFJや農林中金が壊滅的ダメージを被ったことが明らかになった。


 そして、こうした破綻が次々に連鎖をはじめ、二社の債券を所有し、自己資本に加えている、


あらゆる金融機関が破綻に追い込まれ、連日、次々に倒産の情報が流れ、大規模な取り付け騒ぎ、


ペイオフ発動に追い込まれているのが実情で、ある予測によれば、8月中にアメリカの90の銀行が破綻し、


ペイオフ保証資金の底が尽きた結果、「金融凍結」という事態が必至であるとされる。



 資本主義の血液ともいわれる金融が、その総本山であるアメリカで凍結される。


こうなれば短期融通資金を失った企業が、ドミノ倒しのように連鎖倒産を起こすわけで、


破綻が確定的といわれるGMとともに、アメリカで数千社の企業が倒産に追い込まれると予測されている。



 もちろん、これがアメリカと共に生きる、日本や欧州の経済をマヒさせることも確実で、


全世界大倒産、史上最悪の大恐慌に進むことを止めるいかなる手段も見つからない。


 株とドルの暴落を嫌って、原油・穀物などの先物市場に逃避していたファンドや中東王族などの余剰マネーも、


ついに根拠のない(ドル安により、石油が廉価に買えるとの見せかけに踊らされた)暴騰にブレーキがかかり、


もし中東大戦争が起きなければ、このままバレル70ドル前後まで暴落するとされ、


先物を抱え込んだファンドに史上最大の損失をもたらすことになる。


 まさしく「カネ余りがカネを滅ぼす」事態がやってきた!


 2008年8月、アメリカでは、数十、数百の銀行が連鎖倒産を起こすことになり、


世界最大のシティ・メリルなどが倒産すれば、その債券を抱える日本の金融機関の多くも連鎖倒産を免れない。


もちろん、すでに倒産状態にあるUBSをはじめ、欧州の半数以上の銀行も倒産することになる。


 世界中の金融機関が一斉倒産に追い込まれる事態がやってくる! 


こうなれば、世界中の資本主義企業体の運営が不可能になり、あらゆる流通がストップするだろう。



 あらゆる物資が流通しなくなる。石油も食料もだ。それが目前に迫っている! 


そうなれば、先進国といえども貧しい大衆がバタバタと餓死する事態が避けられないのだ。


まさしく大津波ではないか?


 このとき、我々は、その人生の本質を問われる。


 この社会を基底で支えていたものは何か? 饑餓に苦しみながら、


その真実に目を向けるときがやってくる。


 自分の人生は何によって支えられてきたのか? 


金儲けや権力を追い求め、


自分だけが特権階級になって他人を出し抜く立身出世主義が正義であるかのように勘違いしてきた人たちが、


それによってもたらされる結果を享受し、その真実を思い知らされるのである。



 人が、一人では決して生きられず、みんなで支え合って生きている真実に気付いていた人たちは、


何の苦労も感じないだろう。もとより他人を出し抜く金儲けや権威権力に興味などなかったはずで、


他人の笑顔を心の支えにして生きてきた人は、これまでどおり、他人の笑顔があれば、


どんなに貧しくとも生きて行ける。愛だけが人生の支えであり、愛を作り出すことのできる人だからだ。



 しかし、自分さえ良ければいい、という価値観を信奉して生きてきた人は、もはや、


あらゆる支え、カネも家族も仲間も、資産も、すべて失い、


人生そのものの価値を根底から失うことになるわけで、こうなれば死だけが唯一の救いとなるだろう。



 こうした人たちが、日本人の8割を超える。この人たちは、もはや死ぬ以外のいかなる救済策もないのだ。


 人類抹消、削減のために計画され実行されてきた、HIV、鳥インフルエンザ、ラッサ熱、


SARSなど多くの疫病がやってくる。農業が潰滅させられ、人為的有毒農産物が売られるようになり、


人類の未来を救ってくれるはずだった原発が次々にメルトダウンを起こして、人々を放射能で汚染するだろう。


膨大な数の人々が死んでゆくだろう。


 12年前から、今、これから起きる事態を警告し続け、


自分たちの死滅はやむをえないとしても、


未来を担う子供たちのために自給自足の農業共同体を提唱し続けてきた。


 今は、じっくりとイメージトレーニングを行い、今後、起きうる核戦争、


原発放射能汚染や社会崩壊を見据えて、生き残る子供たちを、


すばらしい人間性の大人に育てるための大家族共同体を準備すべきときである。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

まあ、アメリカ人のサブプライムローンへの思い入れは凄まじいものがあるな。


友人の話なんだが、


海外赴任中に取引先の月収20万円しかないデブに誘われて、嫌々遊びに行ってみたんだが、


まず家が凄い。


庭プール付きの100坪以上で4千万。俺ん家の写真をみせると「それはガレージだ、貧乏人」という顔をする。」


エコノミックアニマルはいつまでもウサギ小屋だな、みたいな。


絶対、その家のローン完済できない。っつうか、それいわゆるサプライムローンじゃねえか。


で、デブがでかいピックアップトラックを見せる。


これもカードで買ったという、不良娘とデブ息子もこのときばかりは親父を尊敬。


普段、目もあわせないらしいガキがダディクールとか言ってる。


郷ひろみか? 畜生、氏ね。


カード金利も凄い、18%どころじゃねえ。23%、26%とか冗談かよと思う。使うなつうか返済しろ。


で、やたらカードを持ってる。


片っ端からカードを作ってデブ一家で使う。


節約とかそんな概念一切ナシ。


ただただ、浪費。給料の倍以上の額を通販で片っ端から購入。返済には回さない。アホか。


あらかたカードの枠を上限まで使って、「これはもう使えない」などと、カードの束を寄越す。バカめ。


で、デブ一家で海外旅行で豪遊までした後に、みんなでバーベキューを庭でやる。


「明日は職案いかなくちゃね」とかデブ息子が言う。おまえ、絶対働く気ないだろ?


デブ娘も「日本人は働くだけで楽しまないから可哀相」とか言う。こっち見んな、殺すぞ。


デブ妻が明細を見て「今月は使いすぎだわね」とか言って、デブ夫が「ミニマムペイだから大丈夫さ」とか言う。


こんな話が日常らしいからアメリカ崩壊するはずだよね

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ワシントンポスト紙がトヨタを糾弾
「 karoshi 」(過労死)がついに国際語に !!

salaryman (it's almost always a man) who works himself into an early karoshi for the good of his company.
A local Japanese government agency ruled June 30 for the widow and children of a 45-year-old Toyota chief engineer who died in 2006.
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/07/12/AR2008071201630.html


米国トヨタ工場では高待遇!! 時給2300円!!



政府の財政赤字が増大しても、政府は日本国民の税金で米国債を
買い続けている。米国債を買うことをやめれば、日本の財政赤字は
解消出来る。
米国は日本から借金をして得たカネで、トヨタの自動車を
買いつづけている。
トヨタ、政府の悪党が、日本の財政赤字の原点だ。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎7/25の結果   13280円売り   13360円手仕舞い   -80円(手数料は除く) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎成績 今週の成績7/22~7/25  180円(手数料除く) 今月の成績7/1~7/25   -150円(手数料除く) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ブログで配信しているシグナルは有料メールマガジン と同じ内容を日中取引終了後に公開したものです。 また、実際のメルマガでは翌日の寄りに「売り」「買い」のサインを記したものを配信してます。 さらに下記のメルマガはアフィリエイト対応なので宣伝することによって収入も得られます。 まぐプレバナー
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年から来年あたりに団塊の世代の退職金をねらって日本の金融市場は外資に食われるだろうな。

きっと年末から来年にかけて株価はあがり、アメリカの二の舞をこうむる。

そうならないためには、日本は以前のような勤勉実直な民族に戻るべきだと思う。

貯蓄にまわせば、日本の滅亡はしなくてすむ。

どうか、団塊の世代の退職金を守ってほしい。

日本の若者達よ、年老いたおっさん、おばさんが下手な投資に出ないようにこころがけてほしい。

長年相場をやってきた私からの願いだ。

本当に死を覚悟するぐらいではないと相場ははれない。

だから、システムトレードはこうして日々公開しているが、裁量はときおりでしかしてない。

感情がはいりこむものは感情に負ける。

感情を支配できないと相場にかぎらず、道はなりたたない。


資産運用のきっかけ「貯蓄がたまったから」 民間調査(日本経済新聞)

 NTTデータ経営研究所は23日、金融商品の購入に関する意識調査をまとめた。資産運用を始めたきっかけを聞いたところ、「貯蓄が一定水準に達したから」が36%で最も多く、「利回りが期待できる投資環境になったから」(30%)、「運用できる時間的余裕ができたから」(25%)が続いた。

 資産運用のための金融商品を購入した金融機関の選定基準を聞いたところ、「有名な金融機関で信頼性が高いから」(47%)がトップ。2番目に多かったのは「インターネットによるサービス・取引などが充実しているから」(45%)だった。「取引手数料が他の金融機関より割安だから」は20%で3位にとどまった。

 調査は4月30日から5月6日にかけてインターネットで実施。1024人から有効回答を得た。(11:39)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

今やネットの情報が大きな力を得ている


そのため、本当のことを書かれるのを恐れるあまり、そこかしこでネット規制をテロの名のもとに行っている


インドのネットカフェ、消滅の危機
テロ対策で政府当局が規制を強化し、店数が激減

     2008年7月25日 金曜日
          IT・通信  インド  インターネット 
          規制  ブラックベリー  テロ対策 
     Nandini Lakshman (BusinessWeek誌、ムンバイ支局記者)
     米国時間2008年7月15日更新 「A Crackdown on India's Cybercafes」


 そのトラブルは、最悪のタイミングで起きた。インドのムンバイ郊外に住む高校生のウジワル・セーン君(16歳)は、5月に米国の大学に提出する願書の作成中、自宅のパソコンが壊れたのだ。

 提出期限が刻々と迫る中、焦ったセーン君は市内のインターネットカフェを目指して家を飛び出した。これまでセーン君は、パソコンが壊れるたびに、食料品店とハードウエアショップの間に軒を連ねるその10席ほどの狭いカフェに駆け込んできた。

 しかし、事もあろうに、頼りにしていたそのカフェが、パン屋に替わってしまっていたのだ。あわてた彼にさらに不運が重なった。近所のほかの3軒のネットカフェも同様に閉店していたのである。結局3キロほど歩いてようやく1軒の店を見つけたが、今度は入店を許されるまでに、カフェのオーナーから延々と質問を受けた。学生証を提示すると、やっとオーナーは入店を許可してくれたのだった。

 「ムンバイからネットカフェが消えるなんて想像もしていなかった。残ったカフェも入店は厳しくなるだろうね」と、セーン君はため息混じりに話す。

 そんな懸念を抱くのも理解できる。気軽に立ち寄れる近所のネットカフェへの規制が厳しくなり、インターネットの普及を妨げている。インド政府が規制強化を進める背景には、100世帯当たりわずか2台という国内の家庭用パソコンの普及率を増加させ、家庭にパソコンを浸透させたいとするインド政府の狙いがあると、業界団体のインド・ソフトウエア・サービス協会(NASSCOM)は指摘する。

 仏大手金融グループ、BNPパリバの調査によると、ブロードバンド回線の普及規模も、インドはわずか400万回線で、これに対して中国では四半期ごとに320万のペースで契約者が新規に増えているという。人口わずか8400万人のベトナムでさえ、ブロードバンド回線の新規契約者は、毎月12万人のペースで増えている(米調査会社IDC調べ)。


● 今やネットカフェの運営には免許が必要


 なぜ規制強化なのか。インド西部のマハーラシュトラ州、ゴア州、グジャラート州や、北部のハリアナ州などの州当局は、インターネットカフェへの規制を強化することで、「テロリストやハッカー、小児性愛者、ポルノサイトの利用者」を取り締まることができると考えていると、インドのネットカフェ事業者の団体、公衆インターネット接続サービス業協会(APIAP)のアシーシュ・サブー会長は語る。

 インドは長年にわたり、国内外のテロリストの標的にされてきた。5月にはインド西部ラジャスタン州ジャイプール市内で爆破事件があり60人が死亡、7月7日に、アフガニスタンの首都カブールにあるインド大使館を標的にしたテロでも60人が犠牲になっている。

 こうした度重なるテロの結果、ネットカフェのオーナーは、事業を続けるためにいくつもの免許を取得するよう求められ、カフェの利用者もオーナーから個人情報を根掘り葉掘り聞かれることになった。

 「それが犯罪行為を監視する唯一の方法だと思っている。ネットカフェが発生源になっている事件が多いというのが、我々当局の見方だ」と、ムンバイのあるインターネットカフェ登記担当官は語る。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎7/23日の結果   13280円売り   13360円手仕舞い   -80円(手数料は除く) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎成績 今週の成績7/22~7/23  90円(手数料除く) 今月の成績7/1~7/23   0円(手数料除く) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ブログで配信しているシグナルは有料メールマガジン と同じ内容を日中取引終了後に公開したものです。 また、実際のメルマガでは翌日の寄りに「売り」「買い」のサインを記したものを配信してます。 さらに下記のメルマガはアフィリエイト対応なので宣伝することによって収入も得られます。 まぐプレバナー
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

元売の原油仕入れ値は先物に左右されずに長期契約結んでるから 相場より安い値段で仕入れてる。


だから本当なら今すぐにでも下げられるんだが。


元売だけはボロ儲けもいいとこ。なぜかマスゴミはそこを突かないが。


たぶん、利権がからんでるんだろうなあ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

池田創価の資金運用にユダヤ金融が関わってきた事は、


近所のポチでも知っています。


700万匹の奴隷信者から詐取したカネが年間一兆円近くであっても、


不思議はありません。一人で300万の財務をする痴呆もいるでしょうから、


一人あたま10万円でも、年間、8000億は軽くいくでしょう


それに、


邪教の「非課税特権」ブラ ックボックスを利用して、


運用を委託して儲けようとする「裏金持ち」


もたくさんいるようです。


日本の裏社会の汚いカネも創価のブラックボックスを通じて、


海外で運用(過激派に投資して、麻薬取引の利潤を吸い上げる・マネーロンダリングでも儲ける。)


されてきたと見るべきです。


運用益もまた、さらに再投資にまわされるでしょう。


結果、


総額が、全体で60兆を超え、それがサブプライム危機で丸ごと焦げ


付いていて回収不能であるとしたら..創価の裏金をもらえない政治家、


隠し財産の運用を託した資産家、麻薬利益を託した893業界......


全てが、創価を標的にして叩くでしょうね。この焦げ付きは創価学会


だけでなく統一教会も30兆近くをロックフェラー系のファンドなど


に資産を増やすために運用していたといいます。


創価学会60兆円もサプライムローンの破綻で返済不可能になった。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。