武さんは,徐々に洗面器のことを思い出してきました。アナリエさんが八木さんの指示に従って洗面器を持ってきて,佐藤さんがその洗面器を抱えて嘔吐し,洗面器の中に吐かれた物は,アナリエさんがトイレに流したということを思い出しました。さらに,  洗面器の色まで思い出し,洗面器の絵まで描いてみせました。

やっとのことで洗面器に関する武さんの供述を獲得した捜査官は,早速11月16日の取調べで,それをアナリエさんにぶつけます。

  しかし,それに対するアナリエさんの反応は,捜査官にとって衝撃的なものでした。なんと,アナリエさんは,「渡辺荘には洗面器はなかった」と答えたのです。当時の渡辺荘には,洗面器などなかったというのです。洗面器がないのですから,いくらアナリエさんでも,八木さんに「洗面器を持って来い」と言われて,洗面器を持って行ったなどとは言えません。結局,アナリエさんの供述は,次のようなものになってしまいました。

佐藤さんは,「ウェー」と吐きそうな声を出してその場にうずくまったのです。その時八木かマミがテーブルを私の方に少しずらしたのです。八木は佐藤さんは吐きそうな状態だったので,「○○持って来い」と私に言ったのですが,私は八木が何を持って来いと言っているのか判らなかったのですが,佐藤さんは吐きそうになっているので,「タオルを持ってくればいいんだな」と思い,自分の部屋から白色のバスタオルを持って来たのです。すると八木が「テメー何持って来たんだ,風呂場のだよ,風呂場の」と言うのですが,私には何だか判らないでいるとマミが「あれでいい」と言って佐藤さんの部屋にあった丸いプラスチックのごみ箱をとり,佐藤さんに渡したのです。(アナリエH12/11/16警察官調書)

  こうなると,洗面器の絵まで描いてしまった武さんの立場は?捜査官たちは,慌てたことでしょう。すぐに,アナリエさんの供述が武さんにぶつけられます。渡辺荘に洗面器がなかったというアナリエさんの供述は,捜査官や武さんに対して相当な衝撃を与えたと想像されます。武さんは,必死に思い出した記憶=アナリエさんが八木さんの指示に従って洗面器を持ってきて,佐藤さんがその洗面器を抱えて嘔吐していた,そして,洗面器の中に吐かれた物をアナリエさんがトイレに流したという記憶をあっさり覆し,アナリエさんの供述に迎合します。

すると,佐藤さんが吐き始めました。私が記憶しているのは,八木さんが焦った声で「洗面器もって来い」と言っていたことです。すると,アナリエが「洗面器」という言葉を理解しなかったのか,もたもたしていました。私が,急いでアナリエの風呂場を見に行きました。すると,洗面器はなく,ピンク色の取っ手がついた手桶があっただけでした。

私は,「ないよ,洗面器が。ひしゃくしかないよ」と言いました。八木さんは,「何だ,洗面器もねえのかよ」と言いました。洗面器がないので,代わりにゴミ箱を佐藤さんに抱えさせました。佐藤さんは,ゴミ箱を抱くようにして身体を丸めて吐きました。アナリエは,立ったまま,自分の口に手をあてて,「オエーッ」と低いながらも大きな,吐くような声を出しました。(武H12/11/17検察官調書)


 (つづく)
鍜治伸明

AD

武さんは,捜査官から,佐藤にトリカブトが効いてきたときの様子をよく思い出すように言われました。

  武さんは,一所懸命思い出そうとするのですが,なかなか思い出せません。

63日の当日の行動(今わかっている事)

***

7  トリカブトが効いて,もがき始めた

8八木さんに「押えろ」と言われて,アンナと2人で押えた(武ノート5冊目:11/1

11月1日の時点でも,佐藤さんがもがき始めたこと,八木さんに「押えろ」と言われて押えたことしか思い出していません。

武さんのノートの11月2日の欄を見ると,必死に思い出そうとしていることがよくわかります。

思い出すこと

   佐藤さんにアンパンを食べさせた後の状況

   佐藤さんをふとんで押えた時の佐藤さんの状況(武ノート5冊目:11/2

しかし,それでもまだ思い出せません。そのころの武さんの調書にはこんなことが書かれています。

その後,八木さんから「押さえろ」と命令されました。その時の八木さんの声は,慌てていました。八木さんがそのように命令したのは,佐藤さんにトリカブトの毒が効き始めて,佐藤さんが苦しんで,もがきだしたからに違いないのですが,その時の佐藤さんの表情や状態が思い出せません。(武H12/11/5警察官調書)

そして,11月9日の取調べのときに,また宿題が出されます。

今日は刑事の調べだった。

刑事の調べ。

宿題

   佐藤さんの死体を運んだ時のようす

   八木さんが,佐藤さんが死んでいる確認したときのようす

   佐藤さんの死ぬ時の絵,死体の絵(武ノート6冊目:11/9

武さんは,このような宿題を出されても,まだ洗面器のことは思い出せませんでした。本当に洗面器に関する体験をしている人が,これだけ必死に思い出そうとしても思い出せないなどということがありうるのでしょうか。

そんな中,11月14日の検察官の取調べの際,武さんは,突然思い出しました。

12/11/14武ノート

今日は検事調べだった。

検事調べ。

☆☆☆

それから,八木さんがアンナに「洗面器を持って来い」と言って,持って来させた。→佐藤さんが洗面器を持って,かかえている絵。その時にアンナは,それを見てオエーオエーとしていた。洗面器の中の物は,アンナがトイレに流した→八木さんに言われて(八木さんは,渡辺荘のトイレは,本管へ行ってるから大丈夫と言っていた)

武さんは,ここに至って,ようやく洗面器のことを思い出したと言うのです。ただし,この時点で武さんが洗面器に関して思い出したことというのは,八木さんがアナリエさんに「洗面器を持って来い」と指示をして,アナリエさんに洗面器を持って来させたということです。一審判決が,武さんとアナリエさんの証言が一致していると指摘しているのは,八木さんから洗面器を持ってくるように指示されたアナリエさんが,洗面器の意味が分らずに,何か違う物を持ってきたという部分です。つまり,この時点で武さんが思い出したという洗面器に関する事柄は,武さんやアナリエさんが法廷で証言した内容とは全く違うことなのです。

武さんは,ひとたび思い出すと,調子に乗って,細かなことまでどんどん語り出します。

今日は鈴木さんが来て,本庄署で調べだった。

刑事の調べ。

   昨日の検事調べの話

   佐藤さんにアンパンを食べさせてから,押えるまでの事

   洗面器について

こういう洗面器→【洗面器の絵】※

色は,ブルー系で,水色かうすい紫色のようなものだったという気がする(武ノート6冊目:11/15

洗面器の色まで思い出し,さらにご丁寧なことに,洗面器の絵まで描いています。

この後,武さんの供述がアナリエさんにぶつけられることになるのですが,ここで,注意しておかなければならないのは,この時点における武さんの「記憶」は,アナリエさんが八木さんの指示に従って洗面器を持ってきて,佐藤さんがその洗面器を抱えて嘔吐し,洗面器の中に吐かれた物は,アナリエさんがトイレに流したという内容だということです。

(つづく)


鍜治伸明

AD

テーマ:
佐藤さんも記事に書いているように,昨年12月に裁判所が臓器の再鑑定を
行う旨の決定を行い,今年になって鑑定人に対する尋問の具体的日時も
決まりました。
また,昨年12月に最高裁で,死刑確定者と再審請求弁護人が接見する際は
原則として秘密接見(拘置所職員の立会がない)とするのが相当である旨の
判決が出たお陰で,現在八木さんと接見する際は立会がつかなくなっています。
このような流れは八木さんにとってまさしく「追い風」であり,必ずや
再審開始決定が出されるものと信じています。
本来いるべき自由な社会に1日でも早く八木さんに復帰してもらうべく,
今後も戦い続けていきます。

  弁 護 士    齋  藤    守
AD
ついに、東京高等裁判所が佐藤さんの臓器の再鑑定を行うとの決定を出しました。


鑑定事項は以下のとおりです。
1 保管されているすべての臓器に含まれるプランクトンの形状、数など死因が溺死といえるかどうかの判断に必要な事項
2 1の事項とこれまでの裁判で取り調べられた資料を踏まえて、佐藤さんの死因が溺死といえるかどうか

再審開始へ、とてもとても大きな一歩です。

裁判所は、重要な鑑定つまり結論を左右する鑑定しか行いません。
結論に影響を及ぼさない無意味な鑑定を行っても費用や時間が無駄になるだけだからです。
本件のような再審事件では一度有罪が確定しているのですからなおさらです。
今回の再鑑定決定は、裁判所が佐藤さんの臓器鑑定をどれほど重要と考えているかを物語っているのです。

再鑑定により、佐藤さんの臓器から溺死と判断できるだけのプランクトンが検出されることは確実です。
したがって佐藤さんの死因が溺死と判断されるのも確実です。
そして佐藤さんの死因が溺死であるならば、トリカブトで殺した後に利根川へ投棄したという武まゆみさんの証言の信用性が根底から崩れます。
唯一の直接証拠である武まゆみさんの証言が信用できないのですから、結論は明らかです。

無罪です。

佐藤智宏
本庄事件弁護団では、新しくホームページを開設いたしました。

本庄事件弁護団(http://www.itsuwarinokioku.jp/)

今後新しい情報は新ホームページで発信していきます。弁護団の最新の情報は新ホームページを参照していただくようにお願いします。

(弁護士 永井康之)