新茶本番です

テーマ:

さぁキラキラいよいよ新茶です。

産地に出向いている社長も

美味しいお茶に出会うために がんばっています照れ

茶園から荒茶になったお茶が市場にくると、全国から集まった買い付けのプロが

検茶してせり落とします。

お茶の難しいところは 

 

『お茶は生きている』

 

という矢島園の会長の言葉通りなのです。

 

これ以上話してしまうと企業秘密になってしまいますが、

いい荒茶を見極めて選ばないと 自社工場で製茶するのも

イメージ通りの矢島園の味にならないという むずかしさがあります。

 

産地で選びぬかれたお茶は、翌日には工場に届き すぐに製茶されていきます。

製茶の段階でも 何度も火入れの確認をしながら茶師が精神集中してつくります。

 

仕上がったお茶は 生産工場で大切に袋詰め、箱詰めされ

店頭にて 販売されます。

 

是非、この時期ならではの 新茶を楽しんで頂きたいと思いますラブラブ

 

矢島園のお茶は 美味しいを届けたいと思う人から人へ繋がれて 

お客様へ届くことを願って つくられていますクローバー 

 

 

2017.4.28

AD