Yajiman(やじまん) -谷島康敬 - オフィシャルブログ

宅建 物件紹介 やじまん ヤジマン 予備校講師 古文 宅建アプローチ 古文科 塾講師 大学受験 大学入試 古文教育プランナー 宅建 不動産屋 映像と音楽  講演  講演講師


テーマ:

どうも、どうもヤジマんですパー



みなさん、おはようございます音譜



昨日の東京は



隅田川の花火大会があり、



浴衣姿の方々で大賑わいでした合格



ちょうどその時間帯に



花火が見える場所にいましたので



花火の写真を数枚撮ってみなさんにお土産をビックリマーク



と思ったのですが…



すべてピンボケあせる



なんでだろ~はてなマーク



単に下手なだけなのか…



それとも最近、



手が震えるからなのか…



なんでだろ~はてなマーク



なんでだろ~はてなマーク




仕方がありませんので、



みなさま、この写真でガマンしてくださいラブラブ





ゼンゼン関連のない写真ですってはてなマーク



えっビックリマーク癒しの写真になるかと思っだのですが…汗




じゃあ、こちらをもう1枚




京都の町では



ごく普通に見かける浴衣音譜



実は、この浴衣は、



古文の世界の「湯帷子」からきたものなのですチョキ



みなさま、読めますかはてなマーク湯帷子



京都の方は



京福電鉄に「帷子の辻」という駅があるくらいですから



簡単だとは思いますが…



そうなのです音譜



ゆかたびら」というのです。



この湯帷子は、


風呂に入る際に着用するものだったのですキイロキラ



現在、風呂というと、湯につかるという意味ですが



当時は、まさに「風呂」なのですビックリマーク



つまり、今でいうサウナみたいなもので、



(箱)の中で、蒸気のを浴びていたのですニコちゃん



その際に、やけど防止と汗拭きタオルの役割が



この「湯帷子」だったのです。



ですから、この「湯帷子」を着用して



風呂に入っていたのですアップ



次第に、人々はこの「湯帷子」を着たまま



外に出るようになって、



使用用途が外着へと変わり、



現在の「浴衣」になったものだといわれています。




ちなみに、私はヤジマんは、



風呂に入るという言い方はあまりしません。



「湯に浸かる」と正しく言っております音譜




それではみなさま、



今日も暑い1日になりそうですが、



ステキな日曜日をお過ごしくださいラブラブ

AD
いいね!した人

ヤジマんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。