2016年12月18日(日)

義輝 鬼若について*\(^o^)/*

テーマ:ブログ
{831CCA0D-4189-4EAC-9F08-5982F7C2EC31}
舞台
剣豪将軍    義輝


について書きたいと思います!


舞台上で全てを出し切ってしまい、ブログ更新まで少し空いてしまいました(;゜0゜)



ネタバレもあまりないように書いていきますね*\(^o^)/*



舞台は室町時代後期


400年前のお話です。



自分が演じた鬼若は


遊郭、歓喜桜の主人

女性をはべらせ、力で生き抜いていく、


いわば、この時代の被害者としての悪役でした!


悪役といってもそれはストーリーで悪者みたいにみえるだけで、鬼若自体は悪者だと思って生きていません。なので演じる時に悪者とかそんな事は意識せずにやっていました!



殺陣のシーンも多かったので、DVDが発売したらまたみてやってください(^^)


とにかく鬼若という人物は強がって生きてて、とんがって生きてて、孤独に生きてて、

一歩引いてみると、鬼若という人は寂しくも、弱くもみえてきます!


ですがガムシャラに生きる鬼若が、人間としての弱さが好きでした*\(^o^)/*



観劇にきてくれたお客さんから色んな声をもらいました(^_^)後編も出て欲しいとか、王子が鬼若でよかったとか*\(^o^)/*嬉しい言葉が多かったです!



{40E29D8E-7603-499D-B73A-F81C52E87082}


世の中金だ!力だ!と言える鬼若は真っ直ぐで、捻くれてて、人間らしかったです!




今回特殊な武器を使っていまして、衣装もヒラヒラしていたので、難しかったのですが、


以前棒を使って殺陣をする機会があり、扱い方は棒に似ていたので、経験がいきてよかったです(^_^)



ラストのシーンで義輝と戦うのですが、


義輝演じる染ちゃんが刀を突きつけるシーンでめちゃくちゃいい表情をするんです。角度的にお客さんは見えにくい表情なんですが、1番近くで、1番の気迫を感じられて、それだけでこの舞台に出られてよかったと思う程でした*\(^o^)/*



鬼若は本来前編で死ぬ予定でした。稽古場の途中で変わりました。



前編で死ななかった鬼若があのあとどうなったのか、考えてみてください(^^)


お客さんの感じた鬼若が、あのあとの人生を、お客さんの脳内で生きられたら幸せです。



役者として、


鬼若という人物に出会うことができて、人間の色んな姿を引き出してもらえて、幸せでした!




鬼若になれてよかったです!




{B0BCE336-B4EB-4AE5-AE8E-CC0F204130AE}


AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

八神蓮さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

10 ■鬼若

色々考えていてコメントが遅くなり申し訳ありません

王子のデビューから日替わりゲスト以外のすべての舞台を観てきて
正確に言うと日替わりゲスト出演もほぼ網羅して

舞台上での八神さんの姿を見尽くしてきた思いがあったけど
「新しい八神蓮さんを観た!」
「まだまだ新しい八神さんを観ることができる!」
という
発見、うれしさを感じる数日間でした

ビジュアルの美しさはもちろん
ひらひらにからまないよう気をつけながら
鎖鎌をあぶなげなくあやつる姿
鬼若として弱さをにじませながら強く振る舞うようす

目に焼き付けました
これからの鬼若がすごく気になりました

また義輝を襲うのか
襲うにしても、このままの状態で襲うのか
修行に目覚めて強くなって下克上を目指すのか

それとも義輝の人柄にふれ、改心するのか…

その後が気になる、見えてくるお芝居ってすてきですね

うまく言葉になりませんが
八神蓮さんの鬼若を見ることができて幸せだったし
今後のご活躍を見守り続けます

改めて
10周年と31歳のお誕生日おめでとうございます

9 ■舞台お疲れさま\(^^)/

蓮くん舞台で全て出しきって頑張ってたんですね(’-’*)♪サラっとやってるように見えてたw

あの衣装は殺陣大変だったの観ててわからなかった!

蓮くんが思ったように鬼若の弱さとか人間らしくていいかも!弱さを見せないようにがむしゃらにしてる所は可愛いかもw

その後どうなったのか?

個人的な希望としては義輝の殺陣に魅せられて生き方を良い方に変えていって欲しいかな☆

8 ■無題

13日と14日の、2回を拝見しました!2度も観ることができてラッキーだったと思っています。
実は、今回の舞台を知ったきっかけは他の役者さんだったのですが、実際に観て一番印象に残ったのが、鬼若でした。
特殊な武器での殺陣もすごい!と思いましたが、あの刹那的な感じが。とても印象深かったです。
前編で死ななくてよかった…(笑)
また来年、6月が楽しみです。
地方在住ですが、何とか万障繰り合わせ^^;また拝見したいと思っています!

7 ■鬼若に愛着が湧きました♪

鬼若について教えて下さってありがとうございます♪

舞台を拝見した時、鬼若はフラフラしているようで実は熱い想いを持っているんじゃないかと思いました。
強い=力だと言っていた鬼若、日吉丸から「もっと上を、、」と言われた時も妓楼の主人として力を見せるより、戦にでて自分の力を見せたいけど、、、という想い等、胸の中で何か葛藤しているのかなと思いました。
強い=力という考えに至ったのは鬼若の育った環境の影響なのでしょうか??
もし、義輝の様に色々な人に愛され守られて育ったのなら鬼若も守る者のために強くなれたかもしれないですね。

できるなら鬼若も守りたい人ができて、力だけでない強さを知って自分の愛する人達と生きていて欲しいです(o^^o)
あとは、命の恩を感じて義輝の助っ人として仲間になり後編にもでていただけたら、、、なんて妄想しちゃってます♡

お仕事で鬼若が1番上に羽織ってた白の装束に似たものを着るのですが、鬼若に愛着が湧いてしまって装束を着る度に口元が緩んでしまいます(´∀`*)
王子が鬼若を演じて下さって本当に良かったです♡
素敵な舞台をありがとうございました♪

6 ■蓮ちゃん演じる鬼若さん(๑>᎑<๑)

Blog書いてくださり、ありがとう( ᵕ̤ ‧̫̮ ᵕ̤ )

蓮くんが演じた鬼若は凄い迫力+かっこいいんだろうなと想えます(≧∇≦)b 『鬼若』は蓮くんが演じるからいいんだよね、また観たいと想わせるところが素敵です。



そして、改めてお誕生日・10周年おめでとうございますヽ(´▽`)/ 私にとっても12月は特別な月になりました。蓮くんが生まれてきてくれて出会えて佳かった、ありがとう!って思います(๑>᎑<๑)

忙しい蓮くん、これから冬本番です(๑•̀ㅁ•́ฅ✧ 寒さに負けず、この冬の季節も楽しんでまいりましょう٩(`ω'*)و


5 ■無題

蓮さん、お疲れ様です。
蓮さんの鬼若に対する思いが聞けてとても良かったです。
DVDも楽しみにしてます♪

4 ■お疲れ様でした。

「剣豪将軍 義輝」お疲れ様でした。
わたしは観劇することができなかったので、王子がブログで義輝のことを書いてくれる日を待ってました!!

もともと歴史が好きなので、このタイトルはどんな形であれ見たい!と思っていました。
それが王子のブログを拝読して、必ず見る!に変わりました。
DVDという形ではありますが、鬼若の生き様をこの目に焼き付けたいと思います!!

3 ■おっ疲れさまです。

鬼若…深いですね!私圧巻されすぎて深く考えられなかったです(´・ω・`)衝撃的な恰好良さで(笑)
八神さまのブログ読んだ後に鬼若の事考えると愛しく思えてきました。誰か優しくしてあげたら何か変われたのかな…。そういえば幸せな笑顔なかったですもんね。笑いながらいたぶってるくらいで。つらい。死ななくて良かった!きっとあの後、優しい人に出逢いあの鎌で草刈って野菜育てて平和に生きてるはずです(*´`)小鳥とお話できそうな感じしますしね。妄想楽しい(笑)
染さまの気迫凄かったですよね。間近で見たら本当に凄そうです。後編の義輝楽しみです(*´`)
色々考えたらもう1回観たくなっちゃいました(笑)八神さまの鬼若観れて本当に良かったです!歴史深い!後編はちょっと考えてから観に行きたいと思います(笑)知識なさすぎました…もったいなか(´・ω・`)

2 ■こんばんは☆

DVD発売したら絶対観ますね(≧∇≦)b
地方に住んでいるとなかなか生の舞台が観れませんが、いつか生の王子を観に行きたいです(^o^)

1 ■無題

蓮くんこんばんは。
鬼若のこと、義輝のこと改めてブログに書いてくださって嬉しいです。
改めて義輝お疲れ様でした。
初めはただの悪役かと思いましたが、鬼若にはああいう生き方しか無かったんだろうと感じて、その弱さや脆さが垣間見える人間的な姿がすごく好きでした。
蓮くんの鬼若が見られて良かったです。
蓮くんの鬼若はもちろん今後も見たいですが、後編にも出て欲しいようなあの続きは自分の頭の中で留めておきたいような不思議な感覚です笑
素敵な作品に出会わせてくれてありがとうございます♡
一度しか見られなかったのでDVDの発売楽しみにしています!

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

AD

    Ameba芸能人・有名人ブログ

    芸能ブログニュース

      PR

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。