嫌われる勇気
という本を知っていますか?



何度も読んだから、端が折れてる(笑)


この本は数年前に流行ったので、知っている方も多いかとは思います。
アドラー心理学について書かれた本ですね。


アドラー心理学という言葉は、当時全くの初耳だったせいもあり、最初はとても難しくて…
かなりわかりやすく書かれている「嫌われる勇気」でも、二回読んでようやく分かってきた感じでした。
同時に、読んで良かった、と思ったのを覚えています。



最近その続編が出たよ、
というのも聞いていたので、本屋に行った時に赤い表紙が目に飛び込んで来た時、「この本だな!」と反射的に買ってしまいました。
それが「幸せになる勇気」という本です。



読み始めてびっくりしたことがあります。


前々回のブログだと思うのですが、知らないということは怖い、と書きました。
そうしたら、


同じような事が、この本の1番最初に出てきたんです!





こんな事が書いてありました。僕の言葉でまとめますね。



アドラー心理学は、哲学であると考えていますと前置きして、

『哲学とは、知ることを愛する事である。
だから、全てを知った人がいたら、それは完全な知者であって、哲学者ではない。』

アドラー心理学は哲学、だとすれば、考えて知って生きることが大事と言いたいんだな。
暗に、全てを知ってる人っているの?という事かも。

ほう。って思いました。
しかも続けて、ソクラテスの言葉が出てきてハッとしました。

『自らの無知を知っている、という一点において、私は彼らより知者である』
という言葉。

無知の知、と言うんだそうですね。



知らない、という事を忘れないようにしよう、と思っていたら、偉大な先人はこんなにわかりやすくまとめてくれていたんだ!

そして、有名な言葉という「無知の知」を知らなかった、という自分の無知があせる



あまりに自分にタイムリーな話題から書いてあったので、本当に驚きました。



以前、『嫌われる勇気』を読んでいるとある人に話したとき、

「ああ、その賛否両論の本ね!」

と、パラパラと斜め読みしながら(読みもせずにだったかな?)言われたことがあります。



今はインターネット上に情報がたくさんあって、見てない映画だって見た気になれるくらい、色んな人の意見もすぐ見られますよね。

読まないと分からないこともある。
これからも、無知の知、を心に刻んでおこうと思いました。


幸せになる勇気。
先を読むのが楽しみです。
AD

ご質問をいただきました

テーマ:
八木さんに連絡したいけど、連絡先がわからない、とか。

コメントには書き込みにくいけど、聞きたいことがある、とか。

何件か、ご質問を受けました。



1年ほど前に、携帯のメールアドレスを変えたのですが、確かに全員にはお知らせ出来ていませんでした。
FacebookやLINEもあるから、それでも大丈夫かな?などと思っていましたが、連絡が取れずにご迷惑をおかけしていた方もいらっしゃった様ですね。

申し訳ありません…



ということで、連絡が付きやすいように、PC版のブログ左側に、問い合わせフォームを設置してみました。

スマホの方はこちらのリンクをコピー&ペーストしてお使いください↓

https://ssl.form-mailer.jp/fms/2d9bd55c492443




ブログに書いたホルンに関することへの質問や、レッスン依頼・問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。







連絡フォームを設置する作業は、実家の居間でしていたのですが、コタツに入っていると必ず甘えん坊のマロンがやってきます。


だら〜んと、手足を伸ばして寝てこられると、ついついこちらも「可愛いなぁ」なんて撫でてやるのですが、今度はパソコンに向かうと、

「もっと撫でろ!」
と、鼻でつついてきます。


甘えすぎも困ったものだ…
AD

無知って怖い…

テーマ:
多くの人と会うと、色々な話をする。


喋ったことに「ん?」とひっかかり、後で調べてみると、思い込みだったり間違っていたり…
「しまったなぁ」
雑談とはいえ、後悔することもありますよね。


で、ふと思い返してみると、心無い言葉を投げつけられたり理不尽な扱いを受ける時って、相手は何も知らないことが多いんじゃないか(または知ってるつもりになってる)、って気が付いたんです。



怖いですよねぇ…


自分こそ、気をつけよう。
誰かに言葉をかける時、それだけじゃなく、日常的にでも。
自分の知識が足りない、または間違っている可能性は、絶対に忘れないようにしよう。

強く自らを戒めるために、ここに書いておきます。





なんて固いことは、忘れない程度に置いておいて。



中村区役所駅近くの萬珍軒さん。
名物卵ラーメンだそうで。

一緒に食べたナス飯ともども、大変美味しゅうございました!
さすが行列のできる店。また行ってみたいです。


実家のご飯は美味しいですが、たまには評判のご飯を食べるのも、良いものですなぁ。
AD