腸管免疫でカラダ元気!


最近、テレビや雑誌などで「腸管免疫」という言葉をよく目や耳にします。

実は、腸 特に小腸は食べ物を消化吸収するだけではなくからだの中で一番大きな免疫システムだということがわかってきました。

この「腸管免疫」を活発にする事により、その免疫細胞が小腸からからだ全体に広がっていき、様々な病気(ガン・花粉症・膠原病・リウマチetc)に対して、よい影響を及ぼしているのです。


寒さも、年末の忙しさ、新年の準備で、疲れはピークに達します。疲れも寒さもストレスになります。

漢方の陰陽五行説では「腎」の季節、膀胱、耳、骨に現れ膀胱炎、耳鳴り、関節の痛み、リウマチ、血圧異常、めまいなどに出ます。

あなたに合った漢方薬、自然薬、が健康を応援してくれます。

今年は毒素がいっぱいの汚れた腸を理想とするキレイな腸に大変身してみませんか。



腸内細菌バランス 

 ・腸内には100種類100兆個もの腸内細菌が同種類ごとに集まり生息している。

 ・菌の個数は変わらないが、善玉菌と悪玉菌のバランスは食生活により変わる(現代の食生活は食物繊維が不足しています)


腸内環境改善法

 ・生きたビフィズス菌を一日100億個摂取する。(ヨーグルト500g以上・キャベツ5個・ごぼう3本・レタス210個・キュウリ333本)

 ・腸内生殖ビフィズス菌を増殖するのに必要な食物繊維30gを摂る。


AD