アレルギー症状の原因は腸ありにあります。

アレルギー性鼻炎、花粉症、アトピー性皮膚炎、じんましん、など

アレルギーの発生原因を理解しましょう。

アレルギー症状が起こる体内の場所は、腸です。その腸が汚れている場合に諸症状が起こります。

そして「腸管免疫)というメカニズムで症状の強弱が決まります。

腸内環境を良くして「腸管免疫)を高めることは、アレルギー治療に大変重要なのです



腸内が汚れていると発生しやすい病気


花粉症、慢性鼻炎、アトピー性皮膚炎、及びアレルギー性皮膚疾患、慢性便秘症、

肝機能障害、肝硬変、急慢性肝炎、痛風、大腸ポリープ、大腸がん、前立腺がん、

乳がん、肺がん、子宮がん、胃、十二指腸潰瘍、高血圧症、高脂血症、高コレステロール

症、潰瘍性大腸炎、クローン病、過敏性腸症候群、糖尿病、リウマチ、自立神経症、

不眠症


このような病気の方は、一度腸内浄化法をお試しください。

一日1~2回の食前または食後に飲みますと、保水性、膨潤性が高くなって、腸内で

水を吸って膨れあがり、余分な水分を調整しながら便のやわらかさを保ち、宿便を一掃

して便量を増やします。

また、55億のビフイズス菌により善玉菌を増やして腸内環境を最良の状態にします。


AD