2016年12月18日(日)

義輝 鬼若について*\(^o^)/*

テーマ:ブログ
{831CCA0D-4189-4EAC-9F08-5982F7C2EC31}
舞台
剣豪将軍    義輝


について書きたいと思います!


舞台上で全てを出し切ってしまい、ブログ更新まで少し空いてしまいました(;゜0゜)



ネタバレもあまりないように書いていきますね*\(^o^)/*



舞台は室町時代後期


400年前のお話です。



自分が演じた鬼若は


遊郭、歓喜桜の主人

女性をはべらせ、力で生き抜いていく、


いわば、この時代の被害者としての悪役でした!


悪役といってもそれはストーリーで悪者みたいにみえるだけで、鬼若自体は悪者だと思って生きていません。なので演じる時に悪者とかそんな事は意識せずにやっていました!



殺陣のシーンも多かったので、DVDが発売したらまたみてやってください(^^)


とにかく鬼若という人物は強がって生きてて、とんがって生きてて、孤独に生きてて、

一歩引いてみると、鬼若という人は寂しくも、弱くもみえてきます!


ですがガムシャラに生きる鬼若が、人間としての弱さが好きでした*\(^o^)/*



観劇にきてくれたお客さんから色んな声をもらいました(^_^)後編も出て欲しいとか、王子が鬼若でよかったとか*\(^o^)/*嬉しい言葉が多かったです!



{40E29D8E-7603-499D-B73A-F81C52E87082}


世の中金だ!力だ!と言える鬼若は真っ直ぐで、捻くれてて、人間らしかったです!




今回特殊な武器を使っていまして、衣装もヒラヒラしていたので、難しかったのですが、


以前棒を使って殺陣をする機会があり、扱い方は棒に似ていたので、経験がいきてよかったです(^_^)



ラストのシーンで義輝と戦うのですが、


義輝演じる染ちゃんが刀を突きつけるシーンでめちゃくちゃいい表情をするんです。角度的にお客さんは見えにくい表情なんですが、1番近くで、1番の気迫を感じられて、それだけでこの舞台に出られてよかったと思う程でした*\(^o^)/*



鬼若は本来前編で死ぬ予定でした。稽古場の途中で変わりました。



前編で死ななかった鬼若があのあとどうなったのか、考えてみてください(^^)


お客さんの感じた鬼若が、あのあとの人生を、お客さんの脳内で生きられたら幸せです。



役者として、


鬼若という人物に出会うことができて、人間の色んな姿を引き出してもらえて、幸せでした!




鬼若になれてよかったです!




{B0BCE336-B4EB-4AE5-AE8E-CC0F204130AE}


八神蓮さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み