馬とウェディング

テーマ:

深夜に深夜食堂を見て酒を飲む・・・大丈夫か、俺?

営業Yです。

 

タイトル通りの内容です。

ウェディングのイメージの中には、かなりの確率で馬が出てきます。

英国王室の馬車だったり、狐の嫁入りの花嫁行列だったり、

はたまたシンデレラだったりします。

 

イメージは具現化したときに凄まじい満足感が得られるものです。

 

だったらせめて写真で・・・・・・・・・!

 

そんなプラン出来そうです。

 

 

今後の展開に乞うご期待ビックリマーク

 

アディオスチョキ

AD
お祭り騒ぎがいつの間にか下手になった営業Yです。
(失うのが成長の本質なのかもしれないと思ったり。。)



相変わらずの重ためタイトル、すんません

昨日、新しいウェディングフォトプランの開発のため、サンプル撮影をしてきました。
今回は「馬」がテーマであり、いわゆる”白馬の王子”がウェディングとどこまでシンクロするのかを確認したく、ハッスルしてきたわけです。

結果は下部に貼りますが、すんごく素敵な写真になりました!

「馬」は既に我々にとって非現実であります。
でもイメージは誰の頭の中にもあり、そのほとんどはプラスのイメージ・・・凄いシンボルです

翻って、ウェディングは勿論”現実”ですが、めったにないタイミングという事で”非現実的ともいえます。(ドレス姿で歩いてる人いないし。)
結婚式にでる人も、新郎新婦も現実と虚構の間にある心地よい時間を楽しむわけです
*これは結婚式が素晴らしい理由において最も大きな一つです


で、思うのですが、、
現実と虚構の丁度いいバランスは人それぞれなんだろうなぁ
という事。

実際森の中には、美しい花や雄大な巨木だけでなく、くもの巣もあれば毒虫もいるし、アブが飛び動物の糞がいたるところにあるのですが、それをどこまで写真に映すかは撮る人と撮られる人の合意によって決まります。
現実と虚構のバランスを完全にコントロールできるのが写真のいいところなんです。

まぁ、なにが言いたいかというと
ただ撮るだけではもったいない
自分が残したい、一生残したいものをしっかり見つけ、実施する事が大切です

そんな気づきをどう活かしていくかは全く決まってないのですがww

よい経験でした
きっかけをくれた皆さんに、本当に感謝したい



アディオス
AD

ぼーっと、お盆

テーマ:
四十肩が人の活動活力に及ぼす影響について自由研究中の営業Yです。
相当影響あるね。。。


――完全なる私的備忘録――

8月14日。
お盆真っ最中の今宵、久々に休みを取って家族であちらこちら。
気づけば息子中3、娘小6。。。
そろそろ家族での遠出も出来なくなるかもしれないと、都度考える。
(実際すんなりとはいかない・・・)

息子の祥太郎は吹奏楽部に所属し、県大会銀賞という立派な最終結果を中学期間に樹立した。
毎日毎日朝から晩まで音楽と向き合い、かなりの体力を必要とする練習をこなしてきた。
女性がほとんどの部活の中で、純粋に音楽を楽しむのは結構大変だったはずだ。
人付き合いがあまり得意じゃないから、団体系の部活は不向きではと思っていたが、親は本当に何も分からない。
頑張った彼を称えたいし、これから受験に向かう彼を応援したい。

娘の結子は親の想像以上にしっかりした女の子に育った。
生徒会の給食委員長という絶妙なポジションを獲得し、女性なのにほとんどのグループとフラットに付き合い、本と漫画とYOUTUBEをこよなく愛している。
だから、結構いろんなことを知っている。すごい。

親はいつか子供が離れていく事を覚悟しつつも、
「今日は楽しかったから、来年は〇〇に行こうか?」
なんていう無駄な足掻きを繰り替えす。
そして、いつかそんな口約束は効力を失い、
「都合のいいときだけ誘って・・・!」などと言われるのだろうな。
(僕が過去に言ったせりふなので。)

今日は久しぶりにみんな一緒の一日で、本当に楽しかったので、
後日寂しい気持ちになるだろう我々夫婦のために記しておきたいと思ったのだった。


このような日々をつねに見守ってくださる英霊に、今宵も最大の感謝を。

アディオス

AD

42の手習いなのです

テーマ:
左肩がうまく廻らないとぼやいていると「四十肩じゃん」って娘に言われた営業Yです。
正解!



今月初旬、全日本ブライダルメイトという業界団体の総会がありました。
いつもよき刺激をいただき、私の経営者人生において大きな糧になっている団体です。
総会では今回もいろんな気づきがありましたが、大きな話題となったのが

「ウェディング業界におけるインスタグラムの活用について」

でした。
元々気になっていた分野ではありますし、周囲の友人からも本格的な取り組みを進められておりました。
なぜ私たちの業界との親和性が良いかというと

①ビジュアル優先投稿のSNSであること
いろんな意見があると思いますが、ウェディングはビジュアルが強いと思います。
特に私たちのドレス業界は見た目の強みは抜群なはずです。
写真が最初に来るインスタとの相性は間違いなし

②「自分らしいウェディング」を探すユーザーが訪れやすいSNS
ヘアメイク業界では既にインスタだけで仕事が成り立つそうです。
あまりネットでは書きたくないのですが、いろんなしがらみ多きこの業界でユーザーに直接アピールできるこのツールは期待できます!

③スマホ主導のSNSであること

気軽さと情報量のバランス調整がスマホベースになっているので、取り組みやすくアクセスしやすいメディアといえます


そんなわけで、、、、


早速はじめました、インスタ。(お恥ずかしい)


まだ何にも手ごたえないけど、Facebookはじめた時より手ごたえあります。
*ちなみにFacebookには中年以上しかいないそうな・・・

とにかくやる
何でもやる
すぐやる
とことんやる
でも、ダメだったらすぐやめる



チャレンジしている事自体が、自分や周囲を盛り上げます。
まずはやってみる、そう決めてます。

https://www.instagram.com/yaguccyo/

アディオス
BBQの焼き番長にもかかわらず、呑みすぎて途中退場する営業Yです。
暑くて熱くて、呑んじゃうよね。。



タイトルの先には「営業力」がつきます。

人より優れたものや人に好かれやすいものを作れる人は、結構います。
でも売れるものって限られてるし、商売になっている人はほとんどいません。

営業力が無いから。

これはクリエイティブな人特有の
とんがった感性だったり、
とっつきにくさだったり
が原因なんでしょうが、
良さは伝えないと売れない
価格の意味を伝えないと「高い」と思われる


だから、「売れる商品」が出来たら「それを売る方法(能力)」を見つけるべきです。
自分に無ければ、お金を出したりお願いしたりして手に入れる

そんなあたりまえの事なのに、なかなか出来ていない光景に出会います。
もっと自分について客観評価を求めなければなりません。
友人や先輩も良いですが、コンサルをお願いするのも良いと思う。
「お金が無いから一人で頑張る」
ではなく
「お金がないからお金が入ってくるように、しっかり求める」

が正解の時が多いそうですよ。


アディオス