美しが丘の行政書士の『美しき』日々

札幌市清田区美しが丘で開業した行政書士の日常を公開!たまに真面目な話もします。
平成24年10月に事務所が中央区に移りましたが、依然「美しが丘(在住)の行政書士」です。


テーマ:
今日は、今年1月に運輸開始した顧問先運送会社の初の巡回指導に立会いました。

本年6月から、運輸開始後初の巡回指導は1~3か月以内に行われることとなりましたが、今回の顧問先はそれ以前に運輸開始しているため、従来通り6か月後の巡回指導となりました。



いつも巡回指導は指導員との雑談で始まることが多いのですが、今回初めて言われたのが、「最近いろんな行政書士さんが運送業の申請されてますね~」。

その発言のあとちらっと言ってたのですが、行政書士から必要書類の問い合わせが増えているらしく、内心「自分たちは運送事業者さんを指導する立場で、行政書士を指導するのは仕事じゃないんだけどな」と思ってるみたいです(笑)


確かに、運輸局に問い合わせるならともかく、適正化に問い合わせるのは・・・と思います。


指導員さんのメッセージとして、行政書士が関与するなら、中途半端にではなくその分野に精通してほしいという意味合いが込められていると感じました。


さて、具体的な指摘事項や確認事項は当然ここでは載せられませんが、私から見て「ここを重点的に見ているな」というポイントがいくつかありました。



① 運行管理者が選任されているか、適正に点呼がされているか
 運行管理者のいない営業所が意外とあるようです。
 運行管理者が辞めてしまい、後任がいないままになっているといった理由が多いとか。
 営業所が複数ある場合、異動によって選任状況がごちゃごちゃになっているところもあるようです。

② 運転手の拘束時間、連続運転時間、休憩時間
 これは北海道のある事業者の処分が有名なため、予想していました。
 盲点なのが、改善基準ばかりに目がいってしまい、労基法上の休憩時間が十分でないというところです。

③ 運転手の指導教育
 最近重点的に見られるようになった項目です。
 きちんと記録を残しておくことが重要です。

④ 過積載
 特にダンプ運送をやっている会社は注意です。日報の積載状況の欄をじっくり見られます。
 今回、「○立米積んだら重くなり過ぎないですか?」と突っ込まれました。
 トラック運送だとそこまで厳しくはみないようです。


今回の指導は概ね高評価でした。
帳票類は完璧に揃っていたこと、問題点は事前に私と社長で確認し合い、指摘される前に改善する姿勢を見せたこと、そして何より社長の真摯な対応が評価に繋がったものと思われます。


何事もなければ次回の巡回指導は2年後ですが、その間何も起こらないように、そしてさらに事業がうまく進むようにサポートできればと思います。




AD
いいね!(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日から行政書士法人エニシアの第3期が始まりました。

恒例の北海道神宮での祈祷も5回目(半期に一度参拝しているので)。



今回は一番初めに名前を読み上げて頂き、何か嬉しい気分に。


今日は1年の節目の日なので、第1期・第2期を簡単に振り返り、第3期を迎えての所信表明をしてみようと思います。


第1期は奔走と忍耐の1年でした。
とにかく自分たちが必死に動かねばならない1年でした。

開業して2年そこそこの行政書士が3人集まって法人を設立。
それぞれの顧客もまだ少ないまま、とにかく売上を作るのに奔走して1年が終わりました。
単純に売上げのことだけを考えると、1~2年法人化は早かったのかもしれませんが、後述する私の理念があるため、早かったとはまったく思っていません。


第2期は飛躍と激動の1年でした。
自分たちの動きだけでなく、周囲の動きも激しかったように感じます。

前期は飛躍的に顧客が増加し、人のつながりも大幅に広がりました。
法人化による業務効率のアップ、社会的信用度の上昇がその一因であることは明らかです。
しかし、順調に拡大する業務とは裏腹に人員の確保に悩まされた1年でもあります。
ただ、これによって第3期の方針が固まったので、むしろ良かったのかもしれません。
事実、第3期は充実した人員体制でスタートすることができそうです。



さて、第3期の所信表明をする前に、私が行政書士業を営む上での理念を示そうと思います。
これは私が行政書士になったときから持ち続けている思いです。



「行政書士は組織化・大規模化しなければお客様の真のお役には立てない」


これが根本にある私の考えです。
私の開業してから今までの全ての活動は、この考えに基づいています。

そして、この考えには1つの前提があります。

「行政書士は、企業を主な顧客とした許認可業務を中心に事業展開するべき」


相続を中心とした民事的業務は、行政書士の基幹業務には成り得ないと私は考えています。
民事的業務は、業際問題や競合者(異業者・同業者)の数、単独で完結できる範囲等の関係で、受任数を安定的に多数確保することが難しい状況です。

そのため、行政書士を副業的に営んでいるなら別として、民事的業務を基幹業務にするのは難しいと考えています(あくまで基幹業務としてなので、まったく扱わないわけではありません)。
ただし、ある程度の規模を超えたら、やり方しだいで安定的な受任をすることは可能になるとは考えています。



それでは、以上の前提をもとに、なぜ「行政書士は組織化・大規模化しなければお客様の真のお役には立てない」のか。

答えは簡単です。


「お客様は相当額の売上があり、相当数の従業員を雇用し、相当範囲の事業展開をし、相当期間継続的に事業を、懸命に営んでいる事業者であるから」

です。

お客様の売上は、幅はありますが年間数百万のスモールビジネスもあれば、数億、数十億の場合もあります。
従業員数も社長1人のところもあれば、数十人、数百人のところもあります。
営業範囲は一都市から、複数の都市、場合によっては都道府県にまたがります。
当然、その事業は10年、20年と続いていくでしょう。

そして、誰もが懸命に事業活動を営んでいるので、少しでも有益な情報(新たなビジネスチャンス、有利もしくは不利になるような法改正、事業の助けになる補助金・助成金)を求めています。


それでは、そのようなお客様を顧客として、小規模な個人事業主もしくは組織化されていない共同事務所・法人が真に役立つサービスを提供できるのか?


はっきり言って「NO」です。


まず、小規模な個人事業主では、そもそも抱える案件数が少なく、経験・ノウハウの蓄積が足りません。
また、案件がある程度増えたら、その処理に追われ、情報収集及び発信をすることができなくなります。
なるほど、毎日夜中まで業務をこなし、充実している日々には見えますが、果たしてお客様の真に役立てているのでしょうか。
これは、大きな規模の個人事業主になってもさほど違いはありません。
「頭」は個人事業主だけであるため、結局情報収集及び発信には手が回らなくなります。

次に、組織化されていない共同事務所・法人はどうでしょうか。
一見すると幅広い業務に対応でき、ある程度協業化がなされているかもしれません。

しかし、共通の理念や方針がなく、あくまでも個々の事業体の集まりであるため、その実大規模な個人事業主と変わりありません。



長々と書き綴りましたが、以上が私の理念を持つに至った理由です。

なお、この理念を実現するための方法についてももちろん考えていますが、タイトルと逸れるので、別の機会に回そうと思います。




さて、ここでやっと第3期の所信表明です。

「行政書士は組織化・大規模化しなければお客様の真のお役には立てない」

これを実現するために第3期で取り組む主な施策です。

① 経営理念及び経営方針の策定

対外的及び対内的に「見える」形で経営理念及びそれに基づく経営方針を策定します。
当法人の在り方を示すことで、外部の方々に対する表明をすることはもちろん、理念に賛同して当法人の一員になる方を広く募るためでもあります。
組織化・大規模化のためには欠かせないものだと考えます。

② 人員の充実及び適正配置

小規模事務所の一番の弱点は、「経営・営業・実務・雑務をすべてもしくは複数を兼ねないといけないこと」だと思っています。
それを回避するための適正配置、それを可能にする人員の確保及び充実に力を注ぎます。

③ 業務経験及びノウハウ蓄積のスピードアップ

法人であることのメリットを最大限に活かします。
そのための人員確保、さらには拠点新設も考えています。

④ 情報収集力及び発信力のアップ

多くのお客様に有益になる多くの情報を集め、多くのお客様に伝えられるような体制作りに努めます。


これらはすべてつながっています。
④を実現するためには、③及び②が必要不可欠、③を実現するためには②が必要不可欠、そして②を実現するための基礎として①が必要、ということです。


この第3期を平凡な1年として過ごすのか、変化の1年として過ごすのかで当法人のこれからが、そしてお客様の事業繁栄が決まるという意識を持ってこの1年を過ごしていきます。





ここまでの長文をご拝読頂きありがとうございました。

本年度も行政書士法人エニシアを宜しくお願い致します。



  






AD
いいね!(14)  |  リブログ(0)

テーマ:
3か月以上期間があいてのブログ更新。


ブログばっかりやってると、お客様に「ブログ書く暇あったらうちの書類作れ!」とお叱りを頂きそうな気がするので、遠ざかっていました(笑)


今日は土曜日で外出もなく、明日も働く予定であるため、久しぶりのブログを書いてきます。



法人にして2期めの四半期が終わりましたが、おかげさまで日々様々なご依頼ご相談を頂いております。
中には、法人形態でないと対応できないようなクライアントさんも増えてきました。


そこで最近は、事務所として既存のお客様へのサービス低下を防ぎさらなる向上に努め、新規のお客様の様々なニーズにお応えするための組織作りにも力を入れています。


具体的には、人員の拡充。


今月事務員さんをひとり雇い入れました。
ゆくゆくは補助者登録をし、行政書士業務の補助を行ってもらうつもりです。

また、行政書士有資格者(未登録)を研修生という形で受け入れ、うちでみっちり鍛えることにしました。

できればうちで永く活躍してもらいたいですが、独立するかうちで腕をふるうかは彼の選択しだい。
どちらに運んでもお互いにとって良い結果になれば良いと思います。


7月現在で事務所は4人体制ですが、8月からは5人体制になります。


さらに誰もが驚くであろう計画も進行中!


時がきたら発表するかもしれないし、しないかもしれません。


今度ブログを更新するときにはすでに実現してたりして・・・。




AD
いいね!(5)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。