福岡県警が県内にチェーン展開するコンビニに対し、暴力団情報を扱った雑誌などを販売しないよう要請したことについて、作家宮崎学氏が1日、「要請は表現や出版の自由を規制するもので違法」などとして、県に550万円の損害賠償を求める訴えを福岡地裁に起こした。
 訴状などによると、県警は昨年12月、暴力団情報を取り扱ったコミック73冊と雑誌3誌について、コンビニ各社に販売中止の検討を文書で要請。大手などが納品を取りやめたり、加盟店に撤去を求めたりした。うちコミック1冊は宮崎氏の本を原作としたものだった。 

横浜「喫煙可」のホテルバー 県が指導を通知(産経新聞)
<島根原発>123カ所で点検漏れ 1号機の運転停止(毎日新聞)
「夜スペシャル」施設使用は適法=塾連携の夜間有料授業-東京地裁(時事通信)
自殺「月初め多い」3月1日は最少日の2・5倍(読売新聞)
荒れた学校、自殺の原因=女性教諭の公務災害認定-大阪地裁(時事通信)
AD